Once upon a time, a virus called SARS-CoV-2 was infected and exploded.

Unfortunately, this story is what I dreamed of in bed, with no evidence.

One day, multiple cases of pneumonia occurred in Wuhan. The first thing that came to the news was that antibiotics didn’t work. And when the patient was examined, coronavirus was detected. This virus was similar to SARS-CoV. SARS-CoV-2. However, WHO advertised the symptoms of SARS-CoV-2 as COVID-19 under the name of the disease. This disease is a severe acute respiratory syndrome.

Where is the evidence that SARS-CoV-2 causes severe acute respiratory syndrome? Is there a report that SARS-CoV-2 was found in the lesion of a patient who died of pneumonia?
The deceased people are cremated and go home without their families being allowed to touch them. I cannot help feeling discomfort with this.

Severe acute respiratory syndrome may have been caused by other causes. However, it was alleged to be due to SARS-CoV-2. Presumably, SARS-CoV-2 would not be highly toxic. It would be a problem if the virus that had been scattered all over the world before the outbreak of this patient in Wuhan had strong toxicity. The SARS-CoV-2 may have been sown all over the world in the chem trail and in the hands of people.

SARS-CoV-2 had to be weakly toxic.
However,the media around the world reported that SARS-CoV-2 is the cause of severe acute respiratory syndrome.

In Japan, PCR tests are difficult to receive. Never do PCR tests for all citizens. The PCR test is also positive for viruses other than SARS-CoV-2. Reacts to influenza virus and others. PCR testing does not represent the truth about SARS-CoV-2. If all people were tested for PCR, more than half of the people would be positive.
・ Misunderstanding of PCR test

 

Dr. Thomas Cohen
said, “Whenever an ecosystem is exposed to new electromagnetic fields, it becomes poisoned, partially destroyed and the rest in asphyxia.”

Dr. Chishima
said that when affected by drastic changes in the environment, pathogens naturally occur in the body, and what is said to be an infectious disease spreads simultaneously.

Even Pasteur, who said that microbes invade from the open air, said in a will
that there are no pathogens, that is, the earth is everything.

The French word translated “earth” here is “teriain”. This word also includes the meaning of “environment”.

Well, if SARS-CoV-2 wasn’t the main culprit in severe acute respiratory syndrome, was there anything that would change the environment in Wuhan?

I wonder if the sudden change in the electromagnetic field due to 5G may have had a negative effect on the human body.

Why is it necessary to introduce something like 5G? 5G can send data over 100 times faster than current 4G, but if you think back, it means that personal data can be collected over 100 times faster. The common people don’t need something like this.

5G is a drastic change in the global environment. The human body moves with electrical signals. It is unnatural to think that strong electromagnetic waves do not affect the human body. Strong electromagnetic waves will affect red blood cells. Then, it causes respiratory failure due to lack of oxygen and causes bacteria to be generated in the lungs. the government does not dissect the deceased people, so this is just speculation.

Why are there few Japanese fatalities (note that they are fatal, not infected)? One speculation is that I think the Japanese may have created a new immune function when exposed to radiation from the Fukushima nuclear accident.

Well, what will happen next? That would be vaccine development. If SARS-CoV-2 was artificially created, the vaccine would probably already exist. And I don’t know what’s in the vaccine. However, people who have been brainwashed by the media for the fear of SARS-CoV-2 will jump on this vaccine.

Already people are lambs who have lost their destination.

A world in which microchips are mixed in vaccines and the information is collected at a fierce 5G speed to manage people around the world. It is reminiscent of a number card hung on the ears of lambs raised on the farm. Isn’t such a world just around the corner?

When I got out of bed, I thought that if the electromagnetic wave continued to pollute the earth’s environment, the number of living things on earth would be greatly reduced.

赤血球とマクロファージと陽電化

Wikipediaから一部引用する。

マクロファージは、動物が病原体による感染から身を守る感染防御の機構において、その初期段階での殺菌を行うとともに、抗原提示によって抗体の産生を行うための最初のシグナルとして働くなど、重要な恒常性維持機構の一角を担っている。

その一方で、過剰な活性化などのマクロファージ機能の異常は、免疫システムの多くの病気に関わっている。例えば、炎症壊死を起こした組織を覆い、肉芽腫を形成する。また、アテローム性動脈硬化が進行する上でも重要である。マクロファージの役割の1つとして、血管壁にたまった変性コレステロールの処理があるが、変性コレステロールが処理しきれないほど多く存在する場合、血管壁の下に潜りこんだまま泡沫化しその場に沈着する。これがアテローム性動脈硬化の原因である。

また一部の病原細菌ウイルスには、マクロファージによって貪食されても、その食作用を回避する機能を獲得しているものがある。細菌としては、リステリア赤痢菌チフス菌レジオネラ結核菌などがその代表である。またウイルスでは、エイズの病原体であるヒト免疫不全ウイルス (HIV) が、ヘルパーT細胞とマクロファージに感染する。マクロファージによる殺菌を免れた病原体は、その細胞内部に感染(細胞内感染)する。マクロファージ自体は強い殺菌作用を持っているが、その内部には抗体やその他の免疫による攻撃が到達しないため、病原体が感染したマクロファージは却って病原体を保存したり、全身に運んだりすることで、その病原性の発揮に関与する。例えば、チフス菌は腸管に侵入した後、腸間膜リンパ節のマクロファージに感染して血流に入り込んで、全身性の感染(菌血症)を起こす。また結核菌やHIVでは、マクロファージ内に感染した病原体は長期に亘って潜伏感染し、感染後、長時間が経過してから重篤な病状が現れる。(Wikipedia)

