January 2020  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

自分で考えない人間たち

義務教育は洗脳である。

 

教科書には真実が書かれていない。たとえば、地球というもの、赤道では時速1700Kmで動いているという。馬鹿こくでねぇ。わたしは決して1700Km/hなどで動いてはいない。そんなもの感覚でわかることだ。地面は丸くもないし、自転もしていない。反論はいらない。個人で考え実験してみるべきことだ。数日前、13時頃晴れた南の空に三日月が出ていた。これは太陽が大きくもなく、加えて遥か彼方にはないことだと勝手に思っている。人類は何かを隠し続けている。隠し続けるために作られ続けてきたものを科学という。オラは狂った頭でそう思っている。思考を固定してはいけない。何事にも遊びは必要だ。あなたの即断は洗脳された脳細胞から生まれている。

 

日本でなぜ神という?「神→KAMI→MAKI→魔鬼」という可能性はゼロなのかい。「主は呪」という思考の余裕は断罪されるのかい。偶像を崇拝すると、そこに魔が宿り鬼が住む。その可能性も捨てきれないだろ?数少ない神社には真の神が存在するかもしれない。しかし、神主は注連縄で神を封じ込め、鳥居で結界を張る。神は外に出られない。まぁ、これも推論の範疇を出ないけれどね。

 

ところで、法隆寺五重塔にある馬頭形、鼠頭形、鳥頭形は何なんだい。

馬頭形

画像はお借りしたものです。

https://ameblo.jp/lavinia21/entry-12524082972.html

 

人間が万物の霊長であるなどというのは大嘘だ。氷河期や恐竜の時代以前から生き抜いてきた高等生物がいたとしてもおかしくはない。人はそれを宇宙人ということもある。神ということもある。GODは逆さまに読むだけでDOG。破壊神ビルスは犬だぜ。関係ないか・・。

 

人肉は昔から食べられていた。カニバリズムだ。誰が食べたんだ。古代人が神と呼んだ爬虫類人は食べただろうな。戊辰戦争では兵士が人肉を食べたというし、信長公記にも人肉を食べた記録がある。人間も人間を食べていたのだ。昔は土葬が一般的であったことも頷ける。爬虫類人の中には人間を捉えて家畜のように食べていたものもいるだろう。いや、彼らが捉えずとも、彼らを神と崇めた人間たちが捧げていたのかもしれない。保存していた古代遺跡はこれだ。よく見るといい。

 

古代遺跡三宝

この形は今でも使われている。神に供物を捧げる三宝だ。

三宝

今でも人間は食べられているだろう。行方不明の子どもの数が多すぎる。米国で毎年80万人、ドイツで毎年10万人、英国では毎年23万人、という話もある。俄には信じがたいが、世界中で800万人という説もあるくらいだ。元来、子どもは「子供」であった。供え物なのだと解釈する余地はある。子供が全て食べられているとは思わないが、この数を見ると、人間は家畜であってもおかしくはない。可能性の話だぜ。

 

科学が隠し続けてきたものは、太古から地球に住んでいる高等生物の存在なのかもしれない。私達が教科書や書物を読むときに注意するべきは「ほんまかいな」という心を持ち続けることだ。そして、疑問があれば自分で調べて自分で考える。事実を観察し自分で考える。いろいろなことを体験し、体で考える。世の中「ほんまかいな」だらけなのだから。

 

ふと思う、では、太古から地球に住んでいる高等生物を創ったのは誰だ?

私は、それは私ではないかと思っている。いいだろ。思考にそれくらいの飛躍があっても。

 

人間は愚かだ。自分が他人より大きな金を稼ぎ、自分が他人より上に立つことだけを良しとする。そして彼の愛情は自分の家族を越えることはない。しかし、それで幸せになったかい?産業革命以来、生活は便利にはなったかもしれないが、幸せになったのかい?

 

私は、幸せになる方法は一つしか無いと思っている。それは世界中の人々を幸せにすることだ、もしくはその努力を続けることだ。あらゆる生命を大切にすることだ。と、まあ、理解してくれる人は少ないだろうが、私は勝手にそう思っている。

 

 

comments

   
pagetop