July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

私にはエビデンスなどいらない

エビデンス evidence
証拠、根拠、証明、検証結果。たとえば医学においては、その治療法が選択されることの科学的根拠、臨床的な裏づけをいう。エビデンス(証拠、根拠)に基づく医療はEBM(いーびーえむ)(evidence based medicine)とよばれる。

 

私は28歳時に十二指腸と胃を切除した。食後10分ほどでいろいろな症状が出た。その中で一番やっかいなのが食後高血糖である。高血糖に対して大量に分泌されたインスリンは2〜3時間で血糖値を下げ、私は低血糖の症状に見舞われる。眼の前が真っ白になり気を失いそうになることもあった。そして私は3時間毎に糖質を食べる生活を続けるようになった。インスリンを多量に分泌する生活は膵臓を疲れさせる。インスリンが出にくくなる。そして血糖値は高めで安定することになる。低血糖になることは少なくなっていくが、HbA1Cは高いままだ。そんな生活を続けていた私に、医師は血糖値を下げようと、血糖降下剤を投薬する。血糖降下剤とはインスリンを無理に出させる薬だ。膵臓はますます疲弊する。HbA1Cは8.0前後。インスリンのために肥満していく。60kgぐらいだった体重は100kgを超え120kgあたりまで増えた。(これはこの間に甲状腺機能亢進症を発症し、メルカゾールを飲んでいたことが関係するかもしれないが)

 

数年前、不安定狭心症でICUに入った。検査の結果、心臓バイパス手術しか助かる道は残されていなかった。所謂、糖尿病の合併症と呼ばれるやつだ。

 

退院後、食生活について勉強した。普通の食事をすれば、私の食後血糖値は必ず250を超える。どうする?


桑の葉茶を毎日飲んだ。これが効いた。食後血糖値は200を超えることはなくなった。DDP4阻害薬は飲んでいた。HbA1Cは5%台に落ちた。しかし、糖尿病網膜症がみつかった。血糖値を下げたのに合併症は続いているのだ。身体に異常をきたす原因は余った活性酸素だ。高血糖で活性酸素は増えると言われる、しかし、インスリンでも増えると言われる。桑の葉茶はインスリンの分泌を上げるという報告をネットで見つけた。わたしは考えた。全てはインスリン過多の弊害ではないのかと。

 

血糖を上げる作用に影響があるホルモンには成長ホルモン、副腎皮質ホルモン、副腎髄質ホルモン、甲状腺ホルモンなどがある。しかし、血糖値を下げるホルモンはインスリンだけである。これは、人間の体が、高血糖を想定して作られておらず、飢餓状態に備えて創生されたものであると考えられる。極端な低血糖になるとヒトは死亡するのである。だから、血糖値を上げる働きをするホルモンはいくつもあるわけだ。

 

飢餓は生命を脅かす。だから、稀に植物の根や果物を大量に食べたりして、血糖値が上がると、インスリンが発動して、糖分を脂肪に変えて身体に蓄える。人間の体は飢餓に対する備えをするようになっている。インスリンは血糖値を下げるために分泌されるのではないのだろう。あくまで、糖分を脂肪に変えるために分泌されるのだ。そして、その結果として血糖値が下がる。そのインスリンが活性酸素を生み、身体を酸化させるとしたら、取るべき道は一つ。摂取する糖質を減らすことだ。

 

医師の殆どは、患者の体を治すことではなく、血糖値を下げることを目標としている。入院患者に丼ご飯を食べさせ、血糖降下剤を飲ませ、ときにインスリンを射つ。これは犯罪に近いものがある。洗脳された医師は自分で思考しない。

 

阿呆

阿房阿呆
  
おろかなこと。また、そういう人。

 

私は小麦を殆ど摂取しなくなった。小麦は米にくらべて血糖値を一気に上げる。これは私の身体で実験済みだ。そして炭水化物を減らした。さらに最近DDP4阻害薬を辞めた。今の私の目標は血糖値を下げることではなく、インスリンの分泌を減らすことなのだ。様子を見るために桑の葉茶も中断している。

 

私にエビデンスなどは必要ない。感じたことをやってみる。

それでこそ、この世も少しは楽しくなる。

 

バレリーナ

JUGEMテーマ:健康

世の中には

今年に入ってもう3回も入院している。

めまいが主なものだけれど、生理食塩水とメイロンの点滴で回復に向かう。つまり、自分の体が酸性化していることの証であると思うのだが、医師はそんな事は言わない。脱水かもしれないから水を1.5リットル以上飲みなさいと指示されるが、あまり飲みすぎるとむくみがでる。当たり前だ。弱アルカリ性の血液がほしい。ほしい。

