この世はわたしを映し出している

昨年秋まで、障害を持った男性が、杖をつきながら2頭の犬を散歩させていた。
明らかに保健所に持ち込まれたれた年老いた犬である。この2頭の犬は、男性の横をゆっくりと歩きながら、時折男性の表情を見上げていた。そして、決して男性の前を歩くことはなかった。

その男性の姿を、秋も深まった頃から見かけなくなった。

心配していたら、この冬から、2人の親子をよく見かけるようになった。
お母さんが前を歩き、中学生くらいの女の子の手を引いている。

女の子は明らかに障害があり、片足を引きずるようにしていて、頭にはベージュ色のヘッドギアを着けている。散歩なのか、バス停から自宅への帰途なのか分からないが、うちの前の道を通っていく。

その女の子の世界にはお母さんしかいないだろう。二人とも言葉を交わすことはないが、女の子の後ろ姿には陰鬱なものを全く感じない。「今」という時だけを考えれば、彼女は幸せなのかも知れない。

見かけなくなった男性と犬。
急に見かけるようになったお母さんと女の子。

この世はわたしが作ったホログラムである。
そういうことを感じざるを得ない。


今日も日が暮れる。


みんな元気で。
みんな幸せで。

ベッドに入ってきた女性に囁かれた丑三つの夜



わたしは普段1時間のタイマーをかけたラジオを聴きながら眠りに入るのだが、眠りが浅いので、1〜2時間で目を覚ます。

他人とひとつのベッドで寝ることはない。
他人の波動を感じてしまうので、一緒には眠れないのだ。

1月8日未明。気がつくと、ラジオのタイマーが切れている。習慣でラジオの電源を入れると、5秒くらいで切れる。再び電源を入れる。また、5秒くらいで電源が切れる。電池は2日前に交換したばかりだ。

10年以上使っている安物のラジオなので、寿命が来たのかと諦めて、眠りに入りかけた。

そのとき、衣擦れのような音がして、誰かがベッドに入ってきた。
わたしはいつも右肩を下にして横寝している。

その背中の方に誰かが入ってきた。

耳元ではっきりと女性に囁かれた。

「いつもと逆やね。ごめんね、音させちゃって。じゃあね」

わたしは寝返りを打ったが誰もいない。
時計を見ると2時10分。
丑三つ時である。
丑三つ時といえば怖いものとしてとらえられる印象が強いが、
諸仏成道の時間であるとも言われる。

この出来事で目が覚めた。
再びラジオの電源を入れると、ラジオは音を出し始めた。
わたしは、いったい、誰が来たのだろうと考えていた。
別れた女性は多すぎる。

「いつもと逆やね」
とはどういう意味だろう。



しかし、思い当たることがある。
3日ほど前に、わたしはある女性が亡くなった夢を見ている。
だが、耳元で鮮明に聞こえた声は彼女の声とは少し違う。

ラジオは鳴り続けていた。
そして、わたしは過去のことを考えつづけていた。

ラジオが語る。
「3時をお報せします」
時報が、プップップッと鳴り、正時のプーを告げずに電源が切れた。



思ってみれば、幸せな出来事だった。
わたしのベッドに入ってきたのが誰なのかは定かではないが、
わたしが別れてきた女性の一人が、わたしのことを想ってくれていた、慕ってくれていた、信頼してくれていた・・。

そのことはとてもありがたいことだ。

また、肉体を離れた魂というのは、幸せそうな声をわたしに聞かせてくれた。

ほんとに、ありがとう。

遠くない将来、誰かの訃報をわたしが知ることになるだろう。

那波多目 功一氏 https://www.umashi-bito.or.jp/artist/76/



確かなことはあまりに少ない

この一週間くらいで、突然五七五を吐き出した。

風鈴の音色のような女(ひと)ありき
これが人生で初めて作った五七五。

膝の上いとしき烏の濡れ羽色

立ちのぼる紫煙の中の我が命

白湯を飲み目を閉じてみる夜半なり

芋虫の食べ残したるほうれん草雑煮に入れてしばし眺めん

土の中蝶の夢見る雨蛙

掘るほどにみみず溢れる豚小屋で吾子の笑いが止まらなくなる

海鳴りに立ち尽くしている父母の墓合わせた手をもて寒風を斬る



俳句にもなっていないだろうし、短歌にもなっていないだろう。



思い起こせばこの1年で何が変わった?
街で見かける人たちが、みんなマスクをしていることだけだ。
情報は山ほどあるけれど、確かなことはそれだけだ。
わたしは、こういう隠れたことを好まない。


