June 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

カジノに必勝法は・・ない

JUGEMテーマ:ギャンブル
オンラインカジノでプレイするのはバカラのみ。
2分の1を当てるゲームに必勝法はない。

Playerにベットし続けるとする。
負けたらベット額を上げて、3回続けて負けたら損切り。
 
確率 BET額 配当
1回目 50% 1 50
2回目 25% 2 25
3回目 12.5% 3 0
4回目以降 12.5% 損失として6 -75

とすると、ベットする額や回数をどう変えても、結果は期待する配当に対して、損失は同じ額になる。

勝ったらベット額を増やしていく方法もあるが、これは計算が難しくて、数学苦手の私には分からない。実際にこうした方法(ニューヨークシステム・NHLシステムほかいろいろ)を試してみたけれど、連勝するときには驚くほど資金が増える。しかし、その驚くほどという時はなかなか来ない。1-3-5と賭け続けると、5で負ける時が続いたりもする。だから、博打は面白い。

結局、確率というものには偏りがあるわけで、その偏りを上手く拾って逃げるしかない。資金に対する負けの上限を決めておき、その額を失っても逃げる。自分が正しいなどと勘違いして熱くなると、タネ銭を溶かしてしまう。それでは明日の勝負が出来なくなる。

確率の偏り。これは、機械的に判断できるものではない。いやほどベットして身体で覚えるものだ。バカラは罫線がある。その罫線から何かを感じるしかない。大路のほかにビッグアイロードが機能しているときもあれば、コックローチロードが機能しているときもある。何か、ベットする目安がないと1ドルのチップも置けないのが博打だ。それは何でも構わないが、せめて5分5分になる判断基準とベット方法を決めたら、続けてみることだ。そして、勝っても逃げる、負けても逃げる。

博打はどこで張る手を止めるか、これに尽きると思う。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村


 

オンラインカジノの憂鬱

オンラインカジノを始めるときに、何軒かのカジノを試してみたことがある。
当然、わたしは初めて口座を開いての勝負なので、カジノ側にはわたしに関する何のデータもない。
初心者よろしくルーレットを回してみた。RED or BLACK。

闇雲にベットしたわけではない。パソコンで吐き出した乱数表を元に、大きく負けないであろう張り方で、31システムを改良した方法でベットをしてみた。どこのカジノでも最初は儲けた。100ドル入れて1ドルずつベットしたら、175ドルくらいにはなる。75%の利益だ。しかし、どこのカジノでも、判を押したように、そこから勝てなくなる。もがいても、マーチンしても、駄目。100ドルに戻って諦める。

これは回収モードだと私は思った。初めての客に勝たせておいて、その後ゆっくりと回収するなどという、昔からの手口にはのらない。しかし、75パーセントの利益を上げた実績にしがみついている人はやられるだろうと思う。回収モードなどないという人もいるが、私は自分の体験から、あると信じている。

オンラインで博打を打つなら、ライブしかないと思う。バカラ卓に入って、ライブ画面さえも疑わしいと思った私は、まずチップを入れてみた。ディスプレイの女性は「thank you !!」と言ってくれる。まぁ、これはライブであると信じるに値するだろう。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村



JUGEMテーマ:ギャンブル

目の前の牢獄

私たちは教育という名の下で洗脳され続けている。そして環境によって無意識に様々な偏ったものを刷り込まれ続けている。

「人類は“宇宙”と呼ばれる全体の一部であり、時間、空間での限られた一部分である。それ以外から隔てられた何かとして、またその意識をある種類の視覚的幻影として、彼は、彼自身や、思考、そして感情を経験する。その幻影は、ある種類の牢獄であり、我々を個人的な欲望に追いやり、数人の近親者への感情の虜とする。我々の使命は、この牢獄から解き放たれ、全ての生けるものや、自然の全てをその 美しさの下に抱きしめる、慈しみ深い熱情の輪を広げなければならない。」

アインシュタインの言葉である。



アインシュタインといえば上の写真が有名だけれど、仏教では、大きな舌を出すことは、嘘を言っていないことの証とされる。
実に興味深いことだ。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

 

資金管理ゲーム

博打もトレードも詰まるところ資金管理ゲームだ。バカラでプレーヤーと出るかバンカーと開くかは、ほぼ50/50。トレードにおいても、損切りと利確を同じにした場合は、信じない方もいるかも知れないが、ほぼ50/50。あとは資金管理なのだ。

バカラは配当がプレーヤーで2倍、バンカーでほぼ1.95倍。これをしのぐのは流れを感じるしかない。流れというと胡散臭く感じるかな。流れとは、確率の偏りのことだ。これをトレードでは「トレンド」と呼んでいるだけだ。どちらかというと、損益比率を自分で決められるトレードの方が張り安いかも知れない。

いずれにせよ、経験を積み重ねて、身体で覚えるしかないのが博打であるのだけれど。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

BMW shortfilm - "The Follow" by Wong Kar Wai
これを見ると焼けた頭脳が何故か鎮まる



JUGEMテーマ:ギャンブル

プロ野球をつまらないものにしているのは審判である

最近久しぶりに日本のプロ野球を何試合か見た。

驚いたのは、恐ろしいほどストライクゾーンが狭いことだ。アンパイアは、アウトコースの際どい球を全くといっていいほどストライクと言わない。見ていてピッチャーが気の毒になる。アウトコース低めはピッチャーの生命線だが、その球をストライクと言ってくれないとピッチャーは自然と苦しくなる。従ってバッターは際どい球に手を出さない。試合時間がどんどん長くなり、ピッチャーの球数は多くなる。

さらに、アウトコース低めをストライクと言ってくれないので、ピッチャーは、インコースの胸元に際どい球を投げてからアウトコースへ配球することになる。だから、デッドボールも多くなる。

さらにハーフスイングをスイングと判定しない場面が圧倒的に多い。これについては、昔は、ハーフスイングはスローでリプレイしていたものだが、そのリプレイも全くない。これは、裏で話がついているに相違ない。邪推かも知れないが、審判、野球機構、テレビ局・・密室で会議が行われたのだろうな。

試合時間短縮のために、選手交代を早くするように定めてみたり、試合時間や延長戦にリミットを設けたりしているけれど、試合時間を長くしているのは選手ではない。審判のジャッジなのだ。日本のプロ野球をつまらないものにしているのは、まさに審判のジャッジである。見ていて、全く楽しくない。楽しくないどころか腹立たしくなる。もう、日本のプロ野球は見ない。



 
<<back|<78910111213>|next>>
pagetop