 

H病院では、隣のベッドで老人が突然死を迎えた。どこかの施設に入所するための準備を娘さんがすませて、明日退院という運びだったが、娘さんが帰ったあと、老人は眠りに落ちた。いびきをかいて眠っていたのだが、突然大きく長い吐息を吐ききって亡くなった。

 

その後、午前二時頃になると、2本の火箸を揺らすようなチーンチーンという音が、どこかから私の病室まで近づいてくる日が2,3日続いた。看護婦は午前1時過ぎに巡回に来るので、音の正体はわからない。世の中にはいろいろなことがあるものだ。その音の事を若い看護婦に言うと、看護婦は「夜勤ができなくなるから言わないで」と怯えた。若い看護婦は可愛い。

 

ところで、健康を損なう原因は、身体の酸性化だと思う。アルカリ体質にして、ミトコンドリアの働きを良くすることを実践する。それしか健康を取り戻す方法はないのではないか。できれば毎日重曹を飲みたいのだけれど、私は胃を切除しているので胃酸が少ない。だから重曹を飲むと一気に消化不良を起こすし、クエン酸を飲むと、これまた腸の調子を損なう。うまくいかないものだ。

 

はてさて、どうしたものか。

 

JUGEMテーマ:健康

心臓の止まり方

数年前、心臓の手術をすることになった。

 

ある夜、不意に、なんだか妙な違和感を感じて、自分の車を運転して、日赤の救急外来に行った。

そこで診察を受けていると気が遠くなり、医師たちはビニールの袋のようなものを私の顔に被せ、そこに酸素を送り込み、ストレッチャーに乗せられた私はICUのベッドで横たわった。

狭心症のようなものだった。

 

精査を受けた結果、日赤では手がつけられず、他の病院で手術をすることになったのだが、転院先の担当の医師から自分の心臓の動画を見せられると、「もうこれは死んでいるな」としか思えなかった。

死んでいる自分を意識のある自分が見ているような不思議な気持ちだった。

 

手術室に入るとすぐに麻酔がかけられる。いまの麻酔は効く。私はあっという間に深い眠りに入った。

どれくらい時間が経ったのか。眠っているわたしは異変を感じ、意識体が目覚めた。強烈に苦しいのだ。

「先生、これには耐えられないよ」

私の意識体は言っていた。

しかしその苦しさは、再びやってきた。

「なにか私の体に変調が起きて手術は失敗しているのかな」

わたしの意識体はそう思っていた。そして「死とはこういうものか」と諦めた。

 

その苦しさは、合計4回やってきた。そして意識体は気を失った。

 

次に意識体が目覚めたときには、医師たちの声が聞こえてきた。

医師たちは、きれいに流れる血流のことを話していた。どうやら私の手術は成功したらしい。

そして再び意識体は眠りに落ちた。

 

私の手術は心臓を止めずに行う予定だったが、あとで聞くと、手術途中で人工心肺を使ったという。

私の心臓は一度止められたということだ。それで合点がいった。

あの4回の苦しさは2つの心房と2つの心室が動きを止めるときの苦しさだったのだ。

 

心臓は一度には止まらない。4回の苦しみの末に止まるのだ。

 

それにしても、あの夜、よくぞ自分で日赤まで行ったものだと思う。複数の医師の前で狭心症発作を起こす、これは奇跡だ。

あの夜、自宅で同じ発作を起こしていたら、私は今こうしてキーボードを打つことはできなかっただろう。

 

 

 

JUGEMテーマ:健康

vapeの温度管理

冬になった。鼻水が出る。

 

鼻腔の乾燥か、塩分の不足か。どちらかわからない。

鼻水がでるということは、体の水分を体外に出していることであるので、もしも、塩分が不足していたら、鼻水を出すことによって、塩分の濃度を上げることができるわけだ。子供の頃はこのようなときに塩水で嗽させられた。あれは殺菌と塩分補給の一石二鳥だったのかとぼんやり思う。

 

巷では塩分が体に悪いなどというが、あれは大嘘だ。海水、羊水、血液、そしてリンゲル液の組成は極めて似ている。ただし、塩を摂取するなら天然塩。厚生労働省が塩としているものはただのNaclであり、ミネラルなど含まれていない。

 

鼻腔の乾燥でふと気づいたことは、グリセリンである。VAPE。VAPE用のグリセリンはVGとPGの混合液を使うが、化粧品などに入っているのはVGであり、これは保湿効果が高い。PGは化学的に作られたものであり、喉の乾燥や違和感をもたらすことがある。また、イガったものを断続的に吸うと喉が痛くなる。

 

