我が恋は千代にましませ ざれ石の岩音鳴りて苔のむすまで

わたしは、君が代という歌を好まなかった。
しかし、今は少し認識が変わった。

君が代の元歌は下記であるという話がある。

我が君は
千代に八千代に
さゞれ石の巌となりて
苔のむすまで

-古今和歌集 読み人知らず-
歌人は藤原朝臣石位左衛門というのは、とってつけた嘘だと思う。


そして、これは恋文であるという説がある。
さもありなんと思う。覚悟のこもった恋歌である。

しかし、わたしはわたしの訳をつけたい。

考察。
我が君・・これは気にかかる。改ざんではないか。
「君」は「恋」ではないのか。

さざれ石とは小さな石。細石。しかし、この時代に、字余りの短歌を詠むとは思えない。これは多分「ざれ石」であろう。
千代に八千代に、これも伝本では、千代にましませ、となっている。

巌は大きな岩、大きな岩の塊。これも恋の歌としては無粋であると思う。
「巌となりて」は「岩音鳴りて」であろう。

すると、この歌はこうなる。

「我が恋は
千代にましませ
ざれ石の
岩音鳴りて苔のむすまで」


この恋歌を
わたしなりに解釈する。

「わたしの恋は、永遠に続きます。
川の小さな石がかすかな音を立て続け、
そこに苔が生えるまで。」

これなら
森の奥の小川は静かに流れ続け、時折小石が音を立て、時が流れていく。
そういう風景が浮かび上がってくる。
森の奥であれば、片思いであるということも想起される。
清い歌だと思う。





これが恋歌でなかった場合。

古代語では、「き」は男性「み」は女性を示す。
君とは、相手を親しみ敬う言葉でもある。

「我が君は
千代に八千代にざれ石の
巌となりて苔のむすまで」


「わたしたち同胞(はらから)は、男性も女性も、
何代生まれ変わろうとも、
小さな石が大きな岩となるがごとくに、結束し、助け合おう。
その大きな岩に苔がむすまで、永遠に。」

こうなるのではないか。

まぁ、結論を出す気はないが、センチメンタルなわたしは恋歌説に流れる。

君が代

これはわたしが聞いた中で最も打ち震えた演奏である。

プラトンの洞窟の比喩とアトランティス大陸

プラトンは語る。

「人間は、地下にある洞窟で生活しているようなものである。」

「そこに住む人々は、子どものころから足と首を縛られ固定されており、正面しか見ることがきない。」

Image converted using ifftoany

引用する。

プラトンが考案した洞窟の比喩は、彼の現実に対する考え方を説明する。プラトンにとって現実とはより高次の現実の影に過ぎなかった。すなわちこうだ。

 あなたは洞窟の中で鎖につながれていたとしよう。見えるのは目の前の壁だけだ。そばに同じく鎖につながれた人々がいるようであるが、姿を見ることまではできない。背後には炎があるらしく、壁を照らしている。炎と壁の間を人が通るたびに、壁に影が映り、音がこだまする。あなたが知ることができるのは、そこにある影だけである。

 あるとき自由になり、後ろを振り向いた。するとそこには炎とそれに照らされ影を伸ばす物があった。また洞窟からも抜け出すことができた。太陽の光で目がくらむが、現実をついに知ることになる。だが、鎖につながれている他の人々に現実の真の姿を伝えても頭がおかしいと思われるだけだ。
http://karapaia.com/archives/52223738.html


このプラトンの言う洞窟の比喩。その影の本体が真実であるというが、これに哲学的思考を加えていくと、滝つぼにのまれて息も出来なくなる。

だから、わたしは思考しない。

ただ、上記引用文での、
「プラトンにとって現実とはより高次の現実の影に過ぎなかった。」

この部分が肝だ。

これは、

1.高次の現実がこの世に存在するということ。
2.高次の現実を変えれば、わたしが見ている世界も変わるということ。


このふたつを示唆している。

よく考えて欲しい。




さて、プラトンはアトランティス大陸なるものを説いた。そしてその大きさは「リビュアとアジアを合わせたよりもずっと大きい」と語った。これもあくまでも比喩である。

ここからはわたしの夢想。

アトランティス大陸とは地球のこと、すなはち、この世全てのことであるとわたしは思っている。

3つの堀で囲まれた中心の島。これがわたし達が住んでいる第一天蓋内である。
(小高い山の上で発酵するエンキの憂鬱 )


