プラトンの洞窟の比喩とアトランティス大陸

プラトンは語る。

「人間は、地下にある洞窟で生活しているようなものである。」

「そこに住む人々は、子どものころから足と首を縛られ固定されており、正面しか見ることがきない。」

Image converted using ifftoany

引用する。

プラトンが考案した洞窟の比喩は、彼の現実に対する考え方を説明する。プラトンにとって現実とはより高次の現実の影に過ぎなかった。すなわちこうだ。

 あなたは洞窟の中で鎖につながれていたとしよう。見えるのは目の前の壁だけだ。そばに同じく鎖につながれた人々がいるようであるが、姿を見ることまではできない。背後には炎があるらしく、壁を照らしている。炎と壁の間を人が通るたびに、壁に影が映り、音がこだまする。あなたが知ることができるのは、そこにある影だけである。

 あるとき自由になり、後ろを振り向いた。するとそこには炎とそれに照らされ影を伸ばす物があった。また洞窟からも抜け出すことができた。太陽の光で目がくらむが、現実をついに知ることになる。だが、鎖につながれている他の人々に現実の真の姿を伝えても頭がおかしいと思われるだけだ。
http://karapaia.com/archives/52223738.html


このプラトンの言う洞窟の比喩。その影の本体が真実であるというが、これに哲学的思考を加えていくと、滝つぼにのまれて息も出来なくなる。

だから、わたしは思考しない。

ただ、上記引用文での、
「プラトンにとって現実とはより高次の現実の影に過ぎなかった。」

この部分が肝だ。

これは、

1.高次の現実がこの世に存在するということ。
2.高次の現実を変えれば、わたしが見ている世界も変わるということ。


このふたつを示唆している。

よく考えて欲しい。




さて、プラトンはアトランティス大陸なるものを説いた。そしてその大きさは「リビュアとアジアを合わせたよりもずっと大きい」と語った。これもあくまでも比喩である。

ここからはわたしの夢想。

アトランティス大陸とは地球のこと、すなはち、この世全てのことであるとわたしは思っている。

3つの堀で囲まれた中心の島。これがわたし達が住んでいる第一天蓋内である。
(小高い山の上で発酵するエンキの憂鬱 )


そして、地球の平面はどこまでも続いている。わたしたちの意識が及ぶ距離よりも少しだけ遠いところまで。それは造物主の意図であり、わたしたちの意識体は造物主の一雫であるからである。

地球がフラットであるということに気付くと、精神的ダメージを受けるだろう

太陽系が公転するシミュレーション画像である。
これを信じろと言う方がおかしい。

地動説
“1543年コペルニクスによって唱えられた宇宙構造説。アレクサンドリア文明以来,天文学界を支配していたのは,地球を宇宙の中心とするプトレマイオス体系であった。ピタゴラスの弟子フィラリオスが観念的な地動説を唱えた先駆的な例もあるが,多くの観測家によってたくわえられたデータを説明するには,地球が太陽の周囲を公転すると考えるのが便利であることを論理的に説いたのは,コペルニクスが最初である。この説は,公転軌道として円を考えていたので,同時代の T.ブラーエらの精密な観測結果を細部まで裏づけることができず,説得力はなお不足であったが,ガリレイ望遠鏡による観測などによって実証的に裏づけられ,J.ケプラーが師ブラーエの観測値より楕円軌道説を採用するに及んで,あらゆる反論の根は断ち切られ,プトレマイオス天動説に代って受入れられることとなった。”
ブリタニカ国際大百科事典より

まぁ、私はそんな戯言は信じていない。

よくもまあ、500年近くも人々をだまし続けてきたものだと思う。

地軸
地軸(ちじく)とは、地球自転する際の軸(自転軸)であり、北極点南極点とを結ぶ運動しない直線を指す。地球以外の惑星及び衛星についてもそれぞれの自転の軸を地軸と呼ぶ。 以降、特に断らない限り本項では、地球の自転軸について述べる。 地球の自転軸は、公転軸に対して約23.4度傾いており、公転面に対する角度は約66.6度である”
wikipediaより

公転面に対する傾きが66.6度。この時点でこの話は眉唾である。太陽の質量は地球の約33.3万倍であるという。もうアウトである。

まず、地球はフラット。平面であるということを自分で確かめてもらいたい。私たちがいかに洗脳され続けてきたかが実感できる。そして、フラットだと分かった時、精神的なダメージを受ける。洗脳がとかれた時、人は落ち込んでしまう。いっそ、洗脳されたままの方が幸せだったと思うことだろう。

