COVID-19世界中のテレビは嘘をついている

前回の結論を考えてみる。「What I think COVID-19 Really is」

・有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、
 その他の病気などは、エクソソームの産生を引き起こす。
・RT-PCRは実際にはエクソソームからのホストRNAをテストします。
・COVID-19は実際にはエクソソームです。

これは、「有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、その他の病気などは、エクソソームを体内に生み出し、なおかつ、エクソソームはPCRテストに反応する。であるから、covid-19の正体はエクソソームである」

ということ。

アンドリューカウフマン博士は
5gのような様々な特にマイクロ波放射もこれを引き起こします。
と言及している。

では5Gのサービス提供場所と感染者数を比較してみる。

<<5Gのサービス提供場所>>

https://www.speedtest.net/ookla-5g-map

<<感染者数>>

https://vdata.nikkei.com/newsgraphics/coronavirus-japan-chart/

人口10万人あたりあたり感染者数の上位10位までのうちで、5Gを導入していない県はない。北陸3県については、3/25時点で、石川県が5カ所、富山県が2カ所、福井県が1カ所。(Docomoのみの数字)ということだ。これは感染者数と同じ並びになっている。

ただ、ここで注意しなければならないのは、感染者数という言葉である。感染者数とは「PCR検査で陽性と判断された人の数」であるから、PCR検査がエクソソームにも陽性を示すのなら、癌他の疾病を抱えている方や、ストレスに苛まれている方、そして電離放射線の影響を受けている方の数も入っているということである。

 

二つに分けて考える必要が出てきた。


1.SARS-CoV2が存在する場合
 ・SARS-CoV2は弱毒性である。
 ・SARS-CoV2は人為的に撒かれている。
 ・SARS-CoV2を撒く理由は、5Gによる健康被害の原因をSARS-CoV2による
  健康被害だとカモフラージュするため。

 障害者施設等での集団感染は人為的に撒かれたとしか考えられない。
 羽田空港への着陸ルートが都心上空を通るように変更された。
 数年前からケムトレイルが日本各地で観測されている。

2.SARS-CoV2が存在しない場合
 ・WHOがSARS-CoV2だと言っているのは、エクソソームである。
 ・エクソソームは5G等の電磁波によって生み出される。
 ・エクソソームは疾病やストレスなどでも生み出される。
 ・エクソソームはPCR検査で陽性を示す。

 エクソソームとSARS-CoV2は酷似している。
 5Gが普及している都市ほど感染者数が多い。

  

考えてみれば、いずれにしても、コロナウィルスというものを過剰に不安がることはないということだ。

インフルエンザでは毎年1万人以上が死亡している。
癌に至っては、2018年にがんで死亡した人は373,584人(男性218,625人、女性154,959人)。https://ganjoho.jp/reg_stat/statistics/stat/summary.html

そういうことを知った上で、テレビジョンはコロナ不安を煽る報道ばかり流す。そして、死亡した人からPCR検査で陽性が出れば、すべて、COVID-19による死亡として不安を煽り続ける。


陰謀論と事実 : ある医師の衝撃的なお話


メディアは、5Gによる被害は報道をしない。
真に警戒しなければいけないのは電磁波による被害である。

ノースカロライナ州シャーロットにあるNASCARの殿堂ビルの壁に数百の混乱した鳥、チムニースウィフトが衝突しました。

ノースカロライナ州シャーロットにあるNASCARの殿堂ビルの壁に数百の混乱した鳥、チムニースウィフトが衝突しました。




「5G」〜人類への最終兵器〜

日本人削減計画は進んでいる。しかし、やつらが思った通りの結果は出ていない。それはやはり、3.11の放射能被爆で日本人は新たな免疫を身に付けているからではないのか。私たちが近年不安を感じたことは、3.11であり、熊本地震であり、コロナウイルス騒ぎである。この先には緊急事態条項を憲法に記する意図が隠されている。

「3・11・666」
やつらは隠す気もない。
私たちがすでに洗脳の底に沈んでいると思っているから。

今回のコロナウイルス騒ぎは、世界中の報道機関が嘘をついている。私はそう思っている。

テレビを消しましょう。そして5G携帯は決して買わないようにしませんか。



WHOテドロスの正体:エチオピアの悪魔

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です