チャイコフスキーの言葉で思い出す「ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35」

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー
生誕:1840年5月7日, ロシア帝国、ヴォトキンスク
死没:1893年11月? 日, ロシア帝国、サンクトペテルブルク

「これは運命です。幸福へ到達しようとするわれわれの熱望を妨げる、あの宿命的な力です。 (中略) それはダモクレスの剣(つるぎ)のように、いつも頭上にぶら下がっていて、私たちの魂を絶えず苦しめています。それは避けることのできない、制止し難いものです。妥協して、無駄に嘆くしかありません。」
-「交響曲第4番」第1楽章の冒頭部についての説明。-

「あらゆる人生が、きびしい現実と、束の間の幸福の夢との、絶え間のない交代なのです……船着き場はありません……。海がお前を飲み込み、その深みへと連れ去らない間は、この海をさまよっていなさい」。
-「交響曲第4番」第1楽章の冒頭部についての説明。-

「多くの人々との間に乗り越え難い溝を作っていることは本当だ。それが僕の性格に、疎外感、他人への恐怖感、臆病、並外れた内気、猜疑心、ひと言で言って、僕がますます人嫌いになっていく、数知れない特徴を与えている。」
-弟への手紙の一節-

「まるで悪夢のようでした。妻とは2週間生活を共にしましたが、わたしにとって毎日毎日が言葉では言い尽くせないほどの苦しみでした。やがて慣れるだろうと考えていたことが、まったく無理だと知りました。絶望のあまり、死ぬことも考えました」
-モスクワ川に入って自殺未遂-

「誰も私以上には、あなたの全ての不幸な出来事を、共に悲しみ分かちあっているものはいないことを、永遠に覚えておいて下さい。」
―パトロンであるメック夫人への手紙-

メック婦人はチャイコフスキーに作曲依頼をしている。
「どうかわたくしに曲をひとつ書いてください。“どうにもならないあきらめ”といった感情をあらわすものを。愛とか、幸せとか、自尊心とか、人間にとってもっとも大切なものをすべて失った人の感情をあらわすものを。というのもこのような感情はあなたにもよくおわかりいただけると思うからです」

「わたしは弱い人間だが、弱いからこそ人の世の苦しみや悲しみを真剣に受け止め、それを芸術に昇華することができる。その芸術によって人々をなぐさめることができる。同じ悩みを抱える者がいると知れば、人は自分の運命にも耐えることができるだろう。」
チャイコフスキー (ひのまどか『音楽家の伝記 はじめに読む1冊 チャイコフスキー』ヤマハミュージックメディア より)

以上、NHKラジオ ラジオ深夜便より抜粋した。



チャイコフスキーの死因に対しては様々な説がある。
以下Wikipedia

○レストランの生水によるコレ
前述した通りの、レストラン「ライナー」で提供された生水によるコレラでの死亡説である。死後長い間、この説が信じられてきたが、1980年に発表された後述する自殺説が定説になった。しかし、1988年に発表されたポズナンスキーの論文によってもう一度最も一般的な説となった。ポズナンスキーは、コレラ菌がサンクトペテルブルクでより大きく流行していたこと、またチャイコフスキーに感染したコレラ菌はとても弱いものだったが、彼の持病であった胃痛を和らげるための常用薬がコレラ菌を増殖させたことを主張している。1990年、ソ連の音楽雑誌に掲載された生物学者ニコライ・ブリーノフの論文においてもこの説が論じられている。

○他の原因によるコレラ
コレラの専門家バレンティン・ポコフスキー、そしてホールドンは男性との性行為によってコレラに感染した可能性があることを指摘している。この可能性が真実である証拠があるわけではないが、もしそうだった場合、ピョートル(チャイコフスキー本人)と弟モデストはこの事実を隠すために苦労しただろうとホールドンが主張している。

弟モデストは、伝記においてレストランではなく自宅の食卓にて生水を飲んでコレラに感染したと主張している。


○名誉裁判所の命令による自殺
ソ連の音楽学者、アレクサンドラ・オルロヴァがこの説を主張しており、彼女の調査による詳細が、1980年に世界的に有名な音楽辞典『ニュー・グローヴ』に取り上げられた。

