クエン酸は乳酸を制御する

クエン酸は体内のミトコンドリアで合成される代謝産物である。

そのクエン酸を飲むとどうなるか?


1.クエン酸は酸性であるので、抗菌作用がある。ただ、十二指腸で膵液と混じりクエン酸ソーダになった分はアルカリ性になる、という説もある。


2.クエン酸は乳酸の産出を制御し、乳酸をピルビン酸に変える。ピルビン酸はミトコンドリアに運ばれてアセチルCoAとなりエネルギーを産出する。


3.クエン酸は体内のミネラルと結合し、ミネラルの吸収を助ける。

4.クエン酸ナトリウムやクエン酸カリウムはクエン酸回路で重炭酸塩となる。
重炭酸塩は陰イオン(HCO3-)であり、ナトリウムと結合して、重炭酸ナトリウム(ÑaHCO3)となり、血液のPHレベルを正常に保つ。重炭酸ナトリウムの点滴はアシドーシスを補正し、さらにめまいを抑制することが経験則として知られている。

わたしは医院に行くたびに、この注射を射ってもらう。


5.酢に含まれている酢酸は体内でクエン酸へと変換される。
昭和の時代は「酢を飲むと身体が柔らかくなる」と言った。筋肉の凝りや張りが、乳酸によるものだとしたら、酢が変換されたクエン酸が、乳酸をピルビン酸に変え、クエン酸回路でエネルギーに変換しているとしてもおかしくはないように感じる。



https://tekibo.net/biology-10/  
大学入試生物「クエン酸回路」炭素の数の変化や脱炭酸・脱水素の場所を覚える!




昔の食生活を見直すべきだと思う。
クエン酸を摂るなら梅干し、酢の物などか。微生物が作ったものは非常に身体に有用だと思う。積極的に摂取して損はないが、塩分との兼ね合いもあるだろうから、個人個人にあった適量を見つけてもらいたい。

私自身もまだ試行錯誤中である。

君は誰なんだ?

夜中に目が覚める。
毎日だ。


目が覚めた時、ここがどこなのかが分からない。
一生懸命、今まで住んできたいくつもの場所のことを思い出す。
その作業をしないと、いつまでたっても、今いる場所が分からない。



ここしばらく、傘を差したことがない。
ほとんど毎日、買い物に出かけたり散歩したりするのだけれど。

雨音を聞きながら夕飯を食べる。
今日は散歩しよう、と思う。
そう思って、食事を済ませて外に出ると雨は止んでいる。

帰ってきて、お茶を飲む。
雨が降り始める。

もう、これが普通だと思っている。



綺麗なものが見たい。
ひたすら見たい。

わたしが見るものは、わたし。



冷蔵庫から卵を3つとり出して、割る。
こうなる。




もう、月がどこからでるのか分からなくなっている。
ただ、直感的に、月は2つあると信じている。




幼い頃、誰かに言われた。
「ごめんなさい」より「ありがとう」でしょ。と。

誰に言われたのか分からない。



独りが好きだが、さみしがり屋である。
デスクで仕事している時に、背後で女性の声が聞こえた。

「独りにしないからね」
と。

これも、誰に言われたのか分からない。



実は、自分が何者なのか判然としない。
わたしには名前もあり、親も兄弟もいるが、しっくりとこない。
自分の名前を紙片に書いてみる。
これも自分の意識とぴったりと噛み合わない。

見続けていると、ゲシュタルト崩壊を起こす。
そして、文字が雲散霧消する。



女性の美しさとは、その所作に宿る。

https://pin.it/1R6kEiH


以前にも書いたが、わたしの中には幼い男の子と、三十代くらいの女性が住んでいる。男の子が、前に出てくると、寂しくなる、駄々をこねる。閉じこもる。そんな傾向がある。



支離滅裂な自分に、飽いている時。
鬱々とする時。
空を見上げて、このツイートを思い出す。



歌でも聴こうか。9月。

遠い世界に/五つの赤い風船


夏休みの作文

もう秋になった。

肌で感じる。風の匂いで感じる。


幼い頃、ぼくは、よく夏に熱を出した。
高熱で動けない時は、隣町の先生が往診に来てくれた。
先生は、ラビットに乗ってきた。
母は、先生のために洗面器に水を入れ、タオルと一緒に用意した。