そして、地球の平面はどこまでも続いている。わたしたちの意識が及ぶ距離よりも少しだけ遠いところまで。それは造物主の意図であり、わたしたちの意識体は造物主の一雫であるからである。

小高い山の上で発酵するエンキの憂鬱

いつのことだったろう。

地球にアヌンナキ一族がきた。ニビル星から金の採取のために来たという話もあるが、証拠はない。ニビル星は遠くの星ではなく、第一天蓋の外にある大陸ニビルのことである。

天蓋とは透明のドームのようなものであり、2重になっていて、その中には水がある。

遠い昔の話だ。

ニビル大陸に住むアヌンナキ一族の王はアヌーと呼ばれた。アヌンナキは昆虫属である。その息子がエンキとエンリル、そしてニンフルサグという娘がいた。エンキとニンフルサグは、昆虫と龍属のハーフである。

アヌンナキ一族は昆虫属であるが、自らの姿を自由に変えることができた。時にはライオンに、また時にはユニコーンに。

ある時、第一天蓋に小さな裂け目ができた。その頃、地球には大きな海などなかった。第一天蓋内の水分は、せいぜい我々が言う地球の1/8位の面積を占めるくらいしかなかった。しかし、その小さな裂け目から、水蒸気が漏れ出し、第二天蓋の空は雨を多く降らせるようになった。そして、第二天蓋内の陸地はその面積を減少させ、アヌンナキも住む場所がなくなってきた。

そこで、アヌンナキは第一天蓋の中に、移り住んで、天蓋の状況を調べ始めた。彼らが住んだのは太陽の中であり、月の中であった。太陽は電磁波発生装置であり、第一天蓋内に作ったピラミッドは電磁波中継塔であった。太陽は地上30〜40km。月は地上11km〜13kmにあった。月は電磁波吸収装置である。

そんな状況の中、エンキは地上に住み、ウルの町から遠く南にはなれた大陸で、野の獣たちと一緒に草をはみ、水飲み場で水を飲んで暮らしていた。穏やかな日々が過ぎていた。エンキは遺伝子工学に長けていた。そこで、色々な動物の遺伝子を操作した。エンキにとっては半ば愉しい実験のようなものだった。天蓋の調査には長い年月が必要だと知っていたから、エンキは、その間の暮らしを愉しいものにしたかった。

象や麒麟、カバや水牛、ツチブタ、ラクダ、あげればきりがない。猿の遺伝子操作をする中で、チンパンジーやローランドゴリラなども出来たが、エンキの持つ科学知識を受け継げる種はなかなかできなかった。

しかし、とうとうホモサピエンスを生み出した。ホモサピエンスはエンキの知識を吸収出来るだけの脳を持っていた。アヌンナキが第一天蓋内に来てから長い年月が経っていた。エンキはさらにDNAを操作して、地球で生き残れる種を創った。黒い人、赤い人、黄色い人・・・。そして人間に様々な知恵を与えた。人類は、山から水を引き、麦を栽培し、病の時には薬草を飲んだ。それらは、すべてエンキが教えたことであった。

このエンキの行為が、後世のアダムとイブの話にすり替えられる。知恵の実を食べるよう嗾(そそのか)したのは狡猾な蛇であると。または、天界を追放された悪魔ルシファーであると。

しかし、エンリルは人間を作ったエンキのことを快くは思っていなかった。特に人間に知恵を与えることには反対していた。エンリルは第一天蓋の補修と、第二天蓋にあるニビル大陸の復活を唯一の目標としていたからだ。

それから長い年月が過ぎた。アヌンナキの寿命は1,000年〜2,000年、あるいはそれ以上だった。ホモサピエンスはその間に大きく進化し、繁殖を続けていた。



長い時が過ぎ、第一天蓋の補修終了の直前に、エンリルは、アヌンナキ一族の会議を召集した。エンリルは、第二天蓋内に貯まった水を、第一天蓋内に戻す作業計画を作っていた。それはニビル大陸を復活させるという大義を持っていた。だから、アヌンナキ一族は誰もこの計画に反対出来なかった。エンリルはこの計画を人類にもらさないよう、一族に約束させた。