上の動画は2011/03/11の福島原発事故後の関東在住の方の血液の様子である。
以下、動画の説明について(新) 日本の黒い霧から引用させていただく。

■解説
 この動画コンテンツは、後半に登場する写真の発光物質が話題のメインではありますが、それを殊更取りざたする前に、以下の私が観察から得た知見をまずご理解いただきたいと思います。もちろん、学術的なエビデンスというには程遠いですが、関心のある医学・生理学分野の研究者さんには、ぜひとも今後検証を重ねていただきたいと思っています。なお、以下論文調で記述しますのでご容赦ください。

・赤血球は回転している
 可能ならば、この動画を拡大して見ていただきたい。少し分かりにくいかもしれないが、中央が窪んだ真円に近い赤血球を探してよく見ると、何やら周期的な動きをしているのが分かる。これは赤血球の細胞膜内が鉛直上から見て反時計回りに回転運動しているために起きている。なぜこのような運動が起きているのだろうか?

・回転している理由
 物理的にこの回転運動の発生を説明する理由は一つしか考えられない。それは、生体細胞内は陰性の電荷を帯びているのがわかっているので、地磁気と反応して負(陰)電荷の流れ、すなわち電流が起きているからと考えるのが一番合理的である。しかも回転運動が継続していることから、地磁気は定常的かつ一様に掛かっている訳でなく、磁気パルスとして短い周期で間欠的に発生していることも窺えるのである。おそらく、この回転による運動エネルギーこそが、生命体の体温を生み出す源泉ではないかと考えられる。

(新) 日本の黒い霧陽電化する日本人(2)-世界滅亡前夜より

図:地磁気パルスと赤血球内部の回転運動
  参考:高校物理教科書のアンペールの法則、起電力の項
 ※大地側がN極になっている理由は、次回以降に示すものとする

・赤血球にも核はある
 赤血球は生理学一般では細胞核の無い無核細胞だと認識されているが、上記のように回転運動が生じているため、実際には細胞核は遠心力により外周に張り付くような形で存在している。上記の動画には出ていないが、回転を停止した赤血球(死滅した赤血球)から細長い染色体が崩れ出る様子を私は何度も観察している。赤血球は明らかに有核細胞なのである。顕微鏡で観察すればすぐに分かることなのに、どうして世界の医学・生理学の権威はこれを公表しないのか、甚だ疑問である。・NICとは何か
 動画の中の動き回る黒い粒。世間ではソマチッドとか呼ばれている。ソマチッドという名前は微小知的生命体云々なる憶測が一人歩きしており、こうした先入観を排除するために、私はこれをNon-Ionnized Calcium (NIC)、つまりイオンではない、組成の中にカルシウムを含む表面が陰電位の塩(エン)の結晶構造体と表る。具体的には燐酸カルシウムCa3(PO4)2など、いわゆる骨の組成物などである。そして、動画を見れば分かるように、マクロファージとはNICの集合体であり、一般的な生物細胞ではない。そのNICの集団が一つの細胞のように動き、免疫機能を果たしているのである。もしも、NICが外部的な磁気パルスの信号によってその運動を決定しているのなら、私たちが観察するNICの知的とも思える生物的運動は、実は外部からの電磁気的命令によって行われているとしか言いようが無い。ここで結論を出すのはまだ早いかもしれないが、私たち人間を含むこの世の生命体とは、外部の何かの意志(あるいは情報)によって動かされ維持されているとは言えないだろうか?私が個人的に興味を抱くのは、NIC単体の物理的構造などではなく、このような外部コントロールによって維持されている生命圏のデザインそのものなのである。

(中略)

・癌細胞、病原体は基本的に陽電化細胞、回転方向が逆
 どうしてなのか理由は分からないが、これまでの観察経験では、血液中の癌細胞や病原体などは、決まって細胞内部の回転方向が赤血球とは逆なのである。つまり、時計回り。これは、内部電位が赤血球と反対電位、すなわち正(陽)電荷なのだということを示してる。これをとりあえず陽電化細胞と呼ぶ。そして、マクロファージがどのように陽電化細胞の動きを止めるのかと言えば、まず自己の細胞膜?内部に大量に抱えたNICの陰電荷を用いて、陽電化細胞を電気的に中和することから始めるのである。すると癌細胞の回転運動が止まり、静止した癌細胞は死滅した状態に近くなる。そこでマクロファージはその死滅様のがん細胞を膜内に取り込み体外排除に移るというプロセスを取る。

 要は、電気的に中和してるだけなのである。現代の医療では、癌細胞の破壊に副作用の強い化学的抗癌剤が多種用いられているが、そんな異物を体内に投入しなくても、癌細胞内電位の中和を促進するだけで実は治療としては充分なのである。放射性物質由来の抗癌剤などは、体内の電離・陽化を促進するだけなので、かえって逆効果であるとすら言えるのだ。

 これは伝え聞いた話だが、地方の国立大学の医学部が合同でNICを使用した癌の治療実験を行ったところ、20人の末期癌患者の内19人が完治するという驚きの結果を得たという。あまりの好成績に腰を抜かした教授陣は、大人の事情だか何だか知らないが、「今これを出すのは早すぎると」判断し、実験の事実そのものを記録から消したそうだ。その話が事実かどうか分からないが、NICと癌細胞の関係を観察してきた経験から、そのような成果が出ても不思議ではない、むしろ当然だと言える。

(中略)