蝉が鳴いていた。

数日後、熱が下がると、ぼくは先生の診療所に診察を受けに行った。先生は僕をベッドに寝かせ、脈を取り、目や咽をのぞき込み、おなかの触診をした。そして机の上にあるカルテに万年筆を走らせた。ドイツ語で書かれたカルテはとてもかっこよく見えた。

診察が終わると看護婦さんが、薬を作ってくれた。作った粉薬が綺麗に一つずつ紙で包まれていく。僕はそれを飽かず眺めた。先生の診療所は小さかったが、二階は入院設備があった。そして、医院の裏側が先生の自宅だった。

診療所の庭でも蝉が鳴いていた。

先生は午後の数時間を往診時間にしていて、毎日ラビットで近所を回っていた。

ぼくのおばあちゃんが亡くなった時も、おじいちゃんが亡くなった時も、枕元には先生が座っていた。

おばあちゃんは、よく一人で家を出て行方不明になった。近所の人に連れられて帰ってくることも多かった。

おじいちゃんは、大きく腰が曲がっていた。庭に小さな池を作り、池の向こう側には、僕が立って入れる大きな鳥カゴを作った。その中には紅雀が数えきれないくらいいた。相撲が好きで、毎日相撲の星取り表をつけていた。おじいちゃんの横には煙管とたばこ盆がいつも置かれていた。

先生はそんなおじいちゃんとおばあちゃんの日常のこともよく知っていた。でも、おじいちゃんもおばあちゃんも何の薬も飲んでいなかった。少しずつ身体が衰え、眠るように死んでいった。

おじいちゃん、ありがとう。
おばあちゃん、ありがとう。
先生、ありがとう。

ぼくは、

ぼくは、

元気な人が、具合の悪い人のところに駆けつける世界を、つくりたい。

古写真研究保存会

ら抜き言葉など存在しない

これは2014年に私が書いた文章である。


1.ら抜き言葉の仕組み
最近、「ら抜き言葉」は間違っていると世間は言っているが、疑義だらけである。もともと「ら抜き言葉」など存在しないとわたしは考える。

志の輔落語の枕にも出てきたことがあるが、ライオンを見て「食べられる」といった場合、ライオンが私を食べるのか、私がライオンを食べるのか、判然としないことになる。ライオンが私を食べる場合は受け身の「食べられる」であり、私がライオンを食べる場合は可能の「食べれる」でいいのである。


さて、考えてみよう。

今の文法の大前提がある。
“「れる」・「られる」は助動詞としては受け身・可能・尊敬・自発の意味を持つ。動詞が五段活用・サ行変格活用のときは「れる」、それ以外では「られる」を使う。「~れる・られる」の形は、古語の「~る・らる」の形から変化したもの。”

この大前提が大誤解を生んでいる。



実例を考えてみよう。

現在の動詞の活用形は、未然・連用・終止・連体・仮定・命令と変化するが、「れる」・「られる」は助動詞であり、未然形に接続する。(未然形は「-ない」を後に付けると考えやすい。飛ば-ない、走ら-ない)。なお連用形は動詞型の助動詞に接続するが、今は「れる」・「られる」の話であるので触れない。

「死ぬ」という言葉の場合、五段活用の動詞の可能を表すには「れる」を使うので、未然形の「な」に「れる」「死な-れる」となるのであるが、これでは尊敬と受け身の意味はなすかも知れないが、可能の意味をなさない。彼女に告白するときに「君のためなら死なれる」とは誰も言わないのである。

しかし、これが古語になると「死なる」となり、見事に可能の意を表す。

「見る」を考えてみようか。これは上一段活用の動詞。だから、可能を表すには「られる」を使う。「見られる」である。これは受け身・可能・尊敬全てに解釈できる。だから、誤解が生じるのだ。

これも、古語で表すと下二段活用の動詞だから「見らる」である。たおやかに可能の意味を表している。すばらしい。

古語の言葉の定義を安易に現代国語に取り入れた弊害が、大前提の中に潜んでいるのだ。

さて、大前提が怪しいと気づいたのか、可能動詞なるものができた。”可能動詞にすることができる のは五段活用動詞だけで、可能動詞にすると、すべて下一段活用になる”という説。

