エンキとエンリルと日本

ミトラ教の神事の様子を再び見ていただく。

左側のライオンがエンリルの象徴とされる。
エンリルとはヘブライ語で”אלוהים”=神と”רוח”=風を表す。中空を支配する神でしょう。アヌー神の正当な継承者であるとされる。

右側の△はエンキの象徴。エンキとはヘブライ語で”אלוהים”=神と”אדמה”=地を表す。大地を支配する神でしょう。

二人ともアヌー神の子供とされます。

出典:https://komainu.net

狛犬はエンリル(右)とエンキ(左)である。

京都御所にはこんなものもある。

エンリルとエンキである。


ミトラ神事とはエンリルとエンキの位置が逆である。

日本では左大臣が私たちから見て右側に座る。左大臣と右大臣では、左大臣が位が上だ。
上の二つの画像では、エンリルが右側であるので、エンリルがエンキよりも位が上だったのかもしれない。


話題を変える。

日本古来の将棋。古代インドのチャトランガが起源と考えられているが、定かではない。

《超初心者向け》将棋の駒の並べ方・配置を教えます!

この駒の意味を考えてみる。
金将、銀将は宝物を表すとしてもいいだろう。


玉とは何か。翡翠や碧玉などの美しい石のことを言う。神や霊魂をよらしめるもの,邪悪を払う呪力を持つもの,あるいは生成力,再生力の霊力を持つものと信じられた。これは生命と同様だと思う。

今の将棋は王将と玉将があるが、古くは王将なるものはなかった。


桂馬は桂皮を表すのではないか。

桂皮。
クスノキ科カシア(東京トンキン肉桂)の樹・枝の皮をはいで乾燥させたもの。日本では肉桂の樹皮・根皮をいう。古来、生薬として、健胃・発汗・解熱・鎮痛などに用いる。


香車は香木だろう。

香木。
香料。香木。古くから邪気を払うものとして用いられた




宝物と薬と邪気払い。いずれも古代の人々には大事なものである。


では飛車とは何か。飛には魂などを空にとび去らせる、という意味が含まれている。この飛車、相手陣に入ると、竜王となる。エンリルである。

角とは何か。まぁ角(つの)と見るのが賢明か。この角。相手陣に入ると、龍馬となる。エンキであろう。

将棋とは、エンキとエンリルが互いの生命である玉を取り合うゲームではないのか。




エンキとエンリル。実は日本にいたのではないか。




エンキの流れは、ゾロアスター教、ミトラ教、仏教などに継がれていくが、気になることがある。

それは、真珠湾攻撃成功時の暗号である。
「トラ・トラ・トラ」

エンキは人間に灌漑農業・麦の栽培・医学の知識をもたらした

エンキ

シュメールの神話によると、エンキは人類が滅ぼされるべく定められた大洪水を生き延びるよう、助けを与えた。アトラハシス(またはジウスドラウトナピシュティム)の伝説によれば、神々の王エンリルは、地上に繁殖した人類の騒擾が耳に障ったため、彼らを滅ぼそうと企てた。そこでエンリルは人類に対し、1度目には旱魃を、2度目には飢饉を、3度目には疫病をもたらした。しかし、エンキは人間のアトラハシスに灌漑農業・麦の栽培・医学の知識をもたらし、腹違いの兄弟であるエンリルの計画の実現を3度とも阻止する。こうして、人類は4たび地上に繁殖した。これに怒ったエンリルは、神々の会議を召集した。エンリルは今度は、人類を絶滅させる計画を人類にもらさないよう、神々に約束させた。エンキは、アトラハシスという人間の住んでいるの小屋の壁を通して、彼ら人類に迫る危機を聞かせた。そして、彼にこっそりと、アトラハシスと彼の家族の乗るための舟の作り方を教えた。そして大洪水が訪れ、7日7晩続いた。洪水が引いた後、アトラハシスは、ツバメを放して、洪水の水が引いたかどうかを確かめた。そして、水が引いて船底が地につくと、神々に犠牲が捧げられた。一方、エンリルは、彼の計画が再び阻止されたことに怒り、エンキに容疑が着せられ、人類への罰が検討された。それに対しエンキは、エンリルが罪のないアトラハシスを罰するのは公平ではないと神々に弁明し、もしも人類が出生を適度に抑え、自然界のおきてを守るなら、神々も人類を滅ぼさないとの約束をとりつけた。ただし、もし人類がこの契約を尊重しないならば、神々が再び大破壊を引き起こすことは自由であると、念押しがされた。以上の話は、現存する最古の中東の大洪水伝説であることは明らかである。
(Wikipedia)



