塩の探求は難しすぎる

塩はミネラルの塊である。

では、ミネラルとは何か?


〈ミネラルとはどんなもの?〉
 あらゆる物質をつくる基本単位が元素。人間の体も例外ではなく、元素からできています。体重の95%を酸素、炭素、水素、窒素(ちっそ)が占めますが、残りの5%がミネラルと呼ばれる約20種類もの元素なのです。ミネラルは英語で鉱物の意味で、無機物です。このうち生命維持に必要なものを栄養学では無機質、またはミネラルと呼んでいます。
 ミネラルは骨や歯などの骨格を形成し、たんぱく質や脂質の成分となるなど、体の構成部分として重要な役割をになっています。また血液や体液のpHや浸透圧を正常に保つ生体機能調整、酵素の補助因子やホルモンの成分になる働きがあります。必要量はわずかなため、ビタミンとともに微量栄養素と呼ばれています。ミネラルは体内で合成されず、外部から摂取するしかない栄養素です。
(出典 小学館 食の医学館について
)



必須ミネラルは以下とされているが、微量ミネラルが大事だという意見も多い。

カルシウム、リン、カリウム、硫黄塩素、ナトリウム、マグネシウム、鉄、亜鉛、銅、マンガン、クロム、ヨウ素、セレン、モリブデン、コバルト。

一般的に悪者扱いされている硫黄と塩素も必須ミネラルである。



では、ミネラルの役割とは何か?
1.胃液や腸液や膵液や消化酵素を生成する
2.デトックス
3.代謝を上げる
4.生体機能の調整
5.体液のアルカリ化

塩には地球上のミネラルが全て含まれているといっても過言ではないだろう。



では塩を選ぶ際に何を見たらいいのか?

第一に製法。

塩はミネラルの宝庫である。宝庫がその働きをするには、水に溶けた時にイオン化しやすくなくてはならない。NaClはNa+とCl-に分離しなくてはならないのだ。イオン化しにくい塩というのは、高温処理した塩である。高温は、たとえばNa+とCl−の結合を強くしてしまう。であるから、天日を越える温度で作られた塩は身体に負担をかける可能性が高いし、ミネラルも十分には働けない。

したがって私は釜で焚いた塩は敬遠する。

第二にその成分。
塩を買うと、袋に成分表が記載されているが、この成分はあまり当てにはならないと思う。ただ、その塩の傾向というものは判る。海の水が飲めないのは、マグネシウムやその他のミネラルが多すぎるからである。マグネシウムのとりすぎは内蔵に影響を与える。心臓、腎臓、肝臓等。このことには気をつけたい。マグネシウム不足で、一時的に高マグネシウムの塩を使うのはありうることだろうが、それを続けることはお勧めしない。

皇帝塩 天日
Na 36.4g Mg 300mg K 110mg Ca 140mg

わじまの塩 ランプ40度以下
Na 35.0g  Mg 295mg  K 47mg  Ca 527mg

粟国の塩 流下式・平釜
Na 記載なし  Mg 1700mg  K 1420mg  Ca 514mg

海の精(青ラベル) 天日
Na 36.37g  Mg 525mg  K 157mg  Ca 525mg

ぬちまーす 常温瞬間空中結晶法
Na 29.3g  Mg 3360mg  K 970mg  Ca 700mg

天日海塩 天日・常温乾燥粉砕
「97%がNaClで、3%に海水に含まれている全てのミネラルが含まれている」と記載

昨今、塩と高血圧は関係ないと言われ、塩を1日に10g食べて、水を2リットル飲めとか言う方もいるが、塩の摂り過ぎは、内蔵に影響を与えるだろう。特に腎臓は、尿として排出されてきたナトリウムを身体に送り返す働きをしているので、大量の塩と水は腎臓を疲労させる可能性がある。

実験してみたことがある。
卵醤というものがあるのだが、これを毎日飲んでいると、5日目ぐらいに吐いた。物事には程度というものがあるが、実験だから仕方ない。

また、塩を毎日つまんで食べてみたが、ある日、大量の尿が出た。200〜300mlの尿が1時間おきに出てくる。8時間くらいの間にでた尿の総量は2.5リットルを超えただろう。

