エンキとエンリルと日本

ミトラ教の神事の様子を再び見ていただく。

左側のライオンがエンリルの象徴とされる。
エンリルとはヘブライ語で”אלוהים”=神と”רוח”=風を表す。中空を支配する神でしょう。アヌー神の正当な継承者であるとされる。

右側の△はエンキの象徴。エンキとはヘブライ語で”אלוהים”=神と”אדמה”=地を表す。大地を支配する神でしょう。

二人ともアヌー神の子供とされます。

出典:https://komainu.net

狛犬はエンリル(右)とエンキ(左)である。

京都御所にはこんなものもある。

エンリルとエンキである。


ミトラ神事とはエンリルとエンキの位置が逆である。

日本では左大臣が私たちから見て右側に座る。左大臣と右大臣では、左大臣が位が上だ。
上の二つの画像では、エンリルが右側であるので、エンリルがエンキよりも位が上だったのかもしれない。


話題を変える。

日本古来の将棋。古代インドのチャトランガが起源と考えられているが、定かではない。

《超初心者向け》将棋の駒の並べ方・配置を教えます!

この駒の意味を考えてみる。
金将、銀将は宝物を表すとしてもいいだろう。


玉とは何か。翡翠や碧玉などの美しい石のことを言う。神や霊魂をよらしめるもの,邪悪を払う呪力を持つもの,あるいは生成力,再生力の霊力を持つものと信じられた。これは生命と同様だと思う。

今の将棋は王将と玉将があるが、古くは王将なるものはなかった。


桂馬は桂皮を表すのではないか。

桂皮。
クスノキ科カシア(東京トンキン肉桂)の樹・枝の皮をはいで乾燥させたもの。日本では肉桂の樹皮・根皮をいう。古来、生薬として、健胃・発汗・解熱・鎮痛などに用いる。


香車は香木だろう。

香木。
香料。香木。古くから邪気を払うものとして用いられた




宝物と薬と邪気払い。いずれも古代の人々には大事なものである。


では飛車とは何か。飛には魂などを空にとび去らせる、という意味が含まれている。この飛車、相手陣に入ると、竜王となる。エンリルである。

角とは何か。まぁ角(つの)と見るのが賢明か。この角。相手陣に入ると、龍馬となる。エンキであろう。

将棋とは、エンキとエンリルが互いの生命である玉を取り合うゲームではないのか。




エンキとエンリル。実は日本にいたのではないか。




エンキの流れは、ゾロアスター教、ミトラ教、仏教などに継がれていくが、気になることがある。

それは、真珠湾攻撃成功時の暗号である。
「トラ・トラ・トラ」

エンキは人間に灌漑農業・麦の栽培・医学の知識をもたらした

エンキ

シュメールの神話によると、エンキは人類が滅ぼされるべく定められた大洪水を生き延びるよう、助けを与えた。アトラハシス(またはジウスドラウトナピシュティム)の伝説によれば、神々の王エンリルは、地上に繁殖した人類の騒擾が耳に障ったため、彼らを滅ぼそうと企てた。そこでエンリルは人類に対し、1度目には旱魃を、2度目には飢饉を、3度目には疫病をもたらした。しかし、エンキは人間のアトラハシスに灌漑農業・麦の栽培・医学の知識をもたらし、腹違いの兄弟であるエンリルの計画の実現を3度とも阻止する。こうして、人類は4たび地上に繁殖した。これに怒ったエンリルは、神々の会議を召集した。エンリルは今度は、人類を絶滅させる計画を人類にもらさないよう、神々に約束させた。エンキは、アトラハシスという人間の住んでいるの小屋の壁を通して、彼ら人類に迫る危機を聞かせた。そして、彼にこっそりと、アトラハシスと彼の家族の乗るための舟の作り方を教えた。そして大洪水が訪れ、7日7晩続いた。洪水が引いた後、アトラハシスは、ツバメを放して、洪水の水が引いたかどうかを確かめた。そして、水が引いて船底が地につくと、神々に犠牲が捧げられた。一方、エンリルは、彼の計画が再び阻止されたことに怒り、エンキに容疑が着せられ、人類への罰が検討された。それに対しエンキは、エンリルが罪のないアトラハシスを罰するのは公平ではないと神々に弁明し、もしも人類が出生を適度に抑え、自然界のおきてを守るなら、神々も人類を滅ぼさないとの約束をとりつけた。ただし、もし人類がこの契約を尊重しないならば、神々が再び大破壊を引き起こすことは自由であると、念押しがされた。以上の話は、現存する最古の中東の大洪水伝説であることは明らかである。
(Wikipedia)



日本語で同じ言葉がある。


塩基
(読み)えんき(英語表記)base



デジタル大辞泉の解説

水溶液中で水素イオンを受け取り、水酸イオンを生じる物質。酸と反応して塩を生じる。
核酸塩基性成分。DNA・RNAを構成する、窒素を含む複素環式化合物。プリン塩基のアデニン・グアニンピリミジン塩基のチミン・シトシンウラシルがある。

出典 小学館デジタル大辞泉


ポイントは

1.酸を中和する能力のある化合物,または水溶液中で OH イオンを生成する化合物をいう。
2.核酸の塩基性成分。DNA・RNAを構成する、窒素を含む複素環式化合物。

3.(英語表記)base
だろう。


ホモサピエンスを作ったのはエンキではないのか?

