自発光している月の手前に、自発光していない月が重なりあって、下弦の月に見えている。

これはTwitterで見かけた月の写真である。
投稿した方には使用許可をいただいた。


これは地球照というらしい。
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9C%B0%E7%90%83%E7%85%A7

しかし、
わたしは、これこそ、月が二つあるという証拠写真だと思う。

自発光している月の手前に、自発光していない月が重なりあって、下弦の月に見えている。

真円が二つ重なり合っている。
正確には、手前の月は後ろの月の発光を受けて、真円にはなっていないが。

この事実を受けて、全ての月の形を説明出来れば良いのだが、二つの月はその距離を変えながら運行しているので、わたしには完璧な説明が出来ないのが残念である。

まぁ、座興程度に考えてもらってもいい。

でも、わたしは、月は二つあると信じている。

月はふたつあると勝手に信じている

日々のTweetで気になったものをいくつか並べてみました

最近Tweetを見ることが多くなって、どうも自分の書きたいことがまとまらない。
コロナウイルスはない
JFKのこと
明治からのこと
ケルブランのこと
云々

最近、目に留まったTweetを並べてみた。

最後にカウフマン博士のビデオ。

ワクチン射つと危ないです。

与党と野党はグルなのではないか

今や不正選挙は簡単になった。米国大統領選での郵便投票とドミニオンシステム。それが、日本では期日前投票とムサシシステム。

2016年4月24日執行 衆議院北海道第5区選出議員補欠選挙。

出口調査の報道は
≪池田まき候補 出口調査、開票でリード!≫ 
BS TBS 北海道5区補選出口調査 池田まき候補51% 和田義明49%

さらに、地元の北海道新聞は池田まきさんの事務所前で待機していたという報道があった。出口調査の結果から判断したのだろう。しかし池田まきさんがリードしていた局面でNHKは和田氏に当確を打った。そしてその通りになった。なぜ、異議申し立てをしないのか、私の不思議はそこにある。



この開票の推移は、
https://ameblo.jp/ghostripon/entry-12154666215.html

に詳しく書かれている。
ぜひ読んでいただきたい。
開票結果を、転載させていただく。


千歳市の22:00時点で未集計票は、14530票(当日分の1353票+期日前13177票)。
すると、未集計票の内訳は池田939票、和田13591票となる。

まず不正選挙だろう。
バーコードの貼り替えなのか、バックドアからの遠隔操作なのかは、断定出来ないが。

わたしが奇異に思ったのは、この選挙後に、池田氏は共産党と民進党の事務所を訪れて挨拶をしている。その場で、選挙に対する異議申し立ての話はなかったようだ。ここがおかしい。あからさまにおかしい開票の推移に対して、共産党も民進党も異議を唱えようとしなかったのだ。

その答えがここにあるのではないか。

2017年の衆院選である。


この時、立憲民主党は池田氏を比例名簿の2番目に置いている。



ここからはわたしの推測でしかないが、池田氏が惜敗した選挙の後、民進党は次回選挙での池田氏の当選を保証したのではないか?

何のために?

2016年4月24日の 衆議院北海道第5区選出議員補欠選挙に対する異議申し立てを池田氏にさせないために。

わたしは、全ての政党が不正選挙が行われていることを知っていると思う。その上で、各党が相談して票を分配している。国会での与野党の討論も茶番だが、それ以前に、選挙が茶番なのではないか?

そうなると、全ての政党はグルであり、日本人から労働の果実を搾取するために存在している可能性が高い。

このことは、明治維新からの長い歴史の中で作り上げられてきた。そして、今や不正選挙は簡単になった。米国大統領選での郵便投票とドミニオンシステム。それが、日本では期日前投票とムサシシステム。

https://www.ishigakisou.com/2019/09/blog-post_15.html
http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=292375

調べていただきたい。
自分で考えていただきたい。

ベッドに入ってきた女性に囁かれた丑三つの夜



わたしは普段1時間のタイマーをかけたラジオを聴きながら眠りに入るのだが、眠りが浅いので、1〜2時間で目を覚ます。

他人とひとつのベッドで寝ることはない。
他人の波動を感じてしまうので、一緒には眠れないのだ。

1月8日未明。気がつくと、ラジオのタイマーが切れている。習慣でラジオの電源を入れると、5秒くらいで切れる。再び電源を入れる。また、5秒くらいで電源が切れる。電池は2日前に交換したばかりだ。

10年以上使っている安物のラジオなので、寿命が来たのかと諦めて、眠りに入りかけた。

そのとき、衣擦れのような音がして、誰かがベッドに入ってきた。
わたしはいつも右肩を下にして横寝している。

その背中の方に誰かが入ってきた。

耳元ではっきりと女性に囁かれた。

「いつもと逆やね。ごめんね、音させちゃって。じゃあね」

わたしは寝返りを打ったが誰もいない。
時計を見ると2時10分。
丑三つ時である。
丑三つ時といえば怖いものとしてとらえられる印象が強いが、
諸仏成道の時間であるとも言われる。

