November 2018  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

人々よ孤独になれ

寒い。

 

「民族は、どの民族でも、善と悪について、独自の言葉を語っている。隣の民族には、それが理解できない。民族は自らの言葉を自らの風習と掟の中で作り出したのである。
 ところが国家は、善と悪についてあらゆる言葉を駆使して、嘘をつく。国家が何を語っても、それは嘘であり、国家が何を持っていようと、それは盗んできたものだ。
 国家における一切は贋物である。盗んできた歯で、それは噛む。その臓腑までが贋物である。
善悪に関する言葉の混乱。わたしはこの徴候を、国家の徴候としてあなた方に教える。まことのこの徴候は死への意志を示す。まことに、この徴候は死の説教者たちに目くばせして、彼らを招く!
 余りにも多数のものが生まれてくる。余計な人間たちのために国家は発明されたのだ!
 どんなに国家が、かれら、多数の者を誘い寄せているかを見るがいい!どんなに国家が彼らを呑み、噛み、反芻するかを見るがいい!」

 

フリードリヒ・ニーチェ

 

「ツァラトゥストラはかく語りき」を読んだのは中学生の頃。意味など殆どわからなかったが、魂だけがすっ飛んでくる本だった。

 

ニーチェで検索してみると、平成維新軍というのが出てくる。CRISISというテレビ番組で引用されたものらしい。

平成維新軍の宣言文は

 

「国家は、善と悪について
あらゆる言葉を使い、
ウソをつく。
国家がなにを語っても、
それはウソだ。
国家がなにを持っていようと、
それは盗んだものだ
もうウソにはうんざりだ。
それはつまり、
人民からなにも盗まない国家でもある。
そのために我々は直接行動に出る。
ウソをつき、私腹を肥やす
政治家や官僚に、
我々は闘いを挑む。
そして、この闘いは我々が
根絶やしにされるまで、
終わることはないだろう。」

 

これは正論であるかもしれない。

 

私達は教育という名で洗脳され、道徳という名で縛られ、法律というどうにでも解釈できるもので逮捕される。

毎日、テレビを見て、自転車に乗りながら、電車の中で、そして寒い夜道を歩きながら、スマホを見ているものには、この事実さえ見えない。

 

人々よ孤独になれ。

そして三島由紀夫の言葉を噛みしめるがいい。

 

「この世のもっとも純粋な喜びは他人の幸福を見ることだ」

 

孤独の深淵に触れて来たことのない者にはこの意味がわからないだろう。

 

もうすぐ冬が来るのか。

今日は寒い。

 

 

 

 

目の前の牢獄

私たちは教育という名の下で洗脳され続けている。そして環境によって無意識に様々な偏ったものを刷り込まれ続けている。

「人類は“宇宙”と呼ばれる全体の一部であり、時間、空間での限られた一部分である。それ以外から隔てられた何かとして、またその意識をある種類の視覚的幻影として、彼は、彼自身や、思考、そして感情を経験する。その幻影は、ある種類の牢獄であり、我々を個人的な欲望に追いやり、数人の近親者への感情の虜とする。我々の使命は、この牢獄から解き放たれ、全ての生けるものや、自然の全てをその 美しさの下に抱きしめる、慈しみ深い熱情の輪を広げなければならない。」

アインシュタインの言葉である。



アインシュタインといえば上の写真が有名だけれど、仏教では、大きな舌を出すことは、嘘を言っていないことの証とされる。
実に興味深いことだ。

読んだら応援!!
にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ
にほんブログ村

 

プロ野球をつまらないものにしているのは審判である

最近久しぶりに日本のプロ野球を何試合か見た。

驚いたのは、恐ろしいほどストライクゾーンが狭いことだ。アンパイアは、アウトコースの際どい球を全くといっていいほどストライクと言わない。見ていてピッチャーが気の毒になる。アウトコース低めはピッチャーの生命線だが、その球をストライクと言ってくれないとピッチャーは自然と苦しくなる。従ってバッターは際どい球に手を出さない。試合時間がどんどん長くなり、ピッチャーの球数は多くなる。

さらに、アウトコース低めをストライクと言ってくれないので、ピッチャーは、インコースの胸元に際どい球を投げてからアウトコースへ配球することになる。だから、デッドボールも多くなる。

さらにハーフスイングをスイングと判定しない場面が圧倒的に多い。これについては、昔は、ハーフスイングはスローでリプレイしていたものだが、そのリプレイも全くない。これは、裏で話がついているに相違ない。邪推かも知れないが、審判、野球機構、テレビ局・・密室で会議が行われたのだろうな。

試合時間短縮のために、選手交代を早くするように定めてみたり、試合時間や延長戦にリミットを設けたりしているけれど、試合時間を長くしているのは選手ではない。審判のジャッジなのだ。日本のプロ野球をつまらないものにしているのは、まさに審判のジャッジである。見ていて、全く楽しくない。楽しくないどころか腹立たしくなる。もう、日本のプロ野球は見ない。



 
1
pagetop