多分、これが「ら抜き言葉」は間違っているという説の根拠になっているのだと思う。可能動詞の考え方では、「話す」という五段活用の動詞を可能動詞にすると、まず助動詞の「れる」を付けて「話される」となる。「話される」が転じて「話せる」という動詞になったというのである。これを可能動詞と名付けたらしい。

付け加えるに”可能動詞の活用は、すべて下一段活用となり、命令形はない”と説明されている。開いた口がふさがらないとはこのことだ。

命令形のない動詞は、動詞ではない。



転じて」とはなんだろう?
何の説明もなく論理は一気に飛躍している。命令形のない動詞まで作り出して辻褄を合わせようとしている。これぞ苦肉の策でなくてなんであろう。

辻褄合わせは「ら抜き言葉」という説を流布させた。つまり上記の条件(“可能動詞にすることができるのは五段活用動詞だけで、可能動詞にすると、すべて下一段活用になる”)では、可能動詞は作れないとされている下一段活用の動詞「やせる」は可能動詞にできないことになる。

したがって、「やせる」は下一段活用であるから「やせ」という未然形に「られる」を付けて「やせられる」が正規の表現とされてしまう。だから「やせれる」は「ら抜き言葉」であり、間違っているという結論が導き出される。


目を覆いたくなる。この考え方は間違っている。
実は、「れる」という助動詞は仮定形にも接続する。このことによって一切の疑義が消滅するのだ。

言葉とは辻褄合わせで決められるものではない。生活そして文化の中で育っていくものである。


2.私論の展開
わたしが声高々に言いたいのは、可能をあらわす場合には、動詞の仮定形に助動詞の「れる」が付くということだ。そしてそれが日常語として成り立っている。このことに気づいたのは、わたしの生まれた土地に古語が残っていたことが、重要な恩恵となっている。

動詞の仮定形・・(「-ば」をつけると想像しやすい) 五段活用の動詞で言えば、飛べ-ば 走れ-ば、書け-ば、である。この仮定形に「れる」が接続し、その「れる」中の「れ」だけが時代の中で省略されていった。省略は時間経過が言葉に与える変化の常だ。そして現在の形である「飛べる」「走れる」「書ける」となる。変化途中の形は「飛べれる」「走れれる」「書けれる」だ。

こうした変化は間違いないものと推察する。なぜなら、実際にわたしがまだ子どもだった頃、「飛べれる」「走れれる」「書けれる」を使っていたからだ。

可能を表す場合にはこうして動詞の仮定形に助動詞の「れる」を付けていた。(今でも使うときもある)前述の例でいえば「死ねれる」「見れれる」 である。

これは五段活用だけでなく、下一段活用の動詞でも同様だ。「混ぜる」の仮定形「混ぜれ」に「れる」をつけて「混ぜれれる」、「れる」の「れ」が省略されて、「混ぜれる」となる。

前述の「やせる」は「やせれれる」が「やせれる」となる。

この説はわたしが初めて提唱するものだろうか?

わたしは国語学者ではないので、よくわからない。ちなみに、「混ぜれる」「やせれる」「飛べれる」「走れる」「書けれる」これらの言葉は、私の生まれた地方では、未だに日常で使う言葉である。(考えれば無数にあるだろう)

可能を表すとき、助動詞の「れる」は動詞の仮定形に接続する

このことによって、未然形にしか接続しないと定義することによって生じる「ら抜き言葉」という概念は消失する。

誰も「ら」を抜いたりしていないのだから。

それと同時に可能動詞という品詞もなくなるのだ。日本語として、この解釈は間
違っていないはずだ。



「食べる」の可能を表す言葉として、
「食べられる」という言葉を使うことは間違っているのだ。


それにしても、誰かが「ら抜き言葉」は間違っていると言った途端、マスコミは深い考察もせずにそれを受け入れてしまう。なんと、安易に流れすぎることか。パソコンの入力ソフトで日本語入力していると、「ら抜き言葉です」と注意される始末だ。当用漢字・常用漢字も同様だ。

