ある方のツイートをメモする

Shinya 19❂86さんのTweetをランダムに転載させていただく。
以下、わたしは、一切言葉を書き足しませんのでご了承を。


転載開始。

ややこしい説明になる為簡潔に。 人体のマクロファージ ・ミトコンドリア・ソマチッドや血液内成分など、これら全て 「地磁気パルス」との共振でその機能運動や正常な働きを行うものと考える。 陽電化によりこれらの組織物質の電子運動にアンバランスが生じる。 安定を求める電子は他者へとうつる

プールなどに使われる塩素系物質はこのワクチンによる陽電化促進効果の為、地磁気パルスと連携して正常に働く各組織や細胞内の「人体生命維持システム構成」に支障をきたすこととなる。 安定性を失った上記の構成物質の電気的バランスは 陽電化(プラス側の電荷)へと移行。pHバランスも崩れる。

ミトコンドリアやソマチッド マクロファージ 等の 不活性化。 従来の磁気バランスにて機能していたものが、 陽電化により 地からのパルスを正常に受け取れなくなる。

こうした予備知識は大切だと思います。 「エクソソーム」 ウイルスとは何なのか? と言う疑問のヒントになると思います。 #エクソソーム #マクロファージ #RNA

炭酸水素ナトリウム 別名重炭酸ナトリウム (重炭酸ソーダ、略して重曹) 化学式 NaHCO3 ナトリウムの炭酸水素塩。 常温で白色の粉末状。 水溶液のpHはアルカリ性を示すものの、フェノールフタレインを加えても変色しない程度の弱い塩基性である。

ケイ素(けいそ、珪素、硅素、英: silicon、羅: silicium) 原子番号14の元素である。 元素記号はSi。 原子量は28.1。

生体細胞内のマイナス電荷と 地磁気やその他外部からの電荷。 この辺りが人体の免疫力システムとの関係となんらかの関係があるのでは? 体内でのプラス、マイナスの電荷の偏りが人体の免疫力と関係。

人体の細胞・体内形成組織等、これら全て電気的バランス環境下にあります。 地磁気(大地)からの生命線が身体機能の持続に左右するわけで、ここがとても重要なポイントです。 この 人体と地磁気とのバランス不均衡が現在の結果です。 「陽電化」はうつります。基本を忘れずに。 #陽電化はうつる

人工削減を掲げて計画を進める者達は過剰な「優生学思想」です。 つまり簡単に騙される者よりも、汚れていない血(遺伝子)を欲します これが彼らの「選別」 だからそれらの存在達は早くから遺伝子貯蔵を実行中。 一方で「大いなる意思」は その事への氣付きを待っているのかもしれません。

わたし達の体内。 外側、つまり外部からの地磁気の動きや電磁波など 電気的影響を受けている事は否定出来ないと思います。 そして、気になるのが 「なぜわたし達は生きていられるのか?」です。 細胞内の電荷を中和する仕組みが 免疫力と言うシステムとつながっているとしたら…

体内の赤血球の総数はおよそ20兆個。 膨大な量の赤血球は体内の細胞にくまなく酸素を供給する。 骨髄では毎日2000億個程度の赤血球が作られている。 体を循環して酸素を供給し、古くなると脾臓や肝臓などのマクロファージに捕捉され分解される。

赤血球は血球の中で最も多い細胞。全身へ酸素を運ぶ重要な役割を担っています。 形状は 核がなく、真ん中がわずかにくぼんだ円盤状である。 この赤血球の寿命は 約120日。 赤血球は、細胞の中に「ヘモグロビン」というタンパク質を持っています。

#マクロファージ(Macrophage) マクロファージは白血球の1種。 体内でアメーバ状の運動する遊走性の食細胞と言われています。 体内に生じた変性物質や侵入した細菌などの異物を捕らえ無力化する清掃屋の役割を果たしています。 免疫系の一部を担い、免疫機能の中心的役割を担っています。

わたし達は 何故 今 生きていられるか? 過去 日本で あれだけの放射能被曝の可能性がある事象を何度も重ねたわけです。 広島、長崎、 そして フクイチ。 更に 地下… 環境の激変と人 そのものの変化? こうゆう視点も 考察する対象にして行かなければ。 そんなふうに思います。

少し 参考になるかなぁ・・ と言う感じです。 内容はどちらにせよ みんなわからない、 しかし この ケイ素 と言うのは どうやら 重要な部分ではないのか? そう思うわけです。

ナチュラルキラー細胞 natural killer cell 自然免疫の主要因子として働く細胞傷害性リンパ球の1種。 特に腫瘍細胞やウイルス感染細胞の拒絶に重要。 形態的特徴から大形顆粒リンパ球と呼ばれる。 NK細胞はマクロファージなどの細胞種と同様の働きを持つと推測される

つまりは「ソマチッド」とは 何なのか? と言うところですね。
ソマチッド→マクロファージ      
↓  
体内免疫力・生命力      
↓  
血液・DNA
血液と地球の海(塩水)
儀式=血=長寿=古代から      
↓  
継承者をめぐる歴史の事象

2011年3月11日(平成23年)
東北地方太平洋沖地震による災害およびこれに伴う福島第一原子力発電所事故の引き金となった出来事。 この後、大量の放射性物質の飛散は致命的なリスクを日本と全世界に招く事になる。 後にそれは起きる。

3.11直後、大量の放射性物質の飛散は日本はおろか、世界中に。 その量は人類を失わせてしまうほどの危機に。 慌てた ある存在達は ある事を実行します。 そのうちのひとつが Si です。 日本で、政府が放射線量の安全基準を本来の100倍近い数値にまで緩和したのも、これと関係します。

何故政府は3.11の後、放射線量の基準値を大幅に変更したのか? つまり、知っていたのではないかと考えます。

大地と人や生物との間には 見えない大きな繋がりがあるのは確か。 「物」が「空間」に存在すると言う事は、同時に電気的な「場」を作ること。 小さな体内の腸内細菌はもちろん、細胞や遺伝子を構成するDNAやRNAに至るまで、大きく関わっているわけではないかと考えます。

わたし達の体内。 外側、つまり外部からの地磁気の動きや電磁波など 電気的影響を受けている事は否定出来ないと思います。 そして、気になるのが 「なぜわたし達は生きていられるのか?」です。 細胞内の電荷を中和する仕組みが 免疫力と言うシステムとつながっているとしたら…

#アンペールの法則 電流を流すと電流の方向に対し右ネジの回る向きに磁場が生じる。 右手の親指を立てて手を握ると、電流の方向を親指の向きとした時、残りの指の向きが磁界の向きと一致するため右手の法則と呼ばれる。

人工削減を掲げて計画を進める者達は過剰な「優生学思想」です。 つまり簡単に騙される者よりも、汚れていない血(遺伝子)を欲します これが彼らの「選別」 だからそれらの存在達は早くから遺伝子貯蔵を実行中。 一方で「大いなる意思」は その事への氣付きを待っているのかもしれません。