コロナ嘘流布の目的は、国民の分断です

コロナについては色々と書いてきた。

コロナウイルスは存在しない、もしくは弱毒性であり、
PCR検査については、その注意事項に、

“Detection of viral RNA may not indicate the presence of infectious virus or that 2019-nCoV is the causative agent for clinical symptoms.”

「ウイルスRNAの検出は、感染性ウイルスの存在、または2019-nCoVが臨床症状の原因物質であることを示していない場合があります。」

さらに、

新型コロナウイルス(SARS-COV-2)の測定用のPCRキット(SARS-CoV-2 Coronavirus Multiplex RT-qPCR Kit)の説明書には、

” it should not be used as the only evidence for clinical diagnosis and treatment“
“The detection results should not be directly used as the evidence for clinical diagnosis”

「それは臨床診断と治療の唯一の証拠として使用されるべきではない」
「検出結果を臨床診断の証拠として直接使用しないでください」

https://www.creative-diagnostics.com/sars-cov-2-coronavirus-multiplex-rt-qpcr-kit-277854-457.htm

と書かれている。


つまり、「PCR検査陽性をもって、コロナに感染していると判断しないでくれ」、と言っているのです。


これで、分かって欲しい。
テレビも政府も大嘘をついているのです。

PCR検査陽性数をコロナ感染者数として報道している。
コロナ報道は流説の流布でしかない。
テレビ局は放送法違反を堂々と行っているのです。



しかしながら、「アフターコロナ」という言葉が常識化しつつあることに懸念を覚える。

Stay Home → 人と会うな
マスクをしろ → 喋るな
ソーシャルディスタンス → ひそひそ話をするな
○千人以上のイベントを行うな → 団結するな
リモートワーク → 国民の交わす情報は全て国が収集する

そして、接触確認アプリは感染者の情報を国民に報せるためのものではなく、あなた自身の行動履歴を政府が収集するためのものだと思います。

これは江戸時代に、幕府が農民の一揆を怖れて、集会の禁止をしたようなものです。日本国憲法第21条には、「集会の自由」が明記されている。

この自由を、コロナという嘘をテレビ局に流布させることによって、政府は制限しているわけです。国民を分断して管理することが目的でしょう。


政府は何を怖れているのでしょうかね。
真実が広まってしまうことでしょうか?
それとも、国民の団結でしょうか?

政府が怖れているのは、やはり国民の覚醒でしょう。

米国や英国では、人種差別に反対するデモが行われています。しかし、こうした騒擾状態を作り出したのは誰なのでしょう。やはりCIAでしょうか。CIAは人類の分断を計画し続けています。そして、世界中のテレビがCIAの指示で動いているといっても過言ではないと感じます。

CIAは既に米国の諜報機関ではなく、独自の組織なのでしょう。


もう、目を覚ましましょう。いつまでも羊のままではいられません。

Meat & Livestock Australia http://aussielamb.jp/lambassador/190318.html からお借りしました。



下宿へ帰って、湯にはいって、いい心持ちになって上がってみると、机の上に絵はがきがある。小川をかいて、草をもじゃもじゃはやして、その縁に羊を二匹寝かして、その向こう側に大きな男がステッキを持って立っているところを写したものである。男の顔がはなはだ獰猛にできている。まったく西洋の絵にある悪魔を模したもので、念のため、わきにちゃんとデビルと仮名が振ってある。表は三四郎の宛名の下に、迷える子と小さく書いたばかりである。三四郎は迷える子の何者かをすぐ悟った。のみならず、はがきの裏に、迷える子を二匹書いて、その一匹をあんに自分に見立ててくれたのをはなはだうれしく思った。迷える子のなかには、美禰子のみではない、自分ももとよりはいっていたのである。それが美禰子のおもわくであったとみえる。美禰子の使った stray sheep の意味がこれでようやくはっきりした。

夏目漱石「三四郎」より

殺菌とは何だろう?