日本語で同じ言葉がある。


塩基
(読み)えんき(英語表記)base



デジタル大辞泉の解説

水溶液中で水素イオンを受け取り、水酸イオンを生じる物質。酸と反応して塩を生じる。
核酸塩基性成分。DNA・RNAを構成する、窒素を含む複素環式化合物。プリン塩基のアデニン・グアニンピリミジン塩基のチミン・シトシンウラシルがある。

出典 小学館デジタル大辞泉


ポイントは

1.酸を中和する能力のある化合物,または水溶液中で OH イオンを生成する化合物をいう。
2.核酸の塩基性成分。DNA・RNAを構成する、窒素を含む複素環式化合物。

3.(英語表記)base
だろう。


ホモサピエンスを作ったのはエンキではないのか?

夢を見続けて疲れる日々

ここ2週間ほど、眠った気がしない。夢をやたらと見るからだ。

昨晩は、次元を超える箱に乗る夢を見た。箱の内部はまるで家のようで、キッチンもあった。ただ、窓から外を眺めると、外は大量の水。水の上を半ば潜水艦のように箱は進んでいるのだ。お弁当が配られた。私はそれを美味しくいただいたけれど、窓から見える水の勢いは緩まなかった。


私は、エア神の仰せのとおりに町の長老や職人を丸め込んで方舟を造らせた。
そしてすべての銀を、すべての金を、すべての生き物の種を方舟に積み込んだ。
最後にわが家族、わが親族、すべての技術者を乗せた。
シャマシュ神は言った。
「朝にはクック(パンの一種)を、夕には小麦を雨と降らせよう。さあ、方舟に入り、戸を閉じよ」
シャマシュ神はそのとおりにした。私はそれから方舟の戸を閉じた。

その時がやってきた。
暁が輝き始めたとき、天の基から黒雲が立ち上った。
アダド神は雲の中から吼え、シャラト神とハニシュ神がその先駆けとなった。
エルラガル神が方舟の留め柱を引き抜き、ニヌルタ神が堰を切った。アヌンナキは松明を掲げ大地を燃やそうとした。
アダドの沈黙により全地が暗くなると、続く雄叫びで全地は壺のように破壊された。終日暴風が吹き荒れ、、大洪水が大地を覆った。
戦争のように、人々の上に破滅が走った。彼らは互いに見分けもつかなかった。
神々も大洪水を恐れ、アヌ神の天に昇ってしまった。神々はうずくまった。イシュタルは絶叫し、嘆いた。
「いにしえの日が、粘土と化してしまったとは!私が神々の集いで禍事を口にしたからか!どうして禍事を口にしてしまったのか!
人間を滅ぼすために戦争を命じてしまったのか!私が生んだ、わが人間たちが、稚魚のように海面を満たす・・・」
アヌンナキも彼女とともに泣いた。神々は嘆き、食物さえとらなかった。

(ギルガメシュ叙事詩)


何かが変わる時が近づいているのだと、つくづく感じる。

夢で目を覚ますのが、だいたい3時頃。昨晩は起きた時にめまいがした。だから1時間ほどベッドに座ったまま起きていた。そして、また夢を見る。起きたら、疲れている。そんな風だから、疲れが抜けない日々が積み重なっていく。






残念なことに、

ロバと旅する夢は見ない。

知らない女性とゆっくりと語らう夢も見ない。

DEEN 『夢で逢えたら feat.原田知世』