April 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

シュレディンガーの猫と博打

量子力学を語るときに真っ先に持ち出されるのが「シュレーディンガーの猫」だ。
" まず、蓋のある箱を用意して、この中に猫を一匹入れる。箱の中には猫の他に、放射性物質のラジウムを一定量と、ガイガーカウンターを1台、青酸ガスの発生 装置を1台入れておく。もし、箱の中にあるラジウムがアルファ粒子を出すと、これをガイガーカウンターが感知して、その先についた青酸ガスの発生装置が作 動し、青酸ガスを吸った猫は死ぬ。しかし、ラジウムからアルファ粒子が出なければ、青酸ガスの発生装置は作動せず、猫は生き残る。一定時間経過後、果たし て猫は生きているか死んでいるか。
この系において、猫の生死はアルファ粒子が出たかどうかのみにより決定すると仮定する。そして、アルファ粒子は原子核のアルファ崩壊にともなって放出される。このとき、例えば箱に入れた ラジウムが1時間以内にアルファ崩壊してアルファ粒子が放出される確率は50%だとする。この箱の蓋を閉めてから1時間後に蓋を開けて観測したとき、猫が 生きている確率は50%、死んでいる確率も50%である。したがって、この猫は、生きている状態と死んでいる状態が1:1で重なりあっていると解釈しなけ ればならない。" wikipediaより抜粋。
 
つまり、箱の中の猫の生死は箱を開けて。観測者が観測するまで決定されないということだ。私はこれを信じている。観測者が存在して初めて宇宙が決定されると思っている。
 
カジノでバカラをしているとしよう。プレイヤーにベットしたあなたは「9」を配られた。そして、ディーラーが次のカードを無表情であなたの前に投げ出す。しかし、そのカードは裏返しになっているので思惑通りの絵札なのか、残念なことにクラブの2なのか、誰にも分からない。観測するのはあなただ。あなたがそのカードを確認するまで勝負は決定しない。シボリは儀式ではない。宇宙を成立させるための乾坤一擲なのだ。
 
これには反論も多いだろうと思う。2枚目のカードが配られた瞬間に勝負は決まっているという人もいるだろうし、そもそも、ディーラーの配るカードがシューにセットされた瞬間に未来の勝負は決定しているという人までいるかも知れない。
 
でも、わたしは経験則でこれを信じている。"生きている状態と死んでいる状態が1:1で重なりあっている"という状態を支持する。精神状況が乱れに乱れた状態で私の周りに出現する世界と、普段から節制を重ね安定した心持ちで見渡す世界とは全く違うことを私はいつも感じている。この時の観測者は私だ。観測者の 私の状況によって空の色まで違うものになってしまうのだ。さらに、私が観測する世界と、あなたが観測する世界には微妙なズレがあるとも思っている。
 
博徒たちと麻雀卓を囲んでいるとしよう。親から順番に1牌ずつ自莫っていく。誰も他人の代わりに自莫ったりはしない。自分の牌は自分が自莫る。そして、リー チをかけたあなたが和了したとすると、裏ドラを観測するのはあなただ。こういう一種の鉄火場では、卓を囲んだ4人がそれぞれに観測者が世界を作り出すことを知っているように思える。したがって、他の観測者の障害になることは避ける。それがマナーだ。間違っても、あなたの裏ドラを他人が裏返してみせることなどあり得ない。博徒は観測者が現実を決定するということに尊厳さえ抱いているかのようだ。もしも、あなた以外の誰かが和了したのに、あなたが山に手を伸ばして裏ドラを開示したりすると、昔ならその場で刺されるかも知れない。和了した者にのみ権利が与えられる裏ドラを観測するという行為に対して、あなたは、所謂、「アヤをつけた」のである。
 
「シュレーディンガーの猫」について考えていると、思いは果てしなく広がり、言葉では説明できなくなってしまう。
シボリが好きなら、エンパイアカジノのライブで韓国に行けばいい。
 
読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:ギャンブル

プロスペクト理論とベット

JUGEMテーマ:ギャンブル
プロスペクト理論については、様々なサイトで語られているが、要するに利益は確定したい、損失は認めたくない、という極めて人間的な心理のことだ。これはよくトレードでピックアップされることだけれど、人間の根本的な心理である限り、あらゆる場面に表出する。