腐敗しにくいものってなんだろう。

醤油
味噌
梅干し

キーワードはいずれも、塩である。

以下Wikipedia

日本専売公社
1948年(昭和23年)7月22日 – 連合国最高司令官(GHQ最高司令官)ダグラス・マッカーサーから内閣総理大臣芦田均宛てに、たばこ樟脳の政府事業運営のための公共企業体を組織するべき主旨の書簡が発せられる[1]1949年(昭和24年)6月1日 – たばこ・塩・樟脳の専売業務を行ってきた大蔵省専売局を独立して発足する。初代総裁は、池田勇人大蔵大臣の推薦により秋山孝之輔が抜擢された[2]

 

 


たばこ・塩・樟脳。

キーワードは腐敗だと思う。
腐敗とは、有機物が微生物の作用によって変質する現象。

塩は海の宝物。殺菌性。
(塩はミネラルの入った天日塩でなければならない。)

樟脳はクスノキの精油の主成分。
防腐剤。防虫剤。鎮痛消炎作用等々。

では、たばこは・・

ふと思いついた。植物を燃やした時に出る煙には殺菌作用があるのではないかと。

茅葺きの家は囲炉裏の煙で燻されている。虫がいない。
夏になれば除虫菊を燃やす蚊取り線香。

では薫製とは
燻煙(くんえん)とは、香りの良いサクラや、ブナおが屑リンゴヒッコリーなどの木材を高温に熱した時に出る煙を食材に当てて風味付けをすると同時に、煙に含まれる殺菌・防腐成分を食材に浸透させる食品加工技法のことである。(Wiki)

薫煙にも殺菌作用があったのだ。

たばこは、たばこの葉を燃やしている。多分、薫煙と同様の作用がある。

殺菌作用のあるものを、日本専売公社が仕切ったのだろう。

 

では殺菌作用とは何か。
疲れているので調べるのはご容赦いただく。


いきなり結論。同時に推論。


殺菌作用とは、プラス電子の菌をマイナス電子を持つ物質が中和させることである。

減塩などせず、天日塩を使い、味噌汁を飲み、部屋でお香でも焚いていれば、いくらかの殺菌作用も見込まれるではないだろうか。

画像はWikipediaより引用

 

決して、喫煙をお勧めする意図はないが、興味深い記事がある。

コロナウイルス:Covid-19を持つ人々の間で喫煙者の割合が低い

数字は意外です。SARS-CoV-2に感染した人の喫煙者の割合は低いです。3月末にニューイングランドジャーナルオブメディスンで発表された 1000人以上の感染者に関する中国の研究によると、喫煙者の割合は12.6%であり、中国の喫煙者の割合(28%)よりもはるかに低かった。

他の研究は同じ方向を指しています。フランスでは、パリの公的支援病院(AP-HP)のデータによると、4月上旬にCovid-19が原因で入院した約11,000人の患者のうち、流行が始まってから8.5%喫煙者でした-毎日の喫煙者の割合は国で25.4%です。

コロナコロナで疲れたぜ

コロナコロナで洗脳されている日本人。
疲れたな。
コロナなんて嘘っぱち。

日本は5Gによる人体への影響の実験をしている。

亡くなった方は、本当は解剖されているのではないかという疑念を抱く。

最近、火災が多いことも懸念の一つ。
ミリ波をスポット的に照射して、発熱実験をしているのではないか。
火災の原因は一切報道されたことがない。

考えるのにも疲れた。

疲れた時は休もう。

そして、いい歌を聴こう。

満島ひかりさんの歌う「 ファイト!」

満島ひかり ファイト!

満島さんの覚悟はすごいと思います。

遠い遠い日の僕の見た夢

僕はある日夢を見た。遠い遠い日の夢だ。

ある日、アジアの国で肺炎患者が複数発生した。真っ先にニュースになったのは「抗生物質が効かない」ということだった。そして、患者さんを検査するとコロナウィルスがでてきた。このウィルスはSARS-CoVというウイルスに似ていたので、SARS-CoV-2と名前が付けられた。でも、WHOという、蛇とフラットアースがくっついたような旗を揚げている機関は、SARS-CoV-2による病気をCOVID-19として疾病名で発表した。この病気は漢字で書くと、重症急性呼吸器症候群という難しい名前だった。僕は蛇が大嫌いなんだ。