フラットアースだろ
月は雲より低いところにあった
極成層圏雲の中の太陽

極成層圏雲の中の太陽

真珠母雲(しんじゅぼぐも、Mother-of-pearl clouds)は高度20〜30km付近の成層圏にできる特殊な。極や高緯度地方でによく見られる雲である。非常に高高度にある雲のため、日没後も太陽の光を受けて輝く姿を見ることがある。真珠母雲の名は、その色彩が真珠母貝であるアコヤガイの内側に似た虹色をしていることより付けられた。ちなみに、 夜光雲とは生成過程も生成場所も異なる。

オゾン層の破壊に深く関連している雲であり、オゾンの生成や破壊のメカニズムを考える上での研究対象となっている。学術的には極成層圏雲(きょくせいそうけんうん、英語: polar stratospheric clouds, PSC)、極成層雲とも呼ぶ。(wikipedia)

この極成層圏雲中に太陽がある。
すると、太陽までの距離はおよそ30km前後ということになる。

極成層圏雲

昔から不思議だったのは、この写真。
太陽までの距離

私は子供の時から、この左辺の斜光と右辺の斜光の重なるところに太陽があると思っていた。

しかし、太陽までの距離は

1.4710×1011 m 〜 1.5210×1011 m

だと学校で教わる。

教育とは洗脳である。

計算もできないほど遠くに太陽があれば、上のような光はできない。

ほぼ、垂直に光は地球を照らさなければならない。

また、太陽は核融合でエネルギーを放出しているという。

焚き火のようなものか。

それなら、エベレストの山頂が太陽に近いので、一番暖かくなくてはならない。

しかし、エベレストの近傍標高(高度8500m付近)の温度は年間を通じておおよそ-15℃~-25℃程度。

実は、太陽は、約30km離れた所で電磁波を出しているのではないか。

電子レンジのようなものだ。

分子が比較的に自由に動き回ることができる水が温度を上げる。

地球でいえば、海である。

だから、海岸線は暖かく、山頂は寒い。

海から遠いエベレストの山頂はひどく寒いのではないか。
今回の画像はyoutubeで見つけたユジンさんの投稿動画からお借りしたものです。

月は雲より低いところにあった

一昨日の夜だったか。

丸い月が出ていた。

見ていると、月の向こう側に雲がある。

私はスマホを持っていない。

リンクを貼らせていただいた。

月

小笠原父島情報☆オガツアーのブログ2

http://ogatours.cocolog-nifty.com/blog/images/2009/02/13/s0212kumokore.jpg

月は雲より低いところにある。

雲の高さは上層雲で5,000mから13,000mだそうだ。
しかし、真珠雲というものがある。これは高度30,000mらしい。

そして旅客機の巡航高度は何故か10,000mに定められている。
戦闘機は15,000m。

すると、月はおおよそ20,000mから30,000mの高さにあるということになる。もしくはその高さにホログラムとして映し出されているということか。

もう、この世は嘘で塗り固められている。
問題なのは、それらの嘘が何のために作られているかということだ。

フラットアースだろ

高知県の桂浜というところに観光に行ってきた。

砂浜は綺麗に清掃されていて、海の大きさに言葉を失う。

砂浜に寝転んで東を見ると、遠くに室戸岬が見える。

・・なぜだ?

Google earthで桂浜と室戸岬の距離を測ってみると62.5km。

桂浜室戸

今度はEarth Curve Calculatorで、地球が球体である場合にどこまで見えるのかを計算してみる。

h0=Eye heightは、寝転んでいるので0.1mとする。

d0=Target distanceは62.5km。

これで室戸岬(h1)が見えるとしたら、室戸岬は海抜295m以上でなければならなくなる。

桂浜室戸2

ところが室戸岬スカイライン山頂展望台(津呂山高岡園地)の標高は258.3m。

地球が丸ければ、見えないはずなのだ。

しかも、私が見たのは、室戸岬の展望台のてっぺんではなく、室戸岬まで続く海岸線も全て見えたのである。

さらに、h0=Eye heightが10cmだと、海岸に寝転んで太平洋を見たときに1.12km先までしか見えないことになる。(d1)

