June 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

ストレスとはなんだ

ストレス。

刺激により引起される非特異的な生体反応。生体に加わる力をストレッサー,それによって起る生体の反応をストレスという。 1938年にストレス理論を提示したカナダの生化学者,H.セリエによると,「ストレスとは,どんな質問に対しても答えようとする身体の反応」である。この理論は,寒冷,暑熱,放射線などの物理的刺激,ホルマリン,毒物,酸素不足,栄養障害のような化学的刺激,あるいは身体的拘束や感染のような生物的刺激,怒り,不安,焦燥などの心理的要因その他,どのような刺激に対しても,身体はすべて同質の生体反応を示すというものである。これを汎適応症候群あるいはストレス症候群という。この反応は,下垂体-副腎系が主役を演じ,副腎皮質ホルモンの分泌を伴うことが特徴であるが,そのほか胃,心臓,胸腺に形態学的変化が起る。このような考え方は 19世紀以来主流を占めていた「特定の原因が特定の病気を起す」という病理観に対する反論であるとともに,原因がそのまま結果をもたらすという医学因果律を反省させるものであった。致命的な疾病のうち 75%は非特異的な生体反応としてのストレスが予後を決定するともいわれている。 「ブリタニカ国際大百科事典」

 

ストレスがなぜ発生するのか。

 

心理的要因のみを考えると、それは自分が正しいという思い込み、あるいは信念に似たようなものが核となっているような気がしてならない。H.セリエ風に言うと,「ストレスとは,どんな状況にあっても自分が正しいとする心の反応」である。また逆説的に言うと、「どんな状況にあっても自分が悪いとする心の反応」でもある。自分を善とするために人は様々な理屈をつける。また、現在の状況を長く続けてはいられないときに、自分を悪とし、自分を責めることによって、状況を終わらせようとする。

 

これらの判断の根本にあるのは、善悪の判断である。そして、判断するのは、洗脳され続けた脳であり、洗脳は教育という名のもとに行われる。真の善、真の悪、そんなものがあるのだろうか。一度考え直して見る価値のある問題だ。人間の歴史を振り返れば、正義の名のもとに戦争を起こし、大量の人命を奪ってきた。そして、勝った者が正義であり、負けた者が悪である。ということは、戦争前には正義も悪も存在しなかったということになる。存在したのは洗脳だけである。

 

わたしたちは、教育という名の洗脳から脱却しなければならない。自分が正しいという思い込み、自分を責めつづける逃避。これらは大きなストレスを生み続ける。即断する心はすべて洗脳から生まれたものだ。ストレスは交感神経を緊張させ、血流を阻害し、あらゆる身体的障害を発生させる。

 

ストレスの原因というのは他にもたくさんある。過去、後悔、執着、憎悪、正当化・・そして希望、努力、未来・・までも。

「願いは叶う」こんなことを信じていては、信じることがストレスとなる。

 

話が混乱してきたついでに、もっと混乱させる。

 

運命は決まっている。

人間には、一秒先のことも予知できないだけだ。

 

もっと混乱させる。

 

私達は運命を選んで生まれてきている。

だから、明日という日は、なるようにしかならないし、なるようになるさ。明日のことを思い煩っても詮無いことだ。

 

私達は運命を見ている存在だ。

本当は何もしていない。

観察者が現実を決定するというのは量子力学の基本だが、私達は観察者であり、観察している運命は、自分が選択したものなのだ。

 

もっと混乱させる。

 

私達が見る青い空や、川のせせらぎは、私達自身である。

分かる人には分かるだろう。

 

真実は自分で探すものだが、信じたものは一度忘れ去り、あとは観察者として感じるということに身を委ねたほうがいい。そうすれば、ストレスという言葉、ストレスという事実、ストレスという洗脳・・から離れられるかもしれない。これは私が私自身に話しかけていることだが。

 

ブーグロー

William Adolphe Bouguereau

 

世の中には

今年に入ってもう3回も入院している。

めまいが主なものだけれど、生理食塩水とメイロンの点滴で回復に向かう。つまり、自分の体が酸性化していることの証であると思うのだが、医師はそんな事は言わない。脱水かもしれないから水を1.5リットル以上飲みなさいと指示されるが、あまり飲みすぎるとむくみがでる。当たり前だ。弱アルカリ性の血液がほしい。ほしい。

 

H病院では、隣のベッドで老人が突然死を迎えた。どこかの施設に入所するための準備を娘さんがすませて、明日退院という運びだったが、娘さんが帰ったあと、老人は眠りに落ちた。いびきをかいて眠っていたのだが、突然大きく長い吐息を吐ききって亡くなった。