昔の話だが、自殺するために、醤油を一升飲んだという話もある。

人間に塩は不可欠のものであるが、ナトリウムとカリウムのバランスには気をつけるべきだ。体内のナトリウムとカリウムのバランスは1対2であると言われている。カリウム過多もナトリウム過多もよくないということだ。

塩を摂ることで体調の急激な回復を見る人がいるが、、その原因がナトリウムにあるのか、それともマグネシウム等のミネラル補給にあるのか、それは分からない。

マサイ族の一日の塩分摂取量は2gだという。
しかし、マサイとわたしたちの腸内環境は全く違うので、一つの知識にしかならない。

語り出すと話は止めどなく続いてしまう。
しかし、結論は出ない。


塩の摂取について、今の私の結論としては、
1.Na+とCl-が体内で働くことの出来る、低温で結晶化させた塩を使うこと。
2.苦汁の多すぎる塩を日常的に使用しないこと。


この二つであろうか。

積極的に塩を摂取したいなら、0.9%の塩水を作って飲んだ方がいいのか?

ちなみに、私の現在の塩分摂取は、天日塩で熟成された醤油と味噌にとどめている。それにしても、頭で考えるのには飽きた。知識は細胞に蓄えた。

身体を脳に支配させてはいけない。
わたしには、腸が生む感性を信じることしか出来ない。

醤油諸味

天日塩とミネラルと細胞

「1日の尿量は約1000~1500ml程度です。 比重は1.003~1.030で、尿中の固形物質はほぼ一定するので 乏尿〈1日の尿量が500ml以下)時は比重が上がり、多尿(1日の尿量2000~3000ml以上)時は比重が下がります。

尿成分は水が95%で、残りの5%は固形物です。

固形物中の有機物は、尿素、尿酸、クレアチニン、馬尿酸など。 無機物は、塩化ナトリウム、アンモニア、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、硫酸塩、リン酸塩などです。 つまり、1000~1500ml/1日の尿のなかで固形成分は50~70g/1日で、そのなかの半分は尿素になります。 」
http://www.kzknan.info/boukou.html

上記引用を何度か読んでみる。

わたしは、汗が出にくい。何故だろうと考えた。体内から排出される水分のほとんどは尿として排出されている。その中の無機物を見ると、目に付くのは、ナトリウム、カリウム、マグネシウムである。

以前、1日に摂る水分を極端に減らしたことがある。すると、何が起きたか。浮腫みである。これは身体に入れる水分が少なすぎると、身体は水分を保存し始める事を示しているのではないか。

すると・・・。尿中の無機物であるナトリウム、カリウム、マグネシウムが身体の中に少なすぎると、尿も汗も少なくなるのではないかと思われる。新陳代謝が落ちるということか。すると老廃物の排出も滞る。

これらのことを考えると、天日塩は非常に重要なものであるということに気付く。天日塩の成分はナトリウムはもちろんのこと、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどが多い。これらの無機物が不足しても、身体は尿や汗として水分を排出することをためらい始めるのではないか。



そこで、心臓の事を調べてみた。
「心臓が動くためには、主にNa、Ca、Kなどのイオンと、Na-Kポンプ、Naチャネル、Caポンプ、Na/Ca交換系、Kチャネル、T型/L型 Caチャネルが必要です。」
と書かれている。

ナトリウムとカルシウムとカリウム。
これは天日塩に多く含まれているものである。さらに言うと、カルシウムを身体に取り込むためにはマグネシウムの存在が必須なのだ。

興味のある方は
https://photo-pharmacy.com/physical/sinzou11.html
をよく見て欲しいと思う。

一部引用させていただく。

細胞外にNaイオンを出し、細胞内にKイオンを入れるポンプです。このポンプがあるから生物は生きていられます。大事なポンプであり、多くのエネルギーが必要です。心臓が弱り、エネルギーがつくれなくなると、このポンプも動けなくなるため危険です。