しかし、海の彼方には何隻かの船が航行しているのも見える。

地球は球体ではない。

米国のAnazonではこんなものも売っている。

$14.99

https://amzn.to/2YK8zDh

Ancient HebrewConception of the Universe

(古代ヘブライの宇宙の概念)

Ancient HebrewConception of the Universe

さらに、旧約聖書 〜創世記〜第一章にはこんな事が書かれている。

1 はじめに神は天と地とを創造された。

2 地は形なく、むなしく、やみが淵のおもてにあり、神の霊が水のおもてをおおっていた。

3 神は「光あれ」と言われた。すると光があった。

4 神はその光を見て、良しとされた。神はその光とやみとを分けられた。

5 神は光を昼と名づけ、やみを夜と名づけられた。夕となり、また朝となった。第一日である。

6 神はまた言われた、「水の間におおぞらがあって、水と水とを分けよ」

7 そのようになった。神はおおぞらを造って、おおぞらの下の水とおおぞらの上の水とを分けられた。

8 神はそのおおぞらを天と名づけられた。夕となり、また朝となった。第二日である。

9 神はまた言われた、「天の下の水は一つ所に集まり、かわいた地が現れよ」。そのようになった。

10 神はそのかわいた地を陸と名づけ、水の集まった所を海と名づけられた。神は見て、良しとされた。

11 神はまた言われた、「地は青草と、種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ果樹とを地の上にはえさせよ」。そのようになった。

12 地は青草と、種類にしたがって種をもつ草と、種類にしたがって種のある実を結ぶ木とをはえさせた。神は見て、良しとされた。

13 夕となり、また朝となった。第三日である。

14 神はまた言われた、「天のおおぞらに光があって昼と夜とを分け、しるしのため、季節のため、日のため、年のためになり、

15 天のおおぞらにあって地を照らす光となれ」。そのようになった。

16 神は二つの大きな光を造り、大きい光に昼をつかさどらせ、小さい光に夜をつかさどらせ、また星を造られた。

17 神はこれらを天のおおぞらに置いて地を照らさせ、

18 昼と夜とをつかさどらせ、光とやみとを分けさせられた。神は見て、良しとされた。

19 夕となり、また朝となった。第四日である。

20 神はまた言われた、「水は生き物の群れで満ち、鳥は地の上、天のおおぞらを飛べ」。

21 神は海の大いなる獣と、水に群がるすべての動く生き物とを、種類にしたがって創造し、また翼のあるすべての鳥を、種類にしたがって創造された。神は見て、良しとされた。

22 神はこれらを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、海たる水に満ちよ、また鳥は地にふえよ」。

23 夕となり、また朝となった。第五日である。

24 神はまた言われた、「地は生き物を種類にしたがっていだせ。家畜と、這うものと、地の獣とを種類にしたがっていだせ」。そのようになった。

25 神は地の獣を種類にしたがい、家畜を種類にしたがい、また地に這うすべての物を種類にしたがって造られた。神は見て、良しとされた。

26 神はまた言われた、「われわれのかたちに、われわれにかたどって人を造り、これに海の魚と、空の鳥と、家畜と、地のすべての獣と、地のすべての這うものとを治めさせよう」。

27 神は自分のかたちに人を創造された。すなわち、神のかたちに創造し、男と女とに創造された。

28 神は彼らを祝福して言われた、「生めよ、ふえよ、地に満ちよ、地を従わせよ。また海の魚と、空の鳥と、地に動くすべての生き物とを治めよ」。

29 神はまた言われた、「わたしは全地のおもてにある種をもつすべての草と、種のある実を結ぶすべての木とをあなたがたに与える。これはあなたがたの食物となるであろう。

30 また地のすべての獣、空のすべての鳥、地を這うすべてのもの、すなわち命あるものには、食物としてすべての青草を与える」。そのようになった。

31 神が造ったすべての物を見られたところ、それは、はなはだ良かった。夕となり、また朝となった。第六日である。

私は神というものを否定も肯定もしないが、もしも神が存在するとすれば、私たちの想像もできない姿をしているのかもしれない。

砂浜に寝転んで見る海は大きく、空は何の曇りもない。

服は砂だらけになり、靴の中にもたくさんの砂が入ったが、いい気持ちだった。

だが、フラットアースの勉強を始めなければならない私だった。