新型コロナウイルスと5G

画像が小さいが、クリックして大きくしてください。

日本経済新聞社が公表している「新型コロナウィルス世界マップ」です。

新型コロナマップ

次に「Ookla 5G Map
世界の5Gサービスの状況です。

5Gマップ

© Mapbox © OpenStreetMap Improve this map

いずれも2020/03/23/現在のものです。

見比べてみてください。

5Gが普及している地域と新型コロナウィルス感染地域が重なっている。

これは偶然ではないのではないか。

ではなぜ日本で感染者が出たか。

ポイントの一つはダイヤモンドプリンセスが大黒埠頭に接岸したこと。

※ダイヤモンドプリンセス号には2,000台のiphoneが無償で貸し出されていた。これは5G対応機種かどうかはわからない。

大黒埠頭から見通しのよい近距離に横浜メディアタワーがある。

大黒ふ頭

○横浜メディアタワー
グランモール公園沿いにて1999年4月に竣工。NTTドコモ神奈川支店が入居しており、NTTドコモの通信設備も入っている(かつてはNTT東日本-神奈川も入居していた)。建物本体は22階建てで高さ約100mであるが、当ビルの上部に約150mにも及ぶ鉄塔が建っており、この鉄塔部分で建物全体の高さの5分の3を占めている。鉄塔部分にはNTTドコモおよびNTT東日本が利用するマイクロ無線用のアンテナが無数に付いている。(wikipedia)

横浜メディアタワー

この横浜メディアタワーでは、2016年に4.5 GHz帯域では世界初の5G大規模フィールド・トライアルに成功。

“ファーウェイとドコモ、4.5 GHz帯域を使用した 世界初の5G大規模フィールド・トライアルを日本で実施”

https://bit.ly/3dmHr41

大黒埠頭に停泊したダイヤモンドプリンセスは常にここの電波を受け続けていたことになる。

それが、もしも5Gの実験だったとしたら、世界の状況の縮図となる。

コロナウィルスと5Gには相関関係があるのではないか。

03/25からDocomoが5Gサービスを順次開始する。

これが都心および周辺地域の生物に影響を与えないことを願っているが、5Gとは人体及びあらゆる生物(菌やウィルスも含む)に何らかの影響を与えるものであると、私は思っている。

極成層圏雲の中の太陽

真珠母雲(しんじゅぼぐも、Mother-of-pearl clouds)は高度20〜30km付近の成層圏にできる特殊な。極や高緯度地方でによく見られる雲である。非常に高高度にある雲のため、日没後も太陽の光を受けて輝く姿を見ることがある。真珠母雲の名は、その色彩が真珠母貝であるアコヤガイの内側に似た虹色をしていることより付けられた。ちなみに、 夜光雲とは生成過程も生成場所も異なる。

オゾン層の破壊に深く関連している雲であり、オゾンの生成や破壊のメカニズムを考える上での研究対象となっている。学術的には極成層圏雲(きょくせいそうけんうん、英語: polar stratospheric clouds, PSC)、極成層雲とも呼ぶ。(wikipedia)

この極成層圏雲中に太陽がある。
すると、太陽までの距離はおよそ30km前後ということになる。

極成層圏雲

昔から不思議だったのは、この写真。
太陽までの距離

私は子供の時から、この左辺の斜光と右辺の斜光の重なるところに太陽があると思っていた。

しかし、太陽までの距離は

1.4710×1011 m 〜 1.5210×1011 m

だと学校で教わる。

教育とは洗脳である。

計算もできないほど遠くに太陽があれば、上のような光はできない。

ほぼ、垂直に光は地球を照らさなければならない。

また、太陽は核融合でエネルギーを放出しているという。

焚き火のようなものか。

それなら、エベレストの山頂が太陽に近いので、一番暖かくなくてはならない。

しかし、エベレストの近傍標高(高度8500m付近)の温度は年間を通じておおよそ-15℃~-25℃程度。

実は、太陽は、約30km離れた所で電磁波を出しているのではないか。

電子レンジのようなものだ。

分子が比較的に自由に動き回ることができる水が温度を上げる。

地球でいえば、海である。

だから、海岸線は暖かく、山頂は寒い。

海から遠いエベレストの山頂はひどく寒いのではないか。
今回の画像はyoutubeで見つけたユジンさんの投稿動画からお借りしたものです。

月は雲より低いところにあった

一昨日の夜だったか。

丸い月が出ていた。

見ていると、月の向こう側に雲がある。

私はスマホを持っていない。

リンクを貼らせていただいた。

月

小笠原父島情報☆オガツアーのブログ2

http://ogatours.cocolog-nifty.com/blog/images/2009/02/13/s0212kumokore.jpg

月は雲より低いところにある。

雲の高さは上層雲で5,000mから13,000mだそうだ。
しかし、真珠雲というものがある。これは高度30,000mらしい。

そして旅客機の巡航高度は何故か10,000mに定められている。
戦闘機は15,000m。

月が実在するとすれば、その高さはおおよそ10,000m以上から30,000m以下の高さにあるということになる。もしくはその高さにホログラムとして映し出されているということか。(戦闘機のパイロットが月の高さを認識していれば、13,000km前後ということもありうる)