このポンプは、細胞内外の濃度差・電位差(静止状態、分極)をつくるためにも必要なメインポンプです。ATP(身体のエネルギー)を使って、3個のNaイオンを細胞の外に、2個のKイオンを細胞の内に運びます。

このポンプを利用しているのは、心臓だけではありません。このポンプの存在が我々に生命を与えてくれていると言われています。それほど貴重なポンプです。

【ジギタリスとNa-Kポンプ】
ジギタリス(医薬品名:ラニラピッドなど)は、このポンプの機能を抑えます。つまり、ジギタリスを投与することで、細胞内のNaイオンが外に出ることができず細胞内に多く残ります。この状態のままでは、Naイオンが細胞外に出られないため、Na/Ca交換系が代わりに機能しNaイオンを外に出します。

そして、Caイオンが細胞内に流入し、Caイオンの濃度が上昇し、心臓が強く収縮します。これは、Caイオンは筋収縮力を増大させる働きがあるためです。このような作用により、ジギタリスは強心作用を示します。

中略。

人が進化していく段階で、細胞外に最も多いNaイオンを細胞内に取り込むのが、細胞の興奮には手っ取り早い、と考えたのでしょう。その興奮のためにつくられたのが、このNaイオンの通過できる道(チャネル)だと思います。決められた状況になれば開くけど、中途半端では開かない。また、細胞が興奮しつづけても困るので、興奮したら早めに閉じてしまいます。Naチャネルとは、このようなチャネルなのです。



こうして見てくると、人間の身体には天日塩が必要だということが判ってくる。そして、天日塩の摂り方には、料理に塩を使う方法の他に、醤油や味噌で摂る方法がある。このあたりは、個人差もあると思うので、いろいろと試してもらいたいと思う。

ただ、この、ナトリウムとカリウムと水分の摂取量については非常に難しいことは事実だ。私にはいまだに判らない。

ちなみに私の場合は、乳製品を多く摂ると調子が悪くなる。

料理には天日塩を使い、醤油と味噌も天日塩で作られたものを使っているし、魚もよく食べるので、乳製品は極力摂らないように気をつけている。

今、試している塩は、海の精、皇帝塩、ぬちまーす、ホッティである。自分が美味しいと思う塩。それが案外正解だったりするものだと思っている。

磁化水の還元力

私は水道水をネオジウム磁石の中を通しているが、還元力が証明されたものがある。

うちでは洗濯には、小さなネットにマグネシウムペレットを70g程度入れたものを2個使っているが、使用してもう7ヶ月経過するので、そろそろペレットをクエン酸で洗浄してやらないと、もう真っ黒になっているだろうと思って、ネットの中のペレットを取り出してみた。

驚いた。全く錆が出てないのだ。

私の家はネオジウム磁石の中を通した水を電気温水器で夜間に沸かし、そのお湯でお風呂に浸かり、さらにその残り湯を洗濯に使っている。なのに、マグネシウムペレットは酸化していないわけだ。科学的論理など私にはわからない。

以前、ネオジウム磁石を使っていなかったとき、水道水をガラスの容器に入れて、その中にマグネシウムペレットを沈め、水素水を飲んでいたことがあるが、その時は数週間でペレットは真っ黒になっていた。そして黒くなるたびにクエン酸で洗浄していた。

