July 2019  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ストレスとはなんだ

ストレス。

刺激により引起される非特異的な生体反応。生体に加わる力をストレッサー,それによって起る生体の反応をストレスという。 1938年にストレス理論を提示したカナダの生化学者,H.セリエによると,「ストレスとは,どんな質問に対しても答えようとする身体の反応」である。この理論は,寒冷,暑熱,放射線などの物理的刺激,ホルマリン,毒物,酸素不足,栄養障害のような化学的刺激,あるいは身体的拘束や感染のような生物的刺激,怒り,不安,焦燥などの心理的要因その他,どのような刺激に対しても,身体はすべて同質の生体反応を示すというものである。これを汎適応症候群あるいはストレス症候群という。この反応は,下垂体-副腎系が主役を演じ,副腎皮質ホルモンの分泌を伴うことが特徴であるが,そのほか胃,心臓,胸腺に形態学的変化が起る。このような考え方は 19世紀以来主流を占めていた「特定の原因が特定の病気を起す」という病理観に対する反論であるとともに,原因がそのまま結果をもたらすという医学因果律を反省させるものであった。致命的な疾病のうち 75%は非特異的な生体反応としてのストレスが予後を決定するともいわれている。 「ブリタニカ国際大百科事典」

 

ストレスがなぜ発生するのか。

 

心理的要因のみを考えると、それは自分が正しいという思い込み、あるいは信念に似たようなものが核となっているような気がしてならない。H.セリエ風に言うと,「ストレスとは,どんな状況にあっても自分が正しいとする心の反応」である。また逆説的に言うと、「どんな状況にあっても自分が悪いとする心の反応」でもある。自分を善とするために人は様々な理屈をつける。また、現在の状況を長く続けてはいられないときに、自分を悪とし、自分を責めることによって、状況を終わらせようとする。

 

これらの判断の根本にあるのは、善悪の判断である。そして、判断するのは、洗脳され続けた脳であり、洗脳は教育という名のもとに行われる。真の善、真の悪、そんなものがあるのだろうか。一度考え直して見る価値のある問題だ。人間の歴史を振り返れば、正義の名のもとに戦争を起こし、大量の人命を奪ってきた。そして、勝った者が正義であり、負けた者が悪である。ということは、戦争前には正義も悪も存在しなかったということになる。存在したのは洗脳だけである。

 

わたしたちは、教育という名の洗脳から脱却しなければならない。自分が正しいという思い込み、自分を責めつづける逃避。これらは大きなストレスを生み続ける。即断する心はすべて洗脳から生まれたものだ。ストレスは交感神経を緊張させ、血流を阻害し、あらゆる身体的障害を発生させる。

 

ストレスの原因というのは他にもたくさんある。過去、後悔、執着、憎悪、正当化・・そして希望、努力、未来・・までも。

「願いは叶う」こんなことを信じていては、信じることがストレスとなる。

 

話が混乱してきたついでに、もっと混乱させる。

 

運命は決まっている。

人間には、一秒先のことも予知できないだけだ。

 

もっと混乱させる。

 

私達は運命を選んで生まれてきている。

だから、明日という日は、なるようにしかならないし、なるようになるさ。明日のことを思い煩っても詮無いことだ。

 

私達は運命を見ている存在だ。

本当は何もしていない。

観察者が現実を決定するというのは量子力学の基本だが、私達は観察者であり、観察している運命は、自分が選択したものなのだ。

 

もっと混乱させる。

 

私達が見る青い空や、川のせせらぎは、私達自身である。

分かる人には分かるだろう。

 

真実は自分で探すものだが、信じたものは一度忘れ去り、あとは観察者として感じるということに身を委ねたほうがいい。そうすれば、ストレスという言葉、ストレスという事実、ストレスという洗脳・・から離れられるかもしれない。これは私が私自身に話しかけていることだが。

 

ブーグロー

William Adolphe Bouguereau

 

ドッペルゲンガーと見ている私

ドッペルゲンガー: Doppelgänger)とは、

 

自分自身の姿を自分で見る幻覚の一種で、「自己像幻視」とも呼ばれる現象である。

自分とそっくりの姿をした分身。第2の自我、生霊の類。

同じ人物が同時に別の場所(複数の場合もある)に姿を現す現象を指すこともある(第三者が目撃するのも含む)。

超常現象事典などでは超常現象のひとつとして扱われる。Wiki

 

