May 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

カジノでビットコインか

毎日、バカラをしているが、一気に大勝ちするのは難しい。博打は確率計算すると、胴元が儲ける結果しか出ない。そんな中で、生き抜いていかなければならない。ビットコインが使えるカジノができはじめている。

 

 

ルーレットのダズンベットの難しさ

もしも、あなたが、カジノのルーレットでダズンベットを始めるとしよう。

「1st12」か 「2nd12」 もしくは「3rd12」に賭けるやり方だ。いずれも12/37の確率だから、モンテカルロ法で簡単に勝てると思う。

しかし、確率には偏りがある。

ルーレット12

よく見て欲しい。

12回連続で「3rd12」に入っていないのである。

いくらなんでも、と4ドルのチップを置いてみたが、この時点で「3rd12」に入る確率はやはり12/37なのだ。
ルーレットは悪魔のゲームだと思う。だから愉しくもあるのだけれど。

読んだら応援!!
 にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村
 
JUGEMテーマ:ギャンブル

W88.comオンラインカジノの広大さに驚いた

W88.comオンラインカジノに口座を作ってみた。

カジノ内は非常に広く、「スポーツ」「ライブカジノ」「スロット」「テキサスマージャン」「ロト」「バーチャル」「ポーカー」と種類も豊富だ。

ライブカジノ内はさらに「クラブW」「クラブWプレミア」「クラブパラッツオ」「クラブマッシモ」と別れていて、全部回るだけでも時間がかかるくらいだ。

ここのシステムはWilliamHillと似ていて、入金額はまずメイン口座に登録され、例えば「クラブWプレミア」でプレイしたい場合は、メイン口座から「クラブWプレミア」に資金を振り分けることになる。

それにしても、よくこれだけ広いオンラインカジノを作ったものだと感心する。「スポーツ」では、まだベットの種類が少ないが、増強中であるらしい。「ライブカジノ」でのプレイも私の環境ではスムーズだった。ページも日本語表記で分かりやすい。このまま、安定して経営を続けていけば、WilliamHillを凌ぐものになる。

その上、これらのゲームがスマホでプレイできるというのだから、驚く。



・・これは、はまるかもしれない・・・

さて、入金時に決してボーナスを貰わない私は、一回りした時点で出金してみた。大抵のカジノは出金時には身元確認書類を求められるのだが、入金額が100ドル以下だったこともあるのだろうか、ネッテラーへの出金に要した時間は10分ほどだった。あまりのあっけなさに気が抜けてしまった。

また再入金して、ライブカジノに飛び込むことになるだろうと思う。


W88の登録の仕方はこちらから


読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村
 
JUGEMテーマ:ギャンブル

 

カジノ掲示板

オンラインカジノに関する価値のある情報が少ないので、
ギャンブル用の掲示板を作りました。

掲示板でのアフィリは禁止します。オンラインカジノの名前を入れるのは自由にどうぞ。
他の公営ギャンブルに関する書き込みもOKです。

試験運用ですので、ID,パスワード共にguestで入れます。
ベテランの方は有用な情報や手法を、初心者の方は素朴な疑問を書き込んでいただいたらいいと思います。

将来は会員制にしたいと思っていますが、どうなることやらです。

→Gambling BBS

ワイルドジャングルが素敵な件について


日本語サポートならワイルドジャングルを徹底的に推す。



「4年間のPlaytech系カジノの日本語サポートで、カスタマーサポート賞を受賞したサポートチームが24時間皆様からのお問い合わせをお待ちしております。入出金方法、ゲームのルール、ゲーム中のトラブル等、何かご不明な点がございましたら、24時間いつでもチャット・メールでお問い合わせください。

これはすごいことだと思う。大抵のカジノは日本語サポート時間が制限されていて、いざというときにチャットしようとしても英語になってしまう場合がある。"ワタシハエイゴガワカラナイ"

しかし、ワイルドジャングルは24時間、チャットボックスで問い合わせると、すぐに返事が返ってくる。この企業努力は大いに賞賛する。

上のバナーからワイルドジャングルに行くと、下のサイトに飛ぶので、「日本語版ダウンロード」を押して欲しい。

ワイルドジャングル-1

すると、下のページが現れると同時にバックグラウンドでソフトウェアのダウンロードが始まる。
あとの詳細は下のページに書かれている。簡単だ。
ワイルドジャングル-2








わたしはワイルドジャングルに行かない日は・・無い。毎日行く。・・・病気か??

気合いの入っている日はライブバカラをする。
うつろな日はビデオスロット・・スロットって言わないのかな・・ジャックポットマシンを回す。
これがはまる・・・。何故か楽しいのである。こまった。

アイアンマン

わたしのような中毒患者になると、この画面を見ないと寝付きが悪くなる。ただ、長時間は回さない。少し儲けたら一度やめる。これが肝心。1ライン0.01ドルからベット出来るので、遊びとしてもよろしい。ワイルドジャングルについては以前にも記事を書いた。サポートがきちんとしているということは、きちんとしたサービスを提供しているということだ。その姿勢に共感してしまう。



ワイルドジャグルは専用のソフトウェアをダウンロードして、始めるようになっている。
ソフトウェアの動作環境については
【推奨環境】
OS Windows 7 32Bit
CPU 2.5GHz以上
メインメモリ 2GB
ハードディスク/SSD空き容量 3GB以上
画面解像度 1280x800
グラッフィックボード 2GBのビデオメモリ、ATI RADEON HD 3300
インターネット 750Kbit/s以上(ライブゲーム)
その他 Flash Player 11.0.1.152以降を、インターネットエクスプローラーへインストール