今回は水道水と磁化水の差を見せつけられたことになる。この7ヶ月間洗剤は全く使用していない。ペレットも酸化しない。こんな素敵なことはない。

原発も原爆もない、という妄想

原子力発電所というのは存在しないのではないかと思うようになった。

では、原発とはなにか。

あれは、マグネシウム発電所なのではないか。

例えばこれ。

マグネシウム空気発電機「MGV」

塩水とマグネシウムで発電する。

はからずもこれが原発のシステムの肝ではないのか。

この写真がマグネシウムと海水であると考えても何の問題もない。

燃料棒

日本の原発はすべて海沿いに建てられている。

塩水が必要だからだ。

原発は事故を起こすと水素爆発するという。

だから建屋にはベントという換気扇のようなものがあり、そこから水素を排出する。

ところで、私の水筒にはマグネシウムが入っている。

水素が発生するから、その水素水を毎日飲んでいる。

妙に符合する。

マグネシウム電池の簡単な說明もある。

こう考えると、原子爆弾など存在しないのではないか。

たとえば、

第二次世界大戦中に民間の日本人を焼き尽くそうとした焼夷弾がある。

いずれもマグネシウムを材料としている。

***************************************************************

○第二次世界大戦に投入されたアメリカ軍の焼夷弾(WIKIより)

M47A2
4ポンド(約 1.8kg)のナパーム弾。外形は六角柱。6発ずつ束ねてT19集束機に搭載された。
M50
4ポンド(約 1.8kg)のテルミットマグネシウム弾。外形は六角柱。110発を束ね、M17集束焼夷弾(公称重量500ポンド)として投下された。
M76
公称重量500ポンド、実重量約480ポンド(約 218kg)の、大型のナパーム・マグネシウム弾。

M69

詳細は「M69焼夷弾」を参照

長岡空襲で使用されたM69子弾。新潟県立歴史博物館の展示。

6ポンド(約 2.7kg)のナパーム弾。外形は六角柱。

木造の日本家屋を効率よく焼き払うため、第二次世界大戦時に米軍が開発した焼夷弾。

M69焼夷弾1発あたりの大きさは、直径8cm・全長50cm・重量2.4kg程度。

M69は単独では用いられず、1基当たり38発のM69を子弾として内蔵するクラスター爆弾(E28・E36・E46・E48集束焼夷弾、いずれも公称重量500ポンド)として投下された。

投下後上空700m程度でこれらが分離し、一斉に地上へ降り注ぐ。

M74

従来型に黄燐を入れ威力を高めた新型焼夷弾。

M74六角焼夷弾38本を束ねた「E48集束焼夷弾」として投下された。

青森大空襲1945年7月28日)が、その実験場となり83,000本ものM74六角焼夷弾が降り注ぎ東北地方最大の被害を青森市に与えた。

米国戦略爆撃調査団は「M74は青森のような可燃性の都市に使用された場合有効な兵器である」と結論している。

————————————————————

そこで、考えるのは、原子爆弾である。

原子爆弾は、このマグネシウムの超大型爆弾ではないのか。

マグネシウムの燃焼温度は2000〜3000℃に達する。

大量のマグネシウムを一気に爆発させれば、人体など溶けてしまう。

エノラ・ゲイは爆弾を投下するために日本上空に来たのではなく、放射性物質を撒くために来たのではないか。

こう考えると現在のケム・トレイルと同じである。

下の写真は広島市猿猴橋町の1946年2月の写真。

広島市猿猴橋町194602

被爆後半年で、人々は元気に生活している。

これは何だ?

アメリカのネバダ核実験場では、900回位上も核実験が行われている。

ラスベガスまでの距離はわずか105km。

ラスベガスは砂漠に作られた一大カジノ都市。

900回の核実験の影響など受けていない。

ネバダ核実験場では一体何の実験が行われていたのだろうと勘ぐる。

ラスベガス

ちなみに世界中で行われた核実験は2000回。

それでも、世界は放射能で汚染されていないし、コスモクリーナーをもらいにヤマトが旅立つこともない。

これらの事実から考えられることは、

原爆も原発も存在しないということ、もしくは放射能は人体に影響を与えないということ。

このどちらかだ。

もしも、原発がマグネシウム発電所であるとすれば、

「原子力発電所は絶対に安全です」と言っていた電力会社は嘘をついていたのではないのではないか。

政府が核廃棄物処理場の問題を検討しないのは、核など使われていないからではないか。

そう妄想すると、辻褄は合ってくるのだが。

もしも、日本に原子力を使った原発があるとすれば、それは地下だろう。

いつでも石棺化できる地下以外にないのではないか。