プラトンの洞窟の比喩とアトランティス大陸

プラトンは語る。

「人間は、地下にある洞窟で生活しているようなものである。」

「そこに住む人々は、子どものころから足と首を縛られ固定されており、正面しか見ることがきない。」

Image converted using ifftoany

引用する。

プラトンが考案した洞窟の比喩は、彼の現実に対する考え方を説明する。プラトンにとって現実とはより高次の現実の影に過ぎなかった。すなわちこうだ。

 あなたは洞窟の中で鎖につながれていたとしよう。見えるのは目の前の壁だけだ。そばに同じく鎖につながれた人々がいるようであるが、姿を見ることまではできない。背後には炎があるらしく、壁を照らしている。炎と壁の間を人が通るたびに、壁に影が映り、音がこだまする。あなたが知ることができるのは、そこにある影だけである。

 あるとき自由になり、後ろを振り向いた。するとそこには炎とそれに照らされ影を伸ばす物があった。また洞窟からも抜け出すことができた。太陽の光で目がくらむが、現実をついに知ることになる。だが、鎖につながれている他の人々に現実の真の姿を伝えても頭がおかしいと思われるだけだ。
http://karapaia.com/archives/52223738.html


このプラトンの言う洞窟の比喩。その影の本体が真実であるというが、これに哲学的思考を加えていくと、滝つぼにのまれて息も出来なくなる。

だから、わたしは思考しない。

ただ、上記引用文での、
「プラトンにとって現実とはより高次の現実の影に過ぎなかった。」

この部分が肝だ。

これは、

1.高次の現実がこの世に存在するということ。
2.高次の現実を変えれば、わたしが見ている世界も変わるということ。


このふたつを示唆している。

よく考えて欲しい。




さて、プラトンはアトランティス大陸なるものを説いた。そしてその大きさは「リビュアとアジアを合わせたよりもずっと大きい」と語った。これもあくまでも比喩である。

ここからはわたしの夢想。

アトランティス大陸とは地球のこと、すなはち、この世全てのことであるとわたしは思っている。

3つの堀で囲まれた中心の島。これがわたし達が住んでいる第一天蓋内である。
(小高い山の上で発酵するエンキの憂鬱 )


そして、地球の平面はどこまでも続いている。わたしたちの意識が及ぶ距離よりも少しだけ遠いところまで。それは造物主の意図であり、わたしたちの意識体は造物主の一雫であるからである。

小高い山の上で発酵するエンキの憂鬱

いつのことだったろう。

地球にアヌンナキ一族がきた。ニビル星から金の採取のために来たという話もあるが、証拠はない。ニビル星は遠くの星ではなく、第一天蓋の外にある大陸ニビルのことである。

天蓋とは透明のドームのようなものであり、2重になっていて、その中には水がある。

遠い昔の話だ。

ニビル大陸に住むアヌンナキ一族の王はアヌーと呼ばれた。アヌンナキは昆虫属である。その息子がエンキとエンリル、そしてニンフルサグという娘がいた。エンキとニンフルサグは、昆虫と龍属のハーフである。

アヌンナキ一族は昆虫属であるが、自らの姿を自由に変えることができた。時にはライオンに、また時にはユニコーンに。

ある時、第一天蓋に小さな裂け目ができた。その頃、地球には大きな海などなかった。第一天蓋内の水分は、せいぜい我々が言う地球の1/8位の面積を占めるくらいしかなかった。しかし、その小さな裂け目から、水蒸気が漏れ出し、第二天蓋の空は雨を多く降らせるようになった。そして、第二天蓋内の陸地はその面積を減少させ、アヌンナキも住む場所がなくなってきた。

そこで、アヌンナキは第一天蓋の中に、移り住んで、天蓋の状況を調べ始めた。彼らが住んだのは太陽の中であり、月の中であった。太陽は電磁波発生装置であり、第一天蓋内に作ったピラミッドは電磁波中継塔であった。太陽は地上30〜40km。月は地上11km〜13kmにあった。月は電磁波吸収装置である。

