天日塩とミネラルと細胞

「1日の尿量は約1000~1500ml程度です。 比重は1.003~1.030で、尿中の固形物質はほぼ一定するので 乏尿〈1日の尿量が500ml以下)時は比重が上がり、多尿(1日の尿量2000~3000ml以上)時は比重が下がります。

尿成分は水が95%で、残りの5%は固形物です。

固形物中の有機物は、尿素、尿酸、クレアチニン、馬尿酸など。 無機物は、塩化ナトリウム、アンモニア、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、硫酸塩、リン酸塩などです。 つまり、1000~1500ml/1日の尿のなかで固形成分は50~70g/1日で、そのなかの半分は尿素になります。 」
http://www.kzknan.info/boukou.html

上記引用を何度か読んでみる。

わたしは、汗が出にくい。何故だろうと考えた。体内から排出される水分のほとんどは尿として排出されている。その中の無機物を見ると、目に付くのは、ナトリウム、カリウム、マグネシウムである。

以前、1日に摂る水分を極端に減らしたことがある。すると、何が起きたか。浮腫みである。これは身体に入れる水分が少なすぎると、身体は水分を保存し始める事を示しているのではないか。

すると・・・。尿中の無機物であるナトリウム、カリウム、マグネシウムが身体の中に少なすぎると、尿も汗も少なくなるのではないかと思われる。新陳代謝が落ちるということか。すると老廃物の排出も滞る。

これらのことを考えると、天日塩は非常に重要なものであるということに気付く。天日塩の成分はナトリウムはもちろんのこと、マグネシウム、カリウム、カルシウムなどが多い。これらの無機物が不足しても、身体は尿や汗として水分を排出することをためらい始めるのではないか。



そこで、心臓の事を調べてみた。
「心臓が動くためには、主にNa、Ca、Kなどのイオンと、Na-Kポンプ、Naチャネル、Caポンプ、Na/Ca交換系、Kチャネル、T型/L型 Caチャネルが必要です。」
と書かれている。

ナトリウムとカルシウムとカリウム。
これは天日塩に多く含まれているものである。さらに言うと、カルシウムを身体に取り込むためにはマグネシウムの存在が必須なのだ。

興味のある方は
https://photo-pharmacy.com/physical/sinzou11.html
をよく見て欲しいと思う。

一部引用させていただく。

細胞外にNaイオンを出し、細胞内にKイオンを入れるポンプです。このポンプがあるから生物は生きていられます。大事なポンプであり、多くのエネルギーが必要です。心臓が弱り、エネルギーがつくれなくなると、このポンプも動けなくなるため危険です。

このポンプは、細胞内外の濃度差・電位差(静止状態、分極)をつくるためにも必要なメインポンプです。ATP(身体のエネルギー)を使って、3個のNaイオンを細胞の外に、2個のKイオンを細胞の内に運びます。

このポンプを利用しているのは、心臓だけではありません。このポンプの存在が我々に生命を与えてくれていると言われています。それほど貴重なポンプです。

【ジギタリスとNa-Kポンプ】
ジギタリス(医薬品名:ラニラピッドなど)は、このポンプの機能を抑えます。つまり、ジギタリスを投与することで、細胞内のNaイオンが外に出ることができず細胞内に多く残ります。この状態のままでは、Naイオンが細胞外に出られないため、Na/Ca交換系が代わりに機能しNaイオンを外に出します。

そして、Caイオンが細胞内に流入し、Caイオンの濃度が上昇し、心臓が強く収縮します。これは、Caイオンは筋収縮力を増大させる働きがあるためです。このような作用により、ジギタリスは強心作用を示します。

中略。

人が進化していく段階で、細胞外に最も多いNaイオンを細胞内に取り込むのが、細胞の興奮には手っ取り早い、と考えたのでしょう。その興奮のためにつくられたのが、このNaイオンの通過できる道(チャネル)だと思います。決められた状況になれば開くけど、中途半端では開かない。また、細胞が興奮しつづけても困るので、興奮したら早めに閉じてしまいます。Naチャネルとは、このようなチャネルなのです。



こうして見てくると、人間の身体には天日塩が必要だということが判ってくる。そして、天日塩の摂り方には、料理に塩を使う方法の他に、醤油や味噌で摂る方法がある。このあたりは、個人差もあると思うので、いろいろと試してもらいたいと思う。

ただ、この、ナトリウムとカリウムと水分の摂取量については非常に難しいことは事実だ。私にはいまだに判らない。

ちなみに私の場合は、乳製品を多く摂ると調子が悪くなる。

料理には天日塩を使い、醤油と味噌も天日塩で作られたものを使っているし、魚もよく食べるので、乳製品は極力摂らないように気をつけている。

今、試している塩は、海の精、皇帝塩、ぬちまーす、ホッティである。自分が美味しいと思う塩。それが案外正解だったりするものだと思っている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です