July 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「わたしのCCIトレード」について

○絶対的に人気のない「わたしのCCIトレード_Red&Black」について
使い方に依存する半自動 EAで一つのツールですね。 全ての通貨ペアで稼働可能。基本的に 15 分チャートでの使用を前提にしています。


○動作について
本 EA は CCI 値が上がったときに売りのポジションを持ち、下がったときに買いのポジションを持 つ。初期設定で最大 2 ポジションを取る。


[使用者の方にしていただくこと]

(1).トレンドの出ている通貨ペアを見つける

(2).最適化を行う

(3)最適化結果に基づいてパラメーターを設定する

(4).EA をチャートにセットする

(5)取引結果によって、次回のロット数を変更する

 

(2)と(3)について、わたしはしていない。


バックテストの仕方についての詳細は fx-on のページに説明されていますので、参考にして下さ い。
http://fx-on.com/lecture/duty.php?c=1&i=287


[パラメーターの設定について]

Lots = 0.01;
Slippage = 4;
MaxSpread = 5;
ASK と BID の差が 5Pips を越える場合には注文を行いません。

 

Magic= 12345;
マジックナンバー。他の EA と違うナンバーにして下さい。また、本 EA を複数のチャートにセット する場合にも、この数字をそれぞれ違うものにして下さい。


Buy_Loss_c = 60;
下記、Sell_Loss_c と同様です。Buy ポジションの場合のストップロス値。


Sell_Loss_c = 60;
一般の EA とは考え方が違いますのでご注意。
ポジションを 2 つ取った時、そのポジションをストップロスする平均値をここで決める。2 つのポ ジションの平均値ですから、初期設定 60 の場合は、2 つのポジションのストップロスの損失合計 Pips が 60×2=120Pips になるとポジションをクローズします。損失合計 Pips が 40 と 80=120Pips で もポジションをクローズします。ポジションを 1 つしか取らなかった場合は、この数値の 2倍がストッ プロスになる。同じく 120Pips 。テイクプロフィット値はプログラム内で計算します。


CCI_P = 190;
本 EA は CCI 値が上がったところで売り、CCI 値が下がったところで買います。その場合の CCI 値 を入力します。初期値 190 の場合、CCI 値が 190 以上で売り、-190 以下で買いのポジションを取 ります。(いずれも終値)この 190 という値は、15 分チャートにおいて非常に有効に機能します。こ れは 1 年間実口座で動かしてみた結果得たものです。通常は変更する必要はありませんが、1 時 間チャートなどで使用する場合は最適化によって最適値を探して下さい。


ratio = 1;
ストップロスの値とテイクプロフィットの値の比率を入力。初期値は 1 対 1 ですが、ここを 2 に すると、ストップロスの 2 倍がテイクプロフィットの値となります。ratio = 9 にすれば、ストップロスとテ イクプロフィットの比率が 1 対 9 になります。


Nanpin = 5.0;
たとえば、この値を 0.2 にすると 1 回目のポジションを取った後、Sell_Loss_c に入力した値の 0.2 倍 の損失が出たときに二つ目のポジションを取る。ナンピンです。使用しないときは「5.0」を入力 して下さい。使用するときは 0.1〜0.9 までの数字を入れて下さい。


Pyramid = 5.0;
たとえば、この値を 0.2 にすると 1 回目のポジションを取った後、Sell_Loss_c に入力した値の 0.2 倍 の利益が出たときに二つ目のポジションを取ります。ピラミッドです。使用しないときは「5.0」を入力 して下さい。使用するときは 0.1〜0.9 までの数字を入れて下さい。


Max_B_Pos = 0;
初期値は 0 にしています。当然 Buy のポジションも取れます。数字を「1」にすると、一つのポジ ションで Sell_Loss_c の値の 2 倍がストップロスの Pips になります。ご注意下さい。 「0」「1」「2」以外の数値を入れないで下さい。正常動作致しません。

 

