July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

博打の負け方3

ルーレットにおけるマーチンゲールはテーブルリミットがあるから勝てない。では、モンテカルロ法やココモ法ならどうなのだろう。

 

ココモ法が簡単だから考えてみる。

 

前回同様ルーレットの話である。テーブルリミットが1ドル〜500ドル。

コラムベットで、1.1.2.3.5.8.13.21.34.55.89.144.233.377。

ここまではベット出来る。14回。やはり、これでは負ける。14回連続外すということは日常的にある。

 

ルーレット

 

上の写真では、コラムベットで1番上の段が12回出ていない。普段、気がつかないが、ふと見ると、こういうふうに一つのコラムやダズンが死に目になっていることがある。この死に目を避けるのなら、前回に出たのと同じコラムもしくはダズンにかけたくなるが、ルーレットは独立事象だから気休めにしかならないと思う。

 

続きはまた今度。

 

JUGEMテーマ:ギャンブル

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

博打の負け方2

昨日はキャンセリングシステムは負ける。と書いたが、算数で考えると、キャンセリングシステムは必ず勝つ。配当が2倍のものはマーチンゲールで勝てる。3倍あればココモ法でもモンテカルロ法でも勝てる。

 

しかし、カジノでは障害がある。モンテカルロ法を頭の中で計算するのは出来るかも知れないし、マーチンゲールに頭脳は必要ない。

 

一つ目の障害はベット額に上限があることだ。

 

ルーレットでの話にする。

ルーレットは完全独立事象で前回の結果が次回の結果に何の影響も与えない。ベット金額の上限と下限の限界値をテーブルリミットと呼び、ネットでは最低賭金1ドル上限が500ドルくらいか。

 

もしこの条件でマーチンゲールをやれば負ける。これでは負ける。9連敗でベットすることが出来なくなるからだ。数時間のうちに負ける。赤か黒か、この2択で確率に偏りが出ると、20連敗など簡単だ。いくら資金があってもベット制限にかかる。これが一般のカジノだと、テーブルリミット上限値が1,000ドルから2,000ドルの間くらいになるから、大丈夫だと勘違いする。しかし、それは思い違いだ。ほんの少し余命が伸びるだけだ。やはり、負ける。9連敗したときにベットした金額は256ドル。2,000ドルまではまだ遠いという感覚になるが、それは錯覚だ。11回目に1,024ドルベットして負けてしまえば、もうベット出来ない。9連敗で店が閉まるところを2回だけ延ばしてくれたに過ぎない。

 

 

続きはまた今度。

 

JUGEMテーマ:ギャンブル

博打の負け方

博打はどうやって勝てばいいのか。

1.ツキに乗って、張りを積み重ねて、決めた回数の連勝を達成したらチップを引く。

2.ツキに乗って、チップを動かさず連勝できるところまで連勝を続け、外れたら引く。

3.決めたルールに従って張りを繰り返し、損失は張りの増額で取り返す。

 

「ツキに乗って」というと、最近の小僧はツキなどないという。なら博打などやめろといってやる。

ツキとは確率の偏りのことである。

あるに決まっている。

 

1.はプログレッシブシステムのことかと思う。

2.はフラットベット。

3.はキャンセリングシステム。

 

いずれもマネーマネジメントだ。ということは博打はマネーマネジメントで勝たねばならないということになる。

博打は張りで勝て。これは江戸時代から言われている言葉だ。

 

私はキャンセリングシステムは最強だと思っている。しかし、カジノでは「負ける」と思っている。少なくとも、ベットし続ければ負ける。引き際を間違えなければ勝つ可能性はある。つまりカジノのベット上限がキャンセリングシステムの足かせになっているということだ。しかし、博打では駒を引くのが難しい。トレードで小さな損切りを守り続けるのが難しいのに似ている。

 

続きはまた今度。

 

チップ

 

JUGEMテーマ:ギャンブル

完璧主義は苦悩を呼ぶ

年をとると面倒に感じることが多くなる。MovableTypeでせっせとブログをデザインしていたのは遠い昔。

もう1年以上体調不良で鬱々としている。24時間体調が良かったことがない。

完璧主義をやめた方が楽なのは感じているのだけれど、長年の癖か病を引きずり出す。

 

曇り空。庭に出ると蚊が元気だ。夏も終わりに近づいている。

 

蚊取り線香

 

「わたしのCCIトレード」について

○絶対的に人気のない「わたしのCCIトレード_Red&Black」について
使い方に依存する半自動 EAで一つのツールですね。 全ての通貨ペアで稼働可能。基本的に 15 分チャートでの使用を前提にしています。


○動作について
本 EA は CCI 値が上がったときに売りのポジションを持ち、下がったときに買いのポジションを持 つ。初期設定で最大 2 ポジションを取る。


[使用者の方にしていただくこと]

(1).トレンドの出ている通貨ペアを見つける

(2).最適化を行う

(3)最適化結果に基づいてパラメーターを設定する

(4).EA をチャートにセットする

(5)取引結果によって、次回のロット数を変更する

 