もう、この世は嘘で塗り固められている。
問題なのは、それらの嘘が何のために作られているかということだ。

新型コロナウイルスのパズル

新型コロナウィルスの背景

1.中国と米国は貿易関税問題で対立していた。

2.習近平は国賓として訪日する予定だった。

3.習近平はフィリピンのドゥテルテ大統領を支援していた。

4.ドゥテルテ大統領は米国との地位協定破棄を通告した。

5.コロナウィルスは中国武漢市とダイヤモンドプリンセスで発生。

6.ダイヤモンドプリンセスで感染したとされるイギリス人のデビッドアベル夫妻は何度もメディアで取材を受けたが、彼らはフリーメーソンの第18階級。

http://bit.ly/38pOrth

新型コロナウィルスの現在

1.コロナウィルスのワクチンをイスラエルが持っている。

http://bit.ly/2VMtsOG

2.「コロナウイルスからHIVが検出」デリー大学が発見、しかし「未査読」。

https://niconews55.com/colona

3.ジャワハルラルネルー大学分子医学特別センター准教授のアナンド・ランガナタン氏のtweetは削除された。

4.トランプがインドを訪問。

http://bit.ly/2PLCCHc

5.新型コロナ感染者の心臓や肝臓などにも異常を確認 中国側が公表

https://news.livedoor.com/article/detail/17913999

これらの情報は真実かどうかもわからない。

だから、どう考えても、どう推論しようとも、私は真実に辿り着けそうもない。

ただ、日本における報道の状況は憲法に緊急事態条項を追加する地ならしである印象を拭えない。

そして、これから起きることは金融の混乱であることは想像に難くない。

【プラトン】対話編「国家」におけるイデア論について(2)〜洞窟の比喩

洞窟の比喩

(画像は上記サイトからお借りしたものです)

「参考」

2020/02/09yahooヘッドラインニュース

【ロンドン時事】新型コロナウイルスへの集団感染が起きたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」には大勢の英国人が乗船し、英メディアの関心も高い。

BBC放送は8日、乗客の英男性が「英政府は船か飛行機を派遣し、われわれを連れ帰ってほしい」と船内から訴える様子を伝えた。

男性はデービッド・アベルさん。妻サリーさんとクルーズに参加した。船室から甲板に出ることが許可されるようになったが、1時間程度の時間制限があり、マスクの着用を課されている。また、他の乗客と2メートル以内の距離に近づかないよう日本の保健当局から指示を受けたといい、甲板では屈伸運動などをして気分転換を図るだけで、「誰もあまり会話していない」(サリーさん)状況だ。

アベルさんは「(感染拡大を防ぐ)隔離は絶対必要だ」と述べ、クルーズが終わっても下船できない事態に一定の理解を示す。しかし「船上で感情を高ぶらせるくらいなら、英国で管理の行き届いた環境下に置かれた方がはるかにましだ」とも語り、船内での生活が大きなストレスになっていることをうかがわせた。

英紙タイムズによると、クルーズ船には英パスポート保有者計78人が乗船。このうち英中部バーミンガム郊外在住のアラン・スティールさん(58)は新婚旅行でクルーズに参加した。ところが、7日までの検査で新型ウイルス感染が確認され、下船して日本の病院に運ばれた。発症はしていないといい、数日内の再検査が予定されている。船内の妻ウェンディさんとは離れ離れだ。 

2/9(日) 18:05 時事通信

このニュースはすでに削除されている。

ミケランジェロは何を描いたのか

ミケランジェロ・ディ・ロドヴィーコ・ブオナローティ・シモーニ

(伊: Michelangelo di Lodovico Buonarroti Simoni、1475年3月6日 – 1564年2月18日)

は、イタリア盛期ルネサンス期の彫刻家、画家、建築家、詩人。西洋美術史上のあらゆる分野に、大きな影響を与えた芸術家である。

ミケランジェロ自身が本業と考えていた彫刻分野以外の作品は決して多くはないにもかかわらず、様々な分野で優れた芸術作品を残したその多才さから、レオナルド・ダ・ヴィンチと同じく、ルネサンス期の典型的な「万能(の)人」と呼ばれる。

wikipedia引用

ミケランジェロはこんな絵を書いている。

「原罪と楽園追放」

(システィーナ礼拝堂天井画)