Max_S_Pos = 2;
Sell ポジションの数です。数字を「1」にすると、一つのポジションで Sell_Loss_c の値の 2 倍がス トップロスの Pips になります。ご注意下さい。 「0」「1」「2」以外の数値を入れないで下さい。正常動作致しません。


本EA は最初にストップロス値を注文に出すことをせず、内部で計算した値で注文を出しますので、相場の動きの激しいときや、サーバーとの通信状況が悪いときなどは、ストップロス値が数 Pips ずれることがあります。

 

以上説明終わり。

 

このツールの肝は「ratio」にある。「ratio」を2にすれば、損益比率が1対2の博打が出来る。するとモンテカルロ法もココモ法も使える。ルーレットは次に何が出るか常に1/37であるが、FXにはトレンドというものがある。トレンドの方向に値が動くことが多いのでルーレットの数倍有利だ。

 

なぜ人はこうしたツールを使わないのか・・・なぞ・・・

直販しますよ。お支払いはPAYPALになります。ご希望があればヤフオクに出すことも出来ます。

 

ある女性が、なかなか利益が出なくて悩んでいました。わたしは、「徹底的な損小利大が難しいのなら、取引結果によって次に建てるポジションのLot数を変えてみればいい」と彼女に、いくつかの方法を教えました。マネジメントシステムを教えました。この出来事が、本ツールを作るきっかけになりました。彼女と同じような悩みを抱えている方の一助となれば幸いです。

 

ご質問もお気軽にどうぞ。

 

彼女のメモです。きちんと、システム通りに出来ているかどうかは謎です(^^)

 

ccitrade201603

 

ダウンロードマーケットからはこちらで

わたしのトレードツールモニター募集の件

私のトレードツールのモニターを募集したけれど、1名のみの申し込みしかない。まぁ1名でも有り難い。
しかし、どうも、人気がないね。積極的になんでも試してみればいいのにと、残念である。
市販されているEAの勝率などが気になるようでは、生き残れないと思うのだが・・。

ccitrade201603

この一ヶ月で、このツールを使って獲得したのは440pipsらしい。わたしは、こうした記録が面倒なので、他人に記録して貰っている。もっと、毎朝チャートを見て真面目に取り組めばいいのにね〜。

あまりに応募がないと、いきなり募集を打ち切りますので悪しからずご了承下さい。
→ 3/26を以て募集を打ち切りました。

ちなみに販売しているページは下記になります。徹底的に人気ないです。

「わたしのCCIトレード 」


何度も言うけれど、トレードは身体で覚えるものです。
もしも、世の中にForex Testerがなかったら、今のわたしのトレードはないと言っていい。
ゴールデンウイークセールで25%オフらしい。今買わないでどうするのだ。
幸運の女神には前髪しかないと言うぞ!!

Forex tester2
forextester_2


読んだら応援!!
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:ギャンブル

Forex Tester2は魔法のツールのようだ


トレードを始めたら、基本的な知識を学ぶことが第一だ。そして知識を身につけたら練習だ。
しかし、デモ口座で練習を積むには時間がかかりすぎる。

わたしはForex Tester2を2つ購入している。
このForex Tester2なるものは、MT4でできることは殆ど同じように出来る。私にとっては魔法のツールだ。

レジスタンスラインやトレンドラインを引いたり、フィボナッチを表示したり、時には様々なオシレーターを使って、売買のテストをしている。



自分なりのアイディアが浮かんだら、徹底的に検証する。検証している間に、違うアイディアが浮かぶこともあるし、何よりもチャートの動きが身につく。頭で憶えた知識は、実際に試してみることによって身体で覚えることだ。

いくら頭が良くても、いきなり140kmの速球は打てないが、バッティングセンターに足を運んで、110kmから次第に球速を上げていけば打てるようになる。

習ったら、次は慣れろなのだ。

トレードで利益を目指す人には、絶対にお勧めする。
セントパトリックスディがスタートして、 3月24日まで25パーセントOFFらしい。

今、始めないで、いつ始めるのだ。

とまで思う。

forextester_2
Forex Tester2」


ところで、セントパトリックスディってなんなのかな?