 

その後、午前二時頃になると、2本の火箸を揺らすようなチーンチーンという音が、どこかから私の病室まで近づいてくる日が2,3日続いた。看護婦は午前1時過ぎに巡回に来るので、音の正体はわからない。世の中にはいろいろなことがあるものだ。その音の事を若い看護婦に言うと、看護婦は「夜勤ができなくなるから言わないで」と怯えた。若い看護婦は可愛い。

 

ところで、健康を損なう原因は、身体の酸性化だと思う。アルカリ体質にして、ミトコンドリアの働きを良くすることを実践する。それしか健康を取り戻す方法はないのではないか。できれば毎日重曹を飲みたいのだけれど、私は胃を切除しているので胃酸が少ない。だから重曹を飲むと一気に消化不良を起こすし、クエン酸を飲むと、これまた腸の調子を損なう。うまくいかないものだ。

 

はてさて、どうしたものか。

 

JUGEMテーマ:健康

日堕ちる国日本

日本人はいつからこれほど堕落してしまったのだろうと思う。

 

明治維新と名をつけた朝鮮族と英によるクーデター以後、日本は英国に操られ、敗戦後はアメリカの支配から逃れられない。日米地位協定は憲法を超え、日米合同委員会は月に2回、米国の軍部と軍産複合体のメンバーと日本の官僚の間で行われるが、委員会とは名ばかりで、実質は米国からの要求を官僚が丸呑みにしているのだ。

 

自民党清和会とは、CIAの資金で岸信介が作ったもの。これは情報公開された米国務省資料や、米公文書館資料ですでに証明されていることだが、日本人は一瞥だにしない。CIAは東京地検も牛耳っているので、清和会の国会議員は逮捕されない。地検特捜部のトップは必ずアメリカ留学させられ洗脳されてくる。

 

日本政府は、日本人を殺すようなことはしないだろう。 みんな、そういうところから、勘違いしている。 国会議員は税金に群がる守銭奴のようなもので、選挙の時に立ち上がり、あとは寝ている。 政策は米国が決め、官僚が実行しているのだ。

 

居眠り

 

明治維新、なぜ伊藤博文が初代首相になれたのか。伊藤は長州の下忍、もとは大内氏であり、大内氏は百済からの朝鮮族が大勢いた。それが毛利氏に敗れ、瀬戸内に逃げた。田布施である。この差別された朝鮮族に目をつけたのが英国だった。薩長を結びつけ、武器を与え、クーデターを支援した。そのなかで、孝明天皇を刺殺したと言われるのが伊藤博文である。下級の公家だった岩倉具視も暗躍する。大久保利通は頻繁に岩倉と会っている。天皇を思い通りに動かし、自分たちの正当性を偽の御旗に掲げ、徳川を倒そうとした。裏付けのある話ではないが、伊藤の功績があるとすれば、孝明天皇の刺殺なのではないか。

 

今も、状況は変わっていない。国会に何人朝鮮族がいるのか、調べてみるといい。なかでも一番の疑惑は、安倍晋三が李氏朝鮮の李垠の孫ではないかということだ。父の安倍晋太郎は李垠の妻李方子にそっくりだ。晋太郎は自ら自分を朝鮮だと言っていたという話も多くある。

 

安倍晋太郎

 

李垠

http://lastqueen.net/4YiBangja.html

 

岸信介は山口県大津郡の代議士安倍寛にこの李垠の子、晋太郎を養子として預け、自分の娘洋子と結婚させたのではないか。そして安倍晋三が李垠の孫ならば、統一教会や創価学会が彼を支援し、晋三は日本人を奴隷として扱い、外国に金をばらまくのも理解できる。

https://goo.gl/rFgPB8

 

李明博は言っている。

「日本は在日のもの、経団連は在日支配完了」 

quasimoto2.exblog.jp/237901097/

 

マスコミは電通に支配されている。 電通はCIAの支配下にある事実上の諜報機関であり、朝鮮族に乗っ取られている。

https://goo.gl/sHXQGT

 

しかし、日本人はテレビを鵜呑みにし、新聞を購読している。洗脳され続けているのである。日本人は自分の頭で考えることをしなくなっている。日本人はストライキをしなくなった、デモをしなくなった、いや、デモをしても、マスコミはそれを一切報道しない。情報は自分で探すしかない時代なのだ。

 

