ヒポクラテスとナイチンゲールに関するNOTE

「ヒポクラテス」

(Hippokratēs) 紀元前五世紀から前四世紀の古代ギリシアの医者。経験的知識に基づく医術を主張し、医道の基礎を確立。その言説は、後世の医師たちによって「ヒポクラテス全集」に収められた。生没年不詳。
https://kotobank.jp/word/%E3%83%92%E3%83%9D%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%86%E3%82%B9-120782




「ヒポクラテスの誓い」
(wiki直訳)

医の神アポロン、アスクレーピオス、ヒギエイア、パナケイア、及び全ての神々よ。私自身の能力と判断に従って、この誓約を守ることを誓う。

  • この医術を教えてくれた師を実の親のように敬い、自らの財産を分け与えて、必要ある時には助ける。
  • 師の子孫を自身の兄弟のように見て、彼らが学ばんとすれば報酬なしにこの術を教える。
  • 著作や講義その他あらゆる方法で、医術の知識を師や自らの息子、また、医の規則に則って誓約で結ばれている弟子達に分かち与え、それ以外の誰にも与えない。
  • 自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。
  • 依頼されても人を殺す薬を与えない。
  • 同様に婦人を流産させる道具を与えない。
  • 生涯を純粋と神聖を貫き、医術を行う。
  • どんな家を訪れる時もそこの自由人と奴隷の相違を問わず、不正を犯すことなく、医術を行う。
  • 医に関するか否かに関わらず、他人の生活についての秘密を遵守する。

この誓いを守り続ける限り、私は人生と医術とを享受し、全ての人から尊敬されるであろう!
しかし、万が一、この誓いを破る時、私はその反対の運命を賜るだろう。



さて、ヒポクラテスの格言としていろいろな文章が残されている。

特筆すべきは、


「全ての病気は腸から始まる」
「食べ物で治せない病気は、医者でも治せない」


だろう。
紀元前の医者がこのことを知っていたというのは驚きである。


「千島学説の夜明け」
http://bottomx.shibugaki.jp/?p=333




「ナイチンゲール」

フローレンス・ナイチンゲールFlorence Nightingale、1820年5月12日 – 1910年8月13日)は、イギリスの看護婦、社会起業家、統計学者、看護教育学者。近代看護教育の母。「光掲げる貴婦人」、「クリミアの天使」と称されており、病院建築でも非凡な才能を発揮した。クリミア戦争での敵・味方の分け隔てない負傷兵たちへの献身や統計に基づく医療衛生改革で著名。国際看護師の日(5月12日)は彼女の誕生日である。

ロンドンの聖トーマス病院に付属してナイチンゲール看護学を設立、これは世界初の宗教系でない看護学校であり、現在はキングス・カレッジ・ロンドンの一部となっている。 (wiki転載)



「”実用的看護者誓詞” – ナイチンゲール誓詞の現代版」(日本語は直訳したものを追記した)- wiki転載-

神とここに集う人々の前に、厳かに誓う、

Before God and those assembled here, I solemnly pledge;

看護専門職の倫理規範を遵奉し、

To adhere to the code of ethics of the nursing profession;

忠誠心を持って看護チームの他のメンバーと共に協力し、監督者として指定された医師または看護者の指示に忠実に、そして己の能力に従って最善を尽くし、

To co-operate faithfully with the other members of the nursing team and to carryout [sic] faithfully and to the best of my ability the instructions of the physician or the nurse who may be assigned to supervise my work;

一切の悪行や悪意ある行為をせず、意図しながら害のあるいかなる薬を与えることや不正行為には加担しないと。

I will not do anything evil or malicious and I will not knowingly give any harmful drug or assist in malpractice.

職業上の知りえた秘密についてはこれを秘匿する。

I will not reveal any confidential information that may come to my knowledge in the course of my work.

そして全力を尽くし看護実践の標準と品位を高めることを、自分に誓う。

And I pledge myself to do all in my power to raise the standards and prestige of the practical nursing;

我が人生が看護専門職の仕事とその高邁な理想に捧げられんことを。

May my life be devoted to service and to the high ideals of the nursing profession. — ”Practical Nurse Pledge”, a modern version based on the “Nightingale Pledge”



全ての医師、全ての看護師に、初心に帰ってもらいたい。
そして、常に、疑問を自らに問いかけることを忘れないように、自戒してもらいたいものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です