読んだら応援!!
にほんブログ村 為替ブログへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:ギャンブル


 

わたしのトレードツールのモニターになってくれる方募集


「わたしのCCIトレード」
今回、「わたしのCCIトレード」と名付けたFX取引ツールを作りました。

 <開発の経緯> 私の知人に真面目な女性デイトレーダーがいます。いつも、そこそこの勝率を残しているようだったのですが、「口座の残高が思うようには増えない」と悩んでいました。わたしは、彼女の売買記録を見せて貰いました。 ドルストレート通貨を、ストップロスとテイクプロフィットを同Pipsのものと、テイクプロフィットをストップロスの2倍に設定しているものに分けて、取 引をしていました。大きな動きを見せる通貨ペアは2倍にしているようです。彼女なりに研究を重ねた結果の手法だと思います。 ストップロスとテイクプロフィットを同Pipsに設定しているものについては、最低でも50%を少し割る程度の勝率はあります。テイクプロフィットをス トップロスの2倍に設定しているものについては、ある程度利益が出れば、ストップロスを建値に変更していたので、プラスマイナスゼロという取引がいくつか 存在しているので、正確な勝率は分かりませんでしたが、3回に1度くらいは取引履歴に丸印が付いています。3回に1回では、トントンになります。 そこで、わたしは、「徹底的な損小利大が難しいのなら、取引結果によって次に建てるポジションのLot数を変えてみればいい」と彼女に、いくつかの方法を教えました。 この出来事が、本ツールを作るきっかけになりました。彼女と同じような悩みを抱えている方の一助となれば幸いです。

基本的に、スプレッド の影響が殆どなくなるくらいのストップロスとテイクプロフィットで、それが1対1の割合であれば、売っても買っても勝率は50%で同じだと思っています。 しかし、相場にはトレンドが出ているときがあります。そのトレンド方向にポジションを建てれば、勝率は上がるはずです。勝率が33.4パーセントを超えるならば、理論的には利益に繋がる方法でLot数を変えていきますが、そう簡単にもいかないのが人間の心ではあります。心は相場を当てたがるのです・・。

このツールをデモ口座で使ってみて、感じたことなどをわたしにフィードバックしてくれる方を募集します。

(実口座でも動きますが、全て自己責任でお願いします。)

お名前、自己紹介、メルアドを必ず入れてコメント欄から申し込んで下さい。(コメントは公開致しません)
質問のある方はメルアドを入れずにコメントして下さい。(基本的に質問のコメントは公開されます)


モニターしてくれる方が10名ほどに達した時点で、一端締め切ります。

 <トレードで利益を得るためには下の3つしか方法はないと思います。>
(1)勝率を圧倒的なものにする。
(2)損小利大を貫き、利益が出てきた場合には、徹底的についていく。
(3)建てるポジションのロット数でトータルをプラスにする。

添付のEAは(3)の建てるポジションのロット数でトータルをプラスにするツールとして作成しました。テイクプロフィットとストップロスが同じ値ならば、50%の勝率でプラスマイナスゼロとなりますが、勝率50%以下でも利益を出す方法で ロット数を適宜変更していただきます。ルーレットで赤が出る確率も黒が出る確率も18/37。50%を僅かに切ります。それでも利益を出すためには、張りで勝つしかありません。それで添付EAを「Red&Black」という名前にしました。 トレンドの出ている通貨ペアを見つけて、セットしてください。

 [商品内容]
マニュアルpdf、Red&Black(半自動売買プログラム)
○EAはポジションのオープンからクローズまでを自動で行います。ただし、トレンドの判断は行いません。パラメーターの設定も使用する方にお任せします。使い方に依存する半自動EAですので、一つのツールとしてお考え下さい。
○全ての通貨ペアで稼働可能です。
○15分チャートでの使用を前提にしています。
○ストップロス値を決めると、設定に応じてテイクプロフィット値を計算します。
○ナンピン、ピラミッドの設定可能。
○ポジション数、ロスカット値の変更可能。

