日堕ちる国日本

日本人はいつからこれほど堕落してしまったのだろうと思う。

明治維新と名をつけた朝鮮族と英によるクーデター以後、日本は英国に操られ、敗戦後はアメリカの支配から逃れられない。

日米地位協定は憲法を超え、日米合同委員会は月に2回、米国の軍部と軍産複合体のメンバーと日本の官僚の間で行われるが、委員会とは名ばかりで、実質は米国からの要求を官僚が丸呑みにしているのだ。年次要望計画書もまた然り。

自民党清和会とは、CIAの資金で岸信介が作ったもの。

これは情報公開された米国務省資料や、米公文書館資料ですでに証明されていることだが、日本人は一瞥だにしない。

CIAは東京地検も牛耳っているので、清和会の国会議員は逮捕されない。

地検特捜部のトップは必ずアメリカ留学させられ洗脳されてくる。

日本政府は、日本人を殺すようなことはしないだろう。

みんな、そういうところから、勘違いしている。

国会議員は税金に群がる守銭奴のようなもので、選挙の時に立ち上がり、あとは寝ている。

政策は米国が決め、官僚が実行しているのだ。そして、CIAの意向に従わない政治家は疑惑をでっち上げられ、謎の死を遂げる。いや、日本には裏の権力が存在している可能性もある。それらがCIAを隠れみのとして使っている可能性も否定できない。

居眠り

さて、明治維新、なぜ伊藤博文が初代首相になれたのか。

伊藤は長州の下忍、もとは大内氏であり、大内氏は百済からの朝鮮族が大勢いた。

それが毛利氏に敗れ、瀬戸内に逃げた。田布施である。この差別された朝鮮族に目をつけたのが英国だった。

薩長を結びつけ、武器を与え、クーデターを支援した。

そのなかで、孝明天皇を刺殺したと言われるのが伊藤博文である。

(しかし、この刺殺説は安易には信じないほうがいい)

下級の公家だった岩倉具視も暗躍する。

大久保利通は頻繁に岩倉と会っている。

天皇を思い通りに動かし、自分たちの正当性を偽の御旗に掲げ、徳川を倒そうとした。

いや、徳川もフリーメーソンとつながっていた可能性が高い。

朝鮮族と被差別部落民を中心とした集団は、自分たちの国を作ろうとした。

クーデターとはこのことだ。

今も、状況は変わっていない。国会に何人朝鮮族がいるのか、調べてみるといい。

なかでも一番の疑惑は、安倍晋三が李氏朝鮮の李垠の孫ではないかということだ。

父の安倍晋太郎は李垠の妻李方子にそっくりだ。晋太郎は自ら自分を朝鮮だと言っていたという話も多くある。

「1894年の日清戦争後に日本と清国との間で結ばれた下関条約によって李氏朝鮮は清王朝から離脱し、1897年に国号を大韓帝国、君主の号を皇帝と改め、以後日本の影響下に置かれた。1910年8月の「韓国併合ニ関スル条約」調印によって大韓帝国は日本に併合され、朝鮮民族の国家は消滅した。」 Wiki