そんな状況の中、エンキは地上に住み、ウルの町から遠く南にはなれた大陸で、野の獣たちと一緒に草をはみ、水飲み場で水を飲んで暮らしていた。穏やかな日々が過ぎていた。エンキは遺伝子工学に長けていた。そこで、色々な動物の遺伝子を操作した。エンキにとっては半ば愉しい実験のようなものだった。天蓋の調査には長い年月が必要だと知っていたから、エンキは、その間の暮らしを愉しいものにしたかった。

象や麒麟、カバや水牛、ツチブタ、ラクダ、あげればきりがない。猿の遺伝子操作をする中で、チンパンジーやローランドゴリラなども出来たが、エンキの持つ科学知識を受け継げる種はなかなかできなかった。

しかし、とうとうホモサピエンスを生み出した。ホモサピエンスはエンキの知識を吸収出来るだけの脳を持っていた。アヌンナキが第一天蓋内に来てから長い年月が経っていた。エンキはさらにDNAを操作して、地球で生き残れる種を創った。黒い人、赤い人、黄色い人・・・。そして人間に様々な知恵を与えた。人類は、山から水を引き、麦を栽培し、病の時には薬草を飲んだ。それらは、すべてエンキが教えたことであった。

このエンキの行為が、後世のアダムとイブの話にすり替えられる。知恵の実を食べるよう嗾(そそのか)したのは狡猾な蛇であると。または、天界を追放された悪魔ルシファーであると。

しかし、エンリルは人間を作ったエンキのことを快くは思っていなかった。特に人間に知恵を与えることには反対していた。エンリルは第一天蓋の補修と、第二天蓋にあるニビル大陸の復活を唯一の目標としていたからだ。

それから長い年月が過ぎた。アヌンナキの寿命は1,000年〜2,000年、あるいはそれ以上だった。ホモサピエンスはその間に大きく進化し、繁殖を続けていた。



長い時が過ぎ、第一天蓋の補修終了の直前に、エンリルは、アヌンナキ一族の会議を召集した。エンリルは、第二天蓋内に貯まった水を、第一天蓋内に戻す作業計画を作っていた。それはニビル大陸を復活させるという大義を持っていた。だから、アヌンナキ一族は誰もこの計画に反対出来なかった。エンリルはこの計画を人類にもらさないよう、一族に約束させた。

第二天蓋内に貯まった水を、第一天蓋内に戻すということは、第一天蓋内の大洪水を意味する。つまり、エンリルは人間を意図的に殺害する意思はなかったとしても、エンキの作った人間など、滅亡しても構わないと思っていた。

しかし、エンキは、ウトナピシュティムという人間の住んでいる葦の小屋の壁を通して、彼ら人類に迫る危機を聞かせた。そして、彼にこっそりと、ウトナピシュティムと彼の家族の乗るための舟の作り方を教えた。それは潜水にも耐える丸い船だった。エンキはその船に多くの生物の遺伝子を隠した。

エンリルは月をもう一つ作った。それは透明の球体だった。そして、その中に第二天蓋内の水を移した。第二の月の中に水が満杯になるのを待って、エンリルは計画を実行した。第二の月に溜めた水を全て第一天蓋内に降り注いだのだ。そして第一天蓋内には大洪水が訪れ、7日7晩続いた。人類が住んでいた陸地の半分は水没し、第一天蓋内には広大な海が出来た。

エンリルは第二天蓋内のニビル大陸が復活していることを確かめたあと、第一天蓋の補修を終えた。しかし、天空から見ると、少数ではあるが、人間は生き残っていた。

エンリルは、アヌンナキ一族の会議において、人類へ何らかの罰を与えるよう提言した。特に丸い潜水艇を造ったウトナピシュティムは冥府へ送られるべきだと唱えた。

それに対しエンキは、エンリルが罪のないウトナピシュティムを罰するのは公平ではないとアヌンナキ一族に弁明し、もしも人類が出生を適度に抑え、自然界のおきてを守るなら、アヌンナキ一族も人類を滅ぼさないとの約束をとりつけた。