残念ながらMacでは遊べない。わたしはMacしか使っていないので、Vmware Fusionをインストールして、その中で動作させているが、ブラウザで楽しむのではなく、専用ソフトなので動きはスムーズである。

ライブバカラはテーブル数がそんなには多くないので、罫線を覗き込んだだけで、ベットの機会に恵まれないこともある。それはどこのカジノでも同様のことがあるので仕方ない。Good Luckは追いかけるものではない。向こうから嫌でもやってくるものである。

バカラを抜け出して、20ラインのビデオスロットを回していると、こんなこともある。
サンタサプライズ
これはラインベットの10,000倍の配当だ。バカラが進行する間の時間をつぶすために、1ライン0.01ドルで回していたから100ドルだけれど、もしも1ライン1ドルで回していたら10,000ドルだ。100万円が一瞬で手に入る。脳内で化学物質がはじけるのも仕方ないだろう。



オンラインカジノを始めるなら、まずはワイルドジャングルに口座を開いてみることだと切に思う。

昨日も、少し分からないことがあって、チャットを開くと、すぐにサポートの方が声を掛けてくる。「どうかなさいましたか?」と。数回のやりとりで疑問は解消されたので、わたしが「サンクス」と気軽に言うと、「とんでもございません」と返してきてくれる。実に素晴らしい対応である。

さて、バカラ台をのぞきに行くとするか。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:ギャンブル
 

オンラインカジノのあの手この手

***********様
 カジノサポートをご利用頂きまして有難うございます。
 
この度はご不便をおかけし、大変申し訳ございませんでした。
SMS配信停止の設定が完了いたしました。
すでに配信予約されているご案内が2〜3日の間は届く場合がありますので、ご了承下さい。
 
ご不明な点がございましたら、お気軽にお問合せください。
 
日本サポート
**************日本語サポートを是非ご利用ください***************
メールサポート:---------------------------
ライブチャット: 月曜日から金曜日:17:00 - 1:00
(上記以外の時間帯、また混雑時は英語ライブチャットとなります)
************************************************************


このメールを受け取るのは3度目だ。もう随分前に、あるオンラインカジノで登録したのだけれど、出金したまま放置していたら、最近毎日夕刻にショートメールが届くようになった。毎日である。今までにもショートメールが届くことがあり、2回文句を言ったが、一時期は止まるものの、忘れた頃にまたショートメール攻撃が始まる。スマホを使っている人ならば、何の気なしにカジノで遊ぶこともあるかも知れないが、わたしはガラケーである。ただただ、鬱陶しいだけだ。

何故、こんな下品なセールスをするのだろう。やはり、売り上げが伸びてないからだろうな。オンラインカジノでプレイする人は増えているだろうけれど、カジノも客に選択される時代になったということか。

ちなみに、私がサポートに送ったメールは

「ショートメールを送るな。と何回も言ったのに、いまだに送ってくる。わたしの登録情報を全て消去するように。

全ての登録情報を消すように要求したのに、ショートメールが止まるだけらしい。辞めさせないということか。どうでもいいのだけれど、このカジノに入金する気はない。このカジノの阿鼻叫喚が聞こえてくる思いがする。こんなカジノは紹介したくないね。

少し気になってこのカジノを検索してみると、紹介しているサイトがあふれている。中にはサポートに最高得点を与えて紹介しているところもある。下品だね。

情報は鵜呑みにはするべきではない。どこかに登録したら、決してボーナスなど貰わずに入金して、一度出金もしてみるべきだ。その一連の対応を自分で体験しないと本当のところは分からない。特に、オンラインカジノが初めての人は、ボーナスを貰わないことをお勧めする。ボーナスの出金条件は、初めての人が読んでも把握できないだろうと思う。このボーナスのために出金できなくなって怒っている人がたくさんいるが、よく条件も読まずにボーナスを貰った方が悪い。

ただ、頼みもしないのに、初回入金に対してボーナスを付けてこられることがある。もしかすると、そういうカジノが多いかも知れない。そんな時は、決してプレーをしないで、サポートに対して、「ボーナスは不要なので取り除いてくれ」と連絡をし 、自分の入金額と口座の残高がきちんと合っている状態を確認してからプレイする。わたしはそうしている。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村
JUGEMテーマ:ギャンブル
 

ワイルドジャングルの日本語サポート

ワイルドジャングルから離れられない。

やはり理由は日本語サポートが素晴らしいからだ。昨年末あたりに、わたしの環境ではバカラのライブ画像が見れなくなったことがあった。サイト内を右往左往していると、チャット欄で、サポートの方から呼びかけてきた。「何かお困りですか?」と。それでライブ画像が見れないことを告げると、色々な方の環境でそのような現象が起きていることを教えてくれた。さらに、次の日にワイルドジャングルから私個人宛にメールがあり、現在の状況を説明してくれ、数日後に解決策を教えて貰えた。これは、すごいことだと思う。カジノのロビーで右も左も分からずにうろうろしていたら、従業員が" May I help you?"と微笑みながら声を掛けてくれたようなものだ。サポートでカジノを選ぶならワイルドジャングルしかあり得ない。ちなみに還元率も97%らしい。

で、バカラのライブ画像が見れない間、何をしていたかというと、スロットマシンだ。1ライン0.01ドルから賭けれるので、つい長時間回してしまう。ボーナスに突入すると、脳内から色々な物質がほとばしり出るのだろう。こうなると金額は関係ない。癖になる。パチンコをする暇があるのなら、ワイルドジャングルでスロットマシンを回した方がいいに決まっている。

サンタサプライズ


ワイルドジャングルはこちらから登録できます。


読んだら応援!!
 にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

JUGEMテーマ:ギャンブル
12>|next>>
pagetop