チャイコフスキーは同性愛者であったが、当時の帝政ロシアでは同性愛が違法であり、極刑に処されるのが普通であった。ところがチャイコフスキーはある貴族の甥と男色関係にあった。それを知ったその貴族が激怒し、皇帝に宛てた手紙を書き、それを、チャイコフスキーの友人であり当時高い地位にあったニコライ・ヤコビに手渡した。そこでヤコビはチャイコフスキーも同じく卒業した、かつての法律学校の同級生であり、当時のロシア法曹界の重鎮たちを6名呼び、合計8名で1893年の10月31日(ユリウス暦10月19日)に名誉裁判を開いた。その結果、チャイコフスキーの名誉のために自殺を命令された。チャイコフスキーは11月1日(ユリウス暦10月20日)にオペラの打ち合わせのため、弁護士のアウグスト・ゲルゲと会っているが、この説ではここでゲルゲが自殺用の砒素系の毒薬を持ってきたことになっている。この後自ら服毒する。


チャイコフスキーについて詳しいサイトがある。
「チャイコフスキーの生涯」http://pietro.music.coocan.jp/storia/tchaikovsky_vita.html


チャイコフスキーをわたしに教えてくれたのは、NECに勤めていたSEの男性だった。彼は私にチャイコフスキーのカセットテープを貸してくれたあと、重病で寝たきりになり、生命保険会社からは死亡保険金が下りた。仏教が好きで、比叡山に登ったことを喜々として話してくれたことを思い出す。

そのカセットテープに入っていたのが、
「ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35」
人生の喜怒哀楽を感じさせる曲である。

ジャズで言えば、キース・ジャレットのケルン・コンサートと同じ色をしているとわたしは思う。

ヤッシャ・ハイフェッツの演奏を聞いてみてもらいたい。

チャイコフスキー ヴァイオリン協奏曲 ニ長調 作品35 シカゴ交響楽団

ワクチン研究者が「大きな間違い」を認め、スパイクタンパク質は危険な「毒素」だと語る

「恐ろしい」新しい研究は、血流中に予期せぬワクチンスパイクタンパク質を発見しました. このタンパク質は、血栓、心臓や脳の損傷、授乳中の赤ちゃんや生殖能力への潜在的なリスクに関連しています。

ネットでワクチンについての記事を見かけたので、全文機械翻訳で魚拓しておく。なお、リンク先はすでに消されているものもあるのでご了承を。

引用開始。

Vaccine researcher admits ‘big mistake,’ says spike protein is dangerous ‘toxin’
Life Site News 2021/05/31

編集者注: この記事は、最近の緒方研究でワクチンを接種された被験者 13 人のうち 11 人が、測定可能なスパイクタンパク質を持っていた 3 人を含む、血流中に SARS コロナウイルスからのタンパク質が検出されたことを注記するように修正されました。記事は、スパイク タンパク質が 1 人に 29 日間存在したというブライドル教授のグループの声明を参照していましたが、問題の研究では、2 回目のワクチン注射の 1 日後の 29 日目にスパイク タンパク質が発見され、検出できなかったと述べています。 2日後。 

2021 年 5 月 31 日 ( LifeSiteNews ) — 新しい研究は、COVID-19 ワクチン接種からのコロナウイルススパイクタンパク質が予期せず血流に入ることを示しています。 、とカナダの癌ワクチン研究者は先週述べた。

「私たちは大きな間違いを犯しました。ウイルス免疫学者でオンタリオ州ゲルフ大学のバイラム・ブライドル准教授は、先週木曜日のアレックス・ピアソンとのインタビューで、彼のメッセージは「恐ろしい」とリスナーに警告した.

「私たちはスパイクタンパク質が優れた標的抗原であると考えていましたが、スパイクタンパク質自体が毒素であり、病原性タンパク質であるとは知りませんでした。そのため、人々にワクチンを接種することで、誤って毒素を接種してしまうのです」とブライドル氏は番組で語った.