これらのことは私の妄想かもしれない。しかし、今の日本人は、妄想さえもしない。

公務員の給与は上がるが、生活保護も年金も下がる方向にある。これは日本人を2分化して結束させないための手口だ。

 

今こそ気づくべきだ。

日本人のための政府など存在しないということを。

日本は植民地であるということを。

 

最後にもう一度、三島由紀夫の言葉を書いておこうか。

「この世のもっとも純粋な喜びは他人の幸福を見ることだ」

 

 

JUGEMテーマ:政治

心臓の止まり方

数年前、心臓の手術をすることになった。

 

ある夜、不意に、なんだか妙な違和感を感じて、自分の車を運転して、日赤の救急外来に行った。

そこで診察を受けていると気が遠くなり、医師たちはビニールの袋のようなものを私の顔に被せ、そこに酸素を送り込み、ストレッチャーに乗せられた私はICUのベッドで横たわった。

狭心症のようなものだった。

 

精査を受けた結果、日赤では手がつけられず、他の病院で手術をすることになったのだが、転院先の担当の医師から自分の心臓の動画を見せられると、「もうこれは死んでいるな」としか思えなかった。

死んでいる自分を意識のある自分が見ているような不思議な気持ちだった。

 

手術室に入るとすぐに麻酔がかけられる。いまの麻酔は効く。私はあっという間に深い眠りに入った。

どれくらい時間が経ったのか。眠っているわたしは異変を感じ、意識体が目覚めた。強烈に苦しいのだ。

「先生、これには耐えられないよ」

私の意識体は言っていた。

しかしその苦しさは、再びやってきた。

「なにか私の体に変調が起きて手術は失敗しているのかな」

わたしの意識体はそう思っていた。そして「死とはこういうものか」と諦めた。

 

その苦しさは、合計4回やってきた。そして意識体は気を失った。

 

次に意識体が目覚めたときには、医師たちの声が聞こえてきた。

医師たちは、きれいに流れる血流のことを話していた。どうやら私の手術は成功したらしい。

そして再び意識体は眠りに落ちた。

 

私の手術は心臓を止めずに行う予定だったが、あとで聞くと、手術途中で人工心肺を使ったという。

私の心臓は一度止められたということだ。それで合点がいった。

あの4回の苦しさは2つの心房と2つの心室が動きを止めるときの苦しさだったのだ。

 

心臓は一度には止まらない。4回の苦しみの末に止まるのだ。

 

それにしても、あの夜、よくぞ自分で日赤まで行ったものだと思う。複数の医師の前で狭心症発作を起こす、これは奇跡だ。

あの夜、自宅で同じ発作を起こしていたら、私は今こうしてキーボードを打つことはできなかっただろう。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

ドッペルゲンガーと見ている私

ドッペルゲンガー: Doppelgänger)とは、

 

自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象である。

自分とそっくりの姿をした分身。第2の自我、生霊の類。

同じ人物が同時に別の場所(複数の場合もある)に姿を現す現象を指すこともある(第三者が目撃するのも含む)。

超常現象事典などでは超常現象のひとつとして扱われる。Wiki

 

知人が私をパチンコ屋で見たという。

実の母親が私をデパートの前で見たという。

いずれも、同時刻に私はそんな場所にはいなかったのだが、

ある日車を運転していて、ルームミラーに映る後続車の運転手を見て驚いた。

後続の白い車を運転していたのは、私だった。どこからどう見ても私だった。

背筋に何かが走った。交感神経の極度の緊張が背筋に青い電流を一気に流したのだ。

 

次元のズレとか、パラレルワールドとか、いずれも私は信じている。

私が認識していないところに世界はないのかもしれないということも、その可能性は否定できない。

量子力学が唱えるように、観察者が現実を決めてしまうのならなおさらだ。

 

話は微妙に違うのだが、小学生の頃、私は二人いた。実体を持つ私と、それを見ている私。見ている私はいつも実体の後ろ側にいて、実体を見ていた。

そして、母に質問したことがある。「歩いている僕と、それを見ている僕、どっちが本当の僕なの」と。残念ながら、母親の答えは覚えていない。

 

観察者が世界を決定しているのなら、目に映るものはすべて私自身ということになる。引き寄せとか、思考の現実化とか、いろいろな説があるけれども、それらは自我を捨て去ったときに起きる現実のことであると思う。すなわち「見ている私」が環境を引き寄せ、「見ている私」が世界を作っているということだろう。思考など、現実化するはずもない。

 

少女

 

12345>|next>>
pagetop