いいことなのか、墓穴を掘るか・・

212122211122211111211122222121222221222211211122222121221111211111221112222122112111211122

乱数生成サイトで1と2を90個だしてみた。かぞえてみると1が44個で2が46個だ。

そこで1にベットする方法を採用することにした。毎回同じユニット数だけ1にベットしていれば結果は-2になる。

しかし、ある方法で1にベットしていけば結果は+12になった。(暗算で行ったので間違っているかもしれない・・)

こうしたバカラや丁半のような、二つのうち一つにベットする博打では小さな損を積み重ねていき、確率に偏りが出たときに大きな利益を得ることが大事だ。損小利大。FXなどでもよく使われる概念だ。

実際に試してみたベット方法は

1.毎回1にベットする

2.勝てばベット額を2にする

3.また勝てば、ベット額を3にする

4.3連勝すればベット額を1に戻す

4.負けたときはベット額を1に戻す。

いわゆるプログレッシブシステムの一種である。

確率には偏りがあるので、偏りが出れば、利益が大きくなる。

ただ、このシステムを良く考えてみると、負けたときの損失を小さく抑える方法なのではないかと思う。

毎回1にベットする。

1勝して1敗すれば、1回目に1のプラス、2回目は2のマイナス。2回のベットで1のマイナスだから、1回あたりの損失は0.5だ。

2連勝すれば1+2=3のプラス。3回目に負ければ1+2-3=0で1回あたりの損失はゼロだ。

自分が張り目を作る。バカラならプレーヤーだけにベットしてもいいし、プレーヤーとバンカーが交互に勝つことを想定してもいい。ニコニコでもニコイチでもいい。小路でやってもいいし、大眼仔でやってもいい。

こうしたシステムにはいろいろなベット方法がある。

考えてほしい。

博打とは、小さな損失を積み重ねていくことをなんの感情の揺らぎもなく受け入れ続ける作業である。

ただ、厄介なのは、集中していると、次の目が分かることがあるということだ。

これがいいことなのか、墓穴へとつながるものなのか、体験してみてほしい。

バカラ

勝つのは偶然と知ること

博打において、自分の戦法を持たないのは、自殺行為に等しいのかもしれない。

戦法は何でもいい。

たとえば、FXにおいて、100日移動平均線を超えたら買う。下抜けで売る。

これだけでもいい。

こうした単純なルールを決めたら、気をつけなければならないのは、損小利大。

そして、ポジションにこだわらない心。

自分の描いた未来のようにチャートが動かなければポジションを捨てる。

そしてまた、同じルールでポジションを持つ。

また違ったら捨てる。

そして、さらに、同じルールでポジションを持つ。

これを繰り返していると、稀に、自分の思い描いた未来のように、チャートが形作られていくことがある。

このときに、徹底的についていく。

ダブルトップだからここで利食いだとか、AB=CDを形成したから、もういっぱいいっぱいだろうだとか、理屈をつけない。

このような感情は、殆どがプロスペクト理論によって心が揺さぶられているから、頭脳が作り出してしまう感情だ。

前回高値を抜けずに、前回安値を下抜けたら決済。これなら納得できる。

だから、尻尾は取れない。それでいい。ダウ理論だな。

利益が上がるときは不思議な感情を持つ。どうして、取れたかが自分にもわからない。

勝つのは、偶然だということだ。

博打の負け方3

ルーレットにおけるマーチンゲールはテーブルリミットがあるから勝てない。では、モンテカルロ法やココモ法ならどうなのだろう。

ココモ法が簡単だから考えてみる。

前回同様ルーレットの話である。テーブルリミットが1ドル〜500ドル。

コラムベットで、1.1.2.3.5.8.13.21.34.55.89.144.233.377。

ここまではベット出来る。14回。やはり、これでは負ける。14回連続外すということは日常的にある。

ルーレット

上の写真では、コラムベットで1番上の段が12回出ていない。普段、気がつかないが、ふと見ると、こういうふうに一つのコラムやダズンが死に目になっていることがある。この死に目を避けるのなら、前回に出たのと同じコラムもしくはダズンにかけたくなるが、ルーレットは独立事象だから気休めにしかならないと思う。

続きはまた今度。

博打の負け方2

昨日はキャンセリングシステムは負ける。と書いたが、算数で考えると、キャンセリングシステムは必ず勝つ。配当が2倍のものはマーチンゲールで勝てる。3倍あればココモ法でもモンテカルロ法でも勝てる。

しかし、カジノでは障害がある。モンテカルロ法を頭の中で計算するのは出来るかも知れないし、マーチンゲールに頭脳は必要ない。

一つ目の障害はベット額に上限があることだ。

ルーレットでの話にする。

ルーレットは完全独立事象で前回の結果が次回の結果に何の影響も与えない。ベット金額の上限と下限の限界値をテーブルリミットと呼び、ネットでは最低賭金1ドル上限が500ドルくらいか。

もしこの条件でマーチンゲールをやれば負ける。これでは負ける。9連敗でベットすることが出来なくなるからだ。数時間のうちに負ける。赤か黒か、この2択で確率に偏りが出ると、20連敗など簡単だ。いくら資金があってもベット制限にかかる。これが一般のカジノだと、テーブルリミット上限値が1,000ドルから2,000ドルの間くらいになるから、大丈夫だと勘違いする。しかし、それは思い違いだ。ほんの少し余命が伸びるだけだ。やはり、負ける。9連敗したときにベットした金額は256ドル。2,000ドルまではまだ遠いという感覚になるが、それは錯覚だ。11回目に1,024ドルベットして負けてしまえば、もうベット出来ない。9連敗で店が閉まるところを2回だけ延ばしてくれたに過ぎない。

続きはまた今度。

博打の負け方

博打はどうやって勝てばいいのか。

1.ツキに乗って、張りを積み重ねて、決めた回数の連勝を達成したらチップを引く。

2.ツキに乗って、チップを動かさず連勝できるところまで連勝を続け、外れたら引く。

3.決めたルールに従って張りを繰り返し、損失は張りの増額で取り返す。

「ツキに乗って」というと、最近の小僧はツキなどないという。なら博打などやめろといってやる。

ツキとは確率の偏りのことである。

あるに決まっている。

1.はプログレッシブシステムのことかと思う。

2.はフラットベット。

3.はキャンセリングシステム。

いずれもマネーマネジメントだ。ということは博打はマネーマネジメントで勝たねばならないということになる。

博打は張りで勝て。これは江戸時代から言われている言葉だ。

私はキャンセリングシステムは最強だと思っている。しかし、カジノでは「負ける」と思っている。少なくとも、ベットし続ければ負ける。引き際を間違えなければ勝つ可能性はある。つまりカジノのベット上限がキャンセリングシステムの足かせになっているということだ。しかし、博打では駒を引くのが難しい。トレードで小さな損切りを守り続けるのが難しいのに似ている。

続きはまた今度。

チップ