瓢箪から駒が出たのかも知れない-うがい説

瓢箪から駒が出たのかも知れない。

コロナウイルス騒擾を作り出しているのはテレビである。コロナウイルスは存在しない可能性が高い。そもそも、ウイルスが何なのかも、医学では分かっていない。

上記はアンドリューカウフマン博士の説である。

「エクソソームというものは、有害物質、ストレス(怖れ)、癌、電離放射線、感染、けが、免疫反応、喘息、病気など様々な要因によって自然に体内に生み出され、情報を全身に伝える役割をしています。

同様のことは、
島学説とスペイン風邪と5G
でも説明した。

人間は、環境の変化によって、体内にエクソソソームを産出する。それは、RNAの形で、大きさは100nm。今までウイルスと呼ばれていたものと同じである。covid-19に関しては、その正体はエクソソームで間違いないと思われる。

では、そのエクソソームは情報伝達のためにどのような動きをするのか。全ての細胞に入り込むのは当然だが、常在菌の中にも侵入する。そして環境の変化を体中に伝達し、いわば警戒警報を出す。



ここからは、全くの推論になる。

健康な体内では善玉菌と悪玉菌、そして日和見菌と言われるものが均衡を保っている。エクソソームは常在菌に侵入した時、その活性化を発生させるのではないか?そして、特に日和見菌や悪玉菌が活性化した時に問題が起きる。

常在菌というのは体中に存在する。

たとえば、黄色ブドウ球菌は、人間や動物の皮膚・毛孔、消化管内などに常在するグラム陽性球菌です。通常は無害だが、もしも、エクソソームによって活性化されると、肺炎、腹膜炎、敗血症、髄膜炎など様々な重症感染症を発症する。

コロナウイルス論者はこの状態を見て、コロナは怖いというのだろう。

さて、常在菌が多いのは、腸内、口腔内、鼻腔内とされている。コロナウイルスの初期症状として、味覚や嗅覚の異常を訴える方が多い。これは、エクソソームが常在菌に何らかの変化を起こしている証拠ではないのか。

さらに口腔内の細菌は、血管内を通って、心臓などの内臓器官に影響を与える。口腔内の日和見菌は肺炎菌、ブドウ球菌、大腸菌など。悪玉菌はプロフィロモナス・ジンジバーリス、トレポネーマ・デンティコーラ、タンネレラ・フォーサイセンシス、ミュータンスレンサ球菌など。口腔内の日和見菌や悪玉菌が、脳卒中や心筋梗塞、糖代謝異常などを起こすことはよく知られています。

環境の急激な変化は、エクソソームを産出し、エクソソームは細菌を含む体中の細胞に情報伝達し、その情報伝達に対して、異常に反応した常在菌が体内の色々な場所に炎症等を起こしてしまう。

これが、人が病気になる原因ではないのか。
その状態を見て、コロナウイルスが感染したと喧伝しているのだろう。

大阪の知事が、口走った「うがい」
これが、瓢箪から駒、であった可能性はある。

日本経済新聞 電子版

ただし、うがいの効用はウイルスの消毒ではなく、

1.口腔内で活性化した日和見菌を消毒し、臓器に入れない。
2.口腔内で活性化した日和見菌を消毒し、他人に移さない。

高濃度のヨードの使用は副作用を生じることもあるのでご注意ください。
(食塩水ではダメなのかな?)



もともとウイルスなど存在しないのではないかとわたしは思っている。
冬になれば、気温の変化により、エクソソームが発生し、風邪症状が出る。夏も同様で、夏風邪をひく。

人が炎症反応を起こす原因は、環境の変化によって引き起こされる、エクソソームの産出に伴う常在菌のアンバランスなのではないか。

5Gという新たな周波数の電磁波が世界に広がろうとしている環境では、エクソソームは必ず産出される。スペイン風邪の時は、ラジオ波だったし、ww2の時は、レーダー波で、結核が大幅に増えた。(この時はストレスも多大に影響があったと思われる)結核は不治の病とされていて、転地療法が勧められた。「場」を変えるのだ。環境を変えるのだ。

5Gによる環境の変化に対して、体調を整えておくためには、

1.アーシング(陽電子を身体から逃がす)
2.腸内フローラの改善。
 プロバイオティクス、EM菌、乳酸菌。グルテンを避ける。
3.口内及び鼻腔内の洗浄。
 わたしは、時々0.9%の食塩水で鼻洗いをする。

などが有効だと思われる。

あと、殺菌作用のあるものとしては、煙である。囲炉裏のある家に住むのもいいし、お香を焚くのもいい。たばこもいいだろう。別に吸い込まなくてもいい。葉巻きをふかしているだけでも効果はあるだろう。たばこの吸いすぎは毛細血管に影響を与えてしまうので逆効果。


近年、政府が禁止してきたことを考えると、たき火の禁止であり、たばこの値上げであり、喫茶店等での喫煙の禁止である。これは、煙に殺菌効果のある証でもある。薫製にした魚は長期間保存出来るではないか。雑菌がいないからであろう。


風邪を引いた時に、医師は咳止めとか、解熱剤とか、対症療法の薬しか出せない。風邪の原因が分かっていないからだ。風邪症候群による身体異常の直接の原因は炎症であり、常在菌のアンバランスがそれをもたらす。お勧めはしたくないけれど、緊急の際は抗生物質の投与が必要な時もあるだろう。ただし、抗生物質は善玉菌も殺すので、倦怠感や吐き気、下痢など、副作用が生じることもある。

以上、この記事はわたしの推論であり、判断は各自でお願いします。西洋医学を信じている方は、医師と相談すればよろしいかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です