哀しきゲイシャ・ワルツ

作詞:西条八十 
作曲:古賀政男
歌:神楽坂はん子

あなたのリードで 島田もゆれる
チークダンスの なやましさ
みだれる裾も はずかしうれし
芸者ワルツは 思い出ワルツ

空には三日月 お座敷帰り
恋に重たい 舞扇
逢わなきゃよかった 今夜のあなた
これが苦労の はじめでしょうか

あなたのお顔を 見たうれしさに
呑んだら酔ったわ 踊ったわ
今夜はせめて 介抱してね
どうせ一緒にゃ くらせぬ身体

気強くあきらめ 帰した夜は
更けて涙の 通り雨
遠く泣いてる 新内流し
恋の辛さが 身にしみるのよ



神楽坂で芸者をしていたはん子を古賀政男が気に入り、コロムビアへスカウトされた。「ゲイシャ・ワルツ」は昭和27年の歌。「テネシーワルツ」に対抗して作られたというが、真偽は判らない。

その後、身請け(結婚か?)や別れを経て昭和43年に歌手活動に復帰。

しかし、なぜか昭和50年代以降姿を消す。

平成7年6月10日。埼玉県川口市の武南病院で一人ひっそりと肝臓癌のため亡くなった。享年64。

神楽坂はん子



私は一人暮らしの芸者さんの部屋を訪ねたことがある。彼女の部屋は散らかっていて、昨日脱いだと思われる襦袢は畳の上で丸まったままだった。

しかし、夕方になって、仕事に出かける前に、鏡台に向かい、化粧をして、新しい襦袢と和箪笥から取り出した着物を一人で着付けると、見事に芸者に変身する。正座したその後ろ姿に、彼女の気概のようなものを感じた。

はん子さんについていろいろと書こうかと思っていたが、一人で死んでいったはん子さんのことを考えると、書けなくなった。人生儚い蜉蝣のごとし。

ゲイシャ・ワルツ 神楽坂はん子