その頃、なぜか、僕の街の上を大きな旅客機が低空で飛ぶようになった。

やがて、そのウイルスは僕の街にもやってきた。でも、SARS-CoV2が重症急性呼吸器症候群を発生させる証拠はどこにもなかった。肺炎で死亡した患者の病巣からSARS-CoV2が発見されたという報告もされない。「感染していた」とは言うけどね。 亡くなった人達は、家族が触れることも許されないまま火葬され、埋葬された。異様でどこか怖い光景だった。

僕はSARS-CoV2の存在さえも疑ったんだ。でも、SARS-CoV2がインフルエンザだったとしたら、真っ先に僕ら子供たちの中で流行するんじゃないかな。このことを考えると、色々な可能性が出てきてしまい、僕の頭の中はグジャグジャになっちゃったんだ。

僕はSARS-CoV2があるとして推理する道に戻ってみた。重症急性呼吸器症候群は他の原因で起きた可能性もあった。でも、その原因はすべてSARS-CoV2にあるとされた。

けれども、SARS-CoV2には強い毒性はなかったんだ。このアジアの国での患者発生以前に、ウイルスはすでに世界中に撒かれていたんだ。SARS-CoV-2はケムトレイルで、そして人の手で世界中に撒かれていた。そして、撒き続けられていた。毒性の強いウイルスを自分の手で撒く人は尻込みしてしまう。だから、SARS-CoV-2は弱い毒でないといけなかったんだ。

でも、世界中のテレビは「重症急性呼吸器症候群の原因はSARS-CoV2である」と報道した。朝から晩まで。

僕の呼吸は日に日に浅くなっていった。突然、学校が休みになった。僕は歩美ちゃんに会いたくて仕方がなかったのに。

僕の街ではPCR検査もなかなか受けられなかった。ついでに全国民のPCR検査など決して行わない。そのPCR検査もSARS-CoV2以外のウイルスにも陽性がでてしまうらしい。インフルエンザウイルスその他の菌にも反応するって。PCR検査はSARS-CoV2についての真実を表すものではなかったんだ。もしも、全国民にPCR検査をすれば、国民の半数以上が陽性となる可能性があったんだろうな。
PCR検査の誤解

そして、僕は、ひとつ寝返りを打った。

トーマス・コーエンという博士は
「生態系が新たな電磁場にさらされる時はいつでも被毒が起こり、一部は破壊され、残りは仮死状態になるのです。」と言ってた。

千島博士は
「環境の激変などの影響をうけたとき、病原体がからだのなかに自然発生し、伝染病と言われているものが同時多発的にひろがる。」と言った。

微生物は外気から侵入すると言ったパスツールという昔の人でさえ、遺言で、
「病原体はなんでもない。すなわち、地球がすべてである。」と言ったらしい。

ここで「地球」と訳されているフランス語の単語は「teriain 」。この言葉は「環境」という意味も含んでいると、お母さんが教えてくれた。

じゃあ、SARS-CoV2が重症急性呼吸器症候群の主犯でないとしたら、アジアの国では何か環境の変化を起こすようなことが行われていたのだろうか?

僕はコナンのように考えた。

長く長く考え続けた僕は、5Gによる電磁場の急激な変化が人体に悪影響を与えたのではないかと感じた。そのことを隠すために、重症急性呼吸器症候群の患者さんはSARS-CoV2で亡くなったと発表したんじゃないかな。

僕がそのことに気付いた時には、すでに、僕の街から鳥がいなくなっていた。そして、これはあの「黒ずくめの組織」が仕組んだことではないかと思ったんだ。

じゃあ、なぜ5Gなどというものが必要なんだろう。5Gは現在の4Gと比較して、100倍以上ものスピードでテータを送ることができるというけど、コナンのように考えると、100倍以上のスピードで僕の情報を収集することができるということでもある。僕たちにこんなものは必要ない。コナンはそう考えたんだ。いや、僕もそう考えたんだ。

5Gは地球環境を大きく変えた。人間の体は電気信号で動いている。これは学校で習ったことだ。強い電磁波が人体に影響を与えるのは当然だ。強い電磁波は赤血球に影響を与えるだろう。このことは千島博士の本で読んだことがある。そして、赤血球や白血球に異常をもたらし、肺にバクテリアを発生させる。僕はそんなふうに考えたけれど、残念ながら、病院の偉い先生たちは亡くなった人達の解剖をしてくれないので、これも僕の憶測でしかなかった。