昨年、COVIDワクチン開発の研究のために230,000ドルの政府助成金を授与されたワクチン研究者であるブライドルは、彼と国際的な科学者のグループが、「生体内分布研究」と呼ばれるものへのアクセスを得るために日本の規制当局に情報を要求したと語った. 」

「科学者がこれらのメッセンジャーRNA [mRNA]ワクチンがワクチン接種後にどこに行くのかを知るのはこれが初めてです」とブライドルは述べた. 「それが肩の筋肉に留まっているというのは安全な仮定ですか? 簡単な答えは次のとおりです。絶対にありません。とても当惑しています。」SUBSCRIBE LifeSiteの毎日のニュースの見出しに申し込む我ら カナダ 世界 カトリック

ワクチン研究者は、新しいmRNA COVIDワクチンが「従来の」ワクチンのように動作し、感染とその最も深刻な症状の原因となるワクチンスパイクタンパク質は、ほとんどが肩の筋肉のワクチン部位に留まると想定していました。代わりに、日本のデータは、コロナウイルスの悪名高いスパイクタンパク質が血液に入り、ワクチン接種後数日間循環し、脾臓、骨髄、肝臓、副腎などの臓器や組織に蓄積することを示しました。非常に高い濃度」が卵巣にある。

「スパイクタンパク質が病原性タンパク質であることは以前から知られていました。それは毒素です。それが循環に入ると、私たちの体に損傷を与える可能性があります」とブライドルは言いました.

SARS-CoV-2 スパイクタンパク質は、ヒト細胞への感染を可能にします。ワクチン製造業者は、ワクチンを接種された人の細胞にそのタンパク質を製造させることを選択し、理論上、そのタンパク質に対する免疫応答を引き起こし、細胞への感染を防ぎます。

血液凝固や出血など、COVID-19の原因となるウイルスであるSARS-CoV-2の最も深刻な影響は、ウイルス自体のスパイクタンパク質の影響によることが多数の研究で示されています。

「科学界によって発見されたのは、スパイクタンパク質自体が循環器系への損傷のほぼ完全な原因であるということです」と、ブライドル氏はリスナーに語った.

精製されたスパイク タンパク質を血流に注入した実験動物は、心血管障害を発症し、スパイク タンパク質が血液脳関門を通過して脳に損傷を与えることも実証されました。

ブライドル氏によると、重大な間違いは、スパイクタンパク質が血液循環に逃げないという考えでした. 「現在、三角筋の細胞を作るワクチンがこのタンパク質を製造しているという明確な証拠があります.

ブライドル氏は、 Moderna の COVID-19 ワクチンを受けた 13 人の若い医療従事者のうち 11 人の血漿中に SARS-CoV-2 タンパク質を検出した最近の研究を引用しました 。スパイクタンパク質の一部である S1 と呼ばれる「サブユニット」タンパク質も検出されました。スパイクタンパク質は、最初の注射から平均 15 日後に検出されました。1 人の患者は、注射の 1 日後の 29 日目にスパイク タンパク質が検出され、2 日後には消失しました。 

心臓と脳への影響

血液循環に入ると、スパイク タンパク質は、血小板と血管の内側を覆う細胞上にある特定の ACE2 受容体に結合できます。「それが起こると、血小板が凝集する可能性があり、凝固につながる可能性があります. これがまさに、これらのワクチンに関連する凝固障害が見られる理由です。出血の原因にもなります。」ブライドル氏はまた、循環中のスパイクタンパク質は、注射を受けた若者の最近報告された心臓の問題を説明すると述べた.

マサチューセッツ工科大学の上級研究科学者であるステファニー・セネフ氏はLifeSiteNewsに、「ワクチンmRNAの生体内分布を追跡したファイザーのこのリークされた研究結果は驚くべきことではありませんが、その意味は恐ろしいものです」と語った. ワクチンの内容物が脾臓と、卵巣や副腎を含む腺に送達されていることが「今では明らかです」。「放出されたスパイクタンパク質は培地中に放出され、最終的に血流に到達して全身に損傷を与えます。ACE2受容体は心臓と脳で一般的であり、これがスパイクタンパク質が心臓血管や認知の問題を引き起こす仕組みです」とセフ氏は述べた.