・内部被曝が体内陰電荷を消費し尽くす
 アルファ線1回の照射でおよそ3万電子分の陰電荷が電離によって失われるとの研究報告がある。内部被曝が始まると体内細胞の陽電化が急速に進み、NICが有する陰電荷の供給能力をはるかに越えてしまう。陰電荷を使い尽くしたマクロファージは、その活動を停止せざるを得ない。それが動画に現れた活動を停止した、あるいは形状そのものが壊れてしまったマクロファージの正体である。そのため、生体本来の免疫機能が損なわれ、病原体や癌細胞の増殖抑制に対応できなくなる。

 この動画ではまだ弱々しくも動いているマクロファージが観測できているが、6月以降に渡比してきた日本人の血液を観察すると、その数は更に減少していくと伴に、血中発光物質の数は増えていくのである。その時点で、関東4千万人の内、3千万人はもうその年いっぱい生きられないだろう、最終的に1千万人の日本人が生き残れるかどうか、あるいは全滅もあり得ると予測した。

(以下略)

全文は(新) 日本の黒い霧 陽電化する日本人(2)-世界滅亡前夜で読んでいただきたい。

赤血球は反時計回りに回転しており、なおかつ核がある。このことは赤血球が細胞や菌、ウイルスに変化するという千島学説と齟齬をきたさない。

今、コロナウイルスで騒がしいが、陽電化が体に与える影響はとても大きいということだ。思いつくのは電線と5Gである。特に5Gは地球全体の環境の大きな変化を与えた。私は家の中の電磁波を調べた。測定器は今座っているパソコンの前で63V/mを表示している。私はこれを被曝だと思っている。これらの電磁波でも体は陽電化していることだろう。スウェーデンでは世界で最も厳しい規制値を設けてい.る。 磁場:2.5mG以下 電場:25V/m以下

これは素人の夢想でしかないのだが、コロナウィルスは飛沫感染ではなく、根本原因はこの陽電子の感染なのではないか。そう仮定すると、現場の医療従事者が飛沫感染に対して完全に武装しても効果は少ないということにならないか。

ならば私たちはどうすればいいのか。それを今、思案しているところである。

緊張した心を解き放とう

コロナウイルスと5Gの関係については色々考察してきた。

「環境の激変などの影響をうけたとき、病原体がからだのなかに自然発生し、伝染病と言われているものが同時多発的にひろがる」
この千島学説を私は信じている。

気になるのは、学童児の感染率が非常に少ないことだ。私は、人々の体の中に発生しているのは結核菌に似たものではないかと感じる。

現在、BCGの接種は1歳までは国の補助で受けられる。非常に多くの乳児がこの接種を受けている。このことが、学童児の感染率が非常に少ないことにつながっていると推察する。

「病原菌は病気の原因ではなく、病気になった結果である」 という千島説を裏づける研究をフランスの外科医、レ-リィが、一九四三年にとなえた。“レ-リィ現象”というもので、自律神経を刺激すると、病原菌が外から入ってくるのでなくとも病気になるという新説をうちだし、実験で実証してみせたのである。この実験には病原菌は一つも入れていない。ただ自律神経を強く刺激するだけで、結核、腸チフス、赤痢などの伝染病の症状を発生させたのである。」

・千島学説の夜明け
 

終戦に至るまでの男性の結核患者の急増はこれを裏付けるものなのかもしれない。

結核による死亡数の年次推移(1899-2000年、日本)
(東京都健康安全研究センター)

 

さて、美しい歌声で過剰な自律神経の緊張を解き放とうではないか。

「早春賦」
作詩:吉丸一昌/作曲:中田章

春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす 歌は思えど
時にあらずと 声もたてず
時にあらずと 声もたてず

氷融け去り 葦はつのぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けばせかるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か

5Gへの曝露によりヘモグロビンの構造と機能が変化し、コロナウイルス患者が酸素欠乏により死亡する可能性はありますか?

残念ながら私は英語を読むことも聞き取ることもできない。海外のサイト情報を丸コピーした。日本のメディアは何も言わないからだ。

 

「5Gへの曝露によりヘモグロビンの構造と機能が変化し、コロナウイルス患者が酸素欠乏により死亡する可能性はありますか?」
https://www.naturalnews.com/2020-04-06-5g-alter-hemoglobin-coronavirus-patients-oxygen-deprivation.html

ナチュラルニュース)5Gはコロナウイルスの死を部分的に非難するのですか?5Gはあなたの体を循環している血液が酸素を運ぶことができないようにすることができますか?

コロナウイルス患者の救急医療で特に恐ろしいのは、「ウイルス性肺炎」ではなく、血液中の酸素を吸収または運ぶことができないことです。

これは、コロナウイルスが一種のウイルス性肺炎ではないことを詳細に説明したいくつかのビデオをリリースしたニューヨークのICU救急医であるキャメロンカイルサイデルによって確認されました。「私たちは間違った病気を治療しています」と彼は言います。そして、人工呼吸器は患者の肺を損傷しています。彼は説明する:

COVID-19肺疾患は、私の知る限り、肺炎ではなく、肺炎として扱うべきではありません。むしろ、それは高山病に最も似たある種のウイルス誘発性疾患のように見えます。私の仲間の数万人のニューヨーカーが、キャビンの圧力がゆっくりと放出されている30,000フィートの飛行機にいるかのようです。これらの患者はゆっくりと酸素が不足しています。

コロナウイルス患者がウイルス性肺炎の肺感染症ではなく、酸素欠乏症でどのように亡くなっているのかを彼に説明します。

この緊急治療室の医師が明らかにしていることは、コロナウイルス患者ウイルス性肺炎の典型的なシナリオではなく、酸素欠乏亡くなっていることです。言い換えれば、患者の肺は正常に機能しており、人工呼吸器は過度の圧力を肺に与えているため、実際に肺に損傷を与えています。

そもそも、血液はどのようにして酸素を運んでいるのでしょうか?