体調を崩し浅い夢ばかり見ている。
倦んでいる。
冬。



過去を忘れる薬がほしい。

熱燗の匂いがする大晦日の夕餉

父親が亡くなって、9年を越えた。
未だに動いている父親の時計。
入院中に兄が買ったものだ。
電池交換などしたことはない。
でも、動いている。


今年の冬はわたしの体調が悪く墓参りにいけなかった。
思いを綴った。

「海鳴りに立ち尽くしている父母の墓
合わせた手をもて寒風を斬る」

と。
父親の墓は海辺にある。

わたしの家の夕飯におせち料理などない。
わたしは正月が嫌いだ。
多数と同じ行動を取ることに嫌悪を覚える。

いつもと同じ夕食。
箸を手に取ると、熱燗の匂いがする。
わたしは一滴の酒も飲まない。
しかし、あからさまに熱燗の匂いがするのだ。

父親が座っているのだと感じた。
これは間違いない。

わたしの右隣に父親が座っていて熱燗を呑んでいた。

寒い大晦日。
熱燗で暖まってくれればいい。

今度、墓まで行くからな。

クリニックで炭酸水素ナトリウムを打つ

今日はクリニックに行ってきた。

月に一度は血液検査して、薬をもらいに行く。 薬については、医師との話し合いで決める。 今日はSGL2について話したが、所詮は薬だ。食事で何とかしてみるという結論に導いた。

食事の変化と検査結果をパソコンに記録している。小麦はやはりいたずらに血糖値を上げる。

待合室はマスクだらけ。わたしはこのクリニックでマスクをしたことがない。

採血をしてくれる看護婦さんが髪を短く切っていた。
「髪切ったね」 と、タモリのようなことを言ってしまった。
わたしの血管は採血しにくい患者さんの中で3本の指に入るらしい。
看護婦にはわたしが注射針を入れる角度や深さを教える。

採血のついでに炭酸水素ナトリウムを40mEq打ってもらう。
一般的にはメイロンという名前だろう。重曹だろうと思う。
アシドーシスの解消には効くと思う。
競走馬がレースの前に打つということを聞いたことがある。
斜行を避けるためだと思われる。

身体のアルカリ化。これが、最近、重曹を飲む人が体感していることだろう。

「メイロン静注7%の主な効果と作用」

  • 乗り物酔いなどによるめまいや吐き気をおさえるお薬です。
  • 血液が酸性に傾いている状態を改善するお薬です。
  • 薬などの中毒による吐き気などの症状をおさえるお薬です。
  • 血液中の過剰な酸を中和する働きがあります。
  • 尿への薬物の排泄を促す働きがあります。
  • じんま疹を治療するお薬です。
  • 耳の血管をひろげて血液の流れをよくする働きがあります。


先日、めまいを起こして、他の病院に入院したときに、メイロンと生理食塩水の点滴を希望したが、耳鼻科の医師はあまり積極的ではなかった。ので、内科の医師に処方してもらった。耳鼻科の医師は水を飲めと言う。冬場になって水分摂取量が著しく下がり、めまいを起こす患者さんが多いらしい。

わたしとは少し意見が違う。
体調を崩す原因の最たるものはアシドーシスだと思う。

「アシドーシス」

血液中の酸と塩基の関係が酸優位の状態、すなわち血液pHの低下をいう。酸性血症ともいう。通常、血液はその化学成分の緩衝作用と、呼吸や腎臓(じんぞう)の働きなどによってpHが非常に安定した状態に保たれている。pH7.40が正常値で、おおよそ7.36以下になるとアシドーシスとよび、7.0以下では、長く生きることはむずかしいとされる。アシドーシスは呼吸性と代謝性に2大別される。前者は二酸化炭素の蓄積によるものであり、後者は二酸化炭素以外の酸(固定酸)の蓄積または塩基の欠乏によるものである。呼吸性アシドーシスは、細胞の代謝活動の結果、絶えず産生される二酸化炭素が十分に肺から排出されないときにおこる。呼吸運動を支配している中枢の活動が低下する中枢性肺胞低換気症状群、肺におけるガス交換が障害される慢性閉塞(へいそく)性肺疾患などがこれである。二酸化炭素の蓄積が強くなると、中枢神経の麻痺(まひ)状態がおき、意識が鈍くなり、いわゆる老人ぼけの原因となることもある。
(日本大百科全書(ニッポニカ)の解説から一部抜粋。)


最近、乳酸は疲労物質ではないという論が大勢を占めているが、乳酸が細胞内でピルビン酸に変化しつづけているならいいが、乳酸が細胞内でそのまま蓄積されると当然細胞は酸化され、体質は酸性に傾く。これを阻止するのがクエン酸やビタミンB1などであると思っている。