知人が私をパチンコ屋で見たという。

実の母親が私をデパートの前で見たという。

いずれも、同時刻に私はそんな場所にはいなかったのだが、

ある日車を運転していて、ルームミラーに映る後続車の運転手を見て驚いた。

後続の白い車を運転していたのは、私だった。どこからどう見ても私だった。

背筋に何かが走った。交感神経の極度の緊張が背筋に青い電流を一気に流したのだ。

 

次元のズレとか、パラレルワールドとか、いずれも私は信じている。

私が認識していないところに世界はないのかもしれないということも、その可能性は否定できない。

量子力学が唱えるように、観察者が現実を決めてしまうのならなおさらだ。

 

話は微妙に違うのだが、小学生の頃、私は二人いた。実体を持つ私と、それを見ている私。見ている私はいつも実体の後ろ側にいて、実体を見ていた。

そして、母に質問したことがある。「歩いている僕と、それを見ている僕、どっちが本当の僕なの」と。残念ながら、母親の答えは覚えていない。

 

観察者が世界を決定しているのなら、目に映るものはすべて私自身ということになる。引き寄せとか、思考の現実化とか、いろいろな説があるけれども、それらは自我を捨て去ったときに起きる現実のことである。すなわち「見ている私」が環境を引き寄せ、「見ている私」が世界を作っているということだろう。思考など、現実化するはずもない。ただ、思考の扉は常に開放しておかないと、潜在意識が具現化できなくなり、あなたの世界は洗脳思考によって作られる牢獄のようなものになってしまうだろう。

 

少女

 

感情を流す方法としてのBDSM

BDSMと言われる行為がある。

 

以下Wikipedia

"BDSM(ビーディーエスエム)とは、人間の性的な嗜好の中で嗜虐的性向をひとまとめにして表現する言葉である。

近しい文脈で語られる別の略語として、D&S、DS、D/S…Domination & Submission(ドミネイション:支配 & サブミッション:服従)と呼ばれる言葉もある。そのためSMと区別してBDSMはBondage & Discipline(またはDomination) & Submission & Manipulation(マニピュレーション:操作)などと原義が割り振られることがあり、解釈は様々である。ボンデージは直訳すれば「捕われの身分」であり、その状態を指す。ディシプリンは「懲戒」を意味し、西洋では体罰による厳しいも意味する。サディズムは加虐性向、マゾヒズムは被虐性向であるので、状況としての嗜虐と行為としての嗜虐を含む広範な言葉と言える。しかし一般的な欧文略語と同じように語感が一人歩きし始めている。一つのカップルが人権を尊重しない行為に対し、性的興奮を覚えるために、それら行為によって発生するであろうリスクに同意をしている。"

 

これには異論がある。BDSMとは性的な嗜好ではない。

 

BDSMとは、洗脳され、自由な行動や本来の自分の感情が発露できなくなった人の心を開放する行為である。

もちろん、両者の合意と思いやりが必須のものとなる。

例えば、教育や道徳という名前で洗脳され、自己正当化によって息も絶え絶えになった女性を緊縛し、倫理観から大きくはずれた羞恥や身体的拘束を与えることによって、女性は感情を解き放ち、魂の直感力を回復する。その行為をBDSMと私は呼びたい。

 

いろいろな女性と出会ってきたが、拘束されるだけで涙を流す女性もいた。

拘束してくれと頼まれる。

体に染み込んだ常識と呼ばれるもので心が動けなくなっているので、その常識の牢獄を破壊しないと息もできないくらいに心が喘いでいるのだ。

 

白い尻を叩いてやると、思わず泣き声を漏らす。

「痛いならやめるよ」

と囁くと、

「もっと叩いてください」

と懇願される。

 

彼女は、自己の開放を体全体で感じている。

ここに性的行為は必要ない。

 

このとき、女性はclientであり、わたしはcounsellorとなっている。

もちろん当初から二人の間には信頼関係が存在するのは必要だが、カウンセリングが進むと、拙いわたしは女性と気持ちを同化させてしまい、彼女が固定観念から脱皮する事実に限りない安堵と喜びを感じ、その心を抱きしめずにはいられなくなってしまう・・・。なぜなら、わたしこそ、洗脳され、身動きできなくなっているclientだからだ。

