5G考察-現場検証と状況証拠

東京都の地図。ニュースで、コロナウイルスのクラスターが発生したと言われる病院や施設にピンを打ってみた。

この図から、ポイント地点だけを残してmapは消去。

東京タワーとスカイツリーを起点に線を引いてみる。

浅草駅は東京スカイツリーからの5Gの実験を最初に受信した場所。



 

東京スカイツリーから浅草への28GHz帯を用いた5G長距離伝送実験に成功

「実験により、電波の減衰が大きく、遠くに飛ばすことが困難だと考えられてきた高周波数帯の電波を、都市部だけではなく地方、郊外、山間部など、より多様な環境で利用することができる技術を実証することができました。」
 
 

60GHz帯通信とLTEを協調動作させる通信方式の開発~5G時代の新しい通信プロトコル~

今回、前述の新しい通信プロトコルを設計し、Linux® OSならびにAndroidTM OS上に実装いたしました。また、CMOS LSIを用いた60GHz帯ミリ波無線プロトタイプを使用して、LTEと60GHz帯を協調させて動画のダウンロード再生ができることを確認いたしました。」
 
 
 

周波数帯と電波伝搬特性

「電波が大気中を伝搬するとき、霧、ガスによって吸収減衰を受ける。電波の周波数が気体分子の持つ双極子の固有周波数に一致すると、分子の共鳴により電波エネルギーが吸収され減衰が起こる。マイクロ波帯での減衰特性を図に示す。水蒸気分子では22GHzおよび180GHzに、また酸素分子では60GHzおよび120GHzにおいてそれぞれ強い吸収が起こる。

「周波数帯と電波伝搬特性」より引用

 
 
今や5Gは周波数帯(帯域幅)や出力などを可変でき、その到達距離はさらに延びているものと推測する。非常に危険であり、人体に与える悪影響は否定できないだろう。
 

この動画が真実であるという証拠はどこにもないが、一応紹介させていただく。

COVID-19世界中のテレビは嘘をついている

前回の結論を考えてみる。「What I think COVID-19 Really is」

・有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、
 その他の病気などは、エクソソームの産生を引き起こす。
・RT-PCRは実際にはエクソソームからのホストRNAをテストします。
・COVID-19は実際にはエクソソームです。

これは、「有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、その他の病気などは、エクソソームを体内に生み出し、なおかつ、エクソソームはPCRテストに反応する。であるから、covid-19の正体はエクソソームである」

ということ。

アンドリューカウフマン博士は
5gのような様々な特にマイクロ波放射もこれを引き起こします。
と言及している。

では5Gのサービス提供場所と感染者数を比較してみる。

<<5Gのサービス提供場所>>

https://www.speedtest.net/ookla-5g-map

<<感染者数>>

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-japan-chart/

人口10万人あたりあたり感染者数の上位10位までのうちで、5Gを導入していない県はない。北陸3県については、3/25時点で、石川県が5カ所、富山県が2カ所、福井県が1カ所。(Docomoのみの数字)ということだ。これは感染者数と同じ並びになっている。

ただ、ここで注意しなければならないのは、感染者数という言葉である。感染者数とは「PCR検査で陽性と判断された人の数」であるから、PCR検査がエクソソームにも陽性を示すのなら、癌他の疾病を抱えている方や、ストレスに苛まれている方、そして電離放射線の影響を受けている方の数も入っているということである。

 

二つに分けて考える必要が出てきた。


1.SARS-CoV2が存在する場合
 ・SARS-CoV2は弱毒性である。
 ・SARS-CoV2は人為的に撒かれている。
 ・SARS-CoV2を撒く理由は、5Gによる健康被害の原因をSARS-CoV2による
  健康被害だとカモフラージュするため。

 障害者施設等での集団感染は人為的に撒かれたとしか考えられない。
 羽田空港への着陸ルートが都心上空を通るように変更された。
 数年前からケムトレイルが日本各地で観測されている。

2.SARS-CoV2が存在しない場合
 ・WHOがSARS-CoV2だと言っているのは、エクソソームである。
 ・エクソソームは5G等の電磁波によって生み出される。
 ・エクソソームは疾病やストレスなどでも生み出される。
 ・エクソソームはPCR検査で陽性を示す。

 エクソソームとSARS-CoV2は酷似している。
 5Gが普及している都市ほど感染者数が多い。

  

考えてみれば、いずれにしても、コロナウィルスというものを過剰に不安がることはないということだ。

インフルエンザでは毎年1万人以上が死亡している。
癌に至っては、2018年にがんで死亡した人は373,584人(男性218,625人、女性154,959人)。https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