 [使用方法]
1.トレンドの出ている通貨ペアを見つける
2.最適化を行う(主にボラティリティを知るために行います)
3.最適化結果に基づいてパラメーターを設定する
4.EAをチャートにセットする
5.取引結果によって、次回のロット数を変更する

EAはCCI値が上がったときに売りのポジションを持ち、下がったときに買いのポジションを持ちます。トリガーはCCIのみです。ポジション数は変更出来ますが、2ポジションまでとなります。

 「トレンドの出ているときにトレンド方向に順張りでポジションを取る」ということが前提です。戻り売り、押し目買いを狙ってポジションを取ります。 *最適化の仕方、バックテストの方法、ポジションの建て方、など詳細は取扱説明書にて説明させて頂きます。取扱説明書はpdfで20ページ近くになります。

(それにしても、物事を人様に正確に伝えるのは難しいものだと思いますね)

わたしも状況に応じて、使用しているものです。
わ たしは、体調の変化が激しく、チャートを見れない日が続いたりするので、このEAにポジションをとて貰っています。なんか、しんどくて寝ているときに思うのは、自分が作って重宝にしているツールを隠したまま死ぬより、使って頂ける方に使って貰えばいいということです。でも、このツールは練習が必要ですの で、デモ口座で充分使いこなせるようになってから、実口座で稼働させて下さい。

「お約束」
○本ツールは取引ツールとして開発したものであり、将来の利益をお約束するものではありません。予期せぬバグの発生やサーバーのエラー等に関して責任は負いかねますのであらかじめご了承下さい。本ツールのご使用により生じたいかなる結果につきましても、作成者は一切の責任を負いません。

○モニター用にお渡しするファイル及びEAの販売を固く禁じます。


このツールをデモ口座で使ってみて、感じたことなどをわたしにフィードバックしてくれる方を募集します。
(実口座でも動きますが、全て自己責任でお願いします。)
お名前、自己紹介、メルアドを必ず入れてコメント欄から申し込んで下さい。(コメントは公開致しません)
質問のある方はメルアドを入れずにコメントして下さい。(基本的に質問のコメントは公開されます)
モニターしてくれる方が10名ほどに達した時点で、一端締め切ります。

→ 3/26を以て募集を打ち切りました。

ちなみに販売しているページは下記になります。徹底的に人気ないです。

「わたしのCCIトレード 」


読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:ギャンブル

FXで利益を出す方法

FXで利益を出す方法において、考え方はふたつ。どちらにしても損小利大を目指さなくてはならない。

ひとつめは、損切りが当たり前だと割り切り、同じパターンでチャレンジし続ける。損失と利益の比率は高いほどよい。例えば、ダブルトップと思われるところで売り続ける。たいていはダブルトップを上抜けて自分が投げ捨ててから下げる。しかし、何回かに一度は丁度ダブルトップで反発するので、その時に利益を伸ばす。典型的損小利大。ブラックジャックでプログレッシブシステムを使う光景が思い浮かぶ。

こうしたパターンを多く身につけるのは損なことではないが、あまりに知識が増えすぎると、今の状況を自分の知識に合わせて判断しようとする。そうすると、正解が欲しくなる。正解など無いと言うことを知っているにもかかわらずだ。そしてオシレーターだらけのチャートを見て、自分を正当化し始めてしまう。こうなると終わりだ。自分が正しいなどという妄想は猫のおかずにもならない。

ふたつめは、勝率に合わせたロット数の変更をする。基本的にスプレッドの影響を受けない程度のストップロスとテイクプロフィットを設定した場合、長期的にポジションを1対1の比率で立て続ければ、勝率は5割に収束していく。それなら、システムベットを使えばいい。50%になるのなら、ダランペール法でも勝てる。ただ、ルーレットと同じように、赤が連続して出たりすることは多いので、トレンド方向にのみポジションを建てると勝率は50パーセントを少し超える。