そこで思いついたのが、MODの温度管理機能。SSでいろいろと設定してみるが、アトマイザーやリキッドとの兼ね合いもあるようで、ちょうどのところを見つけるのには時間がかかるだろう。PGが蒸発する温度が188.2℃であるので、設定温度をこれ以上にするという情報もあるが、190℃設定でチェーンすると私のコットンは焦げる。コットンが焦げないように、かつ、味が出るようにするには試行錯誤しかないか・・。せめて今度買うグリセリンはVGが高めのものを買うことにしよう。

 

鼻水。昔のようにあおっぱなを垂らした子供がいなくなったのはなぜだろう。なんか、おかしいよね。

 

幼稚園

@古写真研究保存会

 

JUGEMテーマ:VAPE

観察者がいないと現実は存在しない

「今を生きる」という。「今しか存在しない」という。

 

理屈はわかるが、できない。

記憶を消すことはできないし、時々その記憶にピーナッツバターをかけて、ゆっくりと舐め続けることもある。

また、若い女の子と裸でベッドに横たわってその白いお腹を見ていると、自分が時をさかのぼったような感覚に襲われることもある。

 

色々なことがあったし、これからも色々なことがある。

それでいいじゃないか。

死ぬときは来るのだし、私が今生きているという証などどこにもない。

認識している自分がいるだけなのかもしれないし、別の次元では違うことが起きているのかもしれない。

 

観察者がいないと現実は存在しない。

私は今も昔も観察者である。

しかし、目の前に出現することに喜び悲しみ憤る。

それでもいいじゃないか。

 

先日来、部屋でラップ音がする。

電気がショートして弾けるような音だ。

数日経っても止まらないので、

 

「やかましいぞ、こら」

 

と一喝したら、それ以後、音はしなくなった。

 

現実は案外面白いものかもしれない。

 

 

彷徨を聴く

小椋佳の「彷徨」を聞いていると、やたら昔のことが思い出される。

 

いったい何人の女との別れを繰り返したことか。

いったい何人の女の乳房を口に含んだことか。

 

数え切れない。

覚えていない女もいるだろう。

 

博打三昧だった高校の頃。

毎日、パチンコ屋に通い、毎日、雀荘で夜を過ごした。

 

いろんな人と卓を囲んだ。

競輪選手、漁師、スナックのママ、電電公社の職員、ホモセクシュアル、役人・・・。

美輪明宏の付き人だったいう人には、よく股間を触られた。

 

ヤクザのおっちゃんとはよく将棋を指したが勝った記憶がない。

将棋を指している最中、そのおっちゃんに因縁をつけた男がいた。

おっちゃんは少し離れたところにいた自分の女に「チャカ持ってこい」と言った。

 

深夜に友達と二人で狭い道を歩いていると、向こうから長髪の薄汚れた男が歩いてきた。

右手を背中の後ろに隠すようにして、こちらの様子を上目遣いに見ている。

殺気というのは分かるものだ。

隣の友人もその男が包丁を背中に隠していることを直観した。

そして、

「おまえ、そんな光り物持たんと、喧嘩もできんか!!」

と一喝した。

 

 

いろんな事があった。懐かしいが、まだ、これからだと思う。

 

「この空の青さは」

帰るときめた夜が明ける

一人よがりの 冬が終わる

ああ それにしても この空の青さはどうだ

この雲の白さはどうだ

僕はもう逃げない

君が待ってる

 

およそ歌詞というものに出てくる「君」「きみ」と言う単語はもう一人の自分のことを指していると考えた方がいい。

マイケルの歌だってそうだ。

 

Michael Jackson_You Are Not Alone

自然の力か・・桑の葉茶

訳あって、20代の時に胃と十二指腸を切除し、食後の高血糖が続いていた。

 

最近、不意に薬を飲むのが嫌になった。

グルコバイ、グルファスト、ネシーナ。

グルコバイ、グルファストをやめて、桑の葉茶を飲むようにした。

8.6だったHbA1cは3ヶ月で6.6まで下がった。これは事実である。桑の葉茶のDNJという成分が効くようだ。

ただし、土瓶で煮出して一日に1リットル飲んだ。

 

万人に聞くかどうかは分からないが、私にとっては、ヤーコンとかキクイモなどよりは断然効果が高い。

高血糖の方が、この記事に偶然アクセスすることを願う。

 

8/4追記

7月の検査でのHbA1cは6.0。食後血糖値134。

 

また追記

11月の検査でのHbA1cは5.5。

 

さらに追記

2019/6月 桑の葉茶を辞めた。

http://bottomx.shibugaki.jp/?eid=128

 

JUGEMテーマ:健康

12>|next>>
pagetop