そういうことを知った上で、テレビジョンはコロナ不安を煽る報道ばかり流す。そして、死亡した人からPCR検査で陽性が出れば、すべて、COVID-19による死亡として不安を煽り続ける。


陰謀論と事実 : ある医師の衝撃的なお話


メディアは、5Gによる被害は報道をしない。
真に警戒しなければいけないのは電磁波による被害である。

ノースカロライナ州シャーロットにあるNASCARの殿堂ビルの壁に数百の混乱した鳥、チムニースウィフトが衝突しました。

ノースカロライナ州シャーロットにあるNASCARの殿堂ビルの壁に数百の混乱した鳥、チムニースウィフトが衝突しました。




「5G」〜人類への最終兵器〜

日本人削減計画は進んでいる。しかし、やつらが思った通りの結果は出ていない。それはやはり、3.11の放射能被爆で日本人は新たな免疫を身に付けているからではないのか。私たちが近年不安を感じたことは、3.11であり、熊本地震であり、コロナウイルス騒ぎである。この先には緊急事態条項を憲法に記する意図が隠されている。

「3・11・666」
やつらは隠す気もない。
私たちがすでに洗脳の底に沈んでいると思っているから。

今回のコロナウイルス騒ぎは、世界中の報道機関が嘘をついている。私はそう思っている。

テレビを消しましょう。そして5G携帯は決して買わないようにしませんか。



WHOテドロスの正体:エチオピアの悪魔

「What I think COVID-19 Really is」COVID-19は実際にはエクソソームです。

「What I think COVID-19 Really is」という動画がある。

Dr. Andrew Kaufman’s research shows COVID-19 is an exosome which exists normally in our lung cell fluid.
“アンドリューカウフマン博士の研究によると、COVID-19は肺細胞液に通常存在するエキソソームです。”

少し分かりやすく説明していきたい。

エクソソームというものは、有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、病気など様々な要因によって自然に体内に生み出され、情報を全身に伝える役割をしています。

アンドリューカウフマン博士は、エクソソームとCOVID-19を比較されています。

ExosomesとCOVID-19の比較。まったく同じことです。
ExosomesとCOVID-19の比較。電子顕微鏡下でのウイルスとエクソソームの比較写真。
ExosomesとCOVID-19の比較。サイズ、レセプター、RNA、発見される場所・・。
どちらにも遺伝物質が含まれていて、どちらもRNAの形。
何がエクソソームを生み出すのか。
有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、病気。
5gのような様々な特にマイクロ波放射もこれを引き起こします。

電離放射線
読み方:でんりほうしゃせん
英語表記:ionizing radiation

電離作用をもつ全ての放射線のこと。
物質との作用で、直接あるいは間接に物質をイオン化(電離作用)する能力のことを電離という。この電離能力を有する放射線の総称。
電子、陽子、α粒子などの荷電粒子は、直接(一次)電離放射線(directly ionizing radiation)といい、γ線(電磁波)、X線、中性子の非荷電粒子は、間接(二次)電離放射線(indirectly ionizing radiation) という。
ただし、紫外線は電離作用を持つが、空気中を伝わる力が弱いので、普通電離放射線といわない。 weblio辞書より

結論。
・呼吸器疾患は、エクソソームの産生を引き起こす、損傷、毒性またはその他の原因に起因する。
・RT-PCRは実際にはエクソソームからのホストRNAをテストします。
・COVID-19は実際にはエ
ソソームです。

以上は「What I think COVID-19 Really is」https://www.youtube.com/watch?v=roDGPZMev7s&t=1201s
という動画から引用したものです。

博士の結論を私なりに変換します。

結論。
・有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、その他の病気などは、エクソソームの産生を引き起こす。
・RT-PCRは実際にはエクソソームからのホストRNAをテストします。
・COVID-19は実際にはエクソソームです。

エクソソームについてNHKが放送したグラフィックがある。

エクソソーム 
https://www.youtube.com/watch?time_continue=207&v=8df84HHpYUY&feature=emb_logo

似てませんか?
SARS-Cov2に。COVID-19に。

エクソソームは1/10000mmの物質でマイクロRNAを含んでいる。このマイクロRNAが体内の情報伝達物質の役割を担っている。そしてエクソソームは脂質二重膜という脂の膜で包まれていて、細胞はSOSとしてエクソソームを放出する。そして体内の細胞に情報を伝達している、いわば生命維持の要。その数100兆個。臓器同士はエクソソームを用いて、膨大な情報のやり取りを繰り返している。

アンドリューカウフマン博士は、SARS-CoV2はエクソソームだと言っているのです。

さて、youtubeではトーマス・コーエン博士の日本語訳の動画は削除された。

島学説とスペイン風邪と5Gをもう一度読んでもらいたい。

しかし、

「Dr Thomas cowan m.d. speaking about covid-19 and 5G listen carefully !」トーマス・コーエン博士の英語の動画は存在する。

(追記) また動画は消されています。

Once upon a time, a virus called SARS-CoV-2 was infected and exploded.