でもね、なぜか、僕の街の死亡者(感染者じゃなく、死亡者だよ)は少なかった。ひとつの憶測として、僕の街の人は福島原発事故による放射線を浴びた時に、身体が新たな免疫機能を作り出したからではないのかと、僕は考えたんだ。

そして、僕はまたひとつ寝返りを打った。

さて、その後、ワクチンの開発が行われた。SARS-CoV2が人工的に作り出されたものであるとしたら、ワクチンはその時すでに存在していることだろうと思ったけれど、ワクチンが短期間でできるということは科学と一致しないからみんながおかしがるよね。そして、そのワクチンの中には何かが混入されていた。しかし、SARS-CoV2の恐怖をマスコミに洗脳されている人々は、このワクチンに飛びついたんだ。

我先に接種しようと、病院には列ができた。小さな犬まで列に並んでいた。

すでに大人たちは行き先を見失った子羊みたいだと僕は思った。僕は、迷える子羊はたった一頭の犬で、柵の中にまで誘導されちゃう、というテレビを見たことがあるんだ。

もしも、ワクチンにマイクロチップが混入されていて、その情報を5Gの猛烈なスピードで収集し、世界中の人々を管理する世界ができたとしたら・・。マイクロチップは、まるで牧場で飼育される子羊の耳にぶら下げられたナンバーカードみたいだ。

僕はワクチンを射つのが怖かった。だからワクチンを射たなかった。注射も怖かったし、それを射つ白衣の男の人の顔はもっと怖かった。街の人はそんな僕を白い目で見た。僕はスケボーに乗って家まで帰った。

やがて、町内の回覧板は、僕の家には回ってこなくなった。

第六感が浮かんだ。これらの出来事を仕組んだのが「黒ずくめの組織」なのなら、ボスはあの国にいる。
「阿笠博士が危ない! 」
そう思った途端に目が覚めた。

パジャマが汗で濡れていた。歩美ちゃんは僕の夢には出てこなかった。この夢のことを歩美ちゃんに話す時には、どこかに登場させないといけないな、と僕は女心というものを思いやったんだ。

そうして、僕がベッドから抜け出した時に思ったのは、もうこれ以上電磁波で地球環境を汚し続けると、地球上の生物の数は大きく減っちゃうんだろうな、ということだった。

絵どりました。本物のコナンは
https://www.ytv.co.jp/conan/

緊張した心を解き放とう

コロナウイルスと5Gの関係については色々考察してきた。

「環境の激変などの影響をうけたとき、病原体がからだのなかに自然発生し、伝染病と言われているものが同時多発的にひろがる」
この千島学説を私は信じている。

気になるのは、学童児の感染率が非常に少ないことだ。私は、人々の体の中に発生しているのは結核菌に似たものではないかと感じる。

現在、BCGの接種は1歳までは国の補助で受けられる。非常に多くの乳児がこの接種を受けている。このことが、学童児の感染率が非常に少ないことにつながっていると推察する。

「病原菌は病気の原因ではなく、病気になった結果である」 という千島説を裏づける研究をフランスの外科医、レ-リィが、一九四三年にとなえた。“レ-リィ現象”というもので、自律神経を刺激すると、病原菌が外から入ってくるのでなくとも病気になるという新説をうちだし、実験で実証してみせたのである。この実験には病原菌は一つも入れていない。ただ自律神経を強く刺激するだけで、結核、腸チフス、赤痢などの伝染病の症状を発生させたのである。」

・千島学説の夜明け
 

終戦に至るまでの男性の結核患者の急増はこれを裏付けるものなのかもしれない。

結核による死亡数の年次推移(1899-2000年、日本)
(東京都健康安全研究センター)

 

さて、美しい歌声で過剰な自律神経の緊張を解き放とうではないか。

「早春賦」
作詩:吉丸一昌/作曲:中田章

春は名のみの 風の寒さや
谷のうぐいす 歌は思えど
時にあらずと 声もたてず
時にあらずと 声もたてず

氷融け去り 葦はつのぐむ
さては時ぞと 思うあやにく
今日も昨日も 雪の空
今日も昨日も 雪の空

春と聞かねば 知らでありしを
聞けばせかるる 胸の思いを
いかにせよとの この頃か
いかにせよとの この頃か