次元を重ねる横田空域とフォッサマグナ

これは、日本地図に、フォッサマグナと横田空域を重ねたものである。


薄い黄色がフォッサマグナと呼ばれている地帯。
濃い茶色が横田空域。
重なった部分が薄い茶色になっている。

ここは何なのだ。





日本列島が世界地図の縮図であるという説がある。

北海道=北米大陸
本州=ユーラシア大陸
中国地方=ヨーロッパ
瀬戸内海=地中海
四国=オーストトラリア大陸
九州=アフリカ大陸
房総半島=朝鮮半島
紀伊半島=アラビア半島
能登半島= スカンジナビア半島
佐渡島=ノバヤゼムリャ
南米=淡路島

(ネット上の文章引用)

この世界の縮図説の出所は出口王仁三郎だということだが・・。

私には龍にしか見えません。日本はエンキの国だったか・・。



こういう説もあります。

再確認:日本は世界の縮図




わたしは考える。

世界には日本しかないのではないかと。
この次元には日本しかないのではないかと。


次元は幾重にも重なっていて、そのもっとも大きな入り口が、そのもっとも大きな出口が、フォッサマグナであり、横田空域ではないのかと。

123便は、違う次元で行われている世界戦争に巻き込まれた。だから、ソ連や米国の戦闘機の残骸が残っていても不思議ではない。最近オーストラリアの戦闘機の破片が発見されたという話がある。実は123便は徳島と高知の県境でも目撃されている。四国はオーストラリアであるとすれば、不思議ではない。



私はこのことが真実だとは言っていない。

あとは、それぞれの皆さんで空想を膨らませていただければいい。

ギルガメシュ叙事詩に見るエンキとエンリル。そしてフランスとイギリス

私には宗教というものが分からない。いや、正確に言うと、聖書というものが分からない。書物はすべて疑問を携えた心で読むものだ。

しかし、うちに宗教の勧誘に来る人は、「聖書に書かれています」を切り札にして、その切り札を繰り返し使う。これでは洗脳の域を出ていないと思われる。

ギルガメシュ叙事詩から語りたいが、私はまだ十分な知識を持っていない。

これから先はいまだ私の妄想である。





エンキドゥはギルガメシュに夢の話を始めた。それは神々の会議の場であった。

そこにはアヌ、エンリル、エア、そして太陽神シャマシュが座っていた。
まずアヌがエンリルに向け口を開いた。


「天牛を殺したあの者たちは、山々に香柏を茂らせていたフンババをも殺している。この者たちのうち、一人は死なねばならぬ」


エンリルは言った。
「エンキドゥが死なねばならぬ。ギルガメシュは死んではならぬ」


シャマシュがエンリルに言った。
「罪のないエンキドゥが死なねばならないのか」


エンリルは腹を立てて言った。
「おまえは彼らの仲間のように、毎日彼らと共に行動する・・・」

「ギルガメシュ叙事詩より」




 

ミトラ教の神事 右の三角がエンキドゥ。左側のライオンがエンリル。2人は兄弟。

ミトラ教の神事の様子。三角形に目、となれば、今ではフリーメーソンということになるが、本来はエンキドゥ(エンキ)神が「我々、神は見ている」というメッセージだったのではないか?

エンキドゥは方舟を造り、洪水から生物を救った。それを見たエンリルは激怒したという。これはギルガメシュ叙事詩からの、聞きかじりなので、今は参考程度に聞いて欲しい。


さて、


フランス人権宣言 1789年8月26日

人間の自由平等人民主権言論の自由三権分立所有権の神聖など17条からなるフランス革命の基本原則を記したものである。単に人権宣言(じんけんせんげん)とも呼ばれ、通常は世界人権宣言などの他の人権宣言と区別するためにフランス人権宣言と呼ばれる。 Wikipedia

この人権宣言の絵を見てもらいたい。

  • 蛇のようなものが鎖につながれている。
  • 上空の三角のマークはギリシァ神話のエンキドゥ(エンキ)の象徴である。
  • この目はホルス神の目ではないのか。
  • 槍の上にはミトラ教のフリジア帽。
  • 槍はマルドックの象徴。マルドック=ギルガメシュ説もある。

フランス人権宣言はエンキ派だということだろう。

ミトラ神

フランス共和国 国歌「ラ・マルセイエーズ」(La Marseillaise)

行こう 祖国の子供たちよ
栄光の日が来た!
私たちに対して 暴政の
血まみれの旗が上がった
血まみれの旗が上がった

聞こえるか 戦場の
残酷な軍人のうなりが?
彼らは私たちの腕の中まで来て
私たちの息子や妻の 喉を掻き切って殺す!

