私は男なのか女なのか

随分前から、私は変なことに気付いた。
それは、私の中に女性が存在するということだ。

女性の所作に美しさを感じる自分がいる。そして私は男性を基本的に嫌悪する。嫌悪するわけは、男性は社会に洗脳され迎合することが多いと感じるからだ。自分ではそう思っている。まして男性に抱かれたいなどとは一切思わないし、男と群れるのも嫌いだ。

しかし、少年期の我がヰタ・セクスアリスは、女性として破壊される性を願望していたことを思い出した。やはり、私の中には女性がいる。

子供のころはよく女の子と遊んだ。ゴム飛びや、おはじきなどもした。私の母は内職で色々な縫い物をしていたので、家には輪ゴムがたくさんあった。それを繋いで、女の子の家に遊びに行く。片方を電柱に結び、片方を私が持ち、女の子はスカートをパンツの中にたくしこんでゴムを飛び越えた。

私は女性を綺麗だと思う。だが、綺麗だと思っている私は男なのか女なのか、それは分からない。

千人以上の社員がいる会社で働いたことがある。私は複数の女性社員に誘われて、女性用の休憩室でよくお昼のお弁当を食べていた。私を誘ってくれたのは二回り以上も年下の女性達だった。休憩室は広い和室の部屋で、女性社員の中にはその場で寝転がって身体を休めている人も何人かいた。でも、誰も私の存在を気にしなかった。だれにも咎められなかった。不思議なことだった。

女性が嫌がることはしたくない。レイプなどする男の気持ちが分からない。レイプは殺人に等しいと思っている。

そう、思っているのは、誰なのだろう。
男の私か、女の私か。



そう、私の中には、異様に感受性の強い男の子と、時に崩れ去りたくなる女性が存在している。

ふと思う。

失恋をしてみたいと。

もちろん女性として。

「水鏡」
作詞・作曲 鈴木一平

一生一度きりの別れならばいいものを
人は幾度となく悲しみを繰り返す
手探りの中でふと抱かれるよな
甘い想い出は通り過ぎてゆく
振り返る事無く明日だけを見つめながら
いつか来た道と気付かずに歩いた
そこは幸せと不幸の別れ道
悲しみ覚えた出逢い道
私だけの貴方にはなってくれるはずがない
心の温もりも今は
忘れてみるわ 忘れてみよう
揺れる二人の夢模様

水に浮かぶ枯葉に目を向けると
ちょうど今の私同じように見えた
風に打たれ雨に打たれ辿る道は
苦しみ覚えた迷い道
儚い恋のほろ苦さを知って
強がりはよせよと口ずさんでみます
溢れる涙は止めどなく流れて
戸惑う私は闇の中
私だけの貴方にはなってくれるはずがない
心の温もりも今は
忘れてみるわ 忘れてみよう
揺れる二人の夢模様

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です