現在と楽園追放

創世記第3章

1 さて主なる神が造られた野の生き物のうちで、へびが最も狡猾であった。へびは女に言った、「園にあるどの木からも取って食べるなと、ほんとうに神が言われたのですか」。

2 女はへびに言った、「わたしたちは園の木の実を食べることは許されていますが、

3 ただ園の中央にある木の実については、これを取って食べるな、これに触れるな、死んではいけないからと、神は言われました」。

4 へびは女に言った、「あなたがたは決して死ぬことはないでしょう。

5 それを食べると、あなたがたの目が開け、神のように善悪を知る者となることを、神は知っておられるのです」。

6 女がその木を見ると、それは食べるに良く、目には美しく、賢くなるには好ましいと思われたから、その実を取って食べ、また共にいた夫にも与えたので、彼も食べた。

7 すると、ふたりの目が開け、自分たちの裸であることがわかったので、いちじくの葉をつづり合わせて、腰に巻いた。

8 彼らは、日の涼しい風の吹くころ、園の中に主なる神の歩まれる音を聞いた。そこで、人とその妻とは主なる神の顔を避けて、園の木の間に身を隠した。

9 主なる神は人に呼びかけて言われた、「あなたはどこにいるのか」。

10 彼は答えた、「園の中であなたの歩まれる音を聞き、わたしは裸だったので、恐れて身を隠したのです」。

11 神は言われた、「あなたが裸であるのを、だれが知らせたのか。食べるなと、命じておいた木から、あなたは取って食べたのか」。

12 人は答えた、「わたしと一緒にしてくださったあの女が、木から取ってくれたので、わたしは食べたのです」。

13 そこで主なる神は女に言われた、「あなたは、なんということをしたのです」。女は答えた、「へびがわたしをだましたのです。それでわたしは食べました」。

14 主なる神はへびに言われた、「おまえは、この事を、したので、すべての家畜、野のすべての獣のうち、最ものろわれる。おまえは腹で、這いあるき、一生、ちりを食べるであろう。

15 わたしは恨みをおく、おまえと女とのあいだに、おまえのすえと女のすえとの間に。彼はおまえのかしらを砕き、おまえは彼のかかとを砕くであろう」。

16 つぎに女に言われた、「わたしはあなたの産みの苦しみを大いに増す。あなたは苦しんで子を産む。それでもなお、あなたは夫を慕い、彼はあなたを治めるであろう」。

17 更に人に言われた、「あなたが妻の言葉を聞いて、食べるなと、わたしが命じた木から取って食べたので、地はあなたのためにのろわれ、あなたは一生、苦しんで地から食物を取る。

18 地はあなたのために、いばらとあざみとを生じ、あなたは野の草を食べるであろう。

19 あなたは顔に汗してパンを食べ、ついに土に帰る、あなたは土から取られたのだから。あなたは、ちりだから、ちりに帰る」。

20 さて、人はその妻の名をエバと名づけた。彼女がすべて生きた者の母だからである。

21 主なる神は人とその妻とのために皮の着物を造って、彼らに着せられた。

22 主なる神は言われた、「見よ、人はわれわれのひとりのようになり、善悪を知るものとなった。彼は手を伸べ、命の木からも取って食べ、永久に生きるかも知れない」。

23 そこで主なる神は彼をエデンの園から追い出して、人が造られたその土を耕させられた。

24 神は人を追い出し、エデンの園の東に、ケルビムと、回る炎のつるぎとを置いて、命の木の道を守らせられた。

wikipedia http://bit.ly/2NWlQ7v

アダムとイブが楽園を追放されるときの絵だが、これは蛇を擬人化して描いたものと解するのが常識というものだろうが、真実はわからない。

問題は次の絵。

ロンドン・ナショナル・ギャラリーにある「マンチェスターの聖母」だ。

この絵の原題は”The Virgin And Child With Saint John And Angels”

googleで翻訳すると「聖ヨハネと天使と聖母子」となっている。

マンチェスターの聖母

ミケランジェロ。彼は何を描いたのか。

中央の女性が聖母マリアだとすれば、右にいる二人の女性は天使か・・。

そして、左側の幼児がイエスで、右側がヨハネだろう。

ところで、これは違和感だらけの絵である。

1.聖母の顔が二人の天使と比較して黒すぎる。

2.右端の天使の背中には鱗があり、左足の甲は異様に盛り上がっている。

3.二人の天使が見ているのは羊皮紙なのか?それとも別の生物の皮なのか・・。

4.女性三人は背の高さもほぼ同様であることから聖母は立っているものと思われるが、ならば、イエスの左手がしがみついている布の下には何があるのだ?

何度も言うが、私は神というものを否定も肯定もしない。

ただ、古代の人々が、人類よりも科学文明が進んだ生物の存在を見たとしたら、彼らを「神」と呼んだ可能性はあるだろう。

しかし、わたしは彼らを神とは呼ばない。