この出来事で目が覚めた。
再びラジオの電源を入れると、ラジオは音を出し始めた。
わたしは、いったい、誰が来たのだろうと考えていた。
別れた女性は多すぎる。

「いつもと逆やね」
とはどういう意味だろう。



しかし、思い当たることがある。
3日ほど前に、わたしはある女性が亡くなった夢を見ている。
だが、耳元で鮮明に聞こえた声は彼女の声とは少し違う。

ラジオは鳴り続けていた。
そして、わたしは過去のことを考えつづけていた。

ラジオが語る。
「3時をお報せします」
時報が、プップップッと鳴り、正時のプーを告げずに電源が切れた。



思ってみれば、幸せな出来事だった。
わたしのベッドに入ってきたのが誰なのかは定かではないが、
わたしが別れてきた女性の一人が、わたしのことを想ってくれていた、慕ってくれていた、信頼してくれていた・・。

そのことはとてもありがたいことだ。

また、肉体を離れた魂というのは、幸せそうな声をわたしに聞かせてくれた。

ほんとに、ありがとう。

遠くない将来、誰かの訃報をわたしが知ることになるだろう。

那波多目 功一氏 https://www.umashi-bito.or.jp/artist/76/



エディット・ピアフ HYMNE A L’AMOURとLa Marseillaise

わたしはこうした歌を聴く時に「あなた」という言葉は、内なる自分のことであると思って聴く。そうして聴くと、いい歌というのは一変するのだ。

20世紀最大のシャンソン歌手と言われたエディット・ピアフは1915年軽業師の父と路上の歌手を母に、パリの下町で生まれる。

幼時から父に連れられて、場末の町から町を歌って歩いた。
18歳のとき、ルイ・ルプレに見いだされて、モーム・ピアフの名でデビュー。たちまち大スターとなった。

その後、華やかな男性遍歴、殺人容疑や交通事故、麻薬と酒に溺れた日々―
「二人分の人生を生きたわ」と自らを回想したほど。波乱に満ちた人生を送った。

生涯に280ものレコーディング曲を残し、とりわけ「バラ色の人生」と「愛の讃歌」は世界的なヒットとなった。

1963年10月10日、リビエラで死去。享年47。

参照 https://wmg.jp/edith-piaf/profile/




わたしは彼女の死に僅かな疑いを持っている。

薬依存に苦しんだ「愛の讃歌」エディット・ピアフの心の中




「HYMNE A L’AMOUR」

  Le ciel bleu sur nous peut s’effondrer,
  Et la terre peut bien s’ecrouler,
  Peu m’importe si tu m’aimes,
  Je me fous du monde entier.

  Tant qu’ l’amour innondera mes matins,
  Tant qu’mon corps fremira sous tes mains,
  Peu m’importent les problemes,
  Mon amour, puisque tu m’aimes.

  J’irais jusqu’au bout du monde,
  Je me ferais teindre en blonde,
  Si tu me le demandais.
  J’irais decrocher la lune,
  J’irais voler la fortune,
  Si tu me le demandais.

  Je renierais ma patrie,
  Je renierais mes amis,
  Si tu me le demandais.
  On peut bien rire de moi,
  Je ferais n’importe quoi,
  Si tu me le demandais.

  Si un jour, la vie t’arrache a moi,
  Si tu meurs, que tu sois loin de moi,
  Peu m’importe si tu m’aimes,
  Car moi je mourrais aussi.

  Nous aurons pour nous l’eternite,
  Dans le bleu de toute l’immensite,
  Dans le ciel, plus de probleme,
  Mon amour, crois-tu qu’on s’aime?
  Dieu reunit ceux qui s’aiment.

日本語字幕付きの動画を見て欲しい。

わたしはこうした歌を聴く時に「あなた」という言葉は、内なる自分のことであると思って聴く。そうして聴くと、いい歌というのは一変するのだ。



ところで、日本で歌われている歌詞はこうである。

あなたの燃える手で あたしを抱きしめて
ただ二人だけで 生きていたいの 
ただ命の限り あたしは愛したい命の限りに あなたを愛するの 
頬と頬寄せ 燃える口づけを交わす喜び
あなたと二人で 暮らせるものなら何にも要らない
何にも要らない あなたと二人生きていくのよ
あたしの願いはただそれだけよ
あなたと二人
固く抱き合い 燃える指に髪を絡ませながら 
愛しみながら口づけを交わすの 
愛こそ燃える火よあたしを燃やす火 
心溶かす恋よ
(岩谷時子訳)

これは意訳ではなく、異訳だと思う。



わたしにとって、ピアフといえば、La Marseillaise。
フランス革命の際の革命歌で、今は国歌である。

行こう 祖国の子供たちよ
栄光の日が来た!
私たちに対して 暴政の
血まみれの旗が上がった
血まみれの旗が上がった

聞こえるか 戦場の
残酷な軍人のうなりが?
彼らは私たちの腕の中まで来て
私たちの息子や妻の 喉を掻き切って殺す!

武器をもて 市民よ
軍隊を組め
向かおう 向かおう!
けがれた血が
私たちの田畑をうるおすまで!