アメリカ疾病予防管理センター (CDC) は最近、COVID-19 ワクチン接種後の「軽度の」心臓病の報告を研究していると発表し、先週コネチカット州だけで18 人のティーンエイジャーが、服用直後に発症した心臓の問題のために入院しました。 COVID19ワクチン。

アストラゼネカのワクチンは生命を脅かす致命的な血栓につながるため、多くの国で中止され、若者にはもはや推奨されていませんが、mRNA COVIDワクチンは数百件の血液凝固イベントの報告に関連しています。

https://omny.fm/shows/on-point-with-alex-pierson/new-peer-reviewed-study-on-covid-19-vaccines-sugge/embed?style=cover

FDAはスパイクタンパク質の危険性を警告

小児リウマチ専門医の J. パトリック ウィーランは、食品医薬品局のワクチン諮問委員会に、COVID ワクチンのスパイク タンパク質が微小血管損傷を引き起こし、肝臓、心臓、脳に損傷を与える可能性があると警告しました。安全試験。」

ウィーランは、病気の伝染を止めるのに役立つコロナウイルスワクチンの価値に異議を唱えませんでしたが(流通しているCOVIDワクチンは実証されていません)、「何億人もの人々が他の臓器に対する完全長のスパイクタンパク質ベースのワクチンの意図しない影響を短期間で認識できなかった結果、脳や心臓の微小血管系に長期的または永続的な損傷を被る.」

2021 年 5 月 21 日の時点で米国政府のワクチン有害事象報告システム(VAERS)に報告された、これまでに 4,000 人の死亡と 15,000 人近くの入院を含む、COVID ワクチンによる無数の報告された有害事象は、血液循環におけるワクチン関連のスパイクタンパク質によって説明される可能性があります。それは受動的な報告システムであるため、ハーバードピルグリムヘルスケアのために、これらのレポートは可能性が高い有害事象の氷山の一角です研究は副作用の1%未満を発見した医師は、ワクチン接種後の患者に報告すべきであるという事実はに報告していますVAERS.

授乳中の乳児、子供、若者、虚弱、最も危険な状態

ブライドル氏は、血液循環におけるワクチン誘発性のスパイクタンパク質の発見は、献血プログラムに影響を与えると述べた. 「私たちは、これらの病原性のスパイクタンパク質が、その血液を輸血されている脆弱な患者に移されることを望んでいません」と彼は言いました。

ワクチン科学者はまた、母親が予防接種を受けた授乳中の乳児は、母乳からCOVIDスパイクタンパク質を取得するリスクがあることを調査結果が示唆していると述べた.

Bridle 氏は、「血液中のタンパク質はすべて母乳に濃縮されます」と述べ、VAERS で「乳児が消化管で出血障害を経験しているという証拠が見つかった」と述べています。

ブライドル氏はそれを引用しなかったが、VAERS のレポートの1 つは、母親が 3 月にファイザーのワクチンを 2 回目投与された、生後 5 か月の母乳で育てられた乳児について説明している。翌日、赤ん坊は発疹を発症して「慰められない」状態になり、授乳を拒否し、発熱を起こしました。報告書によると、赤ちゃんは血栓性血小板減少性紫斑病と診断されて入院したという。これは、全身の細い血管に血栓が形成されるまれな血液疾患である。赤ん坊は死んだ。

この新しい研究は、「SARSコロナウイルス2が危険性の高い病原体ではない人々に深刻な影響を及ぼし、それは私たちのすべての子供たちを含む」.

妊娠・出産への影響は?

日本の機関が公開したファイザー社の極秘データで、精巣と卵巣で高濃度のスパイクタンパク質が見つかったことも、疑問を投げかけている。「若者を不妊にするのですか?」ブライドルは尋ねた。

行われているレポートの数千人の男性の生殖器官の障害のだけでなく、COVID-19ショットを撮影していた女性の月経障害の、およびワクチン接種妊婦の流産の報告数百人。

悪しき塗抹キャンペーン

リクエストに応えて、ブライドルは月曜日の朝に LifeSiteNews に声明を電子メールで送り、ラジオのインタビュー以来、何百もの肯定的なメールを受け取ったと述べました。彼はまた、「私に対して悪質な塗抹キャンペーンが開始されました。これには、私のドメイン名を使用した中傷的な Web サイトの作成が含まれていました。」

ブリンドルは、「学術公務員が、嫌がらせや脅迫を受けることを恐れずに、科学に基づいて正直に人々の正当な質問に答えることができなくなった時代です」と書いています。「しかし、私の性質上、科学的事実を一般の人々から隠すことは許されません。」

