自発光している月の手前に、自発光していない月が重なりあって、下弦の月に見えている。

これはTwitterで見かけた月の写真である。
投稿した方には使用許可をいただいた。


これは地球照というらしい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E7%85%A7

しかし、
わたしは、これこそ、月が二つあるという証拠写真だと思う。

自発光している月の手前に、自発光していない月が重なりあって、下弦の月に見えている。

真円が二つ重なり合っている。
正確には、手前の月は後ろの月の発光を受けて、真円にはなっていないが。

この事実を受けて、全ての月の形を説明出来れば良いのだが、二つの月はその距離を変えながら運行しているので、わたしには完璧な説明が出来ないのが残念である。

まぁ、座興程度に考えてもらってもいい。

でも、わたしは、月は二つあると信じている。

月はふたつあると勝手に信じている