ワクチン研究者が「大きな間違い」を認め、スパイクタンパク質は危険な「毒素」だと語る

「恐ろしい」新しい研究は、血流中に予期せぬワクチンスパイクタンパク質を発見しました. このタンパク質は、血栓、心臓や脳の損傷、授乳中の赤ちゃんや生殖能力への潜在的なリスクに関連しています。