正確に言えば、肺が技術的に正常に機能しているときに、これらのすべての患者が酸素不足になっているのでしょうか。考えられる答えの1つを理解するには、まず血液がどのように酸素を運ぶかを理解する必要があります。想像以上に魅力的です。

正常に機能している場合、1分子のヘモグロビンが4分子の酸素と結合し、鉄(Fe2 +)を使用して、オキシヘモグロビンを形成します。しかし、この結合は「分圧」と呼ばれるもののためにのみ達成されます。つまり、肺組織の酸素濃度がヘモグロビン分子の酸素濃度よりも高いことを意味します(大まかに言えば、これは多少簡略化されています)。 」をヘモグロビンに適用して、裂け目全体の分圧を均等化します。

画像ソース:QSstudy.com

しかし、5G放射線は細胞膜の多孔性を変化させ、一部の分子またはイオン要素がそれらのメンバー間をより容易に移動できるようにし、通常は飛躍する可能性がある他の分子(または二酸化炭素などの可溶性ガス)を置き換えます。たとえば、5G放射が「電圧依存性イオンチャネル」(VGIC)を引き起こし、特にカルシウムイオン(VGCC)が原因で、細胞壁に侵入するカルシウムが多すぎて細胞を汚染することで細胞毒性を引き起こすことがよく文書化されています。

これに関する研究は、Environmental Researchに掲載されました- ここにリンクがあります -そして、5Gへの曝露が細胞透過性(多孔性)を変えるだけでなく、体内のペルオキシナイトライトも放出することを明らかにします。これらは、血液中を循環する他の健康な分子を破壊する炎症を引き起こす分子です。

ワイヤレス(WiFi)および電磁周波数(EMF)への曝露に関する利用可能な公開された科学の徹底的なレビューにより、WiFiおよびEMFマイクロ波汚染が人体に積極的に害を及ぼす少なくとも7つの異なる方法が特定されました。

ジャーナル「Environmental Research」に掲載された査読済み論文は、今日どこにでもあるWiFi信号への曝露が次の原因となる可能性があることを説明しています:酸化ストレス、精子と精巣の損傷、EEG(脳波)変化を含む神経精神的影響、アポトーシス(プログラムされた細胞)死)、細胞のDNA損傷、内分泌の変化、カルシウム過負荷。

コロナウイルス患者は、すでに5G曝露の症状の3つである神経精神的影響、精巣損傷、酸化ストレスで観察されていることに注意してください。

5G曝露とコロナウイルス症状の類似点を指摘するために、この単純なチャートを作成しました。どこにでも自由に共有して、可能であればこの記事にリンクしてください。

細胞中毒の精神医学的影響による大量の狂気

5G放射線と身体の細胞への影響が、狂気の症状、幻覚、さらには強力な人格の変化につながる可能性があることもわかっています。興味深いことに、CNNのChris Cuomoは、高5Gの都市(NYC)に住むコロナウイルスと戦っていたときに、すでに幻覚の発作について説明しました。私は、最後の12月ナチュラルニュースに書いています

5G放射線は、Environmental Researchで発表された研究によると、脳細胞のイオン増強中毒と呼ばれるメカニズムを通じて「神経精神医学的」効果を引き起こします。

これにより、行動に変化が生じ、日常的に暴露されている人々の性格さえも変化する、と研究者たちは発見した。つまり、5Gは通信インフラストラクチャを兼ねる武器システムですが、実際の影響は、特に5Gタワーがユビキタスになってきている人口の多い都市に住む人々の間で、人間の脳機能を損傷し、合理性、理性、礼儀正しさを破壊することです。そういうわけで、あなたはそれらの領域で狂気の増加と広範囲の精神的混乱に気づいたかもしれません。

この影響の一部は、高強度エネルギーの狭い円錐形で体にビームが照射される5G放射線によって放出される電圧に曝されると、体の細胞で生成されるペルオキシ亜硝酸の生成が原因である可能性もあります。(5Gアンテナは、周囲を通る細いビームにエネルギーを集中させます。)

私たちはすでに、ゾンビのような暴力的で攻撃的な行動(意図的に唾を吐いたり咳をしたりするなど)を含む、精神医学的影響を引き起こすコロナウイルスを観察しています。

5G放射線被曝が赤血球の酸素運搬能力をどのように変えるか

酸素問題に話を戻すと、5G放射線被曝がヘモグロビンの機能を変化させる可能性がある理由は、ヘモグロビン自体のタンパク質構造を理解することでわかります。

ヘモグロビンは、「ヘムグループ」と呼ばれるものに依存しています。これは、中心に鉄(FE 2+)を持つ複雑な分子です。これは、「ポルフィリンリング」と呼ばれるものによって囲まれています。これは、他の酸素原子に対して特別な親和性を持つユニークな構造(酸素、炭素、水素でできている)のクラスターです。酸素が肺内のこの分子に「跳躍」する能力は、これらの複雑な分子の構造(イオン電荷も意味する)に完全に依存します。

このすべての中で注目すべきことの1つは、特別なタンパク質であるヒスチジンが存在しない場合、このヘムグループは一酸化炭素に対して酸素よりも高い親和性を持ち、ヘムグループ全体が一酸化炭素によって占有され、酸素の吸収がブロックされることです。したがって、ヒスチジンの存在は、ヘム基が酸素と結合できるようにするために重要です。ヒスチジンをいじくると、ヘモグロビンにO2ではなくCOを運ばせ、血液中の酸素欠乏を効果的に引き起こします。