第二天蓋内に貯まった水を、第一天蓋内に戻すということは、第一天蓋内の大洪水を意味する。つまり、エンリルは人間を意図的に殺害する意思はなかったとしても、エンキの作った人間など、滅亡しても構わないと思っていた。

しかし、エンキは、ウトナピシュティムという人間の住んでいる葦の小屋の壁を通して、彼ら人類に迫る危機を聞かせた。そして、彼にこっそりと、ウトナピシュティムと彼の家族の乗るための舟の作り方を教えた。それは潜水にも耐える丸い船だった。エンキはその船に多くの生物の遺伝子を隠した。

エンリルは月をもう一つ作った。それは透明の球体だった。そして、その中に第二天蓋内の水を移した。第二の月の中に水が満杯になるのを待って、エンリルは計画を実行した。第二の月に溜めた水を全て第一天蓋内に降り注いだのだ。そして第一天蓋内には大洪水が訪れ、7日7晩続いた。人類が住んでいた陸地の半分は水没し、第一天蓋内には広大な海が出来た。

エンリルは第二天蓋内のニビル大陸が復活していることを確かめたあと、第一天蓋の補修を終えた。しかし、天空から見ると、少数ではあるが、人間は生き残っていた。

エンリルは、アヌンナキ一族の会議において、人類へ何らかの罰を与えるよう提言した。特に丸い潜水艇を造ったウトナピシュティムは冥府へ送られるべきだと唱えた。

それに対しエンキは、エンリルが罪のないウトナピシュティムを罰するのは公平ではないとアヌンナキ一族に弁明し、もしも人類が出生を適度に抑え、自然界のおきてを守るなら、アヌンナキ一族も人類を滅ぼさないとの約束をとりつけた。

ただし、もし人類がこの契約を尊重しないならば、アヌンナキ一族が再び大破壊を引き起こすことは自由であると、念押しがされた。

そして、アヌンナキ一族は、自分たちが作った重要施設を破壊し、第二の月を黒体化し、第二天蓋内のニビル大陸に戻っていった。第二の月は透明でありながら、黒体であるという不思議な性質を持った。


エンキは小高い山の上の大きな岩に座って、月を見ていた。そして考えた。自分が人類のためにしてきたことは、はたしてよかったことだったのだろうかと。

人類はアヌンナキ一族との約束を破り、繁殖を続けている。

エンリルにはエンリルの大義があった。エンキにはエンキの正義があった。善悪の問題ではない。全ての命あるものが育まれていくことが、宇宙の意思であり、方程式ではなかったか。しかし、ホモサピエンスは、森を壊し、川をせき止め、海を腐らせ、数えきれないほどの生物の命を奪い続けている。


エンキが見ている月が欠けていく。第二の月が第一の月と重なりあう。

遠い日の事ばかりが、エンキの心を次々と通り抜けていく。

http://www.kitakaruizawa.net/20070828-moon/

瓢箪から駒が出たのかも知れない-うがい説

瓢箪から駒が出たのかも知れない。

コロナウイルス騒擾を作り出しているのはテレビである。コロナウイルスは存在しない可能性が高い。そもそも、ウイルスが何なのかも、医学では分かっていない。

上記はアンドリューカウフマン博士の説である。

「エクソソームというものは、有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、病気など様々な要因によって自然に体内に生み出され、情報を全身に伝える役割をしています。

同様のことは、
島学説とスペイン風邪と5G
でも説明した。

人間は、環境の変化によって、体内にエクソソソームを産出する。それは、RNAの形で、大きさは100nm。今までウイルスと呼ばれていたものと同じである。covid-19に関しては、その正体はエクソソームで間違いないと思われる。

では、そのエクソソームは情報伝達のためにどのような動きをするのか。全ての細胞に入り込むのは当然だが、常在菌の中にも侵入する。そして環境の変化を体中に伝達し、いわば警戒警報を出す。