新聞から昔の漢字がどんどん無くなっていく。これは日本文化をないがしろにしていると言われても仕方がないだろう。


志の輔落語の枕の話だが、

ライオンが私を食べる場合は、「食べる」は下一段活用であるので、動詞の未然形に受け身の助動詞の「られる」をつけて、「食べられる」であり、

私がライオンを食べる場合は動詞の仮定形に、可能の助動詞の「れる」をつけて「食べれれる」となり、重なった「れ」が省略されて「食べれる」として可能を表すのである。

https://www.irasutoya.com/



ちなみに、「日本」は「にほん」と読む。「にっぽん」ではない。

お後がよろしいようで。


©2014 南海之獏

森田童子の「GOOD BYE」

森田童子さんは2018年に亡くなってしまった。
ファーストアルバムが「GOOD BYE」

あの頃、3畳間で、LPレコードを何度も裏返し、過ぎていった、異空間を渡る時間。

彼女の詩。

「きみ」「あなた」「ぼく」は同じ魂から表出した存在であると思う。

今、思いを込めて手を合わせる。



track.1
「早春にて」

君の好きな強い酒
浴びるほどに飲み明かした
長い夜があった
寂しくふたり眠った始発の電車
ただ日差しだけがまぶしく
話す言葉もなかった

悲しく色あせてゆく青春たち
黒いトックリのセーターと交換した
君の黄色のシャツを
僕はまだ持っています
もうすぐそこに夏が来ています
君は元気ですか

君の好きな黒いセーター
故郷へ帰る後姿
いつまでも見ていた
肩をたたいて
ただ友情だけは
信じると寂しく笑った
君の顔覚えてる

悲しく色あせてゆく青春たち


track.1
“In early spring”

Your favorite strong liquor
I drank so much as to dance
There was a long night.
The first train that I slept like a lonely person
Just sunlight is dazzling
I did not even talk about it
Sadly fading youth

I exchanged for a black sweater
I still have your yellow shirt
Summer is coming soon
How are you?

Your favorite black sweater
Rear view to return home
I have been watching forever
Just striking my shoulder and just friendship
I believed and laughed lonely
I remember your face
Sadly fading youth




track.2
「君は変わっちゃったネ」

久しぶりだネ あなたは 元気ですか
とても大人びて
そんなふうり淋しそうに
笑うあなたを 見てると
言葉が とぎれて しまう
とても 長い時が 過ぎたのネ
久しぶりだネ ぼくは 変わらず
甘い夢を追っています そんなぼくを
あなたは 子ともっぼく
見えるかしら
とても 長い時が 過ぎたのネ
久しぶりだネ 本当に 久しぶりだネ
淋かったぼくは
いまでもやさしいあなたの
そばにいると 涙が
こぼれてしまう
とても 長い時が 過ぎたのネ

track.2
“You have changed”

Long time no see. How are you doing?
Very mature
It seems to be lonely that way
Laughing While watching you
Words break apart
A very long time passed.

It’s been a long time as I have
I am following a sweet dream I like that
You look like a child
I wonder if I can see it.
A very long time passed.

It has been a while since I lastched for a long time
I was sad.
Even now you are kind Tears cry when you are there
To spill
A very long time passed.




track.3
「まぶしい夏」

玉川上水沿いに歩くと
君の小さな
アパートがあった

夏には窓に竹の葉が揺れて
太宰の好きな君は
睡眠薬飲んだ
暑い陽だまりの中
君はいつまでも
汗をかいて眠った

あじさいの花より鮮やかに
季節終わりの
セミが泣いた
君から借りた太宰の本は
寂しい形見に
なりました

ぼくは汗ばんだ
懐かしいあの頃の
景色をよく覚えてる

track.3
“Dazzling summer”

Walking along Tamagawa Josui,
there was your small apartment

Bamboo leaves swaying in the window in summer
You who like Dazai
I took sleeping pills
In the hot sun
You are forever
I sweated and slept

Brighter than hydrangea flowers
End of the season
Cicada cried
The Dazai book I borrowed from you
It became a lonesome keepsake

I remember the scenery of those days
it was sweating and nostalgic



track.4
「雨のクロール」

夏の浜辺に
二人は今日別れる
僕は黙って草笛吹いた
うふふふ うふふふ
君は花柄の
ワンピース置いて
静かに涙色の
まぶしい水の中
うふふふ うふふふ
雨に君の泳ぐクロール
とてもきれいね
雨に君の泳ぐクロール
とてもきれいね
夏が巡りめぐっても
僕はもう決して
泳がないだろう


track.4
“Rain crawl”

