この世はわたしを映し出している

昨年秋まで、障害を持った男性が、杖をつきながら2頭の犬を散歩させていた。
明らかに保健所に持ち込まれたれた年老いた犬である。この2頭の犬は、男性の横をゆっくりと歩きながら、時折男性の表情を見上げていた。そして、決して男性の前を歩くことはなかった。

その男性の姿を、秋も深まった頃から見かけなくなった。

心配していたら、この冬から、2人の親子をよく見かけるようになった。
お母さんが前を歩き、中学生くらいの女の子の手を引いている。

女の子は明らかに障害があり、片足を引きずるようにしていて、頭にはベージュ色のヘッドギアを着けている。散歩なのか、バス停から自宅への帰途なのか分からないが、うちの前の道を通っていく。

その女の子の世界にはお母さんしかいないだろう。二人とも言葉を交わすことはないが、女の子の後ろ姿には陰鬱なものを全く感じない。「今」という時だけを考えれば、彼女は幸せなのかも知れない。

見かけなくなった男性と犬。
急に見かけるようになったお母さんと女の子。

この世はわたしが作ったホログラムである。
そういうことを感じざるを得ない。


今日も日が暮れる。


みんな元気で。
みんな幸せで。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です