ここからは、全くの推論になる。

健康な体内では善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌と言われるものが均衡を保っている。エクソソームは常在菌に侵入した時、その活性化を発生させるのではないか?そして、特に日和見菌や悪玉菌が活性化した時に問題が起きる。

常在菌というのは体中に存在する。

たとえば、黄色ブドウ球菌は、人間や動物の皮膚・毛孔、消化管内などに常在するグラム陽性球菌です。通常は無害だが、もしも、エクソソームによって活性化されると、肺炎、腹膜炎、敗血症、髄膜炎など様々な重症感染症を発症する。

コロナウイルス論者はこの状態を見て、コロナは怖いというのだろう。

さて、常在菌が多いのは、腸内、口腔内、鼻腔内とされている。コロナウイルスの初期症状として、味覚や嗅覚の異常を訴える方が多い。これは、エクソソームが常在菌に何らかの変化を起こしている証拠ではないのか。

さらに口腔内の細菌は、血管内を通って、心臓などの内臓器官に影響を与える。口腔内の日和見菌は肺炎菌、ブドウ球菌、大腸菌など。悪玉菌はプロフィロモナス・ジンジバーリス、トレポネーマ・デンティコーラ、タンネレラ・フォーサイセンシス、ミュータンスレンサ球菌など。口腔内の日和見菌や悪玉菌が、脳卒中や心筋梗塞、糖代謝異常などを起こすことはよく知られています。

環境の急激な変化は、エクソソームを産出し、エクソソームは細菌を含む体中の細胞に情報伝達し、その情報伝達に対して、異常に反応した常在菌が体内の色々な場所に炎症等を起こしてしまう。

これが、人が病気になる原因ではないのか。
その状態を見て、コロナウイルスが感染したと喧伝しているのだろう。

大阪の知事が、口走った「うがい」
これが、瓢箪から駒、であった可能性はある。

日本経済新聞 電子版

ただし、うがいの効用はウイルスの消毒ではなく、

1.口腔内で活性化した日和見菌を消毒し、臓器に入れない。
2.口腔内で活性化した日和見菌を消毒し、他人に移さない。

高濃度のヨードの使用は副作用を生じることもあるのでご注意ください。
(食塩水ではダメなのかな?)



もともとウイルスなど存在しないのではないかとわたしは思っている。
冬になれば、気温の変化により、エクソソームが発生し、風邪症状が出る。夏も同様で、夏風邪をひく。

人が炎症反応を起こす原因は、環境の変化によって引き起こされる、エクソソームの産出に伴う常在菌のアンバランスなのではないか。

5Gという新たな周波数の電磁波が世界に広がろうとしている環境では、エクソソームは必ず産出される。スペイン風邪の時は、ラジオ波だったし、ww2の時は、レーダー波で、結核が大幅に増えた。(この時はストレスも多大に影響があったと思われる)結核は不治の病とされていて、転地療法が勧められた。「場」を変えるのだ。環境を変えるのだ。

5Gによる環境の変化に対して、体調を整えておくためには、

1.アーシング(陽電子を身体から逃がす)
2.腸内フローラの改善。
 プロバイオティクス、EM菌、乳酸菌。グルテンを避ける。
3.口内及び鼻腔内の洗浄。
 わたしは、時々0.9%の食塩水で鼻洗いをする。

などが有効だと思われる。

あと、殺菌作用のあるものとしては、煙である。囲炉裏のある家に住むのもいいし、お香を焚くのもいい。たばこもいいだろう。別に吸い込まなくてもいい。葉巻きをふかしているだけでも効果はあるだろう。たばこの吸いすぎは毛細血管に影響を与えてしまうので逆効果。


近年、政府が禁止してきたことを考えると、たき火の禁止であり、たばこの値上げであり、喫茶店等での喫煙の禁止である。これは、煙に殺菌効果のある証でもある。薫製にした魚は長期間保存出来るではないか。雑菌がいないからであろう。


風邪を引いた時に、医師は咳止めとか、解熱剤とか、対症療法の薬しか出せない。風邪の原因が分かっていないからだ。風邪症候群による身体異常の直接の原因は炎症であり、常在菌のアンバランスがそれをもたらす。お勧めはしたくないけれど、緊急の際は抗生物質の投与が必要な時もあるだろう。ただし、抗生物質は善玉菌も殺すので、倦怠感や吐き気、下痢など、副作用が生じることもある。

以上、この記事はわたしの推論であり、判断は各自でお願いします。西洋医学を信じている方は、医師と相談すればよろしいかと思います。

コロナ嘘流布の目的は、国民の分断です

コロナについては色々と書いてきた。

コロナウイルスは存在しない、もしくは弱毒性であり、
PCR検査については、その注意事項に、

“Detection of viral RNA may not indicate the presence of infectious virus or that 2019-nCoV is the causative agent for clinical symptoms.”