ちなみに、このヘムグループは二酸化炭素に対して特別な親和性を持っているため、同じ分子がCO2を体の細胞から運び、CO2を肺に戻すことができます。覚えておいてください:同じヘモグロビン分子は、CO2とO2の両方を運ぶ必要がありますが、時期が異なります。また、CO2を取り除き、O2で体に栄養を与えるために、それらの分子を引き付けて反対の時間に放出する必要があります。これはすべて、タンパク質とタンパク質フォールディングの微妙なバランスによって実現されます。

ヘモグロビン分子自体はナノテクノロジーの奇跡です。酸素を運ぶかどうかに基づいて、2つの異なる構造状態に変化します。「R状態」と呼ばれるものでは、この分子は酸素の磁石のようなものです。酸素原子が4つ結合すると、非常に安定した構造になります(赤く表示されます)。技術的には、酸素(O2)の単一分子の結合により、他の3つの酸素サイトの酸素に対する親和性が高まり、ヘモグロビンが4つの酸素分子を非常にすばやく「掃き出す」ようになります。酸素が不足すると、「T状態」に変化し、青色に見えます。そのため、低酸素の血液は青色になります。

これらすべてを理解するために重要なことは、ヘモグロビンのデリケートな構造が変化すると、酸素と結合する能力が損なわれることです。

APSUbiology.orgの上記のヘモグロビン分子の表現を見て、分子の4か所に配置されているヘムグループに注目してください。ポリペプチド鎖は分子の変形構造の一部であり、体内のさまざまな場所(肺と他の細胞)でのガスの分圧に応じて、CO2とO2の両方を運んで放出することができます。ヘモグロビンの構造が変化すると機能が停止することに注意してください。

ヘモグロビン分子の透過性、つまり二酸化炭素などの他の可溶性ガスに対する親和性を高めると、ヘモグロビン分子が誤った物質で「占有」され、「R状態」にないため酸素を吸収できなくなります心臓が血液を肺に送り返すまでに。

別の言い方をすると、他の可溶性ガス(二酸化炭素、一酸化炭素、さらには血液中のイオンミネラル)に対するヘモグロビンの親和性を大幅に変化させるものはすべて、その原子構造を変更することによって血液の酸素運搬能力を「遮断」することができます。

ヘムグループの構造を変更すると、酸素を輸送する機能を失います。ヘムグループの場合、構造は関数だからです。たぶんこれは有機化学者だけが理解できるかもしれませんが、このヘムグループは本当にナノテクノロジーの奇跡です。

これは、鉄、ヒスチジン、ヘムグループ、およびO2酸素分子がヘモグロビンとどのように相互作用するかを示す図です。これにより、「酸素化」型と「脱酸素化」型に応じて構造が変化します。(Biology.Kenyon.edu経由)

5Gへの曝露は、O2ではない他の分子に対するヘモグロビンの親和性を高めることにより、ヘモグロビンの構造を変えることができますか?

これらすべての本当の質問は、私が上で質問したように最もよく表現されています。私たちは5G放射線曝露現象を扱っていることを疑うブロックキャリー酸素に対するヘモグロビンの能力を、むしろ占有他の要素とヘモグロビン分子を、その構造、したがってその機能を変化させる酸素と結合する能力を阻害します。

これは、5Gが現在機能している世界中で発生している可能性が非常に高く、コロナウイルスが大量の死に至るまで症状と状態を悪化させているだけです。

言い換えれば、5G曝露/放射線汚染が5G都市に住んでいる人々の体のヘモグロビン細胞の構造と機能をまだ妥協していなければ、コロナウイルスのパンデミックはそれほど悪くないでしょう。

もちろん、これはコロナウイルスが本物ではないという意味ではありません。人体へのこれら2つの攻撃は、毒性と死亡率の相乗効果があるというだけです。

結論:人類は5Gで自殺しています

ウイルスやコロナウイルスはデマだと主張している人には強く反対しますが 5Gアンテナの普及は世界にとって一種の自殺協定だと私は同意します

ローマ人が鉛の裏地から水道を建設し、それによって彼ら自身の市民を毒殺し、負荷中毒で狂気に追い込んだように、ビッグテックと電気通信の現代世界は、電気汚染によって人類大量に毒殺しています。

現在、多くの人々が、コロナウイルスは「電気病」であり、5Gだけでウイルスではなくすべての大量死を引き起こしていると信じているジョンカミンスキーの本「The Invisible Rainbow」について話しています。彼は「インフルエンザは伝染性ではない」、「検疫はすべてひどいデマだ」と書いている。

確かに彼はそれらの主張について間違っているが、彼は電気汚染の毒性について、そして5Gがいかにして人類を破壊している一種の「自殺システム」であるかについて全く間違っていないかもしれない。

これはすべて膨大な量の追加研究に値するものですが、私たちはビッグテックがすべての物語を制御し、5Gの安全性に疑問を抱くすべての人々を検閲する世界に住んでいるため、人類がこの大量自殺ミッションから脱出することは不可能に思われますすでに解き放たれています。

そしてそれはワクチンの話題すらカバーしていません。ビルゲイツのワクチンが、5Gへの曝露が細胞に押し込まれ、「バイナリ」曝露とその後の細胞毒性による広範な死を引き起こす毒性物質を含むように意図的に設計されている場合はどうなりますか?