彼は、インタビューで彼が言ったことを裏付ける重要な科学的証拠の概要を説明した簡単なレポートを添付しました。これは、カナダの独立した医師、科学者、専門家のグループであるカナダ COVID ケア アライアンス (CCCA) の同僚と共同で執筆しました。そしてより多くの命を救います。」

声明の焦点は、カナダを含む最新のワクチン マーケティング戦略の対象である子供と 10 代の若者へのリスクでした。

2021 年 5 月 28 日の時点で、19 歳以下のカナダ人の SARS-CoV-2 感染症例は 259,308 件確認されています。CCCA の声明によると、これらのうち 0.048% が入院しましたが、死亡したのは 0.004% だけでした。「季節性インフルエンザは、COVID-19 よりも深刻な病気と関連しています。」

Pfizer のワクチン試験における若い研究対象者の数が少なく、臨床試験の期間が限られていることを考えると、CCCA は、スパイクタンパク質と別のワクチンタンパク質に関する質問は、ワクチンのスパイクタンパク質がワクチンのスパイクタンパク質が精液の生成や排卵を妨げるかどうか、ワクチンのスパイクタンパク質が胎盤を通過して発育中の赤ちゃんに影響を与えるか、または母乳中に含まれるかどうか.

LifeSiteNews はカナダの公衆衛生局に CCCA の声明を送信し、ブライドルの懸念への対応を求めました。代理店は、質問に取り組んでいると回答しましたが、公開時間までに回答を送信しませんでした。

ファイザー、モデルナ、およびジョンソン・エンド・ジョンソンは、ブライドルの懸念についての質問に答えませんでした。ファイザーは、日本の代理店が発表した、ワクチン接種を受けた個人の臓器や組織のスパイクタンパク質を示す研究データを会社がどのくらいの期間知っていたかについての質問には答えませんでした。

引用終了。



ワクチンについては、これ以外にも色々な情報が飛び交っている。
それらを精査して正確な回答を出すことは難しいだろう。

ならば、ワクチンは打たないという選択肢が、今は最もリスクが低いものであると思う。

あとは、それぞれで考えていただきたい。

「今では信じられない昭和の常識」 というtweet

358ちゃん@max358japan2
に昭和を振り返ったtweetをしていただいたので、許可を得て全部転載させていただきます。


「今では信じられない昭和の常識」

・レンタルビデオ屋もタバコ吸えてアダルトのとこは 煙すごかった
・酒飲んで車で帰宅やシートベルトしないまま運転は当たり前にやってた
・二輪免許取ったら50cc~750ccまで無制限で乗れた
でもみんなホンダのCB750で事故って死んでた

・映画館は自由席。扉の前に長蛇の列で早い者勝ちw 音漏れ大。もちろん館内でもタバコ吸えた。
・テレビで普通におっぱい
・1ドルは360円
・電車のトイレは線路上に垂れ流し
・駅のホームなどには痰(たん)を吐くための痰壺があった
・病院の待合室でタバコが吸えた
・飛行機でタバコが吸えた

・消費税はなかった
・子供でもお酒やタバコが買えた
・職員室で先生がタバコを吸っていた
・不在時に宅配便が届くと隣の家の人が預かってくれた
・待ち合わせに失敗したら駅の伝言板にメッセージを残す。また会えるかどうかは運次第。
・学校で先生にゲンコツやビンタされても問題にならなかった

・絵が動かないテレビCMがたくさんあった
・給料は現金で手渡し
・一般人にドッキリを仕掛けるテレビ番組があった
・テレビから流れる音楽を息を潜めてスピーカーから録音
・家に電話が1台(1回線)のみ。電話をすると相手の親が出て呼び出してもらった
・公衆電話をかけるのにテレホンカードが重宝

・テレビは一家に1台。いつも家族でチャンネル争いをしていた
・ボウリングのスコアは手書き
・学校の印刷物が「わら半紙」
・ホテルや旅館のテレビが有料
・TVで流れる映画にはもれなく解説者がいた
・お母さんはエプロンではなく、割烹着を着ていた
・ドアノブに手編みのカバー

・TVの放送中に「しばらくお待ちください」と電波ジャックされる
・お気に入りの曲はカセットデッキで録音
・カップルの事はアベックと呼ばれていた
・野球中継が延長だとやたらと延びる
・昆虫採集セットとして子供用の玩具売り場に注射器と怪しい液体が普通に売られていた

・雑誌に彼氏・彼女募集ページがあった
・雑誌などで普通に住所氏名電話番号など個人情報がばっちり掲載されていた
・銭湯でのシャンプー・石鹸の貸し借りが普通
・学校に焼却炉がありゴミを普通に燃やしていた
・ゴミ袋は真っ黒がデフォ
・外国人力士は、高見山オンリー(マルハッチ!)