ベットしていても、勝ち続けていると怖くなってくることがある。自分の資金が少しつ増えてきているのにベットへの積極性が失われてくる。利益を失いたくないの だ。そして、真面目にやればやるほどその思いは強くなる傾向がある。そのために自分のルール作りが必要になってくる。1回の最大予想損失を資金の3〜5% と設定して、確立されたベット方法で淡々とベットし続けていく。これしか人間には出来ない。

試合経過を見ながらベットしていると、「ああ、もっと取れたのに」と思うことも多々あるが、それが自分のルール通りの行動の結果なら何も悔やむことはない。ライブベットはベットする側に有利だけれ ど、心が揺さぶられるという側面も併せ持っている。自分が作り上げたフォームを信じて貫く、これが大事なことだと思う。

時には自分の条件 とする試合になかなか巡り会わないことがある。しかし、待つしかない。ベットするあなたはバッターである。バッターはボール球を打ちにいっては駄目なの だ。1度ボール球を打ちに行くと、フォームが崩れ、心も欲に走るようになる。これがスランプのきっかけになる。王選手は決してボール球を振らなかった。そ して、王選手が振らなかった球はアンパイアがボールとコールすることが多くなった。選手たちは、これを「王ボール」と言った。

しかし、稀 にプロスペクト理論を乗り越えている人を見る。利益を手にしたときに一層積極的に攻める。長嶋選手はこのタイプだろう。ボール球でも打ちにいったりする。 時には失敗もするけれど、失った損失を決して大きく見ない。すぐに忘れている。こんな長嶋選手に昭和の人々は強烈に惹かれたのだ。


 
テ ニスを見ていても選手にプロスペクト理論を感じる。手に汗握るホールドゲームが続いて、5-5から相手のサービスゲームをブレイクした選手は往々にしてこ の「利益」を守ろうとする。そこで安全なプレーに比重がかかり、積極的なプレーが出来なくなるが故に、相手にブレイクを許してしまって6-6のタイブレイ クに持ち込まれる。これがスポーツにおいて毒の花を咲かせるプロスペクト理論だ。こうした光景は嫌というほど見られる。ブレイクの後にブレイク、ホールド の後にホールド、これが人間のするゲームなのだ。

プロスペクト理論を凌駕できるのは限られた人だ。だから、自分のフォームを作って、来た玉をただ振り抜いていく。これしかわたしには出来ない。自分のフォームとはベットの方法であり、1回の負けを受け入れる心である。これは矛と盾だ。戦場に 赴く際に矛と盾を持たずして如何にして闘うというのだ。

スポーツベッティングはBET365かウィリアムヒルだが、ウィリアムヒルの方が配当が高いことが多い。また、バスケットの試合でクォーターごとに偶数か奇数かを選択するのも、ハイローラーとしては愉しいものだ。今年の全豪オープンのスポンサーにもなっている。わたしは博打しかしていないけれど、案外忙しかったりする。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村  



<この記事は私が運営している別のブログから引用したものです。>
 

資金管理ゲーム

博打もトレードも詰まるところ資金管理ゲームだ。バカラでプレーヤーと出るかバンカーと開くかは、ほぼ50/50。トレードにおいても、損切りと利確を同じにした場合は、信じない方もいるかも知れないが、ほぼ50/50。あとは資金管理なのだ。

バカラは配当がプレーヤーで2倍、バンカーでほぼ1.95倍。これをしのぐのは流れを感じるしかない。流れというと胡散臭く感じるかな。流れとは、確率の偏りのことだ。これをトレードでは「トレンド」と呼んでいるだけだ。どちらかというと、損益比率を自分で決められるトレードの方が張り安いかも知れない。

いずれにせよ、経験を積み重ねて、身体で覚えるしかないのが博打であるのだけれど。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

BMW shortfilm - "The Follow" by Wong Kar Wai
これを見ると焼けた頭脳が何故か鎮まる



JUGEMテーマ:ギャンブル
<<back|<123
pagetop