それは確かにビル・ゲイツが彼の世界的な過疎化の夢を達成するための単純な方法であり、すべての人々が整列して安楽死の兵器システムを注入されるのに十分愚かであるかを見つける世界的なIQテストを管理する間です。

栄養とマスクに目を向けて、このパンデミックを終わらせ、封鎖を終わらせる方法についての私のビデオを見てください。

Brighteon.com/bded5422-309d-48c7-859c-6de827faa8d7

5gに関するその他のニュース

5Gへの曝露によりヘモグロビンの構造と機能が変化し、コロナウイルス患者が酸素欠乏により死亡する可能性はありますか?
エレクトロポレーションがコロナウイルスの発生を悪化させているのではないかと懸念して5Gタワーを燃やしている人もいます
パロアルトがコロナウイルス危機の中で退役軍人のために5G対応病院を開設パンデミックパンデモニウムは、権威主義者や社会人が人々を搾取し、制御する機会を提供します
5Gは脳の損傷とあなたの健康と心の操作へのゲートウェイです
武漢での5Gロールアウトは、集団の生来の細胞防御細胞に損傷を与え、人々を合併症やコロナウイルスによる死のリスクにさらしましたか?
スイスの環境庁が5Gに関する国家モラトリアムを発表
主要都市は癌を引き起こす5Gテクノロジーと戦っています
FCCは、ワイヤレス技術の放射から公衆を保護することに失敗したという歴史的な法的課題に直面しています
ウォールストリートジャーナルは、中国の通信大手であるHuaweiがその技術を使用して敵をSPYしていることを証明する高度に分類された「漏出」資料を公開

著者について: Mike Adams(別名「Health Ranger」)は、ベストセラーの著者(「Food Forensics」と呼ばれる、Amazon.comで1位のベストセラーの科学書)、環境科学者、セシ​​ウム放射性同位体除去の特許権者発明、卓越したジャーナリズムの複数の賞を受賞、科学ニュースの発行者、科学と医学から文化と政治に及ぶトピックに関する影響力のある解説者。以下のリンクで彼のビデオ、ポッドキャスト、ウェブサイト、科学プロジェクトをフォローしてください。

Mike Adamsは、NaturalNews.comの創設編集者、およびCWC Labsとして知られる国際的に認定された(ISO 17025)分析​​ラボのラボサイエンスディレクターを務めています。そこで、ICP-MS機器を使用した未知の水サンプル中の有毒元素の分析で非常に高い精度を達成したことCertificate of Excellenceを授与されました。Adamsは、液体クロマトグラフィー、イオンクロマトグラフィー、質量分析の飛行時間型分析機器の実行にも非常に熟練しています。彼はまた、サンプル調製および外部標準調製のための自動化液体ハンドリングロボットのプログラミングにおいて、多くの研究室のブレークスルーを達成しました。

米国特許庁は、マイクアダムスの特許番号を取得しています。人間の消化管から放射性セシウムを最大95%除去する、命を救う発明「セシウムエリミネーター」の発明には、US 9526751 B2。Adamsは、原発事故、災害、戦争行為またはテロ行為の余波で人命を救うために製品を製造する必要があるすべての州または国の政府に、完全な特許ライセンス権を寄付することを約束しました。彼はまた、テキサスの倉庫でセシウムエリミネーターを製造するために10,000 kgの原材料を備蓄しており、次の核イベントが発生したときにテキサスでの命を救うために完成品を寄付する予定です。人間の消化管からの放射性元素の除去についてこれ以上の研究を行った世界の独立した科学者はいません。

アダムスは、アフリカ人とアメリカインディアンを祖先とする有色人です。彼はネイティブアメリカンの遺産であり、化学物質、重金属、その他の汚染によって引き起こされる破壊から生命と自然を保護するという彼の「ヘルスレンジャー」への情熱を刺激したと信じています。

Adamsは、食品、栄養補助食品、ペットフード、スパイス、ファーストフードのICP-MS重金属分析結果を発表した世界初の本の著者です。この本は、Food Forensicsというタイトルで、BenBella Booksによって発行されています。

彼の研究室での研究では、アダムスはアジアから輸入された米タンパク質製品が鉛、カドミウム、タングステンなどの有毒な重金属で汚染されていることを明らかにするなど、多くの食品安全の進歩を遂げました。アダムスは、スーパーフードに高レベルのタングステンを記録した最初の食品科学研究者でした。彼はまた、輸入されたマンゴスチン粉末から11 ppmを超える鉛を発見、米タンパク質製品に含まれる重金属を制限する業界全体の自主的合意を導きました。

アダムスは研究室の仕事に加えて、非営利のコンシューマーウェルネスセンター(CWC)の(無給の)エグゼクティブディレクターでもあります。自分の食べ物を育てるか、栄養を大幅に改善します。Adamsは非営利のCWCを通じて、必要なビタミンを必要としている人々に寄付するプログラムであるNutrition Rescueも立ち上げました。ここをクリックして、CWCの成功事例をご覧ください。

Adamsは、科学とソフトウェアテクノロジーを背景に、Arial Softwareとして知られる電子メールニュースレターテクノロジー企業の創設者です。Adamsは、彼の技術的な経験と自然な健康への愛情を組み合わせて、NaturalNews.comを現在運営しているコンテンツ管理システムを開発および導入しました。彼はまた、1,000万件を超える科学的研究を特徴とする膨大な研究リソースであるSCIENCE.naturalnews.comを強化する高度な統計アルゴリズムを設計しました。

アダムスは、食品供給全体で使用される偽のブルーベリーの蓋を吹く彼の信じられないほど人気のある消費者活動ビデオで有名です。彼はまた、チキンマクナゲット発見された「奇妙な繊維」、いわゆる健康の「教祖」の偽の学歴、バッテリー酸として輸入され、経口摂取のために販売された危険な「デトックス」製品偽のアサイベリー詐欺、カリフォルニアの生乳襲撃も公開しました、業界の内部告発者および他の多くのトピックによって明らかにされたワクチン研究詐欺