ただし、もし人類がこの契約を尊重しないならば、アヌンナキ一族が再び大破壊を引き起こすことは自由であると、念押しがされた。

そして、アヌンナキ一族は、自分たちが作った重要施設を破壊し、第二の月を黒体化し、第二天蓋内のニビル大陸に戻っていった。第二の月は透明でありながら、黒体であるという不思議な性質を持った。


エンキは小高い山の上の大きな岩に座って、月を見ていた。そして考えた。自分が人類のためにしてきたことは、はたしてよかったことだったのだろうかと。

人類はアヌンナキ一族との約束を破り、繁殖を続けている。

エンリルにはエンリルの大義があった。エンキにはエンキの正義があった。善悪の問題ではない。全ての命あるものが育まれていくことが、宇宙の意思であり、方程式ではなかったか。しかし、ホモサピエンスは、森を壊し、川をせき止め、海を腐らせ、数えきれないほどの生物の命を奪い続けている。


エンキが見ている月が欠けていく。第二の月が第一の月と重なりあう。

遠い日の事ばかりが、エンキの心を次々と通り抜けていく。

http://www.kitakaruizawa.net/20070828-moon/

月は南から近づいて北へ遠ざかっている

2020/07/04の月。やけに南の空の低いところにある。
補助線右側が南方向。左側が東方向。
撮影した場所は高台などではない。海抜5mくらいかな。

2020/07/04 20:01

16分後、少し近づいてきた。

いずれにしても、月はとても南側から近づいている。
東からは出ていない。

2020/07/04 20:17




2020/06/24の三日月。ガラケーではうまく撮れない。

東西に走る道に向かってシャッターを切ってみた。
月は随分北にある。三日月。ガラケーではうまく撮れない。
時刻は不明だけれど、私の散歩の途中だから、20:30〜21:00の間だと思う。

2020/06/24 20:30〜21:00



今の月は随分南側から近づいてきて、随分北側に遠ざかっている。



何かが起きている。地球規模で。
私は地磁気と天蓋を疑っている。




ここからは、わたしの勝手な妄想だが、

太陽というのは、上空30Km位にあり、電磁波で地球を暖めている。
月というのは、その電磁波を地球から吸い上げて、発光している。

月は地球に溜まった電磁波を吸収することによって、地球の温度を下げるとともに、植物などから電磁波の影響を取り除く。

だから「凍月」と言う言葉がある。

だから、植物の蔓が伸びるのは夜である。

だから、蝉が羽化するのも夜である。

電磁波と光
https://www.ushio.co.jp/jp/technology/glossary/material/attached_material_01.html




ところで、太陽について言うと、太陽光は電磁波である限り、身体に何らかの影響を与えるものだ。太陽光に暴露すると体内でビタミンDが合成される。ビタミンDは免疫反応などへの関与も示唆されている。だから、日光浴をする人がいる。これはこれで理解できるのだが、太陽光に長時間当たると日焼けをする。これは火傷である。強い太陽光は避けた方がいい。

ではなぜ、

太陽光に暴露すると体内にビタミンDが生成されるのか。それは、電磁波の影響から細胞を守るために、人間に備わる機能ではないのか。

農家の人は長袖に長ズボン、そして帽子をかぶる。昔の人は、太陽光に当たりすぎると、身体が熱っぽくなり、その熱はなかなか引かないことを知っていた。このことを「ひが入る」と言った。この「ひ」は日なのか、陽なのか、火なのか・・。

太陽は電磁波であろう。
電子レンジにいれた鶏肉は中から外側へと温まっていく。

こうした電磁波である太陽光の影響から身を守るために、人体はビタミンDを作り出しているのではないか。



事実として、ビタミンDの含有量が多い人ほど、感染症にかかりにくいという結果も出ている。ということは、ウィルスというのは電磁波の影響で体内に発生するものであり、その電磁波の影響を抑えるものがビタミンDであるという推論も成立する。