Unfortunately, this story is what I dreamed of in bed, with no evidence.

One day, multiple cases of pneumonia occurred in Wuhan. The first thing that came to the news was that antibiotics didn’t work. And when the patient was examined, coronavirus was detected. This virus was similar to SARS-CoV. SARS-CoV-2. However, WHO advertised the symptoms of SARS-CoV-2 as COVID-19 under the name of the disease. This disease is a severe acute respiratory syndrome.

Where is the evidence that SARS-CoV-2 causes severe acute respiratory syndrome? Is there a report that SARS-CoV-2 was found in the lesion of a patient who died of pneumonia?
The deceased people are cremated and go home without their families being allowed to touch them. I cannot help feeling discomfort with this.

Severe acute respiratory syndrome may have been caused by other causes. However, it was alleged to be due to SARS-CoV-2. Presumably, SARS-CoV-2 would not be highly toxic. It would be a problem if the virus that had been scattered all over the world before the outbreak of this patient in Wuhan had strong toxicity. The SARS-CoV-2 may have been sown all over the world in the chem trail and in the hands of people.

SARS-CoV-2 had to be weakly toxic.
However,the media around the world reported that SARS-CoV-2 is the cause of severe acute respiratory syndrome.

In Japan, PCR tests are difficult to receive. Never do PCR tests for all citizens. The PCR test is also positive for viruses other than SARS-CoV-2. Reacts to influenza virus and others. PCR testing does not represent the truth about SARS-CoV-2. If all people were tested for PCR, more than half of the people would be positive.
・ Misunderstanding of PCR test

 

Dr. Thomas Cohen
said, “Whenever an ecosystem is exposed to new electromagnetic fields, it becomes poisoned, partially destroyed and the rest in asphyxia.”

Dr. Chishima
said that when affected by drastic changes in the environment, pathogens naturally occur in the body, and what is said to be an infectious disease spreads simultaneously.

Even Pasteur, who said that microbes invade from the open air, said in a will
that there are no pathogens, that is, the earth is everything.

The French word translated “earth” here is “teriain”. This word also includes the meaning of “environment”.

Well, if SARS-CoV-2 wasn’t the main culprit in severe acute respiratory syndrome, was there anything that would change the environment in Wuhan?

I wonder if the sudden change in the electromagnetic field due to 5G may have had a negative effect on the human body.

Why is it necessary to introduce something like 5G? 5G can send data over 100 times faster than current 4G, but if you think back, it means that personal data can be collected over 100 times faster. The common people don’t need something like this.

5G is a drastic change in the global environment. The human body moves with electrical signals. It is unnatural to think that strong electromagnetic waves do not affect the human body. Strong electromagnetic waves will affect red blood cells. Then, it causes respiratory failure due to lack of oxygen and causes bacteria to be generated in the lungs. the government does not dissect the deceased people, so this is just speculation.

Why are there few Japanese fatalities (note that they are fatal, not infected)? One speculation is that I think the Japanese may have created a new immune function when exposed to radiation from the Fukushima nuclear accident.

Well, what will happen next? That would be vaccine development. If SARS-CoV-2 was artificially created, the vaccine would probably already exist. And I don’t know what’s in the vaccine. However, people who have been brainwashed by the media for the fear of SARS-CoV-2 will jump on this vaccine.

Already people are lambs who have lost their destination.

A world in which microchips are mixed in vaccines and the information is collected at a fierce 5G speed to manage people around the world. It is reminiscent of a number card hung on the ears of lambs raised on the farm. Isn’t such a world just around the corner?

When I got out of bed, I thought that if the electromagnetic wave continued to pollute the earth’s environment, the number of living things on earth would be greatly reduced.