On the beach in summer
The two will part today
I silently blew the flute
Ufufufu Ufufufu
You are floral
Put one piece
Quietly tear-colored
In dazzling water
Ufufufu Ufufufu
Your swimming crawl in the rain
It’s very beautiful
Your swimming crawl in the rain
It’s very beautiful
Even though summer goes around
I will never swim anymore



track.5
「地平線の向こうには」

地平線の向こうには
お母さんと同じ優しさがある
だから僕はいつも
地平線の向こうで
死にたいと思います

地平線の向こうには
僕と同じ寂しさがある
だから地平線よ
僕が目を覚まさないうちに
遠くまで連れて行って

地平線の向こうには
夏の草花が
咲き乱れています
だから僕はいつも
君の胸に抱かれて
眠りたいと思います
地平線の向こうには
血よりも赤い
夕焼けがある
だから傷ついた
戦士のように
故郷を思うのです

地平線の向こうには
愛よりも深い海がある
だから僕はいつも
地平線の向こうに
沈んで行きたい

地平線の向こうには
お母さんと同じ優しさがある
だから僕はいつも
地平線の向こうで
死にたいと思います

track.5
“Beyond the horizon”

Beyond the horizon
There is the same kindness as the mother
So I always want to die over the horizon

Beyond the horizon
There is the same loneliness
So horizon, take me far away without waking up

Beyond the horizon
Summer flowers
It’s blooming
So I always want to sleep in your chest

Beyond the horizon
Redder than blood
There is a sunset
So I think of my home like a wounded warrior.

Beyond the horizon
There is a deeper sea than love
So I always want to sink beyond the horizon

Beyond the horizon
There is the same kindness as my mom
So I always want to die over the horizon



track.6
「センチメンタル通り」

いつかこの町捨てる時
君は一人で出てゆけるかい
みんな夕方になると
集まった映画館
すっかり寂れてしまったけれど
今夜は久しぶりに
君とロックハドソンの
ジャイアンツでも
しみじみ見たい気持ちだね

いつかこの町捨てる時
君は笑って出てゆけるかい
思いで多すぎるこの町を
捨てることが出来るかな
とってもこの店
淋しくなったけど
今夜はあの頃
懐かしんで
明るい目抜き通り
しみじみ歩きたい気持ちだね
いつかこの町捨てる時
君は涙見せずにゆけるかい
朝の始発の汽車で
君もあのこと行くのかい
今夜は何にも言わないで 
昔みたいに酔ってダンスを踊ろうよ
青春ってやつのお別れに


track.6
“Sentimental street”

Someday when I throw this town away
Can you leave alone
When everyone comes in the evening
Movie theaters gathered
I’m completely lonely
It’s been a long time tonight
rock hudson “giants”
I really want to see with you

Someday when I throw this town away
Can you laugh and go out
This town has so many memories in my heart
Can you throw it away
This shop has become so lonely
Tonight I miss those days
Bright main street
I really want to walk

Someday when I throw this town away
Can you go without showing tears
The first train in the morning
Are you going there too
Don’t say anything tonight
Let’s get drunk and dance like we used to
Say goodbye to youth




track.7
「淋しい雲」

いつも君の後から
長い影を踏んで
いつも君の後から
付いて行きたいよ
どこへ行く当てもなく僕たちは
よく歩いたよね
夏の町の夕暮れ時は
泣きたいほど淋しくて
僕一人ではとてもやってゆけそうもないよ
君の好きなミセス・カーマイケル
僕もいいと思うよ
夏休みが終わったら
もう逢えなくなるね
そしたら時々懐かしいミセスの話をしようよ
夏の町の夕暮れ時は
泣きたいほど淋しくて
君一人ではとてもやってゆけそうもないから

どこへ行く当てもなく僕たちは
よく歩いたよね
夏の町の夕暮れ時は
泣きたいほど淋しくて
僕一人ではとてもやって行けそうもないよ

track.7
“Lonely cloud”

