エディット・ピアフ HYMNE A L’AMOURとLa Marseillaise

わたしはこうした歌を聴く時に「あなた」という言葉は、内なる自分のことであると思って聴く。そうして聴くと、いい歌というのは一変するのだ。

20世紀最大のシャンソン歌手と言われたエディット・ピアフは1915年軽業師の父と路上の歌手を母に、パリの下町で生まれる。

幼時から父に連れられて、場末の町から町を歌って歩いた。
18歳のとき、ルイ・ルプレに見いだされて、モーム・ピアフの名でデビュー。たちまち大スターとなった。

その後、華やかな男性遍歴、殺人容疑や交通事故、麻薬と酒に溺れた日々―
「二人分の人生を生きたわ」と自らを回想したほど。波乱に満ちた人生を送った。

生涯に280ものレコーディング曲を残し、とりわけ「バラ色の人生」と「愛の讃歌」は世界的なヒットとなった。

1963年10月10日、リビエラで死去。享年47。

参照 https://wmg.jp/edith-piaf/profile/




わたしは彼女の死に僅かな疑いを持っている。

薬依存に苦しんだ「愛の讃歌」エディット・ピアフの心の中




「HYMNE A L’AMOUR」

  Le ciel bleu sur nous peut s’effondrer,
  Et la terre peut bien s’ecrouler,
  Peu m’importe si tu m’aimes,
  Je me fous du monde entier.

  Tant qu’ l’amour innondera mes matins,
  Tant qu’mon corps fremira sous tes mains,
  Peu m’importent les problemes,
  Mon amour, puisque tu m’aimes.

  J’irais jusqu’au bout du monde,
  Je me ferais teindre en blonde,
  Si tu me le demandais.
  J’irais decrocher la lune,
  J’irais voler la fortune,
  Si tu me le demandais.

  Je renierais ma patrie,
  Je renierais mes amis,
  Si tu me le demandais.
  On peut bien rire de moi,
  Je ferais n’importe quoi,
  Si tu me le demandais.

  Si un jour, la vie t’arrache a moi,
  Si tu meurs, que tu sois loin de moi,
  Peu m’importe si tu m’aimes,
  Car moi je mourrais aussi.

  Nous aurons pour nous l’eternite,
  Dans le bleu de toute l’immensite,
  Dans le ciel, plus de probleme,
  Mon amour, crois-tu qu’on s’aime?
  Dieu reunit ceux qui s’aiment.

日本語字幕付きの動画を見て欲しい。

わたしはこうした歌を聴く時に「あなた」という言葉は、内なる自分のことであると思って聴く。そうして聴くと、いい歌というのは一変するのだ。



ところで、日本で歌われている歌詞はこうである。

あなたの燃える手で あたしを抱きしめて
ただ二人だけで 生きていたいの 
ただ命の限り あたしは愛したい命の限りに あなたを愛するの 
頬と頬寄せ 燃える口づけを交わす喜び
あなたと二人で 暮らせるものなら何にも要らない
何にも要らない あなたと二人生きていくのよ
あたしの願いはただそれだけよ
あなたと二人
固く抱き合い 燃える指に髪を絡ませながら 
愛しみながら口づけを交わすの 
愛こそ燃える火よあたしを燃やす火 
心溶かす恋よ
(岩谷時子訳)

これは意訳ではなく、異訳だと思う。



わたしにとって、ピアフといえば、La Marseillaise。
フランス革命の際の革命歌で、今は国歌である。

行こう 祖国の子供たちよ
栄光の日が来た!
私たちに対して 暴政の
血まみれの旗が上がった
血まみれの旗が上がった

聞こえるか 戦場の
残酷な軍人のうなりが?
彼らは私たちの腕の中まで来て
私たちの息子や妻の 喉を掻き切って殺す!

武器をもて 市民よ
軍隊を組め
向かおう 向かおう!
けがれた血が
私たちの田畑をうるおすまで!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です