次元を重ねる横田空域とフォッサマグナ

これは、日本地図に、フォッサマグナと横田空域を重ねたものである。


薄い黄色がフォッサマグナと呼ばれている地帯。
濃い茶色が横田空域。
重なった部分が薄い茶色になっている。

ここは何なのだ。





日本列島が世界地図の縮図であるという説がある。

北海道=北米大陸
本州=ユーラシア大陸
中国地方=ヨーロッパ
瀬戸内海=地中海
四国=オーストトラリア大陸
九州=アフリカ大陸
房総半島=朝鮮半島
紀伊半島=アラビア半島
能登半島= スカンジナビア半島
佐渡島=ノバヤゼムリャ
南米=淡路島

(ネット上の文章引用)

この世界の縮図説の出所は出口王仁三郎だということだが・・。

私には龍にしか見えません。日本はエンキの国だったか・・。



こういう説もあります。

再確認:日本は世界の縮図




わたしは考える。

世界には日本しかないのではないかと。
この次元には日本しかないのではないかと。


次元は幾重にも重なっていて、そのもっとも大きな入り口が、そのもっとも大きな出口が、フォッサマグナであり、横田空域ではないのかと。

123便は、違う次元で行われている世界戦争に巻き込まれた。だから、ソ連や米国の戦闘機の残骸が残っていても不思議ではない。最近オーストラリアの戦闘機の破片が発見されたという話がある。実は123便は徳島と高知の県境でも目撃されている。四国はオーストラリアであるとすれば、不思議ではない。



私はこのことが真実だとは言っていない。

あとは、それぞれの皆さんで空想を膨らませていただければいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です