Always after you
Step on a long shadow
Always after you
I want to follow you
We walked a lot,
no matter where we went
At dusk in a summer town
I’m so sad that I want to cry
I can’t do it alone
Your favorite Mrs. Carmichael
I think it’s good too
When summer vacation is over
I can’t see you anymore
Then, let’s talk about Mrs.
At dusk in a summer town
I’m so sad that I want to cry
Because you are unlikely to do it alone

We can’t go anywhere
You walked a lot
At dusk in a summer town
I’m so sad that I want to cry
I can’t really do it alone



track.8
「たんごの節句」

しょうぶ湯わかして 弟とがまんくらべ
窓の向こうに
一番星見つけた
思わずよみがえる幼い日のせつない想い
あざやか色の 吹流し
アーア アーア
あやめ 五月雨 たんごの節句
雨があがって
弟と川の中
やまめを 追って
夏虫鳴いて もう日暮れ
思わずよみがえる幼い日のせつない想い
過ぎた夏は 涙色
アーア アーア
あやめ 五月雨 たんごの節句


track.8
“Tango Festival”

Let’s take a shower
Over the window
I found the most star
Reminiscences of a childhood day
Brightly colored streamers
Aa aa
Ayame May Rain Tango Festival
After the rain
In the river with my brother
Follow Yamame
Scream the summer insects
Reminiscences of a childhood day
The passing summer is a tear color
Aa aa
Ayame May Rain Tango Festival




track.9
「驟雨」

僕の水色の レインコート
風になって かなしく歌う
淋しさだけを かみしめて
きみの思い出 頬に冷たい

涙まじりの北風は
遠くの春を呼んで
君のいない町に ひとりぼっち
にわか雨

僕の水色の レインコート
色褪せて 思い出 遠い
ぼくは ただ めぐりめぐる
淋しい季節を ひとり歩いた

悲しみおぼえて 風の中
たばこの煙 淋しい
君のいない町に ひとりぼっち
にわか雨

track.9
“Showers”

My light blue raincoat
Become a breeze and sing
Bite only loneliness
Your memories are cold on your cheeks
The north wind with tears
Call for a distant spring
Alone in a town without you
Showers

My light blue raincoat
It fades away and the memories are far away
I’m just going around
I walked alone in the lonely season

Remember the sadness in the wind
Cigarette smoke
Alone in a town without you
Showers



track.10
「さよなら ぼくの ともだち」

長い髪をかきあげて
ひげをはやした
やさしい君は
ひとりぼっちで ひとごみを
歩いていたネ
さよなら ぼくの ともだち

夏休みのキャンパス通り
コーヒーショップのウィンドウの向う
君はやさしい まなざしで
ぼくを呼んでいたネ
さよなら ぼくの ともだち

息がつまる夏の部屋で
窓もドアも閉めきって
君は汗をかいて
ねむっていたネ
さよなら ぼくの ともだち
行ったこともないメキシコの話を
君はクスリが回ってくると
いつもぼくに
くり返し話してくれたネ
さよなら ぼくの ともだち

仲間がパクられた日曜の朝
雨の中をゆがんで走る
やさしい君は それから
変ってしまったネ
さよなら ぼくの ともだち

ひげをはやした無口な君が
帰ってこなくなった部屋に
君のハブラシとコートが
残っているヨ
さよなら ぼくの ともだち

弱虫でやさしい静かな君を
ぼくはとっても好きだった
君はぼくのいいともだちだった
さよなら ぼくの ともだち
さよなら ぼくの ともだち
さよなら ぼくの ともだち


track.10
“Goodbye my friend”

Raise your long hair
Bearded
You are kind
You were walking alone by yourself
Goodbye my friend

Campus street during summer vacation
Across the window of a coffee shop
You look kind
You were calling me
Goodbye my friend

In a breathtaking summer room
Close all windows and doors
You sweat
You were sleeping
Goodbye my friend
I’ve never been to a story about Mexico
When you come around
Always me
who repeatedly spoke
Goodbye my friend

Sunday morning when my friends were picked up
Distorted in the rain
Gentle you have changed since then
Goodbye my friend

You’re a bearded man
In the room that came home
Your toothbrush and coat
Yo left
Goodbye my friend

I’m a sissy and gentle quiet
I really liked it
You were my good friend
Goodbye my friend
Goodbye my friend
Goodbye my friend



一生懸命英訳したが、この訳は、今後も時々訂正していくことになると思う。