チャートがあるということは、こちらにとって有利だ。バカラに罫線があるということも同じ。

博打とは、確率の偏りを味方にした者が勝つゲームだ。
言うのは簡単だが、やってみると、これが案外難しい。

続きはまた今度。

海外業者ならNDDのTraderstrustだろうか。


読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村  

JUGEMテーマ:ギャンブル

シナリオは二つ

FXについて。
例えば、今ドル円が111円だったとする。110円になるか、112円になるかは、五分と五分だと考えるのは不謹慎か?
111円で買いでも売りでもTPとSLが同じ値幅のポジションを持ってみる。損切りにあったら次回のロット数を変える。これならバカラと同じだが、不謹慎か?

まぁこの話はさておいて、

確かに相場にはトレンドというものがある。今、ドル円は下げている。しかし、111円がまっすぐに110円に落ちていくかどうかは分からない。112円まで戻して、110円に到達することもある。111円で売った人が、112円に損切り注文を入れて、利確を110円にしていたとする。相場は112円まで戻して、110円に到達する。

すると、この人はこう言う。「ほら、俺の予想通り110円まで下げただろ」と。
確かに予想は当たっているが、トレードとしては損失だ。

また言う「ヒゲで引っかけられなかったら取っていたのにな」と。
さらに言う。「15分足でダブルボトムをつけたから一度戻したんだよ」と。

こういうトレード話は疲れる。チャートは後でなら何とでも言える。何とでも言える人間が、チャートの右端ではためらう。何故ためらうのか。それは予測しようとするからだ。予想を当てようとするからだ。ここから悩みが生まれ出ずる。

たしかに、相場にはトレンドがあるし、意識されやすいポイントや、チャートの形が存在する。永くチャートを見ていれば、そういうものは自然と身につく。頭で考えるのでなく、身体が覚えてしまう。自分の経験で優位性があると思われるポイントで飛び込んでみればいい。

シナリオはふたつだ。いつも通りにチャートが形成されるか、それとも、違う形になるか。違う形になれば損切ればいい。同じ形になったときの選択肢はふたつ。利益を大きく伸ばすか、いつも通りの形を形成したところで利確してしまうか。

続きはまた今度。

チャートの動きを身体で覚えるためには反復訓練しかない。わたしは2台のパソコンにこれを入れている。


Forex Tester
 

JUGEMテーマ:ギャンブル

勝つ方法はふたつしかない

EAを作る側としては、なんとかどんな相場にも通用するものを作ろうとする。そして、必死の努力をする。ひとつのEAを作るのに数ヶ月を費やすこともあるだろう。

売買のタイミング、つまりトリガーを何に託すのかを決めて、自分の裁量でトレードしてみる。うまくいく。しかし、これをEAにしようとすると、うまくいかない。何故か。

結局は、トレンドの判断が難しすぎることと、ボラティリティに変化があるということが原因だ。完璧にトレンドがでている状態だけを選択するのはたやすいが、取引回数が激減する。評価する側はそれを好まない。損切り値の平均を出すのはたやすいが、明日の値動きの幅は分からない。EA制作者は、冥府魔道に入った拝一刀になる。(古いか・・)

結論は、相場は分からないということだ。Wトップをつけたから下がるだろうと予測しても、少し下げて一気に高値をブレイクすることもある。前回高値を上抜いたからブレイクアウトで買うと、スパイクを付けられて一気に下げられることもある。

教科書に書いてあるとおりに売買しても、利益にならないということは、人間の心にダメージを与えるだろう。よく分かる。そうして人は相場から退場していき、また新人が参入してくる。そんな世界だ。なんか書いていて辛くなってきたぞ。

小さく負けて、大きく勝つ。
損切りと利確の比率を決めておいて張りで勝つ。

この二つしかない。
これは、カジノと同じことだぞ・・・。

続きはまた今度。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村  

JUGEMテーマ:ギャンブル

1
pagetop