358ちゃん@max358japan2
に感謝します。

すこし手持ちの写真も載せておきます。

黴雨に書く鬱々としたにきにサプリを並べる

朝起きて気分が良かった試しがない。
もう何十年も。

野菜とベーコンを少しつまんで、サプリを飲む。

ビタミンB-1
ビタミンD3
DMG(ジクロロ酢酸)
タウリン
αリポ酸

こんなものかな・・。
そして薬も飲む。

午後は、


EPA
ビタミンB50
タウリン
Zn

あと、不定期に飲むのは

CoQ10
カリウム
卵醤
MSM

くらいかな。
とにかくミトコンドリアとからだをできるだけ酸化させないことに気を使っている。
というか、もう習慣かな。

Mgがないことにお気づきだろうか。
Mgサプリは持っている。しかし、Mgの取り過ぎは軀に負担を掛けるのではないかと疑っている。

通院を辞めたくて仕方ないが、輸入できない薬もあるので、月に1回は通院する羽目になる。飽きた。

サプリも体に色々な影響を与えることは知っている。
しかし、知識にはもう飽きているのだ。
ただし、サプリを飲む目標はサプリをやめることだ。

貯め込んである薬はいろいろある。
基本は5G対策。


抗生物質
アスピリン
エチゾラム
βブロッカー

・・思い出せなくなった。



最近こんなツイをした。
「深遠な日本語を以てしても、すべてを伝えることはできない。
行間を読むことができないと、会話はただの言葉のぶつけ合いになってしまう。
虫の音を聞いてみたらいい。
虫の音が止んだときに、何かが伝わってくる。」

それがどうした、という話だ。

いつものごとく支離滅裂になってきた。
別に言いたいことはないんだ・・。


鬱々と黴雨。
雨粒を眺めている。

緊縛というものが成立されるためには、わたしと他者が波動を重なり合わせていなくてはならない。

三島由紀夫がサルトルの「存在と無」を引用したことがある。

「一番猥褻なものはなにか。それは縛られた女の体だ」

そして三島はこう続ける。
「他者とは意思を持った主体であり、相手が意思を封鎖されている、相手が主体的な動作を起こせない、そういう状況が最もエロチシズムに訴える。」

この三島の言葉は浅い。
浅すぎる。
ただの理屈にしか過ぎない。

三島は理論武装する。
三島は肉体武装する。
実は、三島の本質、三島の種は、ただ「母親に褒められたい」というところに帰結する。これはわたしの感じるところでしか無いが・・。


緊縛とはエロチシズムに留まらず、無私の愛情であり、ある種の恋情でもある。その恋情は、他者にも注がれ、なおかつ自分自身にも流れ込むことがある。洗脳から開放されたい欲求が己にも存在するからだ。
 



雪村春樹氏は言う。
「風呂上りの女、生乾きの髪の毛の感触や匂いをかきながら、後ろから縛る。細いうなじ、白い襟足や背中を眺めながら…若いのに昭和の色香をただよわせる情の深さ…こんな女とは毎日、一緒に風呂に入りたいもんやなぁ。」

女性の美はその所作に宿っている。


「雪村春樹氏の愛情」
http://bottomx.shibugaki.jp/?p=93

今更、緊縛という行為について説明する気にはなれないが、緊縛というものが成立するためには、心よりももっと深いところで、わたしと他者が波動を重なり合わせていなくてはならない。

そのためには言葉は無い方がいい。波動を感じるためには、他者の履歴を知ることなど却って邪魔になりかねない。

そして、それは、洗脳や社会的仮面を破壊する一種の共同行為であるとも言えるかも知れない。