そして、最後の大韓帝国皇帝、純宗(李坧)の皇太子が李垠。李垠の子供が李晋。

死亡したとされるが、山口県大津郡の代議士安倍寛にこの李晋を岸信介が安倍家に養子として預ける形を取り、安倍晋太郎と名乗らせる。

安倍寛は戸籍を貸しただけだ。

さらに、晋太郎を我が子洋子と婚姻させる。

洋子の子の一人が安倍晋三。

彼は大韓帝国皇帝なのである。

安倍晋太郎*

安倍晋太郎

李垠とその妻*

李垠

http://lastqueen.net/4YiBangja.html

安倍晋三が李垠の孫ならば、統一教会や創価学会が彼を支援し、晋三が日本人を奴隷として扱い、外国に金をばらまくのも理解できる。

https://goo.gl/rFgPB8

李明博は言っている。

「日本は在日のもの、経団連は在日支配完了」

quasimoto2.exblog.jp/237901097/

マスコミは電通に支配されている。 電通はCIAの支配下にある事実上の諜報機関であり、朝鮮族に乗っ取られている。

https://goo.gl/sHXQGT

しかし、日本人はテレビを鵜呑みにし、新聞を購読している。洗脳され続けているのである。

日本人は自分の頭で考えることをしなくなっている。

日本人はストライキをしなくなった、デモをしなくなった、いや、デモをしても、マスコミはそれを一切報道しない。

情報は自分で探すしかない時代なのだ。

李晋三は、CIA工作員である岸信介にどういう教育を受けたのかわからない。

しかし、彼の目指しているものは、大韓帝国の復活であることは想像に難くない。

朝鮮族や被差別部落民を中心として起きた明治維新という名のクーデターは総仕上げの段階に入ろうとしている。

日本人から税金を搾り取り、外国にばらまく。そのリベートは誰の懐に入っているのか。

考えなければならない。

これらのことは私の妄想かもしれない。しかし、今の日本人は、妄想さえもしない。

公務員の給与は上がるが、生活保護も年金も下がる方向にある。

これは日本人を2分化して結束させないための手口だ。

今こそ気づくべきだ。

日本人のための政府など存在しないということを。

日本は植民地であるということを。

わたしはこの状況を打破するひとつの方法として「鎖国」を提案する。

グローバル化など必要ない。

日本の文化は加速度的に失われ、食料自給率は下がり続けている。

これは第二次世界大戦前に米国、英国、中国、オランダが、石油や鉄などの日本への物資の流れを断ち切った状況と匂いが似ている。

「鎖国」して自立した国家を作る夢を見てもいいのではないか。

最後にもう一度、三島由紀夫の言葉を書いておこうか。

「この世のもっとも純粋な喜びは他人の幸福を見ることだ」

人々よ孤独になれ

寒い。

「民族は、どの民族でも、善と悪について、独自の言葉を語っている。

隣の民族には、それが理解できない。

民族は自らの言葉を自らの風習と掟の中で作り出したのである。
ところが国家は、善と悪についてあらゆる言葉を駆使して、嘘をつく。国家が何を語っても、それは嘘であり、国家が何を持っていようと、それは盗んできたものだ。
国家における一切は贋物である。盗んできた歯で、それは噛む。

その臓腑までが贋物である。
善悪に関する言葉の混乱。わたしはこの徴候を、国家の徴候としてあなた方に教える。

まことのこの徴候は死への意志を示す。

まことに、この徴候は死の説教者たちに目くばせして、彼らを招く。
余りにも多数のものが生まれてくる。

余計な人間たちのために国家は発明されたのだ。
どんなに国家が、かれら、多数の者を誘い寄せているかを見るがいい。

どんなに国家が彼らを呑み、噛み、反芻するかを見るがいい。」

フリードリヒ・ニーチェ

「ツァラトゥストラはかく語りき」を読んだのは中学生の頃。

意味など殆どわからなかったが、魂だけがすっ飛んでくる本だった。

ニーチェで検索してみると、平成維新軍というのが出てくる。CRISISというテレビ番組で引用されたものらしい。

平成維新軍の宣言文は

「国家は、善と悪について
あらゆる言葉を使い、
ウソをつく。
国家がなにを語っても、
それはウソだ。
国家がなにを持っていようと、
それは盗んだものだ
もうウソにはうんざりだ。
それはつまり、
人民からなにも盗まない国家でもある。
そのために我々は直接行動に出る。
ウソをつき、私腹を肥やす
政治家や官僚に、
我々は闘いを挑む。
そして、この闘いは我々が
根絶やしにされるまで、
終わることはないだろう。」

これは正論であるかもしれない。

私達は教育という名で洗脳され、道徳という名で縛られ、法律というどうにでも解釈できるもので逮捕される。

毎日、テレビを見て、自転車に乗りながら、電車の中で、そして寒い夜道を歩きながら、スマホを見ているものには、この事実さえ見えない。

人々よ孤独になれ。

そして三島由紀夫の言葉を噛みしめるがいい。

「この世のもっとも純粋な喜びは他人の幸福を見ることだ」

孤独の深淵に触れて来たことのない者にはこの意味がわからないだろう。

もうすぐ冬が来るのか。

今日は寒い。

目の前の牢獄

私たちは教育という名の下で洗脳され続けている。そして環境によって無意識に様々な偏ったものを刷り込まれ続けている。
「人類は“宇宙”と呼ばれる全体の一部であり、時間、空間での限られた一部分である。それ以外から隔てられた何かとして、またその意識をある種類の視覚的幻影として、彼は、彼自身や、思考、そして感情を経験する。その幻影は、ある種類の牢獄であり、我々を個人的な欲望に追いやり、数人の近親者への感情の虜とする。我々の使命は、この牢獄から解き放たれ、全ての生けるものや、自然の全てをその 美しさの下に抱きしめる、慈しみ深い熱情の輪を広げなければならない。」
アインシュタインの言葉である。

アインシュタイン
アインシュタインといえば上の写真が有名だけれど、仏教では、大きな舌を出すことは、嘘を言っていないことの証とされる。しかし、嘘を言った後も人は舌を出す。

実に興味深いことだ。

プロ野球をつまらないものにしているのは審判である

最近久しぶりに日本のプロ野球を何試合か見た。
驚いたのは、恐ろしいほどストライクゾーンが狭いことだ。

アンパイアは、アウトコースの際どい球を全くといっていいほどストライクと言わない。

見ていてピッチャーが気の毒になる。

アウトコース低めはピッチャーの生命線だが、その球をストライクと言ってくれないとピッチャーは自然と苦しくなる。

従ってバッターは際どい球に手を出さない。

試合時間がどんどん長くなり、ピッチャーの球数は多くなる。
さらに、アウトコース低めをストライクと言ってくれないので、ピッチャーは、インコースの胸元に際どい球を投げてからアウトコースへ配球することになる。

だから、デッドボールも多くなる。
さらにハーフスイングをスイングと判定しない場面が圧倒的に多い。

これについては、昔は、ハーフスイングはスローでリプレイしていたものだが、そのリプレイも全くない。

これは、裏で話がついているに相違ない。

邪推かも知れないが、審判、野球機構、テレビ局・・密室で会議が行われたのだろうな。
試合時間短縮のために、選手交代を早くするように定めてみたり、試合時間や延長戦にリミットを設けたりしているけれど、試合時間を長くしているのは選手ではない。

審判のジャッジなのだ。

日本のプロ野球をつまらないものにしているのは、まさに審判のジャッジである。

見ていて、全く楽しくない。

楽しくないどころか腹立たしくなる。

もう、日本のプロ野球は見ない。