十月の雨

雨が降る

冷たい雨が

青いトタン屋根に降る

金木犀に降る

そして、あ・な・た・に降る

わたしは誰なんだろう

ノートに名前を百回書いて眺めても

それがわたしだとは思えない

鏡に映るわたしの右目

ときどき知らない人の瞳になる

雨が降っている

わたしの奥深くに

夕べ洗った黒いストッキングが軒下でだらしない

この世界には

わたしだけ

わたしだけしかいない

こころが言っている

いのちが言っている

抱えたひざ小僧を手のひらでこすってみる

だれもいない

少し首が右に傾くわたしの癖

ふしぎ

ふしぎ

雨が降っている

わたしを溶かすように

静かに

さらに静かに

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です