赤血球とマクロファージと陽電化

Wikipediaから一部引用する。

マクロファージは、動物が病原体による感染から身を守る感染防御の機構において、その初期段階での殺菌を行うとともに、抗原提示によって抗体の産生を行うための最初のシグナルとして働くなど、重要な恒常性維持機構の一角を担っている。

その一方で、過剰な活性化などのマクロファージ機能の異常は、免疫システムの多くの病気に関わっている。例えば、炎症壊死を起こした組織を覆い、肉芽腫を形成する。また、アテローム性動脈硬化が進行する上でも重要である。マクロファージの役割の1つとして、血管壁にたまった変性コレステロールの処理があるが、変性コレステロールが処理しきれないほど多く存在する場合、血管壁の下に潜りこんだまま泡沫化しその場に沈着する。これがアテローム性動脈硬化の原因である。

また一部の病原細菌ウイルスには、マクロファージによって貪食されても、その食作用を回避する機能を獲得しているものがある。細菌としては、リステリア赤痢菌チフス菌レジオネラ結核菌などがその代表である。またウイルスでは、エイズの病原体であるヒト免疫不全ウイルス (HIV) が、ヘルパーT細胞とマクロファージに感染する。マクロファージによる殺菌を免れた病原体は、その細胞内部に感染(細胞内感染)する。マクロファージ自体は強い殺菌作用を持っているが、その内部には抗体やその他の免疫による攻撃が到達しないため、病原体が感染したマクロファージは却って病原体を保存したり、全身に運んだりすることで、その病原性の発揮に関与する。例えば、チフス菌は腸管に侵入した後、腸間膜リンパ節のマクロファージに感染して血流に入り込んで、全身性の感染(菌血症)を起こす。また結核菌やHIVでは、マクロファージ内に感染した病原体は長期に亘って潜伏感染し、感染後、長時間が経過してから重篤な病状が現れる。(Wikipedia)

上の動画は2011/03/11の福島原発事故後の関東在住の方の血液の様子である。
以下、動画の説明について(新) 日本の黒い霧から引用させていただく。

■解説
 この動画コンテンツは、後半に登場する写真の発光物質が話題のメインではありますが、それを殊更取りざたする前に、以下の私が観察から得た知見をまずご理解いただきたいと思います。もちろん、学術的なエビデンスというには程遠いですが、関心のある医学・生理学分野の研究者さんには、ぜひとも今後検証を重ねていただきたいと思っています。なお、以下論文調で記述しますのでご容赦ください。

・赤血球は回転している
 可能ならば、この動画を拡大して見ていただきたい。少し分かりにくいかもしれないが、中央が窪んだ真円に近い赤血球を探してよく見ると、何やら周期的な動きをしているのが分かる。これは赤血球の細胞膜内が鉛直上から見て反時計回りに回転運動しているために起きている。なぜこのような運動が起きているのだろうか?

・回転している理由
 物理的にこの回転運動の発生を説明する理由は一つしか考えられない。それは、生体細胞内は陰性の電荷を帯びているのがわかっているので、地磁気と反応して負(陰)電荷の流れ、すなわち電流が起きているからと考えるのが一番合理的である。しかも回転運動が継続していることから、地磁気は定常的かつ一様に掛かっている訳でなく、磁気パルスとして短い周期で間欠的に発生していることも窺えるのである。おそらく、この回転による運動エネルギーこそが、生命体の体温を生み出す源泉ではないかと考えられる。

(新) 日本の黒い霧陽電化する日本人(2)-世界滅亡前夜より

図:地磁気パルスと赤血球内部の回転運動
  参考:高校物理教科書のアンペールの法則、起電力の項
 ※大地側がN極になっている理由は、次回以降に示すものとする

・赤血球にも核はある
 赤血球は生理学一般では細胞核の無い無核細胞だと認識されているが、上記のように回転運動が生じているため、実際には細胞核は遠心力により外周に張り付くような形で存在している。上記の動画には出ていないが、回転を停止した赤血球(死滅した赤血球)から細長い染色体が崩れ出る様子を私は何度も観察している。赤血球は明らかに有核細胞なのである。顕微鏡で観察すればすぐに分かることなのに、どうして世界の医学・生理学の権威はこれを公表しないのか、甚だ疑問である。・NICとは何か
 動画の中の動き回る黒い粒。世間ではソマチッドとか呼ばれている。ソマチッドという名前は微小知的生命体云々なる憶測が一人歩きしており、こうした先入観を排除するために、私はこれをNon-Ionnized Calcium (NIC)、つまりイオンではない、組成の中にカルシウムを含む表面が陰電位の塩(エン)の結晶構造体と表る。具体的には燐酸カルシウムCa3(PO4)2など、いわゆる骨の組成物などである。そして、動画を見れば分かるように、マクロファージとはNICの集合体であり、一般的な生物細胞ではない。そのNICの集団が一つの細胞のように動き、免疫機能を果たしているのである。もしも、NICが外部的な磁気パルスの信号によってその運動を決定しているのなら、私たちが観察するNICの知的とも思える生物的運動は、実は外部からの電磁気的命令によって行われているとしか言いようが無い。ここで結論を出すのはまだ早いかもしれないが、私たち人間を含むこの世の生命体とは、外部の何かの意志(あるいは情報)によって動かされ維持されているとは言えないだろうか?私が個人的に興味を抱くのは、NIC単体の物理的構造などではなく、このような外部コントロールによって維持されている生命圏のデザインそのものなのである。