「ウイルスRNAの検出は、感染性ウイルスの存在、または2019-nCoVが臨床症状の原因物質であることを示していない場合があります。」

さらに、

新型コロナウイルス(SARS-COV-2)の測定用のPCRキット(SARS-CoV-2 Coronavirus Multiplex RT-qPCR Kit)の説明書には、

” it should not be used as the only evidence for clinical diagnosis and treatment“
“The detection results should not be directly used as the evidence for clinical diagnosis”

「それは臨床診断と治療の唯一の証拠として使用されるべきではない」
「検出結果を臨床診断の証拠として直接使用しないでください」

https://www.creative-diagnostics.com/sars-cov-2-coronavirus-multiplex-rt-qpcr-kit-277854-457.htm

と書かれている。


つまり、「PCR検査陽性をもって、コロナに感染していると判断しないでくれ」、と言っているのです。


これで、分かって欲しい。
テレビも政府も大嘘をついているのです。

PCR検査陽性数をコロナ感染者数として報道している。
コロナ報道は流説の流布でしかない。
テレビ局は放送法違反を堂々と行っているのです。



しかしながら、「アフターコロナ」という言葉が常識化しつつあることに懸念を覚える。

Stay Home → 人と会うな
マスクをしろ → 喋るな
ソーシャルディスタンス → ひそひそ話をするな
○千人以上のイベントを行うな → 団結するな
リモートワーク → 国民の交わす情報は全て国が収集する

そして、接触確認アプリは感染者の情報を国民に報せるためのものではなく、あなた自身の行動履歴を政府が収集するためのものだと思います。

これは江戸時代に、幕府が農民の一揆を怖れて、集会の禁止をしたようなものです。日本国憲法第21条には、「集会の自由」が明記されている。

この自由を、コロナという嘘をテレビ局に流布させることによって、政府は制限しているわけです。国民を分断して管理することが目的でしょう。


政府は何を怖れているのでしょうかね。
真実が広まってしまうことでしょうか?
それとも、国民の団結でしょうか?

政府が怖れているのは、やはり国民の覚醒でしょう。

米国や英国では、人種差別に反対するデモが行われています。しかし、こうした騒擾状態を作り出したのは誰なのでしょう。やはりCIAでしょうか。CIAは人類の分断を計画し続けています。そして、世界中のテレビがCIAの指示で動いているといっても過言ではないと感じます。

CIAは既に米国の諜報機関ではなく、独自の組織なのでしょう。


もう、目を覚ましましょう。いつまでも羊のままではいられません。

Meat & Livestock Australia http://aussielamb.jp/lambassador/190318.html からお借りしました。



下宿へ帰って、湯にはいって、いい心持ちになって上がってみると、机の上に絵はがきがある。小川をかいて、草をもじゃもじゃはやして、その縁に羊を二匹寝かして、その向こう側に大きな男がステッキを持って立っているところを写したものである。男の顔がはなはだ獰猛にできている。まったく西洋の絵にある悪魔を模したもので、念のため、わきにちゃんとデビルと仮名が振ってある。表は三四郎の宛名の下に、迷える子と小さく書いたばかりである。三四郎は迷える子の何者かをすぐ悟った。のみならず、はがきの裏に、迷える子を二匹書いて、その一匹をあんに自分に見立ててくれたのをはなはだうれしく思った。迷える子のなかには、美禰子のみではない、自分ももとよりはいっていたのである。それが美禰子のおもわくであったとみえる。美禰子の使った stray sheep の意味がこれでようやくはっきりした。

夏目漱石「三四郎」より