 

わたしはこうした行為をBDSMと呼び、信頼に基づいた人間同士の癒やしの行為であると思っている。

 

BDSM

 

 

 

感情の自家中毒

人間は、躾、教育、倫理、法律、情報等によって洗脳され続けている。

そして、洗脳された頭脳で事象を判断し、常に自己正当化を謀ろうとする。

そこに喜怒哀楽の感情が生まれ、感情は記憶に刻み込まれいつしかストレス化する。

人を許さない人は自分を許さない。人を疑う人は自分を疑う。

 

感情は折りに触れ、いや、常時流していかないと、心の排水口が詰まってしまい、本来自分の持っている直感力が働かなくなる。

子供の頃にあれほど綺麗だった空に感動を得ることもなくなり、頭脳でしか生きられなくなる。

いまや人は古い感情の汚物を抱えて自家中毒に陥っている。

 

これは私のことだ。

 

若い頃、麻雀をやっていて、次に来る牌がわかることが度々あった。

そして、若い頃は、強い引きがあった。引き寄せの法則のごとく、手牌は動き美しく仕上がっていく。

 

いまは麻雀をしないが、もう、あの引きの感覚を思い出せない。

それは、やはり、自分が洗脳され、感情を手放さず、挙句の果てには、自分で自分を洗脳し、自己正当化を固定化しているからに違いない。

 

完璧主義疾患である。

この治療のためには、まずは、感情を捨て去ることから始めなくてはならない。

 

splash

撮影者は神戸在住のKoji Takashima

 

JUGEMテーマ:ギャンブル

完璧主義は自己破壊主義

完璧主義は自己破壊主義だと書いたことがある。

 

完璧主義は、自分の行動が正しいということに執着する。そして、正しくない行動を取ったときに、自分を責める。

間違った自分を許さない。

 

これはトレードやカジノで、勝ったとか負けたとかという話ではなく、自分で作ったルールを破ることが正しくない行動となる。

間違った行動をした自分を許さないから、トレードで証拠金が増えていても、勝った気はしない。ただただ自分を責める。

 

自分を責めることで、現実に病まで作る。自分を痛めるのだ。否定するのだ。

 

この完璧主義の一面には、他人から責められるのを極端に嫌う心理が働いている。

そして、頭脳明晰な人ほどこの傾向に嵌りやすい。

「自分は間違っていない。」

「誰にも批判される理由など残していない。」

実際に、無為無策で行動することなど全くないのだ。

 

しかし、すべてのシチュエーションを考慮に入れて、行動するから、疲労する。

疲労した上に、さらに自分を責め、病を現実に引きずり出し、苦しむ。

 

この傾向を私は強く持っている。

さて、どうすればいいのか。

 

 

ふりをしている

生きているのが不思議になる。

桜散り、風が止まり、行き交う人々の言葉が聞こえなくなる。

ここがどこだか分からない。今まで何をしてきたのか、思い出せない。

 

なぜ、こんなに無機質な生を抱き続けているのだ。

 

私は多分、自分に嘘をついている。

私は多分、自分に責を与えている。

私は多分、夢を見ているふりをしている。

 

私は、自分が神であることを知らないふりをし続けている。

 

だから、だから、いますぐ、悪魔を叩ききる剣を両手で握りしめる。

波乱の浮き世は今からだ。常に今からだ。

怖れるな、おもねるな。叩き切れ。

 

ミカエル

 

 

肝を決める

「おまえら、馬鹿だから知らないだろう。年寄りには2種類あるんだ。いつまでも生きていたい年寄りと、いつ死んでもいいと思っている年寄りだ。世の中には 馬鹿が多い。お陰で拳銃も簡単に手に入るようになったし、人生気持ちよく幕が引ける。まだひょっとして助かると思っているかな?人生は実に中途半端な、そう、道端のどぶのような所で突然終わるもんだよ。」

 

これは映画「マルタイの女」の中の津川雅彦の台詞である。彼はヤクザに取り囲まれている。

 

数人を撃ち殺した津川雅彦は、自分のこめかみを撃って死ぬ。

 

歳を重ねるということは、きちんと肝を決めるということかも知れない。

 

JUGEMテーマ:映画

1
pagetop