(中略)

・癌細胞、病原体は基本的に陽電化細胞、回転方向が逆
 どうしてなのか理由は分からないが、これまでの観察経験では、血液中の癌細胞や病原体などは、決まって細胞内部の回転方向が赤血球とは逆なのである。つまり、時計回り。これは、内部電位が赤血球と反対電位、すなわち正(陽)電荷なのだということを示してる。これをとりあえず陽電化細胞と呼ぶ。そして、マクロファージがどのように陽電化細胞の動きを止めるのかと言えば、まず自己の細胞膜?内部に大量に抱えたNICの陰電荷を用いて、陽電化細胞を電気的に中和することから始めるのである。すると癌細胞の回転運動が止まり、静止した癌細胞は死滅した状態に近くなる。そこでマクロファージはその死滅様のがん細胞を膜内に取り込み体外排除に移るというプロセスを取る。

 要は、電気的に中和してるだけなのである。現代の医療では、癌細胞の破壊に副作用の強い化学的抗癌剤が多種用いられているが、そんな異物を体内に投入しなくても、癌細胞内電位の中和を促進するだけで実は治療としては充分なのである。放射性物質由来の抗癌剤などは、体内の電離・陽化を促進するだけなので、かえって逆効果であるとすら言えるのだ。

 これは伝え聞いた話だが、地方の国立大学の医学部が合同でNICを使用した癌の治療実験を行ったところ、20人の末期癌患者の内19人が完治するという驚きの結果を得たという。あまりの好成績に腰を抜かした教授陣は、大人の事情だか何だか知らないが、「今これを出すのは早すぎると」判断し、実験の事実そのものを記録から消したそうだ。その話が事実かどうか分からないが、NICと癌細胞の関係を観察してきた経験から、そのような成果が出ても不思議ではない、むしろ当然だと言える。

(中略)

・内部被曝が体内陰電荷を消費し尽くす
 アルファ線1回の照射でおよそ3万電子分の陰電荷が電離によって失われるとの研究報告がある。内部被曝が始まると体内細胞の陽電化が急速に進み、NICが有する陰電荷の供給能力をはるかに越えてしまう。陰電荷を使い尽くしたマクロファージは、その活動を停止せざるを得ない。それが動画に現れた活動を停止した、あるいは形状そのものが壊れてしまったマクロファージの正体である。そのため、生体本来の免疫機能が損なわれ、病原体や癌細胞の増殖抑制に対応できなくなる。

 この動画ではまだ弱々しくも動いているマクロファージが観測できているが、6月以降に渡比してきた日本人の血液を観察すると、その数は更に減少していくと伴に、血中発光物質の数は増えていくのである。その時点で、関東4千万人の内、3千万人はもうその年いっぱい生きられないだろう、最終的に1千万人の日本人が生き残れるかどうか、あるいは全滅もあり得ると予測した。

(以下略)

全文は(新) 日本の黒い霧 陽電化する日本人(2)-世界滅亡前夜で読んでいただきたい。

赤血球は反時計回りに回転しており、なおかつ核がある。このことは赤血球が細胞や菌、ウイルスに変化するという千島学説と齟齬をきたさない。

今、コロナウイルスで騒がしいが、陽電化が体に与える影響はとても大きいということだ。思いつくのは電線と5Gである。特に5Gは地球全体の環境の大きな変化を与えた。私は家の中の電磁波を調べた。測定器は今座っているパソコンの前で63V/mを表示している。私はこれを被曝だと思っている。これらの電磁波でも体は陽電化していることだろう。スウェーデンでは世界で最も厳しい規制値を設けてい.る。 磁場:2.5mG以下 電場:25V/m以下

これは素人の夢想でしかないのだが、コロナウィルスは飛沫感染ではなく、根本原因はこの陽電子の感染なのではないか。そう仮定すると、現場の医療従事者が飛沫感染に対して完全に武装しても効果は少ないということにならないか。

ならば私たちはどうすればいいのか。それを今、思案しているところである。