クエン酸は乳酸を制御する

クエン酸は体内のミトコンドリアで合成される代謝産物である。

そのクエン酸を飲むとどうなるか?


1.クエン酸は酸性であるので、抗菌作用がある。ただ、十二指腸で膵液と混じりクエン酸ソーダになった分はアルカリ性になる、という説もある。


2.クエン酸は乳酸の産出を制御し、乳酸をピルビン酸に変える。ピルビン酸はミトコンドリアに運ばれてアセチルCoAとなりエネルギーを産出する。


3.クエン酸は体内のミネラルと結合し、ミネラルの吸収を助ける。

4.クエン酸ナトリウムやクエン酸カリウムはクエン酸回路で重炭酸塩となる。
重炭酸塩は陰イオン(HCO3-)であり、ナトリウムと結合して、重炭酸ナトリウム(NaHCO3)となり、血液のPHレベルを正常に保つ。重炭酸ナトリウムの点滴はアシドーシスを補正し、さらにめまいを抑制することが経験則として知られている。

わたしは医院に行くたびに、この注射を射ってもらう。
(実際は、炭酸水素ナトリウムだが化学式はNaHCO3。重曹だろう。)


5.酢に含まれている酢酸は体内でクエン酸へと変換される。
昭和の時代は「酢を飲むと身体が柔らかくなる」と言った。筋肉の凝りや張りが、乳酸によるものだとしたら、酢が変換されたクエン酸が、乳酸をピルビン酸に変え、クエン酸回路でエネルギーに変換しているとしてもおかしくはないように感じる。



https://tekibo.net/biology-10/  
大学入試生物「クエン酸回路」炭素の数の変化や脱炭酸・脱水素の場所を覚える!

ということは、クエン酸は体内で、乳酸を抑制し、ミネラルと結合してミネラルの吸収を促進し、さらに、クエン酸回路で炭酸水素ナトリウムを産出し、PHの調整まで行うことが出来るということか?




いずれにせよ、昔の食生活を見直すべきだと思う。
クエン酸を摂るなら梅干し、酢の物などか。微生物が作ったものは非常に身体に有用だと思う。積極的に摂取して損はないが、塩分との兼ね合いもあるだろうから、個人個人にあった適量を見つけてもらいたい。

私自身もまだ試行錯誤中である。

世の中には

今年に入ってもう3回も入院している。

めまいが主なものだけれど、生理食塩水とメイロンの点滴で回復に向かう。つまり、自分の体が酸性化していることの証であると思うのだが、医師はそんな事は言わない。脱水かもしれないから水を1.5リットル以上飲みなさいと指示されるが、あまり飲みすぎるとむくみがでる。当たり前だ。弱アルカリ性の血液がほしい。ほしい。

H病院では、隣のベッドで老人が突然死を迎えた。どこかの施設に入所するための準備を娘さんがすませて、明日退院という運びだったが、娘さんが帰ったあと、老人は眠りに落ちた。いびきをかいて眠っていたのだが、突然大きく長い吐息を吐ききって亡くなった。

その後、午前二時頃になると、2本の火箸を揺らすようなチーンチーンという音が、どこかから私の病室まで近づいてくる日が2,3日続いた。看護婦は午前1時過ぎに巡回に来るので、音の正体はわからない。世の中にはいろいろなことがあるものだ。その音の事を若い看護婦に言うと、看護婦は「夜勤ができなくなるから言わないで」と怯えた。若い看護婦は可愛い。

ところで、健康を損なう原因は、身体の酸性化だと思う。アルカリ体質にして、ミトコンドリアの働きを良くすることを実践する。それしか健康を取り戻す方法はないのではないか。できれば毎日重曹を飲みたいのだけれど、私は胃を切除しているので胃酸が少ない。だから重曹を飲むと一気に消化不良を起こすし、クエン酸を飲むと、これまた腸の調子を損なう。うまくいかないものだ。

はてさて、どうしたものか。