武器をもて 市民よ
軍隊を組め
向かおう 向かおう!
けがれた血が
私たちの田畑をうるおすまで!


これこそ、民衆が立ち上がった革命の歌ではないのか?


さて、ミトラのかぶっているフリジア帽。色々なところで見かける。

アルゼンチン軍
キューバ軍
アメリカ陸軍

ニカラグア郡
サンタカタリーナ州章
ボリビア軍
ハイチ国旗

翻って、英国を見てみる。

エリザベス2世の紋章

エリザベス2世の紋章である。右側のユニコーンはエンキドゥの三角の象徴だろう。そして左側のライオンがエンリル。一番上に再びエンリル。エンキドゥに鎖がつけられている。

エリザベスはエンリル派だということだろう。

イギリス 国歌「女王陛下万歳」(God save the Queen)

神よ我らが慈悲深き
女王陛下を守りたまえ
我等が高貴なる女王陛下の永らえんことを
神よ我らが女王陛下を守りたまえ
勝利・幸福そして栄光を捧げよ
御代の永らえんことを
神よ我らが女王陛下を守りたまえ

おお主よ、我等が神は立ち上がり
敵を蹴散らし、潰走させ、
姑息な罠をも打ち破りたもうた
我等の望みは汝にあり
神よ我らを守りたまえ

これはひたすら君主を讚える歌である。



この話題は、図書館でギルガメシュ叙事詩を読んだ後で、また書くこととする。

絆という言葉の言霊

言葉には力がある。

言葉というものは、広く人々が使うことによって、集合意識に影響を与える。集合意識は社会を変える力を持っている。言霊である。

「言霊」コトダマ

〘名〙① 古代、ことばにやどると信じられた霊力。発せられたことばの内容どおりの状態を実現する力があると信じられていた。
※万葉(8C後)一三・三二五四「しき島のやまとの国は事霊(ことだま)のたすくる国ぞまさきくありこそ」

② 予祝の霊力を持った神の託宣。※堀河百首(1105‐06頃)冬「こと玉のおぼつかなきに岡見すと梢ながらも年をこす哉〈源俊頼〉」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報


私には気になる言葉がある。

それは「絆」という言葉である。

この言葉は確か東日本大震災後によく使われ出したように記憶している。

3.11のメルトダウンは、日本人が殲滅されるほどの力を持っていたはずなのに、なぜか私たちは生きている。私たちの免疫システムが変化したのだと、私は思っている。

その後、使われ出した「絆」という言葉。とんでもない意味を秘めている。


「絆」キズナ

〘名〙① 馬の足をつなぎとめておく綱の類。ほだし。※万葉(8C後)一六・三八八六「馬にこそ 布毛太志(フモダシ)掛くもの 牛にこそ 鼻縄はくれ」
② 褌(ふんどし)の一種。

〘名〙 (動詞「ほだす(絆)」の連用形の名詞化)
① 馬の足などをつなぐこと。馬の足になわをからませて歩けないようにすること。また、それに用いるなわ。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 自由に動けないように人の手足にかける鎖や枠(わく)など。手かせ。足かせ。ほだせ。ほだ。※冥報記長治二年点(1105)中「夜中独り坐して経を誦す。鏁(ホタシ)忽ちに自ら解けて地に落ちぬ」
③ 人の心や行動の自由を束縛すること。人情にひかれて、自由に行動することの障害となること。また、そのようなもの。※古今(905‐914)雑下・九三九「あはれてふことこそうたて世の中を思ひはなれぬほだしなりけれ〈小野小町〉」

〘他サ五(四)〙
① 馬などをつないで放れないようにする。つなぎとめる。〔新撰字鏡(898‐901頃)〕
② 人の自由を束縛する。→ほだされる。※中華若木詩抄(1520頃)中「羇客とかけば、羇はほだす也、ほだされた客ぞ」〘名〙 =ほだし(絆)②〔牢獄秘録(17C中)〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報



「絆」とは、自由に動けないように人の手足にかける鎖や枠なのだ。

私たちが広く「絆」と言う言葉を安易に使い始めると、私たちの心や行動の自由は束縛される。そういう可能性は高い。