アダムスはまた、家庭菜園者の権利擁護し、両親の医療の自由の権利を保護するのを助けました。Adamsは、GMO、ワクチン、栄養療法、人間の意識などの問題に世界的に顕著な影響を与えたと広く認識されています。

彼の活動に加えて、アダムスは様々な活動のトピックをカバーする15以上の人気のある曲をリリースた熟練したミュージシャンです。

この記事の転載:

非営利目的での使用も可能です。NaturalNews.comをクリック可能なリンクで引用してください。

千島学説とスペイン風邪と5G

スペインかぜ(スペイン風邪、英語: Spanish Flu (influenza) )は、1918年パンデミックとも呼ばれ、極めて多くの死者を出したインフルエンザによるパンデミックの俗称である。第一次世界大戦時に中立国であったため情報統制がされていなかったスペインでの流行が大きく報じられたことから名付けられた。国立感染症研究所などではスペインインフルエンザと表記する。また、かつてはスパニッシュインフルエンザとも表記され、「流行性感冒(りゅうこうせいかんぼう)」とも表記された

1918年1月から1920年12月まで世界中で5億人が感染したとされ、これは当時の世界人口の4分の1程度に相当する。その中には太平洋の孤島やの人々も含まれた。死者数は1,700万人から5000万人との推計が多く、1億人に達した可能性も指摘されるなど人類史上最悪の感染症の1つである。アメリカ合衆国ではパンデミックの最初の年に平均寿命が約12歳低下した。(Wikipedia引用)

さて、youtubeで削除されたトーマス・コーエン博士の話が興味深い。

「ウィルスは我々のDNAやRNAの破片がいくつかのたんぱく質と共に細胞から排出されたものなのです。こうしたことは細胞が毒に侵されると起こります。何も原因はないのです」

「1918年に何が起こったのでしょうか。過去150年に起きた大きなパンデミックの時は毎回、地球の帯電による漁師飛躍(クォンタムリーブ)があったのです。1918年、1917年の晩秋には、電波が世界中に導入されました。」
*注1918年はスペイン風邪が流行した年。

「生態系が新たな電磁場にさらされる時はいつでも被毒が起こり、一部は破壊され、残りは仮死状態になるのです。」

「1918年のパンデミックの際は、ボストン保険局が伝染性を調査することにしました。信じられないような話ですが、彼らは何百人ものインフルエンザ患者の鼻水を吸い出し、これをまだ罹っていない健康な人に接種したのです。ですが接種された人で具合が悪くなる人は一人もいませんでした。これを何度も何度も繰り返しましたが、伝染病であることを実証できなかったのです。」

これは千島学説の

「環境の激変などの影響をうけたとき、病原体がからだのなかに自然発生し、伝染病と言われているものが同時多発的にひろがる」

と同じことを言っているのです。

私は博士の言うことを100パーセント信じているわけではない。

ただ、生態系が新たな電磁場にさらされる時はいつでも被毒が起こるということ。つまり、今、5Gを停めないと、人類は大変なことになるという思いは博士と同じである。

以下に全文を掲載します。

こういう見方をすると人類の危機は自らが招いたと分かります。
さて、私の持ち時間はあと10分あります。ここまで辿りつけるかどうか分かりませんでしたが ここでコロナウィルス全般について触れずにはいられません。

もし皆さんが話を聞きたいならですが、(聴衆から聞きたいという声)そうですね。繰り返しになりますが もしルドルフ・シュタイナーを知っていたら、この試練への答えをご存じでしょうが、それでも具体的に解明しなければなりません。

1918 年に最大のパンデミックであるスペイン風邪が大流行した後で シュタイナーはそれがどういうことだったのかと聞かれました。
 シュタイナーはこう答えました。
「ウィルスは単純に 我々の細胞の有毒な排泄物です。ウィルスは我々の DNA や RNA の破片がいくつかのたんぱく質と共に細胞から排出されたものなのです。こうしたことは細胞が毒に侵されると起こります。何も原因はないのです」と。


まず最初に考えてください。皆さんが著名なイルカのドクターで何百年という長期にわたり北極圏でイルカの研究をしてきたとします。イルカは健康でしたが、ある時電話がかかってきて「フレッド、たくさんのイルカが北極圏で死んでいる調査に来てくれないか」と頼まれます。その時に質問を一つするとします。皆さん、手を挙げてください「遺伝子構造を調べるためにイルカを診たい」という人は 何人いますか?誰もいないですね。くだらない質問でした。それでは「このイルカとあのイルカがウィルスを持っているかを調べさせてください。伝染病かもしれませんから」と言う人は?あちらの男性ですね。


それでは、このような表現で失礼しますが「この水に誰か糞をしましたか?」という質問です。エクソンバルディーズ号の原油流出のようにです。誰かいますか?全員ですね。そうです。それが起こったことでした細胞が毒に侵されて、自ら浄化するために我々がウィルスと呼ぶ破片を排泄したのです。現在のウィルス理論であるエクソソームやアメリカ国立衛生研究所の所長がウィルスの複雑さについ て述べている最新のトークを見ていただくと、ウィルスは何者かという現在の考え方と今の話が完全に 一致していることが分かります。
 私が子どもの頃の話で、まさに当てはまる話があります。子供の頃、家の外には湿地帯がありました。カエルが湿地帯いっぱいに住んでいて夜になると陸に上がって来るため、窓をテープで目張りしなければなりませんでした。春になると大騒ぎでしたが、そのうちにカエルは全部いなくなったのです 遺伝病だったと思う人はいますか?カエルがウィルスに罹ったと思う人 は?誰かが殺虫剤を水に入れたのだと思う人は?それが起きたのです。病気は被毒です。ワクチンの理由も・・・。これはちょっと飛ばします。