(2)と(3)について、わたしはしていない。


バックテストの仕方についての詳細は fx-on のページに説明されていますので、参考にして下さ い。
http://fx-on.com/lecture/duty.php?c=1&i=287


[パラメーターの設定について]

Lots = 0.01;
Slippage = 4;
MaxSpread = 5;
ASK と BID の差が 5Pips を越える場合には注文を行いません。

 

Magic= 12345;
マジックナンバー。他の EA と違うナンバーにして下さい。また、本 EA を複数のチャートにセット する場合にも、この数字をそれぞれ違うものにして下さい。


Buy_Loss_c = 60;
下記、Sell_Loss_c と同様です。Buy ポジションの場合のストップロス値。


Sell_Loss_c = 60;
一般の EA とは考え方が違いますのでご注意。
ポジションを 2 つ取った時、そのポジションをストップロスする平均値をここで決める。2 つのポ ジションの平均値ですから、初期設定 60 の場合は、2 つのポジションのストップロスの損失合計 Pips が 60×2=120Pips になるとポジションをクローズします。損失合計 Pips が 40 と 80=120Pips で もポジションをクローズします。ポジションを 1 つしか取らなかった場合は、この数値の 2倍がストッ プロスになる。同じく 120Pips 。テイクプロフィット値はプログラム内で計算します。


CCI_P = 190;
本 EA は CCI 値が上がったところで売り、CCI 値が下がったところで買います。その場合の CCI 値 を入力します。初期値 190 の場合、CCI 値が 190 以上で売り、-190 以下で買いのポジションを取 ります。(いずれも終値)この 190 という値は、15 分チャートにおいて非常に有効に機能します。こ れは 1 年間実口座で動かしてみた結果得たものです。通常は変更する必要はありませんが、1 時 間チャートなどで使用する場合は最適化によって最適値を探して下さい。


ratio = 1;
ストップロスの値とテイクプロフィットの値の比率を入力。初期値は 1 対 1 ですが、ここを 2 に すると、ストップロスの 2 倍がテイクプロフィットの値となります。ratio = 9 にすれば、ストップロスとテ イクプロフィットの比率が 1 対 9 になります。


Nanpin = 5.0;
たとえば、この値を 0.2 にすると 1 回目のポジションを取った後、Sell_Loss_c に入力した値の 0.2 倍 の損失が出たときに二つ目のポジションを取る。ナンピンです。使用しないときは「5.0」を入力 して下さい。使用するときは 0.1〜0.9 までの数字を入れて下さい。


Pyramid = 5.0;
たとえば、この値を 0.2 にすると 1 回目のポジションを取った後、Sell_Loss_c に入力した値の 0.2 倍 の利益が出たときに二つ目のポジションを取ります。ピラミッドです。使用しないときは「5.0」を入力 して下さい。使用するときは 0.1〜0.9 までの数字を入れて下さい。


Max_B_Pos = 0;
初期値は 0 にしています。当然 Buy のポジションも取れます。数字を「1」にすると、一つのポジ ションで Sell_Loss_c の値の 2 倍がストップロスの Pips になります。ご注意下さい。 「0」「1」「2」以外の数値を入れないで下さい。正常動作致しません。

 

Max_S_Pos = 2;
Sell ポジションの数です。数字を「1」にすると、一つのポジションで Sell_Loss_c の値の 2 倍がス トップロスの Pips になります。ご注意下さい。 「0」「1」「2」以外の数値を入れないで下さい。正常動作致しません。


本EA は最初にストップロス値を注文に出すことをせず、内部で計算した値で注文を出しますので、相場の動きの激しいときや、サーバーとの通信状況が悪いときなどは、ストップロス値が数 Pips ずれることがあります。

 

以上説明終わり。

 

このツールの肝は「ratio」にある。「ratio」を2にすれば、損益比率が1対2の博打が出来る。するとモンテカルロ法もココモ法も使える。ルーレットは次に何が出るか常に1/37であるが、FXにはトレンドというものがある。トレンドの方向に値が動くことが多いのでルーレットの数倍有利だ。

 

なぜ人はこうしたツールを使わないのか・・・なぞ・・・

直販しますよ。お支払いはPAYPALになります。ご希望があればヤフオクに出すことも出来ます。

 

ある女性が、なかなか利益が出なくて悩んでいました。わたしは、「徹底的な損小利大が難しいのなら、取引結果によって次に建てるポジションのLot数を変えてみればいい」と彼女に、いくつかの方法を教えました。マネジメントシステムを教えました。この出来事が、本ツールを作るきっかけになりました。彼女と同じような悩みを抱えている方の一助となれば幸いです。

 

ご質問もお気軽にどうぞ。

 

彼女のメモです。きちんと、システム通りに出来ているかどうかは謎です(^^)

 

ccitrade201603

 

ダウンロードマーケットからはこちらで

<<back|<123456>|next>>
pagetop