November 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

頭重感が心を滞らせる日

明治以来の日本の歴史を調べていると、憂鬱になる。

幾多の暗殺の凄惨さ。

英国が、あるいは米国が、朝鮮族を使い、経済界、政界を牛耳り、情報を捻じ曲げ、日本人を「考えない民族」にしてきた狡猾さ。

いまや、日本は殲滅の一歩手前だと言うのに、人々はテレビに興じ、スポーツ中継に釘付けになる。

運転しながらスマホを使い、自転車でスマホを使い、ベンチでスマホを使う。

 

残念ながら、日本人は愚かである。

 

ふと庭に出ると、蜻蛉がやってきて何事もなかったかのように枝の先。

雀が呼ぶので、米を少し撒いてやる。

 

透明人間になりたい。

どこでもドアがほしい。

 

頭重感が強い。

 

綺麗なものが見たい。

天使の涙で心を洗いたい。

 

宮沢りえ

 

 

comments

はい。

  • Y.M
  • 2019/11/18 11:43 PM

ね。

  • 南海の獏
  • 2019/11/18 7:47 PM

私にも、麻縄、見えました。


  • Y.M
  • 2019/11/18 7:27 PM

足の指。それがこの写真の美しさだと思いますね。うなだれた首と彼女の視線を足の指で引き締めている。じっと見ていると、麻縄が見えてきます。

すきまですか。
わたしも心を一歩引かないといけないのかもしれません。

  • 南海の獏
  • 2019/11/18 12:24 PM

秋らしい日が少なくなりました。
意識してこころに「すきま」を作らないと、
何かに押しつぶされそうになります。

宮沢りえ、くっと反った足の指が良いですね。

  • Y.M
  • 2019/11/17 4:33 PM
   
pagetop