それでは 1918 年になにが起こったのでしょうか 過去 150 年に起きた大きなパンデミックの時は毎回地球の帯電による量子飛躍(クォンタムリープ)があったのです 1918 年、1917 年の晩秋には、電波が世界中に導入されました。生体系が新たな電磁場にさらされる時はいつでも被毒が起こり、一部は破壊され、残りはいわば仮死状態になるのです。興味深いことにその生体の寿命は延びるのですが、病状は悪化します。


 その後第二次世界大戦が始まり、次のパンデミックはレーダー機器の導入で世界中が覆われた時でした。地球全体がレーダー場で覆われたのです。人類は初めてそのような状態にさらされました。1968年は香港風邪でした。その時、地球は初めてバンアレン帯という保護領域を持ちました。これは要するに太陽や月、木星、その他の惑星からの宇宙場を統合し、地球に住む生命体にまき散らすのです。人類は放射能を排出する周波数の衛星をバンアレン帯の内側に配置し、その後 6 か月以内 にウィルスによる新たなパンデミックが発生しました。ウィルス性とされた理由は 人が被毒したし、毒を排出してウィルスのように見えたので、インフルエンザによるパンデミックだと考えたのです。


 1918 年のパンデミックの際は ボストン保健局が伝染性を調査することにしました 信じられないような話ですか?彼らは何百人ものインフルエンザ患者の鼻水を吸い出し、これをまだ罹っていない健康 な人に接種したのです。ですが接種された人で 具合が悪くなる人は一人もいませんでした。これを何度も何度も繰り返しましたが 伝染病であることを実証出来なかったのです。馬でも試しました。明らかにスペイン風邪にかかっている馬の頭に袋を被せ、馬が袋の中でくしゃみをしたら同じ袋を次の馬に被せるということをやりましたが、病気になった馬は一頭もいませんでした。
アーサー・フィルステン バーグの「見えない虹」(ArthurFirstenberg”TheInvisibleRainbow”) という本にこのことが書かれてい ますので、興味のある方はお読みください。地球の電化を年代順に一つずつ追って行き、どのようにして半年以内にインフルエンザの新しいパンデミックが世界中で発生したかが書いてあります。

普通はどう説明するでしょうか。どのようにカンザスから2週間で南アフリカに到達するでしょうか。世界中で 同時に、同じ症状が現れたのです。当時の移動手段は馬や船であったにも関わらずです。説明はなく、何が起きたか分からない、とだけ述べられました。


しかし考えてみてください。皆さんのポケットに入っていたり、手首に付けている機器の電波や周波数を使って、日本へ瞬時に信号を送り届けることが出来ますね。信じない方がいるかもしれませんが、我々は電磁場に囲まれており、秒速で世界中とコミュニケーショ ンが取れるのです。ただ注意を払っていないだけなのです 。

ここで最後に指摘したいと思います。地球の電化という劇的な量子飛躍が過去 6 か月の間にありました  皆さんよくご存じですね。5G と呼ばれています。今では放射線を発する衛星が 2 万個もあります。同じように放射線を発する物は皆さんのポ ケットや手首にもあり、いつも使っていますね。それは健康にはそぐいません。このように言うのは申し訳ありませんが 、健康にはよくないのです。それは水の構造を破壊する機器です。皆さんの中に、そうは言っても我々は電気的な存在ではないし、ただの物質だという人がいたら、その人は心電図や皮膚、電位図、あるいは神経伝達検査には構わないでください。我々は電化した存在であり、化学物資は電気 的刺激によるただの副産物なのです。

最後に質問するので当ててください。 世界で初めて5G で完全に覆われた都市があります、それはどこでしょうか 。 (聴衆から「武漢」という答え)
その通りです。  ですからこうしたことを考え始めると我々は今  実存的危機に直面しています  人類がいまだかつて出会ったことのないものです。
ここで旧約聖書のような予言をするつもりはありませんが 、これは未曽有の出来事です。 何百何千という衛星が地球を覆い尽くしているのです。

ところで先ほど言おうとしたのですが、これはワクチンの質問とも実は関係があります。こうしたことを思い知らされた出来事がありました。一年ほど前に私のところにある患者が来ました。まったく健康でサーファーでブローカーもしていました 。 そして電気技師として裕福な人のために Wi-Fi システムを設置する仕事もしていました。  電気技師の死亡率は非常に高いのです。でも彼は元気でした。ところがある時 、腕に怪我をしたので金属プレートを腕に入れました。その3か月後  男性はベッドから起 き上がることが出来なくなり、不整脈も出て完全に崩壊してしまいました。

影響を受け易いかどうかは体に入っている金属の量と 細胞内の水質と関係があります。人にアルミニウムを接種すると 接種された人は増加した電磁場を吸収する受容体となるのです。これがまさに今 我々が体験している種の荒廃ともいうべき大混乱です。

最後にもう一つ 、ルドルフ・シュタイナーの言葉を引用したいと思います。ちなみにこれが書かれたのは 1917 年頃で 今とは違う時代です。
「電気的な存在がなかった時代 大気に電気的影響が渦巻いていなかった頃」
この話は 1917 年のことです 。
「人間でいることはたやすかった。それだけに今 、とにかく人間でいるためには 百年前と比べてはるかに強く霊的能力を伸ばすことが必要である」
霊的能力を 高めるにはどうしたらよいかということ

霊的な能力を増強することについてはこれは皆さんの課題にしましょう。
なぜなら、今日ほど人間でいることが難しい時代はないからです。

ご清聴をありがとう。

ビデオ終わり。