電磁波を吸収する月の軌道にあきらかに異常が出ている。
このことが、わたしたちに影響を与えないはずがない。

空を見て、考えてみて欲しい。

地球がフラットであるということに気付くと、精神的ダメージを受けるだろう

太陽系が公転するシミュレーション画像である。
これを信じろと言う方がおかしい。

地動説
“1543年コペルニクスによって唱えられた宇宙構造説。アレクサンドリア文明以来,天文学界を支配していたのは,地球を宇宙の中心とするプトレマイオス体系であった。ピタゴラスの弟子フィラリオスが観念的な地動説を唱えた先駆的な例もあるが,多くの観測家によってたくわえられたデータを説明するには,地球が太陽の周囲を公転すると考えるのが便利であることを論理的に説いたのは,コペルニクスが最初である。この説は,公転軌道として円を考えていたので,同時代の T.ブラーエらの精密な観測結果を細部まで裏づけることができず,説得力はなお不足であったが,ガリレイ望遠鏡による観測などによって実証的に裏づけられ,J.ケプラーが師ブラーエの観測値より楕円軌道説を採用するに及んで,あらゆる反論の根は断ち切られ,プトレマイオス天動説に代って受入れられることとなった。”
ブリタニカ国際大百科事典より

まぁ、私はそんな戯言は信じていない。

よくもまあ、500年近くも人々をだまし続けてきたものだと思う。

地軸
地軸(ちじく)とは、地球自転する際の軸(自転軸)であり、北極点南極点とを結ぶ運動しない直線を指す。地球以外の惑星及び衛星についてもそれぞれの自転の軸を地軸と呼ぶ。 以降、特に断らない限り本項では、地球の自転軸について述べる。 地球の自転軸は、公転軸に対して約23.4度傾いており、公転面に対する角度は約66.6度である”
wikipediaより

公転面に対する傾きが66.6度。この時点でこの話は眉唾である。太陽の質量は地球の約33.3万倍であるという。もうアウトである。

まず、地球はフラット。平面であるということを自分で確かめてもらいたい。私たちがいかに洗脳され続けてきたかが実感できる。そして、フラットだと分かった時、精神的なダメージを受ける。洗脳がとかれた時、人は落ち込んでしまう。いっそ、洗脳されたままの方が幸せだったと思うことだろう。

フラットアースだろ
月は雲より低いところにあった
極成層圏雲の中の太陽

極成層圏雲の中の太陽

真珠母雲(しんじゅぼぐも、Mother-of-pearl clouds)は高度20〜30km付近の成層圏にできる特殊な。極や高緯度地方でによく見られる雲である。非常に高高度にある雲のため、日没後も太陽の光を受けて輝く姿を見ることがある。真珠母雲の名は、その色彩が真珠母貝であるアコヤガイの内側に似た虹色をしていることより付けられた。ちなみに、 夜光雲とは生成過程も生成場所も異なる。

オゾン層の破壊に深く関連している雲であり、オゾンの生成や破壊のメカニズムを考える上での研究対象となっている。学術的には極成層圏雲(きょくせいそうけんうん、英語: polar stratospheric clouds, PSC)、極成層雲とも呼ぶ。(wikipedia)

この極成層圏雲中に太陽がある。
すると、太陽までの距離はおよそ30km前後ということになる。

極成層圏雲

昔から不思議だったのは、この写真。
太陽までの距離

私は子供の時から、この左辺の斜光と右辺の斜光の重なるところに太陽があると思っていた。

しかし、太陽までの距離は

1.4710×1011 m 〜 1.5210×1011 m

だと学校で教わる。

教育とは洗脳である。

計算もできないほど遠くに太陽があれば、上のような光はできない。

ほぼ、垂直に光は地球を照らさなければならない。

また、太陽は核融合でエネルギーを放出しているという。

焚き火のようなものか。

それなら、エベレストの山頂が太陽に近いので、一番暖かくなくてはならない。

しかし、エベレストの近傍標高(高度8500m付近)の温度は年間を通じておおよそ-15℃~-25℃程度。

実は、太陽は、約30km離れた所で電磁波を出しているのではないか。

電子レンジのようなものだ。

分子が比較的に自由に動き回ることができる水が温度を上げる。

地球でいえば、海である。

だから、海岸線は暖かく、山頂は寒い。

海から遠いエベレストの山頂はひどく寒いのではないか。
今回の画像はyoutubeで見つけたユジンさんの投稿動画からお借りしたものです。